不倫した夫と離婚すべき?夫に不倫された妻が知っておくべき7つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫に不倫された場合、やはり離婚すべきでしょうか?離婚して幸せになったケース、後悔したケースや、離婚すべきかどうか考える際の判断基準をご紹介します。

後悔しないように、先例や基準を基に適切に判断しましょう。また、離婚をする場合に必要な情報も併せて説明します。

婚姻を継続する場合や、反対に不倫夫から離婚を切り出された場合の対処法も紹介しますので、是非参考にしてください。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-711-765
メールでのご相談

1、不倫されて離婚した女性たちのその後

不倫されて離婚すると幸せになるのでしょうか?それとも後悔するのでしょうか?どちらのケースも存在します。よく挙げられる離婚してよかったことと後悔したことをそれぞれご紹介します。離婚を検討する際の参考にしてください。

(1)離婚してよかったこと

まずは離婚してよかったことをご紹介します。

  • 不倫に悩まず自分らしさを取り戻せた
  • 離婚後の平穏な日々に幸せを感じる
  • 心が軽くなった
  • 家の中の雰囲気がよくなり、子どもも明るくなった
  • 不倫で浪費する夫がいなくなったため、返って経済的に安定した
  • 精神的にも自立できた

(2)離婚して後悔したこと

続いて後悔したことをご紹介します。

  • いきおいで離婚したものの復縁したくなったが断られた
  • 一人で子育てしていると、経済的にも体力的にも大変
  • 父親がいないことで子どもが引け目を感じている
  • 不倫を言い逃れられて、慰謝料を取り損ないその後の生活に困った
  • 養育費の支払いが滞り、生活が立ち行かなくなった
  • 子供が幼いので、就ける仕事が限られ、中々仕事が見つからず、生活に困窮した
  • 夫が稼いだお金が夫のお金だと思っていたので、財産分与を受けなかった

多くは離婚したこと自体というよりも、離婚の仕方に問題があることがわかります。

2、不倫された妻が離婚すべきか考える際の判断基準

(1)子どもへの影響

子どもが父を慕っている場合、その父との離別は、当然、子に悪影響を及ぼします。父を慕っていない場合でも間接的に悪影響を及ぼすことは多々あります

これまで主婦やパート勤務で子と接する時間の長かった母が、フルタイム勤務になり、接する時間が短くなります。また、学校や幼稚園でからかわれることもあります。

しかし、両親が、喧嘩が絶えなかったり、冷め切った状態なら、その環境に置き続けることの方が子にとって悪影響でしょう。離婚することによって母子が明るく過ごせるなら、子にとってもその方がよいという場合もあります。

(2)経済的にやっていけるか

離婚後の毎月の支出と収入を試算し、経済的にやっていけるかどうかを検討してください。収入は、給与のほか、夫からの養育費や公的扶助もあります。

離婚後は財産分与や慰謝料のお金があるでしょうが、それを切り崩せばよいという安易な考えは捨ててください。余程の資産家でもない限り、長くは持ちません。

切り崩しは仕事に就くまで等の期限を切って、あくまで毎月の収支で赤字にならないかを検討してください。財産分与や慰謝料のお金は、まとまったお金が必要な時に備えておきましょう。

また、子の成長に伴って支出は増えていきますので、将来的に大丈夫かという点も検討するポイントです。

これまで主婦やパート勤務だった場合は、職探しをしなければなりません。子が幼くて就業できる時間が限られる等の条件がある場合、十分な収入を得られるだけの職がありそうか、離婚前から実際に求人票などを見ながら確認しておくべきでしょう。

(3)住居はどうするか

子どもがいる場合は、なるべく子ども環境を変えないために、子どもを引き取る方がそのまま同じ家に住み続けるのがよいのですが、経済的な事情や仕事の都合等でそうもいかないこともあるでしょう。離婚後の住居についてあらかじめ考えておきましょう。

(4)自分の親の状況

離婚後、何らかの形で親の助けが必要になることは多いです。住居、育児、経済的支援など、親の支援は受けられそうか、受けられなさそうな場合はそれでも大丈夫か等を検討しておきましょう

また、逆に親に介護が必要な場合は、離婚後も介護できるか、できないとすればどうするか等を検討しておきましょう。

3、 スムーズに離婚するために

夫が離婚を拒んだ場合、最終的には裁判で離婚を争うことになります。不倫の事実があると裁判で離婚が認められやすくなります

「どうせ裁判で負けるなら」と夫が早期に協議離婚(話し合いで決まる離婚)に応じる可能性もあります。ですので、スムーズに離婚するためには、不倫の証拠を押さえることが重要です。

