浮気診断でパートナーの浮気の可能性を診断して今後に生かす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「彼氏・彼女が浮気しているかもしれない・・・」

「妻・夫が浮気症で心配・・・」

パートナーがいる方の中には、相手の行動がおかしいように思えるけれど問いただす勇気がない相手が浮気しているかどうか心配でいつも不安を抱えている、という方はいるのではないでしょうか。

相手の浮気を確かめる方法がなく思いつめてしまうと、全ての行動が怪しく思えて四六時中不安が続いたり、相手を無暗に問い詰めて関係が悪化してしまうなど、状況を複雑化させることにつながりかねません。

そんなとき、浮気診断をしてみることで、状況を把握しなおしたり、彼氏や彼女の性格を冷静にみなおすことができるかもしれません。

また、浮気診断で、ご自身の気持ちを再認識したり、自分が浮気されやすいかどうかを分析して見ることで今後の対応を変えることにもつながるでしょう。

今回は、浮気診断について解説します。

“今回の記事は下記の探偵事務所の監修で作成しました。”

RCL探偵事務所
http://rcl-tantei.com/
東京都港区三田2-7-15 1F
TEL:03-5730-2525

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

1、浮気診断とは?彼氏・彼女の浮気が疑われる場合にできること

(1)浮気診断とは

浮気診断とは、彼氏・夫や、彼女・妻の行動などから実際に浮気しているかどうかを分析したり、性格的に浮気しやすいかを調べるためのツールです。

浮気性診断は、パソコンやサイトだけでなく、アプリも多く出ているので、気軽に利用できるのが特徴です。

浮気診断の中には、彼氏・彼女、夫や妻など、パートナーの浮気性度を診断するものと、自分自身の浮気性診断をするものがあります。

浮気性診断の方法としては、行動や持ち物などからチェックシートに当てはめる浮気症診断や、生年月日や血液型などの情報をもとにする浮気性診断があります。

また、自分自身の浮気性診断をするものの中には、自分の生年月日や血液型等の情報による浮気診断に加え、「こういうケースでどう考えるか、どう行動するか」といった占いによるもの、夢占いによる浮気性診断があり、自分の一途さや気付かなかった浮気しやすさを調べることができるようになっています。

(2)彼・彼女が浮気をしているかも?心配な場合にできること

浮気には、必ず兆候があります。

「最近彼氏が携帯ばかり気にするようになった」

「夫の様子が前と変わって、決まった日の残業が増えた」

など、気になる点があれば、まずは浮気診断で日頃の行動を振り返ってみることがお勧めです。

浮気診断のチェックシートを見て、日頃の行動を見直すことで、普段意識していなかった浮気の兆候に気づける場合もあります。

反対に、浮気診断をせずに、もやもやした気持ちを抱えていると相手に対して卑屈になったり、きつい言葉をぶつけてしまうなど関係悪化につながりかねません。

さらに、わずかな疑いだけでいきなり彼氏の携帯をこっそり見たり、浮気を問い詰めたりすると、浮気ではなかった場合でも関係の修復が難しくなる可能性があります。

浮気診断によって、浮気の疑いが晴れればそれに越したことはありませんし、相手の性格がそもそも浮気性タイプと分かれば付き合っていく中で注意できることも増えます。

また、浮気していることが判明したら、浮気相手との関係を切らせるなどの行動に出ることができるようになります。

特に、夫婦の場合で、妻や夫の浮気が判明した場合には、浮気相手に慰謝料を請求したり、離婚する場合でも有利な交渉ができるようになるなど、状況や、今後どうしたいかによって取れる対応が増えてきます。

彼氏や彼女に浮気が疑われたり、浮気性な性格が心配な場合には、まずは気軽に浮気性診断を利用して見ることをお勧めします。

2、浮気診断の種類

(1)心理テストによる浮気診断

心理テストによる浮気診断には、自分の浮気性度を診断するタイプのものが多いです。

占い師や心理カウンセラーが監修しているものも多く、一問で診断するものや、複数の情景から選択して診断するものなどがあります。

例えば、「ご飯に添える一品」を「梅干し、のり、納豆、卵」の中から選ぶことによって、一途で浮気しないタイプ、浮気に憧れるが実行できないタイプ、恋愛に淡白で気になる相手が気分で変わるタイプ、言い寄られたら応じてしまう浮気性タイプなど、どのタイプに当てはまるか分かるというものがあります。

