親が亡くなり兄弟(姉妹)で遺産相続をする際に知っておきたい5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sad teenagers - boy and girl - isolated on black

お父様、お母様がお亡くなりになった場合、兄弟が複数いらっしゃれば、兄弟によって遺産の相続がなされることになります。つまり兄弟間における遺産相続とは多くの方にとって発生し得るものであり、決してドラマや小説の中の特別な話ではないのです。

では、兄弟において親の遺産を相続する場合、どのようにして相続の割合は決定するのでしょうか。一つの方法としては、民法900条に規定されている「法定相続分」に従って遺産を相続するというものがあります。また、遺言によって遺産相続の割合を決定するというケースもあります。

しかし、実際に遺産分割の割合の決定方法として一般的に採用されているものとしては、遺産分割協議という方法が挙げられます。遺産分割協議とは、兄弟間の話し合いによって遺産相続の割合を決める方法です。

今回は、この兄弟間における遺産分割協議についてご説明させていただきたいと思います。

目次

1、法定相続分の割合とは?

2、遺産分割の方法とは?

3、遺産分割協議の流れとは?

4、遺産分割協議書とは?

5、兄弟間での遺産トラブル事の事例

1、法定相続分の割合とは?

兄弟間の遺産分割協議について説明させていただく前に、法定相続分ではどのような遺産分割の割合になっているのかをまず確認してみましょう。兄弟による遺産相続としては、次の2つの場合が考えられます。

  • ①お父様、お母様のうちお一人が亡くなられて相続が開始する場合
  • ②お父様、お母様が両方亡くなれて相続が開始する場合です。

①の場合、相続財産の2分の1を健在である親が相続し、その残りについて、兄弟の数に応じた分割割合によって相続がなされます。例えばお父様が亡くなられて、お母様がご健在でご兄弟が2人の場合であれば、お母様が相続財産のうち2分の1を相続し、兄弟の相続分はそれぞれ4分の1ずつということになります。

②の場合、相続財産について兄弟の数に応じた分割割合で相続がなされます。例えば、既にお父様は亡くなっていて、お母様が亡くなられたことで相続がはじまった場合、兄弟が3人であれば、お母様の財産について兄弟で3分の1ずつ相続をするということになります。

2、遺産分割の方法とは?

遺産分割の方法としては、以下の4つがあります。

  • (1)現物分割
  • (2)換価分割
  • (3)代償分割
  • (4)共有分割

があげられます。

(1)現物分割

現物分割とは、相続人ごとに相続する財産を決める方法です。例えば、相続財産として土地と現金がある場合に、土地は長男が、現金は次男がといった具合に、それぞれが特定の財産を相続する方法です。遺産分割の基本となる方法で、最も多く利用されています。

(2)換価分割

換価分割とは、相続財産が現金や預貯金ではなく、不動産や物であって、相続人のうちの誰もそれらを利用しない場合に、不動産や物を売却してその代金を分配する方法です。

(3)代償分割

代償分割とは、財産を相続する人が、他の相続人に対して金銭などで精算する方法です。例えば、親の財産が一戸建てのみで、その家に長男が同居をしており住み続けるような場合、家を長男がひとりで相続し、その代わりに他の兄弟には相続分を金銭で支払うというような方法です。支払は一括払いが原則ですが、話し合いにより分割払いとすることも可能です。

(4)共有分割

共有分割とは、遺産の一部または全部を相続人が共同で所有します。例えば、相続財産として住宅があり、兄弟が3人いる場合、兄弟で3分の1ずつの持ち分で住宅を共有することになります。

遺産分割する際には、まず現物分割を検討し、現物分割では、公平に分割できないような場合は、現物と換価を組み合わせるなどして全員が納得できるように柔軟に方法を選択することになります。

3、遺産分割協議の流れとは?

遺産分割協議は以下の流れで進めていきます。

(1)遺産分割協議書の作成

遺産分割協議は、最終的に遺産分割協議書という書面を作成することによってその内容を確認します。遺産分割協議書を作成するために、最初になされるのは、相続人の確定です。被相続人(亡くなった方)であるお父様若しくはお母様の出生から死亡までの除籍謄本改製原戸籍等を入手し、その戸籍謄本等により相続人を確定することになります。

遺産分割協議書の作成には、相続人となる兄弟全員の合意が必要となります。後から認識をしていなかった兄弟が現れたような場合、遺産分割協議をやり直さなければなりません。そのため、最初に相続人である兄弟を確定し、全ての相続人がこの遺産分割協議に参加できるよう、戸籍謄本等で相続人を確定させる必要があるのです。遺産分割協議書について詳しくは「4、遺産分割協議書とは?をご参照下さい。

(2)相続財産の確定

次に相続財産を確定します。相続財産を確定するには、相続財産の調査をする必要があります。具体的には、不動産であれば登記簿謄本、銀行などの預貯金等は通帳や残高証明書、保険金の照会申請など、必要に応じ関係機関へ書類を請求し、それらの書類をもとに相続財産を確定します。

(3)遺産分割について話し合い

相続人、相続財産の確定ができたあと、相続人全員が納得する形で遺産の分割について話し合いを行います。話し合いで合意が得られた場合、遺産分割協議の内容をまとめて遺産分割協議書を作成します。作成した遺産分割協議書には、相続人となる兄弟全員が署名、押印する必要があります。遺産分割協議書が作成されると、それを提示することで、各関係機関で名義変更手続きなど相続手続きを行うことができるようになります。

4、遺産分割協議書とは?