証拠を押さえておくと、スムーズに離婚しやすいだけでなく、慰謝料を請求するときにも重要です。夫のほか、その不倫相手にも慰謝料を請求することができます。

不倫を夫が認めた場合、テープレコーダーに記録しておくとよいでしょう。ICレコーダは改ざんできるため、裁判では証拠として認められにくいので注意しましょう。

不倫相手の遣り取りが残っている場合は保存しておきましょう。携帯電話のメールや通信アプリでの遣り取りの場合は、画面を銀塩写真で撮影しておくとよいでしょう。

4、離婚で損しないために

離婚後、生活していくうえでお金は大切です。損をしないように、離婚に際して得られるお金のことを知っておきましょう。

(1)別居中の生活費

離婚前に別居した場合、その間の生活費を夫からもらえることがあります。離婚間近とはいえ夫婦には相互扶助義務があり、収入が多い方は少ない方に、同じくらいの生活レベルになるように生活費を渡さなければならないのです。

このお金のことを婚姻費用といいます。婚姻費用は夫婦で話し合って自由に設定して構いませんが、目安となる基準があります。詳しくは「婚姻費用分担請求をして安定した生活を確保するための方法すべて」をご参照ください。

(2)財産分与

離婚時に夫婦の共有財産を分け合います。このことを財産分与といいます。結婚している間に増えた財産は、ほぼすべて共有財産になります。主婦でも概ね半分もらえます。

詳しくは、「財産分与|離婚時にできるだけ高額を獲得するために知っておくべき全てのこと」をご参照ください。

(3)年金分割

年金はざっくりいうと拠出した額が多ければ給付される額も多くなりますが、専業主婦や働いていても旦那よりも給与が低い場合は、旦那よりも年金が少なくなってしまい不公平です。

そこで、婚姻期間中に拠出した年金を夫婦で按分して不公平を無くすのが年金分割です。詳しくは「離婚時の年金分割をできるだけ多く獲得するための全手順」をご参照ください。

(4)慰謝料

慰謝料は、夫とその不倫相手の両方に請求できます。算定基準があります。詳しくは「離婚慰謝料の相場と弁護士が教える高額獲得する方法」をご参照ください。

(5)親権と養育費

子どもがいる場合、どちらが親権をもって子どもを育てるかを決めます。どちらも親権を欲しがった場合は、調停を経て、最終的には裁判で争うことになります

調停や裁判では、多くは母親が親権者に指定されます。ただし、子どもが自分の意思を持つようになると、子どもの意思も尊重されます。他にも裁判所が親権者を選ぶ際の基準があるので、詳しくは「離婚時に調停で親権を獲得するために知っておくと有利な7つのこと」をご参照ください。

養育費について詳しくは「離婚時の養育費の相場とできるだけ多くの養育費をもらうための方法」をご参照ください。

(6)公的扶助

シングルマザーには様々な公的扶助が用意されています。詳しくは「離婚後の生活のために知っておきたい補助金・助成金」をご参照ください。

5、離婚後にもめないために

離婚時に養育費について決めたのに支払われないというトラブルが起きることがあります。後から言った言わないの問題が生じないように養育費などの条件を書面にしておくとよいでしょう。この書面のことを一般に離婚協議書といいます。

また、不払いが生じたら、公的な力によって強制的に払わせる仕組みがあります。これを強制執行といいますが、強制執行をスムーズに受けるために、合意した離婚条件は離婚協議書にとどめず公正証書にしておきましょう。

公正証書にし執行認諾文言という条項をいれておけば、不払いが生じた際にすぐに強制執行をかけることができます

離婚協議書と公正証書について、詳しく知りたい方は「離婚協議書を公正証書にする方法とその書き方」をご参照ください。

6、不倫した夫との関係を修復したい場合

不倫した夫と離婚せずに関係を修復するためには、どうすべきでしょうか。それは、不倫した夫との関係が、夫が不倫に走る以前はどうであったかによって異なります。

以下、夫婦関係が冷めきっていた場合と、夫婦関係は悪くなかった場合に分けて説明します。また、いずれの場合においても、第三者に相談することは有用ですので、適切な相談先についても紹介します。

(1)夫婦関係が悪くなかった場合

元々の夫婦関係が悪くなく、あなたが不倫を許すのであれば、関係修復はそれほど難しくはないでしょう。夫が不倫を反省し二度と不倫をしないようになればよいわけです。

悪いのは不倫した夫であることは明らかなので、夫が改心して、関係修復を懇願し、修復に向けてひた向きに努力してくれればよいですが、必ずしもそれがあなたの満足のいくレベルに達するとは限りません。その場合は、あなたの方でも歩み寄れるポイントを探してみてください

