離婚調停で望ましい結果を獲得するために知っておくべきことまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Divorce - Word with Broken Heart

夫婦間での離婚に関する話し合いがまとまらず、離婚調停の申し立てを検討されている方も少なくないでしょう。

しかし裁判所を利用したことがある方はあまりいらっしゃらないでしょうから、離婚調停をするにあたっては様々なことが気になるのではないでしょうか?

今回は、離婚調停を検討している方からの相談でよくある質問をまとめました。

ご参考頂き、離婚調停で望ましい結果を獲得していただければ幸いです。

1、そもそも離婚調停とは?

(1)調停とは?裁判とは違う?

まず、よく勘違いされることですが、調停は裁判とは全く別ものです。
調停は、確かに家庭裁判所で行われますが、裁判官が最終的な判断を下すものではなく、調停委員という第三者が間に入って行われる当事者間の話し合いです。

(2)離婚調停の申立人は?自分でできる?

離婚調停の申立てができるのは夫または妻です。
家庭裁判所で行われるというと、弁護士に依頼しないとできないと思われそうですが、調停は弁護士に依頼しなくても行うことができます。

(3)離婚調停で話し合いできる内容は?

離婚調停で話し合いできる内容は離婚するか否かに限られません。
以下の内容も話し合いすることができます。

  • 慰謝料を支払うか?支払うとしたらいくらか
  • 財産分与を行うか?行うとしたらいくらか
  • 養育費を支払うか?支払うとしたらいくらか
  • 親権をどちらが持つか
  • 面会交流の実施するか、するとした場合その条件

など

(4)調停での離婚はどのくらいの割合?

調停での離婚は離婚全体の約9%を占めています。
ちなみに、約90%が話し合いでの離婚(協議離婚)で、残りの1%が裁判での離婚です。

(5)離婚調停はどの裁判所で行われる?

離婚調停は、基本的には相手方の住所地を管轄する家庭裁判所で行われます。
例外的に、事前に夫婦間で調停をする家庭裁判所を決めていた場合にはその家庭裁判所で行われることとなります。

管轄裁判所についてはこちらをご参照下さい。

2、離婚調停にかかる費用は?

離婚調停をするとなると、やはりどのくらいの費用がかかるのか気になるのではないでしょうか?
離婚調停にかかる費用は2000円ほどです。

費用について詳しくは、「離婚調停の費用を抑えつつ有利な結果を獲得するために知っておくべき3つのこと」をご参照下さい。

3、離婚調停は弁護士に依頼すべき?

離婚調停はご自身で行うこともできますし、弁護士に依頼することもできます。

そうすると、離婚調停を検討する段階では、「弁護士に依頼すべきか否か?」ということが気になるのではないでしょうか。

ご判断頂くにあたり、弁護士に依頼するメリットとデメリットについて書いていきます。

(1)弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼するメリットは以下の通りです。

  1. 調停委員に対して有利な印象を与えることができる可能性がある
  2. 書類作成・準備の手間が省ける
  3. 弁護士からのアドバイスを受けられる
  4. 調停が不成立となった場合に後の審判・裁判を有利に進めることができる

メリットについて詳しくは、「離婚調停を進めるにあたり弁護士に依頼するか否かを判断するためのポイント」をご参照下さい。

(2)弁護士に依頼するデメリット

次にデメリットですが、何といっても弁護士費用でしょう。
弁護士に離婚調停を依頼すると以下のような費用がかかります。

①相談料

相場としては1時間1万円程度でしょう。
最近は無料の事務所も増えてきたようです。

②着手金

依頼の段階でかかる費用です。
相場としては40万円ほどでしょう。

③報酬金

事件終了時にかかる費用です。
相場としては40万円ほどでしょう。

その他弁護士費用について詳しくは、「離婚調停の費用を抑えつつ有利な結果を獲得するために知っておくべき3つのこと」をご参照下さい。

4、離婚調停の申し立て方法は?

次はいよいよ申し立て方法についてみていきましょう。
離婚調停で有利な結果を獲得するには申し立て方法も重要です。

大きくは、

  1. 夫婦関係調整調停申立書を作成する
  2. 申し立てに必要な書類を揃える
  3. 家庭裁判所に申し立てる

という流れで進みます。

夫婦関係調整調停の申立書の作成方法や必要書類などについて詳しくは「離婚調停を有利に進めるための申し立ての方法について」をご参照下さい。

5、離婚調停の流れは?

有利に離婚調停を進めるにはあらかじめ流れを知っておくことが重要です。
離婚調停は大きくは以下の流れで進みます。

  1. 家庭裁判所へ調停の申立て
  2. 調停期日の決定
  3. 第一回の調停
  4. 第二回以降の調停
  5. 調停の終了

調停の流れについて詳しくは、「離婚調停の流れと有利に進めていくための方法について知っておくべき4つのこと」をご参照下さい。

6、離婚調停にかかる期間は?

離婚調停をするとなると、かかる期間の相場が知りたい所でしょう。
離婚調停にかかる期間の相場としては半年から1年ほどです。

期間について詳しくは、「離婚調停の期間を短くした上で有利に進めるために知っておくべき6つのこと」をご参照下さい。

7、離婚調停を欠席したらどうなる?

最後に、離婚調停を欠席したらどうなるでしょう?

急遽仕事などで調停に行けなくなることもあるでしょう。そのような場合にデメリットがあるのかが気になる所ですが、きちんと裁判所に事前に連絡すればデメリットはありません。

しかし、何度も欠席する場合は注意が必要です。

離婚調停を欠席した場合について詳しくは、「離婚調停を欠席した場合のデメリットについて知っておくべきこと」をご参照下さい。

まとめ

今回は離婚調停に関してよくある相談をまとめてみましたが参考になりましたでしょうか。話し合いで解決できず離婚調停を申し立てる準備をしている方のご参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初回来所法律相談無料!


もし、あなたが、

・離婚をしようと思っているが、どうして良いのか分からない
・遺産相続で困っている
・過払い金を取り戻したい
・交通事故に遭ってしまい困っている

など、法律のことでお困りのことがあれば、まずは無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決策を見つけ出します。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

コメントを残す

*

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00 ご対応可能
  • 電話で無料相談する
  • メールで無料相談する