(1)形式や手続について

遺産分割協議書は、相続人である兄弟全員で作成し、土地や建物などの登記手続が必要な場合には、相続人である兄弟全員の署名と実印を押印して作成します。

遺産分割協議書が数ページに渡る場合は、相続人全員の割印を押します。割印とは、ページの継ぎ目に押す印鑑のことです。作成部数は、相続人の人数に加えて、名義書換機関に提出するものも用意する必要があります。

遺産分割協議書の作成に特に期限はありませんが、相続税の申告をする場合は、申告期限(相続開始後10か月)までに遺産分割をしないと税制上の恩典が受けられません。よって、お父様若しくはお母様がお亡くなりになられてから10か月以内に遺産分割を行うことが望ましいといえます。

(2)定めておくべき内容

せっかく、遺産分割協議書を作成しても、のちに紛争が発生したり、手続を円滑に行うのに役立たないものでは作成の意味がなくなります。そこで、財産や債務は、もれなくできるだけ具体的に明記することが必要です。

不動産については、登記事項証明書(登記簿謄本)に記載されているとおりに、正確に各事項を記載します。土地の場合であれば、所在・地番・地目・地積等を、建物の場合であれば、所在・家屋番号・構造・床面積等を記載することになります。

預貯金については、通帳を参考に、金融機関名・支店名・口座番号・金額等を明確に記載します。

また、代償金(ある相続人が、遺産を他の相続人よりも多く取得する場合に、他の相続人に代償として現金を支払うこと)が遺産分割の内容として生じる場合には、その金額・支払方法・期限についても記載します。

なお、生命保険金・死亡保険金は原則として遺産分割の対象ではなく、受取人が取得するため、遺産分割協議書に記載はしないことが一般的です。

遺産分割協議後に判明した遺産があれば、その遺産については再度遺産分割協議が必要になります。しかし、あらかじめ遺産分割協議後に判明した遺産について、誰が取得するかを遺産分割協議の中で決めておけば、新たに遺産分割協議をする必要はありません。

遺産分割協議書についてのより詳しい内容は「【雛形付き!】遺産分割協議書の書き方と記載例」をご参照ください。

5、兄弟間での遺産トラブル事の事例

(1)事例1

私は2人姉妹の姉です。私は、母が亡くなる前の10年間実家に同居をして、母の介護を行ってきました。妹は、母が介護を必要とするようになる前に家を出ていました。この度、母が亡くなり、母と私が住んでいた住宅と母の預金について相続が発生しました。私としては、遺産の分割について、10年間の母への介護の点を考慮して欲しいと考えておりますが、妹は、母の介護は私が進んでおこなったことであり、また母と同居中の生活費等を母が出しているのだから、きっちり2分の1ずつで遺産を分けるべきだと譲りません。今まで妹との仲は良好だと思っていましたが、相続の発生でこんなことになるとは思ってもみませんでした。

(2)事例2

私は3人兄弟の長男です。私の親は小さな町工場(法人化はしていません)を営んでいました。長男であった私は、高校を卒業後進学することなく、親に求められるままに家業を継ぐことになりました。一方弟2人は、大学に進学し、本人たちの望む職業につき現在にいたります。私は進学をあきらめ親と同居し、家業を支えてきました。この度、父に続いて母も亡くなり、工場も含めて相続が発生しました。弟達は、実家兼工場は私が相続するにしても、預貯金は、弟達にも分けるべきだと主張しています。しかし、町工場の運営資金として預貯金が必要です。弟達ともめたくはありませんが、このままでは町工場も立ち行かなくなってしまいます。

(3)事例3

先日父が亡くなり、父の財産を相続することとなったのですが、父の子と名乗る人物の代理人から連絡があり、父の遺産について、自分にも持ち分があると主張をしています。私と母は、父が母以外の女性との間に子供をもうけていたことをはじめて知りました。その事実自体が私達にとって大変ショッキングなことなのですが、その上、父の遺産についてもその方の主張するように分割をしなければいけないのでしょうか。まさかこんなことになるとは思ってもいませんでした。

上記のような事例は他人事ではありません。相続をきっかけに兄弟間の間柄が修復不可能な程度に悪化してしまうなどということもよくあります。法的な知識が曖昧なままでお互いの意見をぶつけてしまうと、思いもよらない方向に話が進んでしまうこともあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。兄弟(姉妹)で遺産相続をする際の遺産分割方法についてイメージを持っていただけたら幸いです。

遺産分割方法には色々なルールがあり、遺産分割協議書ひとつをとっても、作成のルールを間違えると後に効力が否定されたり、紛争が発生したりすることもあります。弁護士に相談しながら最も適切な遺産分割方法を選択されることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士による無料相談実施中!


もし、あなたが、

・離婚をしようと思っているが、どうして良いのか分からない
・遺産相続で困っている
・過払い金を取り戻したい
・交通事故に遭ってしまい困っている

など、法律のことでお困りのことがあれば、まずは無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決策を見つけ出します。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

コメントを残す

*