その他にも、ペットは犬派か猫派か、レストランでの注文方法、運命の出会いを信じるかどうかといった質問に答えていくことで、浮気性度が何パーセント程度かを診断するようなものもあります。

心理テストで、自分の浮気性度や一途度を診断してみると、思ってもいなかった自分自身の性格や秘めた浮気願望に気づくことがあります。

浮気診断で自分のタイプを把握しておき、彼氏や彼女ができた場合に、自分から浮気をして後から後悔したり、誘惑に流されることがないように意識しておくことで、パートナーといい関係の維持につなげることができるかもしれません。

興味のある方は「浮気 心理テスト」等のキーワードで検索して調べてみるとよいでしょう。

(2)彼氏・彼女の行動で浮気性度をチェックする方法

浮気には必ず兆候があります。

彼氏や彼女、夫や妻の浮気が疑われる場合、行動や生活、嗜好の変化などから浮気性度を診断して見ることがお勧めです。

具体的には、次の5つの分類から診断することが有効です。

①生活面での浮気診断のポイント

食生活に関する変化(自宅で食事をする回数が減った、食の好みが変わった、レストランに詳しくなったなど)、衣服に関する変化(服装が派手になった、下着の好みが変わったり自分で買うようになったなど)、生活スタイルの変化(入浴を頻繁にするようになった、SEXの回数が減ったなど)、そして金銭面の変化(クレジットカードなどを作っている、お金の使い方が激しくなったなど)に注意してみましょう。

②仕事面での浮気診断のポイント

仕事面では、勤務時間に関する変化(出張が増えた、決まった日の残業が増えたなど)、給与面での変化(給与明細を見せなくなった、知らない欠勤や早退がある)、コミュニケーション面での変化(会社の愚痴を家で言わなくなった、仕事の予定を話さなくなったなど)が診断のポイントとです。

③持ち物面での浮気診断のポイント

持ち物の中でも携帯は浮気をするうえで必須のツールです。

そのため、家でも携帯を手放さない、仕事と称して2台目の携帯を持つようになった、その場で携帯に出ずに折り返すことが増えたなど、使い方に気を付けてみましょう。

もし、以前から携帯を見られる関係だった場合は、携帯にロックをかけるようになった、不自然に履歴を消している、携帯を見ようとすると異常に怒るようになったなどの変化が診断のポイントになります。

また、その他の持ち物でも、身に覚えがない小物が増えたり、車の小物が増えた、といった小さな変化にも浮気の痕跡が残る場合があります。

浮気診断では、これらの項目を総合的に判断して、相手の浮気性度がどのくらいかを見ていくことになります。

診断してみると、意外に浮気の可能性が低かったり、気付かなかった行動が見えてくることもあります。

(3)夢診断による浮気性度診断

夢診断による浮気診断は、占星術などの占いでも、行われている診断のひとつです。

実際の夢診断では、今後の浮気を示唆することは少なく、今の彼氏・夫や、彼女・妻との関係性を暗示していると言われています。

具体的には、自分が浮気する夢を見た場合は、2つの意味があると言われています。

一つは、パートナーに不満を抱えているとか、自分の感情を押し殺しているといった状況の暗示というもので、この場合はパートナーとじっくり話し合うことや、自分の気持ちを素直に相手にぶつけてみることが解決の糸口になりそうです。

もう一つは、交友関係が広がる前向きな意味を示すというもので、積極的に前に進む意欲を示していることの暗示です。

反対に、パートナーが浮気をする夢を見た場合は、誰と浮気していたのか、その夢をみてどう思ったのかが診断のポイントになります。

パートナーに浮気をされる夢は、今の関係に満足していて、逆に関係が壊れることを不安に思っていると診断されることが多いようです。

ただし、不倫などでパートナーの子どもなどが夢に出てくる場合は、浮気がばれることに心当たりがあるなど、不倫関係が露呈する予兆やトラブルを暗示するものとも言われます。

