B型肝炎の治療で使われる「バラクルード」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

B型肝炎ウイルスによって慢性肝炎肝硬変を発症された方の中で、ウルソでは十分な効果が望めず、バラクルード等の核酸アナログ製剤による治療を提案されることがあります。

バラクルードはウイルスに対して非常に有効である一方、原則として長期間の服用が必要になりますので、それらの点を医師と十分に相談したうえで治療方針を決定する必要があります。

今回は、バラクルードについて書いていきますので、今後の治療方針の検討に役立てていただければ幸いです。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-751-882
メールでのご相談

1、バラクルードとは?

 バラクルードとは、核酸アナログ製剤の一つです。
有効成分の名称は、「エンテカビル」です。

慢性B型肝炎の治療方法としては、主に、インターフェロンによる治療と核酸アナログ製剤による治療がありますが、そのうちの核酸アナログ製剤による治療を行う際に、一般的に使用されている薬です。

B型肝炎においては、ウイルス量が多いと、それだけ慢性肝炎等を発症するリスクがありますが、このウイルスが増殖するのを抑えてくれるのがバラクルードです。

 

2、バラクルードの服用が有効な症状は?

バラクルードは、B型肝炎ウイルスが原因となって肝機能に障害が生じた患者さんに対して有効であるとされています。

ゼフィックス(有効成分の名称はラミブジン)が有効に作用しなくなった耐性ウイルスに対しても一定の効果が期待できるといわれています。

バラクルードによりB型肝炎ウイルスの増殖を抑え、肝機能を正常にすることによって、肝炎が進行しないようにするのです。

3、バラクルードの用法は?

1日1回、空腹時に服用してください。
基本的には、1日1錠ですが、医師から特別な指示がある場合には、1日2錠服用することもあります。

なお、飲み忘れてしまったり、自己判断で薬をやめてしまったりすると、体内に残存するウイルスが再び増殖し、肝臓に大きな負担をかける危険があります。

治療状況等によっては、一生飲み続けることも珍しくない薬ですので、自己判断でやめることは絶対にしないでください。

飲み忘れてしまった場合には、すぐに医師に相談し、例えば、翌日に2錠飲むことのないようにしてください。

4、バラクルードの副作用は?

インターフェロンによる治療と異なり、バラクルードを始めとする核酸アナログ製剤による治療は、一般に副作用が生じにくいか、あるいは副作用が軽いといわれています。

もっとも、患者さんによっては、鼻咽頭炎や下痢頭痛等の副作用が生じることがあるようです。
鼻やのどの痛み、風邪のような症状が出た場合には、すぐに医師に相談しましょう。

なお、ごくまれですが、嘔吐や手足の震え意識低下じんましん等の重篤な副作用が報告されているようです。

5、その他バラクルード服用時の注意点は?

とにかく自己判断で薬の服用を中止しないことです。
必ず医師と相談しながら、治療の終了時期を決めてください。

また、飲み忘れにも十分ご注意ください。
妊婦の服用について、その安全性はまだ確認されていません。

妊娠を希望する患者さんは、必ず服用前にその旨を医師に相談しましょう。
なお、他人への感染の危険について、バラクルードを服用していても、感染のリスクがあることには変わりません。

他人に感染させないため、例えば、ハブラシ・髭剃りの共用、乳幼児への口移し等は絶対にやめましょう。

6、バラクルードの薬価は?助成金は利用できる?

バラクルードは、1錠あたり1000円以上もする薬で、治療期間も勘案すれば、その治療に要する費用は非常に高額であると言えます。
そのため、医療費の助成が受けられるようになっています。

具体的には、患者さんの自己負担限度額は原則月1万円とされ、所得が多い患者さんのみ自己負担限度額が2万円とされています。
これらの制度を使い、適切な治療を適切な期間受けられるようにしましょう。

7、バラクルードと同様の効能がある薬は?それらと比較したバラクルードの特徴は?

バラクルードと同様、ウイルスの増殖を抑える薬には、ゼフィックス(有効成分の名称はラミブジン)、ヘプセラ(有効成分の名称はアデホビル)、テノゼット(有効成分の名称はテノホビル)があります。

日本において、保険適用となっている核酸アナログ製剤は、これらの4つで、2000年にラミブジンが、2004年にアデホビルが、2006年にエンテカビルが、2014年にテノホビルが承認されました。

バラクルードの特徴は、ラミブジンが長期投与により耐性ウイルスが出現しやすいことに比較し、バラクルードは耐性ウイルスが出現しにくいことにあるといえるでしょう。

また、臨床で問題となる副作用もほとんど認められていないため、核酸アナログ製剤を使用する場合第一選択薬となっています。

8、まとめ

いかがでしたでしょうか。
慢性B型肝炎は根治が難しく、一生付き合っていかなければならない病気であると言われることもあります。

病気の特徴、治療方法等について医師にきちんと相談したうえで、適切な治療を受けられるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