離婚調停を欠席した場合のデメリットについて知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Displeased woman pulling her hair

「離婚調停を欠席したら不利な条件で離婚しなければならなくなる?」

  • どうしても外せない用事が急に入ってしまって離婚調停を欠席せざるをえない!
  • 子どもが急遽風邪をひいてしまったので看病のためにできれば離婚調停を欠席したい!
  • いきなり裁判所からから離婚調停の連絡が届いた!離婚するつもりはないから無視してもいい?

このような場合に気になるのは、「離婚調停を欠席するとどうなるのですか?」ということではないでしょうか?

離婚調停は休むと大きく不利になってしまうイメージがあるかもしれませんが、きちんと家庭裁判所に連絡したうえであれば1回程度の欠席でそこまで不利になるということはありません。もっとも、何度も無断で休むとのちのちデメリットとなりかねません。確かに、平日に裁判所に出向いて調停委員に離婚のことについて話をしなければならないのは精神的にも肉体的にも苦痛が大きいかもしれませんが、望ましい結果を獲得するために欠席せず参加して頂くのが良いと思います。

以下では、

  • 離婚調停を欠席するとどうなる?
  • 欠席し続けた場合のデメリット
  • 欠席して調停が不成立となった後の流れ

について書いていきます。

ご参考になれば幸いです。

1、離婚調停、一度欠席してしまうと不利となる?

(1)そもそも離婚調停とは?

そもそも離婚調停とは、裁判官と調停委員の仲介の下で行われる話し合いです。
家庭裁判所で行われるので、かなり敷居が高いイメージがありますが、夫婦だけではまとまらない話し合いを第三者が間に入って話し合いをすることでまとめやすくするためのものです。
同じく裁判所で行われる裁判のように、裁判所が主導するものではなく、あくまで夫婦の話し合いを基本とした場となりますので、裁判所が最終的な結論を下すわけではありません。

(2)離婚調停を欠席すると不利になる?

そのような離婚調停ですが、欠席したらどうなるのでしょう?

離婚調停は平日に行われますから、急な仕事が入ってしまったり、子どもが急病となったなど、やむを得ず欠席しなければならない場合もあるでしょう。
そのような場合に気になるのが、「欠席すると調停が不利になるのではないか?」ということではないでしょうか。

結論としては、1回程度の欠席であれば不利になることはありません。
前述の通り、調停はあくまで「話し合い」です。

そのため、話し合いする意思があることがきちんと伝わっていれば、
欠席したからといってそのことが不利になるわけではないのです。

もっとも、あなたが欠席しても調停が延期になるわけではなく、調停それ自体は進行してしまうので、その点だけは注意しておきましょう。

(3)欠席の連絡はどのようにする?

では、欠席の連絡はどのようにしたらいいでしょうか?

欠席の連絡は、調停を行っている家庭裁判所に電話をして、調停の事件番号とあなたの名前を伝えた上で、欠席する旨を伝えましょう。「えっ?それだけ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんがこれで大丈夫です。

欠席の理由は正直に伝えておくことが一番です、とはいえ、詳しく欠席の理由を聞かれることもないので、「外せない用事で」と伝えておくくらいでもよいでしょう。

なお、欠席の連絡する際にご自身が出席できる次回の候補の日程を伝えておくと次回の期日はあなたの希望を考慮して決めてくれるのでよりよいでしょう。

また、可能であれば、欠席が分かった時点からできるだけ早い段階で家庭裁判所に連絡しましょう。

2、離婚調停を欠席し続けるとどうなる?

前述のように、やむを得ない事情で一度欠席しても特に問題ないことはお伝えしました。
一方で裁判所の連絡を無視して離婚調停を欠席し続けたらどうなるでしょうか?

(1)調停を欠席し続けるとどうなる?

既にお話しした通り、離婚調停はあくまでも話し合いの場なので、離婚調停に欠席したとしても最終的に
調停不成立となり、一見すると調停前の状態に戻るだけでそこまでリスクはないように思われます。

しかし、欠席し続けることは家庭裁判所からみた印象がよくありません

(2)離婚調停を欠席すると罰金が科される?

また、欠席を続けると家庭裁判所の調査官から出頭勧告を受けることになりますが、これを連絡を無視して欠席し続けると、5万円以下の過料をとられることがあります。
過料をとられるか否かは、欠席の理由や次回の調停に関する意向調査を踏まえて家庭裁判所が判断します。これらの調査は電話や書面で行われます。
もっとも、実際に過料を取られるケースはあまりないようです。

(3)このような場合には離婚調停は欠席すべきではない?

以上のように、欠席も1回くらいであれば特にデメリットはないですが、何度も休むと裁判所の印象がよくありません。

さらに、もし、以下の内容が争われており、調停不成立の場合に審判が行われる場合には安易に欠席すべきではないでしょう。

  • 親権をいずれが持つか?
  • 婚姻費用を支払うか?支払うとしたらいくらか?
  • 財産分与を支払うか?支払うとしたらいくらか?

その理由は、これらの場合には離婚調停不成立となると、審判や訴訟の手続きに進む可能性があるからです。
めったにないことですが、審判に移行した場合、審判に移行した場合、審判は離婚調停での主張の内容も踏まえて判断されます。

3、家庭裁判所の審判手続きに移行する場合

親権や婚姻費用なども争いとなっている際の調停においては欠席を避けた方がいいことはお伝えました。

離婚審判は調停とは異なり、家庭裁判所調査官の家庭環境調査や当事者からの事情聴取に加え、離婚調停の内容を踏まえて家庭裁判所が判断するので、もし欠席し続けているとあなたに不利な判断が下されるかもしれません。

もちろん、離婚審判の決定の内容に不服があれば、 高等裁判所へ訴えを起こすこともできます。もっとも、離婚審判が行われるケースは実際には少なく、調停不成立で終了するケースがほとんどです。

4、離婚裁判は欠席できない!

離婚調停を欠席し続けて調停不成立となってしまうと、相手が離婚裁判を起こすことが可能となります(自動的に裁判になるわけではありません)。

調停と異なり、弁護士に依頼しない限り欠席し続けると相手の主張が通り、相手の主張を全て認める判決が下されてしまうこととなりますので十分注意しましょう。

まとめ

今回は離婚調停に欠席した場合のデメリットや対応方法について書いていきました。参考にして頂き、離婚調停で有利な結果を獲得してもらえれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初回来所法律相談無料!


もし、あなたが、

・離婚をしようと思っているが、どうして良いのか分からない
・遺産相続で困っている
・過払い金を取り戻したい
・交通事故に遭ってしまい困っている

など、法律のことでお困りのことがあれば、まずは無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決策を見つけ出します。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

コメントを残す

*

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00 ご対応可能
  • 電話で無料相談する
  • メールで無料相談する