不倫された方が歩み寄らなければならない道理はないのですが、関係修復という目的を達成するためには、一方のひた向きな努力だけに委ねるわけにはいかないでしょう
また、誤解しないでいただきたいのは、夫が不倫したことは、一切、妻のせいではないということです。

(2)夫婦関係が冷めきっていた場合

夫婦関係が冷めきっていた場合は、夫が不倫に走った遠因として、夫婦関係が冷めきっているということが考えられるため、根本的な関係修復を図る必要があります。最も良いのはお互いが修復に向けて努力することですが、夫婦関係が冷めきった現状で夫にそれを強要すると、余計に気持ちが離れていってしまう可能性もあります。

不倫についての話し合いの中で自然と関係修復の話ができればよいのですが、それもままならないくらい関係がこじれている場合は、せめてこちらができることをやるしかありません。人を変えることは難しいですが、自分を変えることはできます

自分が変わることで周りが変わることは十分にあります。たあだし、夫の不倫に対して自責の念に駆られる必要はありません。

冷え切った夫婦関係を改善するためには、主なポイントは「責めない」「挨拶」「褒める」「してあげる」の4点です。

①責めない

不倫を責めないというということではありません。不倫は責められるべき行為です。しかし、不倫とは別の件でも生活の中で、知らず知らずのうちに夫を責めるようなことを口走ってしまっていないでしょうか。

責めるつもりじゃなく言ったことでも、ギスギスした関係になると責められた感じることもあります。そのようなことがないか改めて考えてみてください。

②挨拶

最近、夫に対して挨拶していますか。「おはよう」「行ってきます」「行ってらっしゃい」「ただいま」「お帰り」「お疲れ様」「おやすみ」等の挨拶を交わすだけでも関係は変わってきます。そこから会話が生まれるようになります。

長い間、挨拶をしていなかったとしたら突然挨拶をするのは気恥ずかしいかもしれませんが、あくまで自然に実践してみてください。また、挨拶ではないですが、「ありがとう」「ごめんね」「大丈夫?」などの一言も言えるようにすることが関係修復のための重要なステップです。

③褒める

相手のことを褒めてください。これも今更気恥ずかしいかもしれません。照れてそっけなくされるかもしれませんが、小さなことでも日々自然と褒められるようになると、大分関係が修復されてくるでしょう

④してあげる

自分がしなければならない家事とは別に、夫のためにしてあげられること見つけて、してあげてみてください。恩着せがましいやり方は厳禁です。

また、夫がお節介に感じているようなら自重してください。ただ、嬉しく感じても照れでお節介に感じているようなリアクションをすることもあるでしょうから、その点は見極める必要があります。

(3)第三者に相談する

自分と夫のことを知っている共通の友人に相談することで、適切な関係修復方法が見つかるかもしれません。しかしながら、友人は夫婦関係の専門家ではないでしょうし、また、人の口に戸は立てられません。

費用はかかるかもしれませんが、夫婦関係カウンセラーに相談することで適切なアドバイスをもらえるかもしれません

夫婦関係カウンセラーは、離婚カウンセラーと呼ばれることもありますが、離婚の仕方だけを指南するわけではなく、夫婦関係を円満にするためのカウンセリングも行います。以下のような電話でのカウンセリングを行っているカウンセラーもいますので、利用を検討してもよいかもしれません。

夫婦問題の電話相談ができる「夫婦ダイヤル」

7、不倫した夫から離婚を切り出された場合

不倫した夫が離婚を切り出した場合、応じなければならないのでしょうか。答えは、応じても、応じなくても構いません。感情的には「不倫した方が何を言うか」という感じでしょうが、法律もそのようにできていて不倫した方からの離婚の請求は基本的に認められません。

不倫した方がからの離婚の請求が裁判で認められるのは、夫婦関係が破綻して回復の見込みがない場合等、限られた場合のみです

また、相手が離婚したいと思っている場合は条件を有利にもっていくチャンスでもあります。あなたも離婚してもよいと思っているのなら、易々とは応じずに、慰謝料や養育費についてより有利な条件を引き出すという手もあります

詳しくは「弁護士が教える! 夫から離婚を切り出された妻が知っておきたい対処法」をご参照ください。

まとめ

以上、夫に不倫された場合の洗礼や離婚すべきかどうかの判断基準、それから、離婚する場合に重要になってくる点を説明しました。この記事が最適な判断の一助となれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