弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

浮気する男の6つの特徴と浮気を未然に防ぐ3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼氏や夫がいる女性からの話で、「浮気された」という話はよく聞きます

「相手の浮気が心配」という女性もいれば、「自分の相手は浮気するはずがない」と信じている女性もいると思いますが、相手が浮気する男性かどうかを見きわめることはできるのでしょうか

今回は、

  • 浮気する男の特徴
  • 浮気しない男の特徴
  • 浮気を未然に防ぐ方法

についてお伝えしていきます。

ただし、浮気は絶対に起こらないわけではありません。

万一浮気があったときの対処法についても説明します。

いざというときに慌てないよう、心構えをしておきましょう。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

1、浮気する男の6つの特徴

まずは浮気する男の特徴を説明していきます。

あなたの旦那さんや彼氏にはこのような特徴はありませんか?

(1)サービス精神が旺盛

浮気する男性は、サービス精神が旺盛な場合が多いはずです。

誰にでも親切で、人に頼まれたら「No」と言えない性格の人は、女性からも頼りにされます。

このタイプの男性は、女性に迫られても断るということができません。

女性の相談事にのっているうちに、浮気に発展してしまうこともしばしばあるということです。

(2)寂しがりや

浮気する男性は、基本的に寂しがりやです。

彼女や妻がいても、相手にしてもらえなかったら、すぐに寂しくなって別の女性に相手をしてもらいたくなります。

寂しがりやの男性は、常に自分をかまってほしいと思っていますから、放っておくとそのうち浮気してしまうことがあります。

(3)大ざっぱ

几帳面な男性よりも、どちらかと言えば大ざっぱな性格の男性の方が浮気する傾向があります。

浮気するときには彼女や妻に悪いという気持ちが働きますが、大ざっぱな男性は「まあいいか」「何とかなるだろう」とそれ以上は深く考えません。

自分にブレーキをかけることもなく、簡単に浮気してしまうことになります。

(4)言い訳が上手

普段から言い訳上手な男性は、簡単に浮気します。

このタイプの男性は、すべてを自分の都合の良いように正当化する能力に長けています。

浮気をごまかすのも得意ですが、浮気がバレたときにも言い訳をして、あまり罪悪感をもたないことがあります。

(5)自由になるお金がある

浮気する男性は、やはりある程度自分の自由になるお金があるのが普通です。

男性は女性の前で良いかっこうをしたいですから、お金がなければ浮気はなかなかできません。

そもそも、お金を持っていない男性には、女性は寄ってこないのです。

女性に対して惜しみなくお金を払える財力のある男性の方が、浮気する可能性は高いといえます。

(6)お酒が好き

人間、お酒を飲むとどうしても気が緩んでしまいます。

お酒を飲む機会が多い男性は、浮気をする可能性も高くなります。

たとえば、元々はただの女友達であっても、一緒に飲むと酒の勢いでつい関係をもってしまうことは、よくあることです。

お酒を飲まない人よりもお酒を飲む人の方が、浮気をするリスクはどうしても大きくなってしまいます。

2、浮気しない男の特徴

次は浮気しない男の特徴です。

(1)打ち込んでいる趣味がある

男性が浮気するのは、何らかのストレスや満たされない思いを抱えているからです。

趣味など自分が好きなことに熱中している男性は、そこでストレスを解消できますから、浮気することはあまりありません。

このタイプの男性は、浮気する時間があるくらいなら趣味の時間に充てたいと思いますから、浮気のリスクは低いといえます。

(2)几帳面で潔癖

几帳面で潔癖な男性は、めったに浮気しません。

このタイプの男性は、筋の通らないことが嫌いで、あえて面倒なことに巻き込まれたくないと思っています。

自分なりのこだわりをいろいろもっており、誰とでも関係をもつようなことはしません。

女性から見ると一見面白くないタイプかもしれませんが、浮気のリスクは低いといえます。

(3)マザコン

マザコン男性も、浮気のリスクは低いようです。

マザコン男性は、大人になっても無意識のうちに「悪いことをするとお母さんに怒られる」という心理になってしまいます。

そもそも、マザコン男性は、彼女や妻よりもお母さんを大事にします。

そして、自分が寂しいときには、浮気して他の女性に癒してもらうよりも、お母さんに慰めてもらいたいと思ってしまうのです。

(4)お金に細かい

貧乏な男性よりもお金持ちの男性の方が浮気するリスクは高いですが、お金持ちの男性はみんな浮気しやすいわけではありません。

お金をもっていても、ケチな男性や、お金の使いみちに細かい男性は、浮気する可能性も低いといえます。

お金に細かい男性は、結局女性にはモテません。

たとえ女性が周りにたくさんいても、浮気にまで発展する心配はあまりないということです。

3、男が浮気することを未然に防ぐ方法

では、浮気を未然に防ぐ方法を紹介していきましょう。

(1)相手の話を積極的に聞く姿勢をもつ

