自己破産後にクレジットカードの審査にできるだけ早くパスする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

借金の返済が困難になると、最悪の場合は自己破産しなくてはなりません。

自己破産して免責決定が下りると借金の支払い義務はなくなりますが、いろいろな制限があります。

自己破産すると一生クレジットカードが作れないのではないかと不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。

確かに、自己破産後、一定期間はクレジットカードを作ることはできませんが、なるべく早く作ることためにできることがあります。

自己破産に精通しているベリーベスト法律事務所の弁護士が、自己破産後にクレジットカードの審査にできるだけ早くパスするためにできることを解説します。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-762-779
メールでのご相談

目次

1、自己破産するとクレジットカードは作れないのか

(1)自己破産すると一定期間クレジットカードは作れなくなる

前述の通り、自己破産すると一定期間はクレジットカードは作れなくなります。

(2)自己破産後、一定期間クレジットカードが作れなくなる仕組み

自己破産すると事故情報が一定期間にわたって、JICC(日本信用情報機構)、CIC(指定信用情報機関)、KSC(全国銀行個人信用情報センター )などの信用情報機関へ登録されます。

これらの信用情報機関と提携している金融機関や貸金業者は、新規の申込者を審査する際に情報の照会を行います。

自己破産した事実も登録されるので、返済能力がないと判断されて一定期間にわたってクレジットカードを作ることができなくなるのです。

(3)どのくらいの期間作れないのか

では、自己破産するとどのくらいの期間クレジットカードは作れなくなるのでしょうか。

一般的には、自己破産すると10年間は新たにクレジットカードを作れなくなると言われています。

自己破産の事故情報を登録している期間は信用情報機関によって違いがあり、JICC、CICは5年、KSCは10年としています。

つまり、金融機関や貸金業者が情報の照会をする信用情報機関によって、クレジットカードを作れない期間は変わってくるのです。

2、自己破産後のクレジットカード会社選びのポイント

(1)KSCの会員でない団体の発行するクレジットカードを選ぶ

早くクレジットカードを作りたい場合は、KSCの会員ではない団体が発行するクレジットカードを選びましょう。

前述の通り、KSCの場合は10年ですが、JICCとCICなら5年です。

つまり、KSCの会員でない団体が発行するクレジットカードなら、最短で、自己破産から5年で作れる可能性があります。

各団体の会員は、以下のページから確認することができます。

ここで注意しなければならないのは、複数の機関の会員になっているクレジットカード発行元があるという点です。

つまり、JICCやCICの会員だから5年で大丈夫とわけではなく、併せてKSCの会員である可能性もあるので、KSCの会員でないことが重要です。

(2)自己破産した時の債権者であった業者以外へ申し込む

自己破産した時の債権者であった業者へ、クレジットカードの申込をしないようにしましょう。

一定期間を経過すると信用情報機関の事故情報は削除されますが、債権者であった業者には事故情報のデータが削除されず残っているのです。

自己破産をしたという過去の情報は消えなければ、審査を通過することは難しいでしょう。

(3)審査が緩い業者を選ぶ

大手の金融機関は審査基準が厳しいため、自己破産をした人が新規のクレジットカードの申込みをしても落とされることが多いでしょう。

