闇金とは?闇金からお金を取り立てられた場合の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shutterstock_314439203

お金に困っているけど、一般の金融業者が貸してくれない。そんな人が「闇金」に手を出してしまうケースがあります。悪質な闇金業者は、このような人たちをカモにするために狙っていますから、「審査不要!」「即日○○万円融資可能!」などと甘い言葉で誘ってきます。しかし、一度闇金に手を出してしまうと、暴利を取られ、少しでも返済が遅れると執拗な取立ての被害に遭うことになります。

今回は、皆さんがそんな闇金被害に遭わないように、闇金について説明します。

1、闇金とは?闇金業者とはなにか?

昨今、映画や漫画等で「闇金」という言葉を耳にすることが多いかと思いますが、法律についてよく知らない人からすれば、「闇金」とは何か?と聞かれたら、「厳しい取り立てを行う怖い金貸しというイメージはあるが、よく分からない。」というのが正直な答えではないでしょうか?

そこで、まず「闇金」とは何か?について法的観点からお答えします。

(1)闇金業者とは貸金業法の登録を受けていない業者

貸金業を行おうとする場合、貸金業法に基づき都道府県知事や財務局長への登録が必要となります。無登録で営業している貸金業者には刑事罰が科せられます。したがって、「闇金」あるいは「闇金業者」とは、貸金業法の登録を受けていない貸金業者を指します。このような業者は、たとえ低い金利での貸付けを行っていたとしても「闇金」あるいは「闇金業者」であるといえます。

もっとも、登録をしているからといって、その貸金業者が「闇金」ではないとは限りません。出資法上、貸金業者が貸付けを行う際の金利の上限は年20%と定められており、これを超える違法な金利で貸付けを行う貸金業者には刑事罰が科せられます。すなわち、登録を受けていたとしても、この上限を違反して貸付けを行う業者も全て「闇金」あるいは「闇金業者」であるということができます。実際に、都道府県知事や財務局長の登録を隠れ蓑にして暴利を貪る貸金業者は存在します。

(2)闇金とは?

以上をまとめますと、

  • 登録を受けずに貸金業を行っている貸金業者
  • 出資法違反の金利で貸付けを行う貸金業者

が「闇金」あるいは「闇金業者」といえます。

2、闇金業者と消費者金融とは何が違う?闇金業者を見分ける方法

給料日まであと少し!でも今月はもうカツカツだ…そんなとき、貸金業者を利用する人は少なくないと思います。でも、お金を借りた先が闇金業者だったら怖いですよね。

そこで、お金を借りようと思っている業者が闇金業者なのか、それともまともな消費者金融なのか、その見分け方をお教えします。

(1)貸金業者の登録の有無を調べる方法

まず、貸金業者の登録の有無は、ネット環境さえあれば、下記の「金融庁のホームページ」で検索することができます。

したがって、まず、このホームページ上の検索でヒットしなかった業者は闇金業者です。しかし、前述のとおり、登録している闇金業者も存在しますので、この方法だけでは必ずしも十分とはいえません。金利を確認すれば分かるのですが、そのためには闇金業者に近づかなければなりませんので、おすすめできません。そこで、恐ろしい闇金業者に近づかないようにするため、闇金業者の特徴を知り、闇金業者と消費者金融の違いを理解する必要があります。

(2)闇金業者の特徴

闇金業者の特徴としては、大々的な宣伝活動はしないという点にあります。違法な貸付けを行っていると自ら認識しているはずですから、当然ですよね。したがって、たとえば街の電柱やガードレールの張り紙やダイレクトメールでの宣伝をコソコソと行っている業者は闇金であることを疑うべきです。また、広告内容が「審査不要!」「即日○○万円融資可能!」「ブラックの方にも融資できます」などと甘い言葉を並べられたものである場合は、ますます怪しいといえます。まともな消費者金融であれば、ブラックの方に審査なしに貸付けなど行うはずがないことは、少し考えれば分かります。

闇金業者はコソコソと宣伝活動をし、甘い言葉に引き寄せられ、無防備に近づいてきた借り手を骨の髄までしゃぶりつくそうと狙っています。ですが、近づかなければ害を受けることはありません。したがって、少しでも怪しいと感じた貸金業者には近づかないことが重要なポイントとなります。