また、浮気した相手を怒っていた場合には、誰かから裏切られたり非難されることの暗示とも言われています。

夢には深層心理が現れるので、夢診断によって、彼氏・夫や彼女・妻との関係を本当は自分がどう思っているかをみてみる方法のひとつとなります。

(4)生年月日占い、血液型占いで浮気度診断

生年月日や血液型による浮気診断も、一般によく利用されているようですが、科学的根拠には欠けると思われますので、気休め程度にやってみるとよいかもしれません。

生年月日占い、血液型占いで浮気性度を診断する場合は、ご自身の生年月日や血液型も一緒に入力して、相性を診断してみましょう。

相手と自分の性格や心理傾向から、どういう点ですれ違いやすいのか、ケンカの原因になりやすいのかなどを調べることができるということのようです。

3、自分の性格は浮気されやすい?一途度診断でセルフチェック

恋愛に対する気持ちは人それぞれです。

俗に「恋愛体質」と言われるように、好きな相手がころころ変わり、浮気っぽい人もいれば、片思いや叶わない相手をずっと一途に思っている人もいます。

しかし、自分が浮気性なのか、一途なのか、よく分かっていない場合や、自分では一途だと思っていても端から見たら浮気性ということもあります。

もしかしたら、彼氏・彼女と恋愛がうまくいかない、恋愛の情熱の度合いが違っていつもすれ違ってしまうというような場合は、自分が一途かどうか、浮気性かどうか見誤っているからかもしれません。

そのような場合に、浮気度診断の一途度チェックで、自分の浮気されやすさや一途度を自分で診断する方法があります。

具体的には、片思いの期間が3年以上あったか、手をつないだだけで浮気になると思うか、頑固で負けず嫌いな性格か、自分から告白をしたことがあるか、といった質問に回答していき、診断します。

一般的な一途度診断を紹介しますので、下記の10個の項目にいくつ当てはまるか、気になる方は気軽に診断してみましょう。

迷う場合は直感で決めることが診断のポイントです。

  • ペットを飼うなら猫より犬がいい
  • 3年以上片思いしていた期間がある
  • 自分から告白したことがある
  • 行きつけの飲食店では気に入った同じ料理を頼むことが多い
  • 手をつないだだけでも浮気になると思う
  • 彼氏・彼女がいるときに別の男性・女性に食事に誘われたら断る
  • ヘアスタイルはあまり変えない
  • ドラマチックな恋をするよりも好きな人と一緒にいられる方がいい
  • 恋愛では相手に尽くしたい
  • 人前で恋人と仲良く手をつないだりしたい

いかがですか?

当てはまる数が8個を超えた方は、一途で浮気をしないタイプです。

  • 6個~8個の方も、いまどき珍しいくらい一途な性格といえます。
  • 4個~6個の方は、浮気に興味はあるタイプですが、行動に移すには勇気が必要になるかもしれません。
  • 2個~4個の方は、一途な一面もあるけれど、大人の恋愛を楽しむタイプの可能性があります。
  • 2個以下の方は、浮気性に近いタイプ、恋愛に対してドライな考え方を持っているタイプと言えるでしょう。

自分で思っていた診断と違ったという方もいるかもしれませんが、「自分にこういう要素があるかもしれない」とわかると、彼氏・彼女ともより付き合いやすくなるのではないでしょうか。

男性は、「恋多き女性は魅力的」とはいっても、自分の彼女には一途であってほしいと願う傾向が強いようです。

また、女性の側からしても「モテる男性が好き」と言っても、自分の彼氏には浮気をせずに自分だけに一途であってほしいと望むものです。

双方、一途な彼氏や彼女を希望していても、相手が浮気性ということもありますし、意外に自分が浮気性で一途な相手を傷つけがち、というケースもあります。

そのようなケースでは、今付き合っている彼氏や彼女を逃すと、二兎追うものは一兎をも得ずで、大切な相手を失ってしまうかもしれません。

自分自身の一途度診断と、彼氏・彼女の浮気性度診断と併せて診断して見ることで、恋愛のミスマッチの解消につなげることができます。

今後の付き合い方のためにも、一度診断して見ることとよいでしょう。

4、浮気診断が役に立つケース

浮気診断は、彼氏や夫、彼女や妻の浮気が疑われる場合と、自分自身が浮気されやすいのではないかという場合の2つのケースで役に立つと思われます。

彼氏や彼女の浮気が疑われる場合、漠然と怪しいと思うだけでは次のアクションを起こすことが出来ませんし、「なにか隠している」と相手に詰め寄るだけでは何も解決しません。