一方、中小の金融業者の中には緩い審査基準を設定していて、自己破産をした人でも一定の条件を満たせば審査を通過できる場合があります。

(4)一度に複数のクレジット会社へ申し込まない

自己破産してから10年ほどすると信用情報機関の事故情報は削除されますが、一度に複数のクレジットカード会社へ申し込むと個人信用情報にキズをつけてしまいます。

この状態を「申込みブラック」と言いますが、半年間は削除されずに残ってしまうのです。

金融事故というほどのものではないかもしれませんが、クレジットカードを申し込む際に不利なので注意しましょう。

3、審査が通過しやすくなるポイント

(1)安定した収入がある

クレジットカードを利用した分は必ず返済しなくてはなりませんが、そのためには返済能力が必要になります。

つまり、安定した収入のある仕事をしていることが重要です。

正社員として勤務していることが審査では有利になり、勤続年数も重視されています。

(2)連絡先がある

何かあった時に連絡がとれることは、お金を貸す場合は重要になります。

住所があること、固定電話を持っているかどうかは、重要な審査ポイントです。

(3)クレジットヒストリーがある

クレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用履歴のことで、信用情報機関に登録されています。

登録されている情報は、ローンやクレジットカードの利用状況、返済履歴などです。

過去に自己破産して一定期間が経過してブラックリストから削除された人は、個人信用情報は真っ白の状態になっています。

クレジットヒストリーがない状態で、クレジットカードの申込みをしても審査を通過することはないと言われています。

クレジットヒストリーがないとクレジットカードを作れないので、信用情報機関にクレジットヒストリーを積み上げていく必要があります。

まずは、携帯電話の分割支払いをすることから始めるといいでしょう。

最低半年ほど支払いをしっかりとして、クレジットヒストリーを信用情報機関へつけます。

その次に、ハウスカードへ申し込むことをおすすめします。

ハウスカードとは、カードを発行している会社や店舗の商品しか購入できないカードのことです。

このカードに申し込んで支払いをキチンとすることで、個人信用情報にクレジットヒストリーをつけることができます。

4、自己破産前に持っていたクレジットカードはどうなる?

自己破産する前に持っていたクレジットカードは、ちょっとでも債務が残っていれば使用できなくなります。

自己破産の手続きの中で、残債務のあるクレジットカードは強制的に解約されるからです。

残債務のないクレジットカードがあったとしても、クレジットカード会社が信用情報をチェックするタイミングで解約されてしまいます。

クレジットカードを解約されてしまうのは、以下の2つのタイミングです。

(1)与信をチェックした時

与信とは、信用情報機関へ照会して顧客の信用情報をチェックすることです。

自己破産すると、与信のチェックをした段階でクレジットカード会社から解約の通知が来ます。

ほとんどのクレジットカード会社は定期的に与信のチェックをしますが、会社によっては定期的にしないところもあるようです。

(2)クレジットカードの更新時

クレジットカードには使用期限が設定されていて、その期限を超えて使用することはできません。

使用期限前には更新するかどうかの通知がクレジットカード会社から来ますが、その際に信用情報機関で個人の信用情報がチェックされます。

この時点で自己破産していることがクレジットカード会社にバレるため、契約更新することはできないのです。

5、自己破産後にクレジットカードの審査に落ちたらどうする?