3、闇金の実態

闇金業者にお金を借りると、どうなってしまうのでしょうか。闇金業者からお金を借りようと思う人が少しでも減ることを願って、その実態に迫りたいと思います。

(1)苛酷な取り立て

テレビドラマ、映画や漫画などで描写されているような取り立ては、決して大袈裟に過ぎるとはいえません。闇金業者はあの手この手で、借り手に冷静な判断をさせる暇を与えず、苛酷な取り立てをしてきます。

昼夜を問わず、執拗に自宅におしかけ、あるいは何度も電話をかけ続けるといった取り立ては序の口です。闇金業者は、借り手の職場、親戚宅、親戚の職場、隣近所の家、果ては子供の学校にまで執拗におしかけ、あるいは電話をかけ続けます。運転免許証、年金手帳などを取り上げる、借り手に借金があることを近所や職場で触れ回るといったことも行われています。借り手やその家族に女性がいる場合、風俗店で働いて借金を返せなどと言ってくることもあります。

このような闇金業者の苛酷な取り立てにより、借り手の日常生活は破綻し、精神は崩壊します。借り手の冷静な判断力を奪い、搾取する、それが闇金業者の手口なのです。

(2)過剰与信

いわゆるブラックリストに載ってしまっている人など、返済能力のない人こそ闇金業者に狙われています。闇金業者からすれば、借り手以外の身内など、法律上支払義務のない人からであっても、冷静な判断力を失わせることにより、とにかく回収できればよいのです。そこで、借り手の返済能力に関わりなく、「ブラックの方でも即日○○万円融資可能!」などと甘い言葉を囁き、多重債務者や生活保護受給者などを、自ら闇金業者に近づけさせるように仕向けるのです。

あなた自身のみならず、あなたにとって大切な人を不幸にしないためにも、闇金業者には決して近づかないよう注意していただきたいと思います。

4、闇金業者からお金を借りてしまい取り立てされた場合の対処法

うっかり闇金業者からお金を借りてしまった方もいらっしゃることでしょう。次はそのような場合の対処法をご紹介していきます。

(1)闇金業者には返さない!

出資法上、金利の上限は年20%と定められています。したがって、20%を超える部分の利息を支払う必要はありません。この点は、闇金であっても、平成19年ころまで、いわゆるグレーゾーン金利で貸付けを行っていた消費者金融であっても同じです。

では、受け取った元金や上限を下回る部分の金利についてはどうでしょうか。

この点、最高裁判所は、平成20年6月10日、要旨、著しい高金利での貸付けは反倫理的行為であり、不法原因給付(民法708条)にあたる、と判示しました。まず、著しい高金利とは、10日で1割~5割(いわゆる「トイチ」、「トゴ」)など、年利にして数百から数千%にも上る利率をいいます。また、不法原因給付とは、そのような高金利で貸し付けること自体が公序良俗に反し違法であるから、返さなくてもよいという意味です。

したがって、受け取った元金や上限を下回る金利についても、返す必要はまったくありません。

(2)弁護士に相談!

①取り立てが止む

自宅や職場への押し掛けなど、私生活・業務の平穏を害する言動による取り立て行為は、刑事罰が科せられる犯罪行為です(貸金業法21条1項)。刑法上も、取り立てに際して脅迫的な言動があれば脅迫罪になりますし、返す必要のないお金を取り立てる行為は恐喝罪に該当します。自宅や職場に押し掛け居座る行為は住居侵入罪、不退去罪、威力業務妨害罪などが成立する可能性があります。

闇金業者も、せいぜい数十万円程度の貸付けで逮捕・勾留され、起訴されることは嫌がるようで、弁護士から連絡が来ると取り立て行為は止める闇金業者は多くいます。闇金業者は、弁護士が動き始めると、捜査が促進される可能性が高いことを知っているからです。

②払ったお金を取り返せる

前掲最高裁判所の判決によると、著しい高金利により貸付けを行っていた闇金業者に支払った金額は、元利全額の返還を求めることができます。また、返済方法が口座振り込みであった場合は、「振り込め詐欺救済法」に基づき分配金の支払を受けられる可能性があります。

5、闇金に手を出す前に!どうしても借りたい場合にはどうしたらいい?

