離婚すると後悔する?離婚前に知っておきたい6つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shutterstock_201882463

離婚を考えていらっしゃる方の中には、離婚したとして後で後悔するのではないか、ということが気になる方が多いのではないでしょうか。

今より良い状況を目指して離婚を考えているのに、離婚しなければよかったと思うようでは離婚する意味がありません。

そこで今回は、離婚をして後悔をされた方の声を参考に、離婚で後悔しないための方法を考えたいと思います。

1、そもそもなぜ離婚するの?離婚の理由について

まず、離婚にあたって多くの方が挙げる理由について触れたいと思います。離婚を考える理由によっては、離婚をしないでも解決することができる可能性もあるでしょう。

(1)性格の不一致

離婚の原因として挙げられるもので一番多いのが性格の不一致です。毎日生活を共にするので、話が合わない、趣味が合わない、子供の教育方針が違う、金銭感覚が異なる…といったことは、些細なようで大きなストレスになります。

(2)理想と現実のギャップ

性格の不一致ともつながりますが、思い描いていた結婚生活と現実の結婚生活が違うということに違和感や失望を抱く方が、特に女性に多いようです。

(3)相手方の浮気

浮気は法律上の離婚原因にも定められていることからも分かるように、夫婦生活に大きな打撃を与える事態です。多くの方が、相手方が浮気をしていることが判明すると離婚を検討されるようです。

(4)DV・モラハラ

そして近年増えているのがDV(ドメスティックバイオレンス。家庭内暴力)とモラハラ(モラルハラスメント。精神的虐待)です。物理的な暴力や暴言による精神的な虐待も夫婦として暮らしていくことを難しくすることは言うまでもありません。

(5)ギャンブル・借金

また、割と聞かれるのが、ギャンブルや借金です。夫が競馬にはまっている、妻が買い物依存症になって消費者金融から借金をしている…いずれも安定的な夫婦生活を阻害します。

2、離婚して後悔したこととは

離婚をしても現状より状況が悪くなるようでは離婚の意味がありません。一時の感情で離婚を急いで後悔することがないよう、実際に離婚をして後悔をしたという方の声を聞いてみましょう。大きく分けると経済的なこととお子さんに関することに分けられます。

(1)お金に関すること

①離婚後の生活

離婚後の生活費をどう用立てるかという問題に直面するという方が特に女性に多いようです。それまで夫が稼いできてくれたのに、離婚後は自分で働いてお給料を得なければなりません。手に職があれば別ですが、そうでないとなかなか思うようなお給料を得ることは難しいでしょう。

②財産分与や養育費

一方男性側に多いのが、離婚にあたって予想外の金員を妻側に支払わなければならないということを知らなかったという方です。離婚にあたっては、財産分与といって婚姻後に増えた財産を、基本的には2分の1に分ける必要がありますし、お子さんがおり、妻が親権者になると、妻に対して毎月養育費を支払う必要も出てきます。これらの金額が思っていたより大きく、自身の離婚後の生活が思うように設計できないということがあるようです。

(2)子供に関すること

①育児の負担

それまで夫婦二人、あるいは相手方の両親とも協力して行ってきた育児について自分ひとりで行わなければならないことになることもあるでしょう。しかも働いているような場合、育児の負担は思った以上に大変だったとおっしゃる方が非常に多いです。

②子供が不憫

また、片親になってしまったことで子供に申し訳ないという気持ちを抱かれる方もいらっしゃるようです。

(3)その他

また、他人の目が気になる、ふとしたときに孤独を感じるといったことを挙げられる方もいらっしゃいます。

3、その離婚ちょっと待って!離婚して後悔しないために

このように、離婚して後悔している方の多くが原因として挙げるのは経済的な問題とお子さんの問題です。

したがって、離婚して後悔しないためには、離婚した後の生活についてしっかりと検討しておくべきでしょう。離婚後の住まいはどうするのか、収入はどうやって確保するのかということはしっかりと検討し、ある程度の道筋は付けておく必要があるでしょう。また、お子さんがいらっしゃる場合には、どのように育児をしていくのか、仕事と両立させることができるのかについても考えておきましょう。

これらの問題について対応策が見つからないまま離婚だけしても後悔することになる可能性が高いと言えます。後悔しないために、これらについてはしっかりと検討し、対応策を考えましょう。

4、離婚するかどうかで悩んだら!相談先について

離婚するかや、離婚後の生活についてひとりでは考えきれないという方も多いでしょう。そのような場合には次のようなところで相談するといいでしょう。

(1)離婚カウンセラー

民間の離婚相談所です。法律的な問題は相談できませんが、離婚をするべきか否か、離婚後どのように生活を設計したらいいか等について相談するには良いでしょう。

(2)女性センター

自治体で女性センターを運営している場合、女性センターでも民間の離婚相談所と同様の相談を行うことができます。

(3)友人・知人

また、他人にプライベートなことを話すのには抵抗があるという場合、ご友人や知人の方にご相談をされるのが良いでしょう。ただ、特にご友人等だと隣の芝生は青く見えやすく、冷静さを失いがちになる方が多いようですから、注意しましょう。

(4)弁護士

法律的な問題、たとえば財産分与や親権などについて聞きたいということであれば弁護士に相談しましょう。弁護士というと敷居が高く感じられるかもしれませんが、離婚に関する相談は初回の相談については無料という事務所も多いようです。

5、離婚する決意が固まったら!離婚前に準備しておくべきこと

ご自身での検討や必要な相談を経て、離婚の意思が固まったら、離婚にむけた準備が必要です。後悔しないための最後の詰めの作業ですから、しっかりと行うようにしましょう。

ここでも一番重要なのは、離婚後の経済的基盤の確保です。離婚後の住まい、仕事等しっかりと決めておきましょう。その他の点については、「」次の頁をご参照ください。

6、離婚してもこんな場合には復縁できる!

後悔するような離婚をしないことが一番ですが、離婚してしまった後何とかもとどおりになりたいと考えている方、次のような場合には復縁の可能性があるかもしれません。

(1)離婚原因が相手方の人格的な問題ではない

たとえば、相手方の不倫や義両親との軋轢等、相手方の人格的な問題ではないことが原因となって離婚に至った場合、原因となった事由がなくなることで復縁に至る可能性は十分あると言っていいでしょう。

(2)子供がいる

お子さんがいる場合、お子さんを通じて、相手方と交流が続くことがあるでしょう。そのような交流を続ける中で、双方子供の親として改めて一緒に生活していこうと思いなおすということもあるようです。

(3)相手方の親族との交流が続いている

お子さんがいる場合と同様に、相手方の親族と交流が続いている場合、そこから相手方とも関係を修復していくということはありうるでしょう。

もっとも、復縁に至る可能性は決して高くはありませんから、離婚して後悔しないように離婚するかどうか慎重な判断をするようにしましょう。

離婚で後悔しないために知っておくべきことまとめ

今回は、せっかく離婚をしても後悔をするようなことがないように考えるべきこと、準備すべきことについて説明しました。後悔先に立たず、なので一時の感情に流されることなく、冷静に離婚について考えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初回来所法律相談無料!


もし、あなたが、

・離婚をしようと思っているが、どうして良いのか分からない
・遺産相続で困っている
・過払い金を取り戻したい
・交通事故に遭ってしまい困っている

など、法律のことでお困りのことがあれば、まずは無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決策を見つけ出します。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00 ご対応可能
  • 電話で無料相談する
  • メールで無料相談する