交通事故専門弁護士を見分けるポイントと依頼する3つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
交通事故専門弁護士

交通事故はどなたの身にも起こり得ます。もし、突然の交通事故によってご自分が被害者になってしまった、あるいはご家族や知人が被害者になってしまった場合、「交通事故に強い弁護士」に依頼して対応してもらうということをお考えになるのではないでしょうか。

交通事故にあった直後は、全てが初めてのことで、どうしたら良いのか、どうするのが良いのか、分からないことだらけで不安になる方も多いでしょう。

お怪我を治療することがまず大事ですが、交通事故専門弁護士に依頼することで、余計な心配をすることなく、安心して治療に専念でき、最終的に適切な賠償を得ることができます。

そこで、今回は、交通事故に強い弁護士に依頼することのメリットやその探し方などについて書いていきます。

1、交通事故に強い弁護士に依頼するメリット

(1)個別事情をくみとり適正かつ最大限の賠償金額を獲得できる

交通事故によって被害者が怪我をした場合、その怪我が治癒したり、症状固定の診断を受けることによって治療が終了すると、慰謝料などの損害額を算定し示談交渉に入ります。症状固定時に症状が残ってしまい後遺障害等級が認定されると、その等級を前提に損害額を算定して示談交渉に入ることになります。

この際の示談金算定の基準には、任意保険会社の示談額基準と裁判所基準・弁護士基準があります。

被害者が加害者の保険会社と直接交渉する場合、基本的にはその保険会社の示談額基準で示談金の提示がなされます。

このとき、弁護士に依頼していれば、弁護士は、裁判所基準・弁護士基準(裁判所の交通事故の民事訴訟で用いられる損害額算定基準)で算定し、これを基準に交渉します。

保険会社の示談額基準と裁判所基準・弁護士基準とでは大きな差が出ることが多く、弁護士に依頼した方がメリットは大きいといえます。

このように基準に違いがありますので、単純に保険会社と増額交渉するということだけなら、どの弁護士でもある程度までは出来ます。しかし、1つ1つの事件の個別の事情を踏まえ、依頼者の要望をくみ取り、適正な賠償のための主張をできるかどうかは、その弁護士が交通事故に強い弁護士かどうかにかかってきます。示談金の中に含まれる休業損害(休業補償)1つをとっても、1つ1つの事件で個別の事情があります。一見小さな事情に見えても、依頼者の方の納得いく解決のためには、それが重要なポイントになっていたりすることも多いのです。

加害者側の保険会社との任意交渉(裁判を起こさず裁判外で交渉を進めること)で示談がまとまらなければ、裁判を提起したり、調停(第三者の調停委員が間に入って裁判所で話し合いをすること)などで解決を目指すことになりますが、裁判や調停の場でも依頼する弁護士が交通事故に強い弁護士かどうかによって主張する内容が変わったり、結論が変わってくることも考えられます。

(2)弁護士が交渉の窓口になる

被害者ご本人で交渉をされる場合、主張や要求を十分に伝えられなかったり、伝えたにもかかわらず加害者側保険会社等から納得のいく提案をしてもらえなかったりします。支払う側はできるだけ金額を低く抑えようとするのが通常ですから、保険会社の担当者が親切に対応してくれないということも多いのが現実です。満足な賠償を得られないばかりか、安心して治療に専念することすらできないという事態に陥ってしまうケースもあります。

弁護士に依頼すれば、面倒な交渉を全て任せることができ、治療に専念でき、また保険会社担当者からの連絡など余計な負担なく、日常の生活を送ることが出来ます。その弁護士が交通事故専門弁護士であれば、依頼者の要望を適切に把握し、行きとどいた配慮のもと相談にのり、交渉に当たりますから、メリットはより大きいものになることは言うまでもないでしょう。

(3)適正な後遺障害等級の認定を得る

後遺障害がある場合、適正な賠償を得るためには適正な後遺障害等級の認定を得なければなりません。そのためには医学的な知識を持っていることや認定のポイントを熟知していることが必要です。交通事故専門弁護士は、この点の知識や経験を十分に有している弁護士が多く、これにより、適正な認定を得て適正な賠償を獲得することが可能になるのです。

2、交通事故に強い弁護士を見分けるための3つのポイント

(1)交通事故事件に集中的に取り組んでいるか

医師にも専門があるように、弁護士にも専門としている分野があります。交通事故のような専門性の高い分野においては、なおさら、依頼する弁護士が交通事故専門弁護士かどうかで結論に大きな違いが生じ得ます。
それでは、弁護士はどのようにして専門性を身につけるのでしょうか。単に弁護士としての経験が長いことだけでは足りません。専門性は、言うまでもなく、その分野に集中的に取り組み、数多くの案件を解決することによって、身に付け、磨かれるものです。

したがって、交通事故事件に集中的に取り組んでいるかが、交通事故に強い弁護士を見分けるための重要なポイントになるのです。

(2)説明が分かりやすいか

交通事故事件においては、様々な専門用語が登場します。たとえば、よく登場する用語の中に「症状固定」や「逸失利益」といった言葉がありますが、はたしてどれほどの方がこれらの言葉の意味をご存知でしょうか。日常生活を送る中で出会わない言葉ですから、一般の方は知らないのが普通です。

