孫に遺産相続させたい方必見!孫が遺産を相続できる4つの場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shutterstock_383754280

自分が亡くなった場合には、血のつながった子供や孫に自分の財産を引き継いでもらいたいと考えていらっしゃいませんか。お子さんの場合には法定相続分がありますが、お孫さんに遺産を相続させるためにはどのように行えばよいでしょうか。

ご自身の遺産はこの人に引き継いでもらいたいと自身が満足できる終活に向けて準備をされたい方もいらっしゃると思います。今回は、お孫さんに遺産を相続させる方法や注意点についてお話ししたいと思います。

目次

1、被相続人が死んだ際に孫は当然に遺産を相続できる?

2、孫に遺産を譲り渡す3つの方法

3、その他方法

1、被相続人が死んだ際に孫は当然に遺産を相続できる?

被相続人が亡くなった際、孫は当然には相続人にはなりません。それは、法律に定められた相続人になれる順位が決められており、孫は原則として法定相続分を有していないから(例外的に孫が法律上相続分を認められるのは、その親である子が被相続人の死亡時にすでに亡くなっている場合、すなわち代襲相続の場合)です。したがって、たとえ血のつながった孫であっても、必ずしも孫に直接その財産が譲り渡されるというわけではありません。そこで、以下に述べるように、孫に遺産を譲り渡したい場合には、事前に以下に説明する3つの方法を取ることが必要です。

なお、相続の順位については、「どのくらいの遺産をもらえる?遺産相続の順位に関して知っておきたい4つのこと」の記事を参照ください。

2、孫に遺産を譲り渡す3つの方法

(1)孫と養子縁組をする方法

まずは、孫と養子縁組をして、法定相続人とする方法があります。

養子縁組は、お近くの市町村役場へ養子縁組届を提出することで手続きできますので、具体的な手続や養子縁組届の書式を入手する場合には、市町村役場にお問い合わせください。

なお、未成年者を養子とする場合は,事前に家庭裁判所の許可が必要となり、「養子縁組許可申立」という手続きが必要になります。ただし、自分や自分の配偶者の直系卑属(子や孫等)を養子とする場合は、原則として家庭裁判所の許可は必要ありません(養子又は養親となる人が外国人の場合は,家庭裁判所の許可が必要となることがあります。)。

孫と養子縁組を行った場合のメリットは、①相続手続きを一代飛ばすことができるので、相続税が課税される回数が減り、②法定相続人が増えるため、相続税の基礎控除額が養子一人につき600万円増え、また③適用税率の区分が下がる可能性があり、さらに④生命保険金や死亡退職金の非課税枠も増えるため、相続税の節税効果も期待できます。

他方、養子となった孫の相続の場合には、原則として相続税額が2割加算される対象になることには注意が必要です。具体的な節税効果については、税理士に事前に相談されることをお勧めします。

(2)遺言書を作成する方法

また、孫に自分の遺産を譲渡すために、孫に「相続させる」旨の遺言書を作成することが考えられます。これは孫への遺産を譲り渡すための確実かつ一般的に取られる方法です。

孫への遺贈の方法は、相続財産の全部または何分の1という割合で財産を譲る方式である包括遺贈と、特定の財産を指定して譲る方式である特定遺贈があります。特定遺贈の場合には、当該特定の財産についてのみ受遺者である孫が関与するため、その他の相続財産について共同相続人間の遺産分割協議に加わる必要がないため、通常特定遺贈の方法がとられる事が多いです。

なお、遺言書を作成する場合には、法定相続人の遺留分を侵害してしまいますと、相続人から遺贈を受けた孫に対して遺留分減殺請求される可能性があるため、遺言書を作成する段階で、あらかじめ配慮する必要があります。

遺贈の場合には、受遺者である孫には相続税が課税されます。遺言で財産を孫に遺贈した場合には、相続税の支払いを省略することなどが可能になるため、相続税を削減する効果がありますが、その場合には相続税が2割加算されますので、ご注意ください。

また、遺言書の作成方法については、「遺言書(自筆証書遺言)の書き方として知っておきたい6つのこと」の記事を参考にしていただければと思います。

(3)生前贈与する方法

死亡してはじめて効力が発生する遺言とは異なりますが、被相続人の生存中から準備出来る方法として、孫に財産を生前贈与するという方法もあります。1年間のうち110万円までは贈与税もかからず、また特定の目的に充てるための直系尊属への一括贈与について非課税となる制度も平成27年4月1日から運用が始まっており、相続税対策としても有効な手段として用いられています。

3、その他方法

本来の相続人である子が被相続人よりも先に死亡している場合などには、その子に代わり孫が法定相続人となります。これを代襲相続といいます。

例えば、被相続人、被相続人の妻、子(長男、次男の2人)のうち長男が既に死亡しており、長男には子(被相続人からみて孫)が2人いるような場合には、被相続人の法定相続人は、被相続人の妻、次男、長男の子2人がそれぞれ法定袋相続人となります。各自の法定相続分は、被相続人の妻が2分の1、次男が4分の1、長男の子がそれぞれ各自8分の1ずつとなります。

スクリーンショット 2016-03-03 18.45.58

まとめ

以上のような方法をとることによって、ご自身の遺産をお孫さんへ譲り渡すことが可能になってきます。事前に準備しておけば、相続税対策となったり、また親族間での「争続」を避けることができたりする可能性があり、さらには亡くなった後の相続手続きもスムーズに進みます。一度専門家などにご相談の上、お孫さんへの資産の承継方法についてご検討ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士による無料相談実施中!


もし、あなたが、

・離婚をしようと思っているが、どうして良いのか分からない
・遺産相続で困っている
・過払い金を取り戻したい
・交通事故に遭ってしまい困っている

など、法律のことでお困りのことがあれば、まずは無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決策を見つけ出します。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

コメントを残す

*