「浮気をしている気がする」といった漠然とした疑いや、不安な気持ちを、浮気診断に当てはめることで具体化することができます。

浮気の事実を具体化して把握することができれば、浮気相手と別れさせたり、自分自身が別れて関係をリセットしたり、自分に振り向かせて関係を修復するなど、取るべき対応が見えてきます。

また、浮気診断で浮気の可能性がある程度高まることで、探偵に浮気調査を依頼するなど次のステップに進んだり、カウンセラーへの相談など、専門家の助けも得やすくなります。

自分自身が浮気されやすい性格の場合、浮気診断をすることで、浮気されにくい行動を取ることができるようになります。

一般的に、浮気されやすい人は、一途で、自分自身は浮気をしない人が多いように言われています。

一途なのは良いことですが、相手に依存して頼っているだけだと、相手が「浮気しても許してくれるだろう」「浮気しても気づかないだろう」などと慢心して、浮気に走られてしまう危険があります。

浮気診断で自分が浮気されやすいと分ったら、診断で引っかかった自分の行動パターンを逆にとり、浮気を防止する対策を取ることもできますし、浮気診断の中で気付いた自分の趣味や嗜好から、興味の幅が広がる可能性もあります。

浮気診断は、このように、相手の浮気性度を診断するケースと、自分の一途度を診断する2つのケースがありますが、何れも次の行動につなげるために役立てることができるので、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか。

5、浮気診断で浮気が明らかになったなら

(1)浮気診断で浮気が判明した場合の相談先とは

浮気診断で、彼氏・夫や、彼女・妻が浮気している確率が高まった場合、関係を継続したいにしても、別れることを検討するにしても、大切なのはゆっくりと落ち着いて話し合いをすることです。

浮気をしたことが浮気診断によって分かったとしても、その結果を相手につきつけるだけが全てではありません。

「浮気性診断で浮気していることが分かったから、相手と別れてほしい」と突然切り出したのでは、相手としては「証拠もないのに疑っている」と逆に気持ちが離れてしまう恐れがありますし、逆に「浮気するような人とは別れる」と伝えた一言がきっかけで準備もできないままに別離に至る可能性もあります。

別れたい場合でも、関係を修復したい場合でも、まず相談先としてオススメなのは「離婚カウンセラー」「夫婦問題カウンセラー」です。

離婚カウンセラーというと、離婚に向けた相談先のように思うかもしれませんが、離婚カウンセラーは「夫婦問題カウンセラー」とも言い、専門家であるカウンセラーとのカウンセリングを通して自分の考えを再確認し、今後の対応に向けたアドバイスを受けることもできます。

