過払い金返還請求をしてからお金が返還されるまでにかかる期間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード

これから過払い金返還請求をしようと思っている方が気になることの一つに、「過払い金返還請求をしてから回収までの期間はどのくらいだろう?」ということがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • どのような事情が過払い金の返還までの期間に影響を与えるか?
  • 大手貸金業者ごとの返済までの期間
  • 早期に過払い金を回収する方法

について書いていきます。ご参考になれば幸いです。

目次

1、過払い金が返還されるまでの期間に影響を与える事情は?

「いざ、過払い金返還請求!」と決意されて気になるのが、「どのくらいの期間で過払い金は返ってくるのだろう」ということではないでしょうか?

過払い金の返還までにかかる期間は、

  1. 自分で請求するか弁護士・司法書士に依頼するか
  2. 依頼する法律事務所・司法書士事務所の体制
  3. 貸金業者側の対応

等により異なることとなります。

具体的には以下の通りです。

(1)自分で請求するか、弁護士・司法書士に依頼するか

過払い金の回収にかかる期間に影響を与える事情として、
「自分で請求するか、弁護士・司法書士に依頼するか」
という点があります。

法律事務所や司法書士事務所にはたくさんの依頼が寄せられるので、もし人員が十分いないのに過大な依頼を受けている法律事務所・司法書士事務所に依頼するのであれば、ご自身で手続きを行うのが一番で早く回収できるかもしれません。

一方で、自分で進めると引き直し計算が手間だったり、訴訟をする場合にはご自身でしなければならないなどのデメリットがあります。訴状を作成するために法律を勉強する必要も出てくるので、そのような事情があると、法律事務所に依頼した方が早いということになるでしょう。

このように過払い金返還請求には様々な手続きがありますが、それぞれの手続きの段階において個人で進めた方が早いか法律事務所や司法書士事務所に依頼した方が早いかがあります。詳しくは「2、過払い金返還までの流れと期間」をご参照下さい。

(2)法律事務所や司法書士事務所の体制・実績

法律事務所や司法書士事務所に依頼した場合に回収までの期間に影響する事情として、法律事務所や司法書士事務所の体制・実績があります。

過払い金の返還にはノウハウと十分な人員が必要です。やはり、過払い金返還請求の実績があり、かつ弁護士・司法書士・スタッフが多い事務所は比較的短期間での過払い金の回収が可能といえるでしょう。

また、実は貸金業者は、内部で過払い金返還業務について法律事務所ごとにランク付けを行っており、ランクが高い法律事務所には相対的に早期にかつ高額の和解案を提示するとされています。

早期の過払い金の回収が可能であるという点に加えて、より高額の過払い金回収が可能であるという点も実績があり体制が整っている法律事務所に依頼するメリットといえるでしょう。

(3)貸金業者側の対応

貸金業者には、資金が無限にあるわけではありません。実際に2011年には大手消費者金融の武富士が倒産しました。貸金業者の資金状況も過払い金の返還までの期間に影響します。

資金的に余裕がある業者は過払い金請求をすると比較的早期にお金を返還してくれるのに対して、資金的に余裕がない会社は、なかなかお金を返還してくれません。場合によっては過払い金返還請求訴訟を提起しないとお金を返してくれないこともあります。

2、過払い金返還までの流れと期間

また、以下の流れで過払い金を回収していきます。

(1)貸金業者へ取引履歴開示請求

引き直し計算をして過払い金を確定させるにあたり、貸金業者に対して取引履歴の開示請求をします。

業者によっては法律事務所や司法書士事務所から開示請求を出すと早期に取引履歴を開示する一方、個人で請求してもなかなか開示しないことがあるので注意が必要です。

(2)引き直し計算

取引履歴を取得したら、過払い金がどのくらいあるかを計算します。人員に見合わず大量の依頼を受けている法律事務所や司法書士事務所だとこの手続きに時間がかかってしまう可能性があります。これに対して、ご自身で引き直し計算を行うのであれば、手間ではありますが、時間はそこまでかからないでしょう。ただ、ご自身で引き直し計算をされる場合は入力ミスなどにお気をつけ下さい。

(3)貸金業者へ過払い金請求

過払い金額を計算したら、いよいよ貸金業者へ過払い金を支払ってもらうよう請求しましょう。請求方法は電話でもいいですし、FAXや郵便でもOKです。

(4)電話等での和解交渉

過払い金を請求する意思表示を示したら、貸金業者の担当者と直接やり取りをして過払い金の金額の交渉をします。取引の分断など法律的な問題あると双方の主張する金額に差が出るので、交渉期間が長引く可能性があります。また、貸金業者の担当者は交渉に馴れているので、ご自身で交渉する場合には「相手は交渉に馴れていない」と思って強気の交渉をしてきます。不当に安い金額を提示されるなどなかなか希望する金額が提示されないと思いますが、希望する金額を強気で主張しましょう。

→この段階で和解が成立する場合→「(7)過払い金の返還」へ
→この段階で和解が成立しない場合→「(5)過払い金返還請求訴訟の提起」へ

(5)過払い金返還請求訴訟の提起

もし電話等での交渉で貸金業者から納得いく金額の提示がなければ、過払い金を返還させるための訴訟を起こしましょう。
法律事務所や司法書士事務所は訴状や書面の作成などに馴れているのですぐに必要書類の準備が可能です。これに対してご自身で訴訟を起こされる場合は、訴状の作成にあたり勉強しなければならないこともあり、時間がかかってしまう可能性があるでしょう。

