労務

改正健康増進法―受動喫煙防止はマナーでなくルールです

改正健康増進法

2020年4月からの改正健康増進法で、受動喫煙防止対策が強化されています。 なぜ、受動喫煙防止対策が必要なのでしょう。会社として、何をすればよいのでしょうか。 この記事では、まず、受動喫煙防止対策が、なぜ必要なのかをご説 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

70歳就業法とは?企業が注意すべき3つのポイントを弁護士が解説

70歳就業法

2021年4月1日から、いわゆる「70歳就業法」が施行されています。 70歳就業法の正式名称は「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」といいます。 この法律は以前からあったのですが、2021年4月1日から施行されている改 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

不適切動画から会社を守る!対策方法&対処法【弁護士監修】

不適切動画

「不適切動画」と呼ばれる、従業員やお客が店の商品に悪質ないたずらを行い、その様子を動画に撮影してSNSなどにアップロードするという行為が、いま店舗や会社の経営にとって大きな脅威となっています。 不適切動画が一般消費者の目 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

フレックスタイム制の導入に向けて知っておくべき5項目

フレックスタイム制

フレックスタイム制とは、始業・終業時間を社員が自分で決めることができる制度です。 上手に運用すれば育児・介護・病気治療と仕事の両立にも役立つため、企業としても有能な人材を揃えるためにも積極的に導入したい気持ちもあるでしょ […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

雇い止めで法的に問題なく辞めさせる条件とは?トラブルなく行うコツも紹介

雇い止めで法的に問題なく辞めさせる条件とは?トラブルなく行うコツも紹介

期間を設けて雇用していた労働者について、期間満了を理由として雇用契約を終了させたい場合、どのように行えば法的問題を生じさせずに、辞めさせることができるのでしょうか。 折からの不況で、人員整理を進めなければならない人事の方 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

時短ハラスメント(ジタハラ)に注意!ジタハラについて弁護士が解説

時短ハラスメント、略して「ジタハラ」という言葉を耳にする事が多くなったようです。 昨今、働き方改革で時間外労働の上限規制が厳しくなり、罰則まで設けられています。「ともかく定時で終わらせろ」、「さっさと帰れ」上司の怒号がオ […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

企業側から内定取り消しできる場合と注意点を弁護士が解説

内定取り消し

企業がいったん採用の内定を出した応募者に対して、本採用前に内定を取り消したい場合もあるでしょう。 「会社の業績が急激に悪化した」 「思ったよりも内定辞退者が少なく、すべての内定者を採用できない」 「内定者の素行に問題が見 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

給料を減給する際に社長が絶対に知っておくべき8つのこと

労働者に対して減給の制裁を課す場合、後に労働者とのトラブルに発展することはできるだけ避けたいところです。 また、労働者によりSNS等で減給の事実が拡散された場合、その理由が合理的でなければ、会社のイメージに悪影響が及ぶ可 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

給料の差押え通知が届いた際に会社が注意すべきことを解説

従業員の給料を差し押さえる通知が届いたときに会社が注意すべきこと

会社の経営者や総務または人事・経理などを担当している方であれば、従業員の給料を差し押さえる通知を裁判所から受け取ったことがある方もいらっしゃることと思います。 突然、裁判所から書類が届くと驚かれることでしょう。しかし、従 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

従業員に訴えられたら!?使用者が知っておくべき知識と対応

従業員に訴えられたら

従業員に訴えられたら、どのようにすれば良いのでしょうか。 対応を誤ると、紛争はより一層拡大してしまいます。 より良い形で紛争を収めるためには、ポイントを押さえた対応が不可欠になってきます。 本記事では、 従業員に訴えられ […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

閉じる

弁護士相談初回30分無料!
※内容・ご事情によってはお受けできない可能性もございます
  • 電話で相談予約
平日9:30〜18:00/土日祝除く