闇金の怖さは分かった。でも総量規制もあるし他に借入先もないし、どうしようもない、とお嘆きのあなた、ちょっと待ってください。繰り返しになりますが、闇金業者から貸付けを受けるということは、あなた自身のみならず、あなたの大切な人をも不幸にすることになってしまいます。

そこで、闇金に手を出す前に是非とも検討していただきたいことを、お伝えします。

(1)過払金があるかもしれない

消費者金融やクレジットカード会社からの借り入れが平成19年(あくまで一つの目安です)よりも前からあり、長期間にわたり借り入れと返済を繰り返してきたというような場合ですと、過払金が発生している可能性があります。そして、発生している過払金は、貸金業者に対して返還を求めることができます。まずは、弁護士にご相談下さい。

(2)審査通過率の高い消費者金融に借り入れを申し込む

すでにブラックリストに載ってしまっている方にとっては難しい方法とはなりますが、まずは闇金業者ではない消費者金融、たとえばアコム、バンクイック、セブン銀行カードローンなど審査通過率が比較的高い消費者金融から借り入れを試みて下さい。

(3)生活福祉資金貸付制度を利用する

総量規制やブラックリストに載ってしまったなどの理由で、必要な資金を闇金業者以外から借り受けることが困難な世帯に対して、生活を立て直すまで、国から必要な資金を借り受けることのできる制度が存在します。それが生活福祉資金貸付制度です。

この制度の利用にあたっては、基本的には保証人を立てることが求められますが、立てられない場合であっても、年1.5%という利息を払えば必要な資金を借り受けることはできます。保証人を立てることができれば利息を払う必要はありません。

(4)闇金業者ではないように見えるけど…

最後に、改めて闇金業者か否かを判断する方法について説明していきます。

①年金担保金融

貸金業法上、貸金業を営む者は、貸付けの契約について、その貸付金の弁済を公的給付を原資とする資金から受ける目的で、法令の規定により譲り渡し、担保に供し、または差し押さえることができないこととされている公的給付が振り込まれる銀行口座等の預金通帳やキャッシュカード、あるいは年金証書などの引渡しを求め、または保管する行為を行ってはならないこととされています。

貸金業者の中には、年金を扱うような団体を装い、年金手帳や銀行口座等の預金通帳やキャッシュカードなどを担保に貸付を行う業者が存在します。このような業者に、年金手帳や銀行口座の預金通帳やキャッシュカードなどを渡してしますと、年金を受け取ることができなくなったり、預金口座から勝手に金銭を引き出されたりなど、悪用されてしまう可能性があります。

このような違法な融資をしている貸金業者は闇金業者であるといえます。

②システム金融

資金繰りに困った中小の零細企業等に対して、即日融資するなど甘い言葉を謳い、ダイレクトメールやファックス等で勧誘し、融資を申し込まれると担保代わりに手形や小切手を送らせる手口の貸金業者が存在します。

差入れた手形や小切手の期日が近づくと、最初の業者は厳しく取立てを迫る一方、別の業者から融資の案内が届き、借り換えを勧誘してきます。複数の業者が借り手の情報を共有しており、同一の借り手に対し、次々と融資を行い、違法な高金利の借入れを雪だるま式に膨れ上がらせ、暴利を貪るというのがシステム金融の手口です。

この方法で貸付けを行っているのは、当然無登録の闇金業者です。

③リース金融

貸金業者の中には、借り手から自動車や家具一式などを買取り、その後、リース料としての違法な高金利の支払いの対価として、借り手が自動車や生活用品などを継続して使用する契約をするような業者がいます。

しかし、このような手口で違法な高金利を得ようとしている業者は、闇金業者であるといえます。

まとめ

お伝えしたいポイントは2つです。第1に、闇金業者には決して近づかないで下さい。第2に、万が一闇金業者に関わってしまった場合は、すぐに弁護士にご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士による無料相談実施中!


もし、あなたが、

・離婚をしようと思っているが、どうして良いのか分からない
・遺産相続で困っている
・過払い金を取り戻したい
・交通事故に遭ってしまい困っている

など、法律のことでお困りのことがあれば、まずは無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決策を見つけ出します。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

コメントを残す

*