自己破産のデメリットとデメリットを回避する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S

借金の返済が困難になり、自己破産を検討している方は少なくないのではないでしょうか?

実際、年間約7万人の方が自己破産をしています。

自己破産には、借金を返済しなくてもよくなるというメリットがある反面、様々なデメリットがあります。

一方、実際はそのようなことはないのに破産のデメリットとして誤解されていることも多々あります。例えば、「自己破産をすると選挙権がなくなるのではないか?」と誤解している方もいらっしゃいますが実際はそのようなことはありません。

借金で悩まれている方が実際に自己破産をするかを判断するにあたって参考にして頂ければ幸いです。

1、自己破産のメリットは?

自己破産には借金を返済しなくてもよくなるというメリットがあります。

払わなくてよくなるのは、消費者金融に対する借金だけでなく、住宅ローンや家族・知人に対する借金など、一切の債務が含まれます。

2、自己破産のデメリットは?

次に自己破産のデメリットについてみていきましょう。
自己破産には以下のデメリットがあります。

(1)資産を没収される

まず、自己破産のデメリットとしては基本的には20万円を超える資産を没収されてしまうことが挙げられます。

①どのような資産が没収される?

自己破産をすると資産が没収されてしまう可能性があります。

もっとも、自己破産をすると全ての財産が没収されるとお考えの方もいらっしゃいますが、実際に全ての財産を手放す必要があるわけではなく、高価な財産が没収の対象となります。これに対して、家具・電化製品などの生活に必要な財産は基本的には、没収されません。

具体的に没収される財産は以下の通りです。

  • 99万円を超える現金
  • 時価で20万円を超える財産

20万円を超える財産については、マイカーなども含まれます。

どうしても車が必要な場合には、まず中古車業者などで査定してマイカーに20万以上の価値があるかを調べます。もし20万円以上の価値がある場合などは、20万円未満の車と買い替えるなどの方法を採ることによって自己破産をしても車を持ち続けることができます。

②マイホームも没収される?

20万円以上の資産が没収されるということは当然ながらマイホームも没収されてしまいます。
そのため、自己破産をした場合には家族の家に転居したり、新たに賃貸物件を借りて住むことになります。

また、自己破産を検討されている方の中には、「これ以上借金の返済をしていくことは難しいが、マイホームを手放したくない」という方が少なくありません。そのような方が利用できる制度として、住宅ローン特別条項付の個人再生という制度があります。

住宅ローン特別条項付の個人再生は、マイホームを手元に残すことになるので、住宅ローンは減額できませんが、その他の借金は大幅に減額してもらうことが可能となります。

(3)お金を借りられなくなる

自己破産をしてしまうと、一定期間クレジットカードを作ったり住宅ローンを組むことができなくなります。

ではその期間はどのくらいかというと、一般的には自己破産をしてから8〜10年間ほどとされています。

(4)なれる職業が制限される

自己破産の申立をすると就けなくなる職業があります。
自己破産の手続きの間(3〜6ヶ月)、その職業から離れなければなりません。

具体的には以下の通りです。

  • 弁護士・司法書士・税理士等の士業
  • 宅地建物取引主任者
  • 生命保険募集人
  • 旅行業務取扱管理者
  • 警備員

などです。

これらの職業は自己破産をすると一生戻ることができないというのではなく、免責決定が下されれば復職することができます。

ちなみに、国家公務員・地方公務員については基本的に自己破産しても職務を継続することができます。

(5)手続きが面倒

最後に、自己破産のデメリットとして挙げられるのは、手続きが面倒ということが挙げられます。
もっとも、この点は法律事務所に手続きを依頼することで手続きを弁護士に任せることができます。

(6)弁護士費用がかかる

自己破産を弁護士に依頼した場合ですが、弁護士費用がかかります。
ではどのくらいの費用がかかるかというと法律事務所によって異なりますが、安い事務所では15万円ほど、高い事務所となると40万円ほどです。

安い金額ではないですが、法律事務所によっては分割での支払いにも応じている所があるようです。

3、自己破産のデメリットに関する誤解

自己破産のデメリットについては、誤解が少なくありません。そこで、誤解されがちな自己破産のデメリットについて書いていきます。

(1)選挙権がなくなる?

よく「自己破産をすると選挙権がなくなるんでしょ?」と思っている方がいらっしゃいますが、そのようなことはありません。

(2)自己破産をすると仕事がなくなる?

自己破産をするといまの職場を退職しなければならないとお考えの方が少なくありませんが、「2ー(4)就ける職業が制限される」に記載されている職業以外はそのようなことはありません。

(3)住んでいる賃貸物件を出て行かなければならない?

自己破産するとマイホームを失うことは既に書きましたが、賃借している場合にも出て行かなければならないのでしょうか?賃貸の場合にはマイホームと異なり、自己破産しても住む権利を失うということはありません。

もっとも、家賃を滞納している場合は、滞納を理由に退去を求められることはあるでしょう。

(4)海外に行けなくなる?

自己破産をすると、海外に行けなくなると思っている方が少なくないようですが、そんなことはありません。自己破産の手続終了後であれば自己破産をしても海外旅行に行くことは可能です。それどころか、引っ越しも自由にすることが可能です。

もっとも破産手続中は、裁判所や破産管財人の事前の承諾が必要となります。

(5)自己破産をすると年金をもらえなくなる?

自己破産をしたからといって年金がもらえなくなるわけではありません。
定年まできちんと年金保険料を支払ってきたのであれば、年金をもらうことができます。

(6)離婚しなければならなくなる?

既婚者が自己破産をすると離婚しなければならないとお考えの方がいらっしゃいますがそのようなことはありません。

(7)自己破産したことが家族や知人に知られてしまう?

自己破産をすると家族や知人にそのことが知られてしまうと思われる方が少なくありませんが、自己破産の手続をすると官報に氏名が記載されるため絶対ではないものの、官報を定期的にみる方はほとんどいないでしょうから、家族や知人に知られる可能性は低いでしょう。

まとめ

今回は自己破産のデメリットについて書いていきましたがいかがでしたでしょうか?自己破産は人生の再スタートを可能にするという意味で有用な制度ですが、そのようなメリットと相応のデメリットがあります。自己破産をするか検討するにあたってご参考頂ければ嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士による無料相談実施中!


もし、あなたが、

・離婚をしようと思っているが、どうして良いのか分からない
・遺産相続で困っている
・過払い金を取り戻したい
・交通事故に遭ってしまい困っている

など、法律のことでお困りのことがあれば、まずは無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決策を見つけ出します。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

コメントを残す

*