また、未婚者の相談に乗っているカウンセラーもいるようです。

離婚カウンセラーは、無理に離婚を進めたり、逆に離婚を否定するのではなく、相談者にとって何が良い選択なのかを、一緒に考えてくれる専門家です。

浮気性診断で浮気が分かっても、関係を続けたいといった場合には、まずは落ち着いて離婚カウンセラーに相談することをお勧めします。

詳しくは「離婚カウンセラーによるカウンセリングで夫婦問題を解決する方法」をご参照ください。

(2)浮気診断の後の浮気調査の方法とは

浮気診断で夫や妻が浮気をしていることが分かり、自分自身も気持ちが冷めたり、もっとはっきりした浮気の証拠を掴みたいという場合もあるかと思います。

そのような場合は、探偵・興信所に浮気調査を依頼しましょう。

また、「浮気・不倫の証拠を集める前に知っておくべき6つのこと」も併せてご参照ください。

「浮気調査専門」などを謳う探偵事務所はネットに多く挙がっていますが、プライバシーが関わるだけに、依頼する探偵は慎重に選びたいものです。

ここでは、夫や妻の浮気調査を探偵に選ぶ場合の5つのポイントをご紹介します。

①公安委員会への届け出の有無

探偵業には資格がありませんが、実際に業として行うためには、警察を介して公安員会に届け出をしている必要があります。

届け出をせずに探偵を名乗っている業者は、不正に活動したり、背後に反社会団体が関与している可能性もあります。

ホームページや電話帳の広告に、「都道府県公安員会第何号」といった表記があることを確認しましょう。

②特定非営利活動法人日本家族問題相談連盟の加盟の有無

特定非営利活動法人日本家族問題相談連盟は、家族問題の解決支援のために営利を目的とせず相談に応じている団体で、浮気調査に限らず、広く夫婦の問題について相談することが可能です。

浮気調査を行う目的は夫婦問題の解決にあるわけですので、目的を見失わず、手段として浮気調査を行うことができるよう、日本家族問題相談連盟に加盟している探偵事務所を選ぶとよいでしょう。

日本家族問題相談連盟に相談すると、探偵事務所を紹介してもらうこともできます。

特定非営利活動法人日本家族問題相談連盟

③費用の明瞭さ

探偵に依頼する前には、必ず見積りを出してもらい、追加料金の発生の有無を含めて十分に確認しましょう。

報酬制なのか、タイムチャージ制なのか、どのくらい時間を要する予定なのかなど、費用と時間の関係も押さえておくようにしましょう。

④実績の有無

探偵に依頼する場合には、どの程度の実績があるのか、具体的な件数を聞くようにしましょう。

また、数は多いが違法な証拠収集を行っている探偵は利用しないことも重要です。

もし、離婚裁判になった場合に、違法に収集した証拠は証拠として認められませんし、逆に損害賠償を請求される恐れがあります。

実績を聞いて、ハッキングや不正アクセスをするような話を持ち出す業者は避けましょう。

⑤サービスの程度

浮気の調査をするにも費用がかかります。

探偵を選ぶ際は、連絡へのレスポンスが早いか、丁寧か、責任者の所在が明らかかといったサービスについても把握しておきましょう。

また、報告書の作成や、離婚裁判になった場合のアフターケアの充実度についても確認しておきましょう。

(3)浮気診断で浮気がバレたー離婚する場合の相談先とは

浮気診断で妻や夫の浮気が疑われ、調査によって浮気していることが明らかになり、離婚を決意した場合には、離婚弁護士に相談することがお勧めです。

配偶者の浮気、つまり不倫は、法律で定められた離婚事由にあたります。

法定の離婚事由とは、浮気をした夫や妻が離婚に応じなかったとしても、裁判になれば離婚が認められるというものです。

この場合、浮気をした配偶者には、通常の離婚の場合の財産分与等とは別に、浮気・不倫をしたことによる損害賠償(慰謝料)請求をすることができます。

慰謝料は、浮気相手に対してもすることが可能です。

話し合いで離婚に至らなかった場合に、離婚調停や離婚裁判でどういう主張をしていくか、有利な条件で離婚を進めるにはどういった証拠をどのように使えばいいかといった交渉は、離婚弁護士に任せるのが一番です。

弁護士には専門分野が多くあり、離婚事案の経験がない弁護士に依頼すると、思うような成果が上がらない可能性もあります。

浮気で離婚する際に弁護士を頼む場合には、ホームページなどで、離婚事案の実績が豊富な離婚弁護士を選ぶようにしましょう。

離婚事件に強い弁護士に出会うために絶対に知っておきたいこと」も併せてご参照ください。

まとめ

いかがでしょうか。

浮気診断は、相手の行動や自分の行動を見直すことで、これからの彼氏・彼女との付き合い方を見直したり、浮気が明らかになった場合の夫・妻との関係をどうするかを考えるきっかけになります。

アプリの浮気診断や、無料の浮気診断も多く、さまざまなルートで気軽に利用することができるので、一度試してみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00 ご対応可能
  • 電話で無料相談する
  • メールで無料相談する