当然ではありますが、言葉の意味が分からなければ、しっかりと理解して納得のいく結果を得ることはまず不可能です。

交通事故に強い弁護士は、専門用語の意味を分かりやすく噛み砕き、今すべきこと、これからすべきことなど、その依頼者に必要なこと全てを理解できるように説明します。これが、納得いく解決を得るための第一歩になるのです。要するに、説明が分かりやすいかどうかがポイントになるということです。

(3)訴訟経験も豊富で、訴訟も含めた適切な解決手続を提案できるか

任意交渉で示談がまとまらなければ、裁判を提起したり、調停による解決を目指したりすることがある、と先に述べました。交通事故紛争においては、いろいろな解決手続が存在するのです。

裁判や調停以外にも、交通事故紛争処理センター等でのあっせんなどの選択肢もあり、事件の性質や依頼者の要望などによって、解決策も様々です。その事件の解決をするのに適切な手続きを選択できるかどうかで結果が全く変わってしまうこともあります。

もちろん、何でもかんでも裁判にするのが良いというものではありませんが、最適な解決手続が裁判である場合に、躊躇せず、自信を持って裁判という手続きを提案できるのは、訴訟経験が豊富な弁護士ということになります。また、調停やあっせんなどの手続きの経験も豊富でないと、裁判よりもそれらの手続きが依頼者にとって最適な解決方法である場合にその提案をすることが難しいですから、様々な経験があることも重要です。

3、交通事故に強い弁護士・法律事務所の探し方

(1)知人経由・インターネット経由で探す

交通事故に強い弁護士を見分けるポイントの1つ目として、交通事故事件に集中的に取り組んでいるかどうかを挙げました。

まずは、このポイントから、知人経由で弁護士を探してみましょう。

知人経由以外にも、インターネットで弁護士を探すことも十分可能です。

インターネットで法律事務所のホームページを見る際、「交通事故に強い弁護士」や「交通事故専門弁護士」として表示されているかどうかは簡単に見分ける方法の1つです。また、交通事故に関する説明や解決事例などの掲載記事が豊富であれば、交通事故に集中的に取り組んでいることの1つの目安になるでしょう。

(2)相談の際に質問をしてみる

見分けるポイントの2つ目として、説明が分かりやすいかを挙げました。
この観点からみるときは、相談の際にその弁護士に質問をしてみるとよいでしょう。

たとえば、質問をはぐらかす弁護士は、説明が分かりやすいとは到底言えませんし、誠実とはいえません。交渉や裁判でも、相手方や裁判官からされる質問に適切な回答や対応ができずに、満足な解決に至らず終わってしまうことでしょう。

また、依頼者の質問に対して怒ってしまい回答をしない弁護士とは、信頼関係を気付くことが出来ないでしょう。質問すらできない関係では、分かりやすい説明を聞いて理解するというステップを踏むことができませんから、納得のいく解決は得られなくなってしまいます。

ここで注意しなければならないのは、「今即答はできないが調べてから回答する」との返事をされたときに、頼れないと即断してはいけないということです。弁護士といっても、全てのことを記憶しているわけではありませんし、特に、交通事故の場合は質問によっては回答するために法律とは直接関係のない保険の仕組みや医学的な知識が必要になることもありますから、即答できないことも当然あります。このようなときに、ごまかして適当な回答をする弁護士こそ信頼できないのです。「調べてから回答する」というのは、不正確なことは言わないという信条の現れですから、逆に信用できる弁護士であることもあります。

(3)解決手続について説明を聞き、方針を相談する

見分けるポイントの3つ目として、訴訟経験も豊富で、訴訟も含めた適切な解決手続を提案できるか、を挙げました。では、どのように探すのが良いのでしょうか。

交通事故の損害賠償請求事件は、任意交渉で解決した方が訴訟で解決するより、労力がかかりません。そのため、任意交渉による示談解決のみを積極的に進める弁護士も少なくないのです。もちろん、ケースバイケースですので、任意交渉にふさわしい事件は任意交渉での示談解決が最善でしょうし、決して全て訴訟に持ち込もうとする弁護士が良いわけではありません。

大事なのは、解決手続を熟知していて、正にその依頼者の要望や事件の性質にふさわしい手続を選択できることです。そのためには、まず、解決手続について分かりやすく説明してくれるかを見てみましょう。訴訟経験が豊富かどうかをこのときに質問してみるのも良いでしょう。その上で、各種手続を利用することによるメリット・デメリットや見通しを踏まえ、選択すべき手続きを含めて、方針を分かりやすく説明してくれる弁護士が、良い弁護士といえます。

まとめ

交通事故の場合、依頼する弁護士が交通事故に強いかどうかで、受けられるメリットがだいぶ変わってきますから、弁護士であれば誰でもいいという訳ではありません。

不幸にも交通事故被害者になってしまった方が、適切な賠償を受けるためには交通事故に強い弁護士を探して依頼することが重要です。最近は交通事故専門弁護士を名乗る弁護士も多いですから、もしご自身で交通事故問題が解決しない場合には、今回説明した内容も参考にしていただき、一度弁護士に相談することを選択肢にいれてもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士による無料相談実施中!


もし、あなたが、

・離婚をしようと思っているが、どうして良いのか分からない
・遺産相続で困っている
・過払い金を取り戻したい
・交通事故に遭ってしまい困っている

など、法律のことでお困りのことがあれば、まずは無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決策を見つけ出します。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

交通事故でお困りの方(平日9時半〜21時※土日祝18時まで)
  • 電話で無料相談する
  • メールで無料相談する