自己破産した後にクレジットカードを申し込んでみたら、審査に落ちてしまったということもあるでしょう。

そんな場合の対策には、以下のことがあります。

(1)再度の申込みは半年後に

あるクレジットカード会社に申込みをして審査に落ちると、クレジットカードが発行できないだけでなく、信用情報機関にカードの申込みをした履歴が残ります

別のクレジッカード会社へ申し込んでも、信用情報機関で紹介されると審査に落ちたことがバレてしまうのです。

この履歴データは半年間残るので、半年経過してから他のクレジットカード会社へ再度申し込むようにしましょう。

(2)クレジットカードの業種を変更して申し込む

特定のクレジットカードがどうしても欲しいということもあるでしょうが、審査に落ちた場合はそんなことを言ってられないでしょう。

一度審査に落ちたカードに再度申し込むのではなく、別の業種のカードに変更して申し込むことをおすすめします。

例えば、銀行系カードから外資系カードへ変更したり、消費者金融系カードから流通系カードへ変更したりしてみます。

ポイントはより審査に通過しやすいカードへ変更することです。

6、それでもクレジットカードを発行したい人が気をつけるべき点

自己破産後に、どうしてもクレジットカードが必要ということもあるでしょう。

クレジットカードを発行したい人は、以下のことに注意することが大切です。

(1)ヤミ金には手を出さない

自己破産をした直後は、クレジットカードの発行だけでなく、大手の金融業者からのキャッシングの利用も難しくなります。

ブラックリストに載って借入れができなくなった人を対象にしている金融業者がいますが、すべてが悪徳業者というわけではありません

貸金業者として登録している金融業者もいれば、登録番号もなしに違法営業しているヤミ金もあります。

特に「ブラックでも融資可能」と広告を打っている金融業者は、ヤミ金であることが多いので注意しましょう。

闇金について、詳しくは「闇金とは?闇金からお金を取り立てられた場合の対処法」をご参照ください。

(2)また自己破産することのないようにする

自己破産したのには何か原因があるはずです。

同じことを繰り返さないように、自分の行動のどこに問題があったかをよく考えましょう。

無駄遣いをなくして、収入の範囲内でお金のやりくりを上手にしながら生活するようにしましょう。

せっかく借金をゼロにして新しい人生をスタートさせたのに、また同じことを繰り返して自己破産するのは人生の時間の無駄遣いです。

また自己破産して、社会的信用を失うことのないように、身分相応な生活を送るようにしましょう。

7、クレジットカードがダメでもデビットカードなら作れる

クレジットカードの審査に落ちた場合でも、デビットカードなら作ることができます。

現金さえあれば利用でき、自己破産した人でも作れるのがデビットカードの特徴です。

(1)デビットカードのメリット

デビットカードには、以下のようなメリットがあります。

①ブラックでも持てる

デビットカードは、利用した金額が指定口座からすぐに引き落とされるシステムになっています。

クレジットカードのように借り入れる仕組みになっていないため、審査がなく、自己破産した人でも持つことができるのです。

②計画的に利用できる

デビットカードは自分の口座に預金がなければ利用できないため、クレジットカードのように使い過ぎてしまうことがないのが大きな特徴です。

口座にあるお金の範囲内でしか使えないので、計画的にショッピングをすることができます。

③ネット通販や国内海外のショッピングで使用できる

ネット通販を利用する際にクレジットカードがないと不便に感じることが多いと思いますが、デビットカードに対応しているネットショップはあります

また、国内や海外のカード決済に対応している店舗には、デビットカードを使えるところもあります。

④利用状況を常に把握できる

利用した履歴が残るので、自分がいつ、どれだけ使ったか、口座残高がいくらなのかが把握できます。

これらのことはネットですぐに確認できるので、使い過ぎる心配はありません。

⑤自己破産したことを知られなくて済む

デビットカードを申し込んでも、審査の際にクレジットカード会社は信用情報機関で個人情報の照会をしません。

そのため、過去に自己破産した事実を知られずに済みます

(2)デビットカードの選び方のポイント

デビットカードは銀行口座と一体化しているタイプを選ぶのが基本です。

ほとんどのカードが銀行口座と一体化していますが、申し込む前に確認しましょう。

その他にもカードの種類によって異なる点がありますが、以下のような選び方のポイントがあります。

①年会費がいくらかかるか

年会費は無料のカードと、数百円から千円以上かかるカードがあります。

カードを使う回数が多ければ年会費がかかっても、それほど気にならないでしょう。

それほど利用しないのであれば、年会費は無駄になるだけです。

カードの申込書を確認すれば年会費の有無と金額について記載があるので、必ず確認するようにしましょう。

②海外で利用できるか

種類によっては国内でしか使えないデビットカードと、国内でも海外でも使えるデビットカードがあります。

海外旅行へ行く機会のある人は、海外でも使えるカードを作ると便利です。

申込書にVISAカードと記載してあれば海外でも使えますので、確認するようにしましょう。

③海外のATMの手数料はいくらか

デビットカードは海外のATMを使って現金を引き出すことができますが、手数料がかかります。

海外へよく行く人であれば引き出す機会も多いので、手数料無料と数百円でもかかるのとでは大きな差です。

申込書に手数料について記載してあるので、いくらかかるか確認するようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は、自己破産後にクレジットカードを作成する際の注意点についてご紹介させていただきました。

自己破産してもクレジットカードがどうしても欲しいという方は、この記事を参考に申し込んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