(6)過払い金額の和解交渉

訴訟を起こした後、判決に向けて裁判上でやり取りを行いますが、併行して和解の話も進めることが一般的です。ここでも希望する金額をきちんと主張しましょう。

(7)過払い金の返還

裁判で勝訴したり、和解がまとまればいよいよ過払い金が返還されます。
返金までの期間は業者によって異なりますが、多くの場合、勝訴判決や和解成立後2〜4ヶ月かかります。

3、貸金業者ごとの返済までの期間

過払い金の返還にあたっては、以下の通り各業者ごとに対応に特徴があります。

具体的な返還までの期間については、

  • 誰が請求しているのか?(個人か、弁護士か?弁護士であれば大手の法律事務所か?小さい事務所か?)
  • 個々の取引内容(取引の分断などがあって金融業者側との間で主張に食い違いがあると長引く傾向にあります)

によって異なってきますので、あくまで目安としてご参考下さい。

基本的に満額にこだわらなければ早期に回収することが可能となります。
具体的には満額の6〜8割程度で妥協すれば比較的短期間で過払い金が戻ってくることが多いようです。

以下では、スピード重視で回収を試みた場合の返金までの期間と金額重視で回収を試みた場合の期間について記載したのでご参考下さい。もっとも、あくまで個々のケースによって期間は変わってきますから、あくまで参考程度にご覧下さい。

(1)アコムの対応

①アコムの資金面での状況

アコムは、大手銀行である三菱東京UFJグループの消費者金融業者なので、資金面では問題ないようです。

②アコムの過払い金の返還率

満額の80%~100%前後です。

③アコムに過払い金請求して返還までにかかる期間

こちらはスピード重視(電話交渉で和解をまとめる場合)か、金額重視(裁判までしてより多くの金額を回収しにいく場合)で返還までにかかる期間が異なります。

それぞれ以下の通りです。

■スピード重視の場合の期間(電話等の交渉で和解をまとめた場合)

平均4~5ヶ月

■金額重視の場合の期間(訴訟をした場合)

平均6~8ヶ月

(2)プロミスの対応

①プロミスの資金面での状況

プロミスは、大手銀行である三井住友銀行グループの消費者金融業者なので、資金面では問題ないようです。

②プロミスの過払い金の返還率

満額の80%~100%前後です。

③プロミスに過払い金請求して返還までにかかる期間

■スピード重視の場合の期間(電話等の交渉で和解をまとめた場合)

平均4~6ヶ月

■金額重視の場合の期間(訴訟をした場合)

平均6~8ヶ月

(3)レイクの対応

①レイクの状況

レイクは、大手銀行である新生銀行グループの消費者金融業者なので、資金面では問題ないようです。

②レイクの過払い金の返還率

満額の80%~100%前後です。

③レイクに過払い金請求して返還までにかかる期間

■スピード重視の場合の期間(電話等の交渉で和解をまとめた場合)

平均4~5ヶ月

■金額重視の場合の期間(訴訟をした場合)

平均6~7ヶ月

(4)CFJの対応

①CFJの状況

CFJは、ディック、アイク、 ユニマットレディス、他が吸収合併してできた業者です。資金面での不安が指摘されているので、もしCFJに対して過払い金がある方がいらっしゃれば、早期に過払い金回収の手続きを進められた方がよいかもしれません。

②CFJの過払い金の返還率

満額の60%~80%前後です。

③CFJに過払い金請求して返還までにかかる期間

■スピード重視の場合の期間(電話等の交渉で和解をまとめた場合)

平均3~4ヶ月

■金額重視の場合の期間(訴訟をした場合)

平均9ヶ月

(5)アイフルの対応

①アイフルの状況

アイフルは、ノンバンク系の大手消費者金融業者です。バックに銀行がついていないため、資金面での不安が指摘されています。もしアイフルに対して過払い金がある方がいらっしゃれば、早期に過払い金回収の手続きを進められた方がよいかもしれません。

②アイフルの過払い金の返還率

満額の40%~50%前後です。

③アイフルに過払い金請求して返還までにかかる期間

■スピード重視の場合の期間(電話等の交渉で和解をまとめた場合)

平均6~7ヶ月

■金額重視の場合の期間(訴訟をした場合)

平均1年

※満額を目指して交渉した場合

(6)武富士の状況

過去「武富士」の名称で貸金業を行っていた株式会社武富士は、会社更生手続をし、2012年に株式会社ロプロ(現・株式会社日本保証)を承継会社とする吸収分割がなされました。

株式会社武富士に対する過払い金は、債権(過払い金)の届出を提出した順番に3.3%の返還率で返還されています。

(7)各貸金業者の最新の返還状況は?

返金までの期間は消費者金融側の業績などの影響も受けますので、最新の返還状況をお知りになりたい場合は「当事務所の過払い金サイト」より無料相談をご利用下さい。

まとめ

今回は過払い金を請求してから返還されるまでの期間について書いていきましたがいかがでしたでしょうか?

過払い金は、苦労されたであろう返済に対するご褒美とも言えるものです。今回の内容をご参考頂きスムーズに過払い金を回収してもらえれば嬉しく思います。

もし、弁護士へのご依頼を検討されている方がいらっしゃいましたら、当事務所では無料相談を実施しておりますので、お気軽に「当事務所の過払い金サイト」よりお問い合わせ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士による無料相談実施中!


もし、あなたが、

・離婚をしようと思っているが、どうして良いのか分からない
・遺産相続で困っている
・過払い金を取り戻したい
・交通事故に遭ってしまい困っている

など、法律のことでお困りのことがあれば、まずは無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決策を見つけ出します。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

コメントを残す

*