女性は何かあったらすぐに人に話したいと思うものですが、男性はそうではありません。

男性は自分の気持ちを誰かに話すということに慣れていませんから、たとえ悩みがあってもすぐに人に相談するようなことはしないのが普通です。

しかし、実は男性も、心の奥では誰かに自分の気持ちを聞いてほしいと思っています。

そして、自分の話を真剣に聞いてくれる女性が現れれば、その女性が心のよりどころになり、失いたくない存在となるのです。

女性は、自分のことばかり話して、男性の話を聞こうとしないことがよくあります。

「彼は自分のことは何も話してくれない」と思っているかもしれませんが、男性が何も話さないのは、多くの場合、女性の方が聞く耳をもっていないからです。

相手のことを上手に聞き出し、相手の話に積極的に耳を傾けることを続けていれば、浮気される心配は限りなく小さくなります。

(2)相手を必要以上に束縛しない

自分のパートナーに無関心になれば、浮気されるのは仕方ありません。

逆に、相手を束縛しすぎても、浮気されることがあります。

男性は束縛されるのが嫌いで、常に自由でいたいと思っている生き物です。

また、男性には、必ず他人に干渉されたくない領域があります。

浮気されるのが嫌だからといって、相手の行動を監視したり、必要以上に相手のやることに口出ししたりするのはNGです。

男性を束縛すれば、結局は隠れて浮気をされたり、「自由になりたい」と別れを告げられたりすることになってしまいます。

(3)常に感謝の気持ちを伝える

パートナーには、日頃から感謝の気持ちをきちんと伝えることが大切です。

長く一緒にいると、「言わなくてもわかっているはず」と感謝の気持ちを言葉にすることを怠ってしまいがちですが、それだと相手に伝わっていないことがあります。

誰でも、自分を大切にしてくれる人と一緒にいたいはずです。

たとえ一緒に暮らしていても、相手に感謝されることがなければ、「自分は何のためにいるのか」「どうせ自分は大切にされていない」という気持ちになってしまいます。

誰でも、自分を大切にしてくれる人を悲しませるようなことはしたくないのが当たり前です。

男性に浮気してほしくないなら、常に「ありがとう」という感謝の言葉をかけるのを忘れないようにしましょう。

4、男の浮気をチェックする方法

次は浮気をチェックする方法について説明していきます。

(1)まずはスマホをチェック

「ひょっとして浮気をしているのではないか?」と思ったとき、もっとも手軽に調べる方法は、スマホをチェックすることでしょう。

浮気している場合、浮気相手とはメールやLINEで連絡をとっていることが考えられます。

スマホを見ることができれば、たいてい相手が浮気しているかどうかがわかります。

ただ問題があります。

それは「スマホを勝手に見るとプライバシーの侵害となってしまうのでは?」ということです。

確かにプライバシーの侵害含めて法的な観点から問題があるので、相手の了承を得た上で見るようにしましょう。

相手にやましいことがなければ見せてくれるはずです。

逆を言うと、見せてくれないということは怪しいと考えられます。

(2)尾行してみる

浮気の疑いがある場合、尾行して確かめる方法もあります。

ただし、尾行はシンプルですが、バレやすいのは仕方ありません。

自分で尾行するよりも、友人や知人に頼んだ方がよい場合もありますから、協力してもらえる人を探してみましょう。

(3)GPSを使って居場所を追跡

相手が車を使って移動している場合には、尾行も困難なことがあります。

このような場合には、GPSを使って居場所を追跡する方法もあります。

ベストな方法としては、相手に「やましいことがなければいいよね?」という旨を話して相手の了承を得た上でスマホのGPS機能を設定させてもらうことです。

(4)探偵や調査会社に依頼

パートナーの浮気を自分で調べようとすると、うっかりバレてしまい、相手に警戒されることがあります。

浮気している可能性が高い場合には、最初から探偵や調査会社に依頼して調べてもらった方が安心です。

既婚者の場合には、離婚や慰謝料の問題が発生しますから、浮気があるならきちんと証拠をつかんでおくことが大切です。

相手に警戒されてしまうと証拠もとれなくなってしまいますから、早い段階でプロに依頼することも検討しましょう。

5、男に浮気されてしまった場合の対処法

最後に、浮気されてしまった場合の対処法について説明していきます。

(1)浮気をやめさせて修復できないか考えてみる

パートナーが浮気しているからといって、関係を断ち切らなければいけないわけではありません。

パートナーを許し、やり直すことができれば、そちらの方がよいこともあります。

浮気が判明した後は、自分でもどうしてよいかわからないことが多いと思います。

離婚専門のカウンセラーもいますから、迷っているときには相談してみるのもおすすめです。

焦って結論を出すのではなく、自分が納得いくまでじっくり考えてみることが大切です。

(2)浮気の証拠を集める

結婚している場合、夫が浮気(不貞行為)をすれば、それを理由に離婚して慰謝料を請求することができます。

ただし、夫が自分から浮気を認めて慰謝料を払うケースは少ないですから、証拠を集めておく必要があります。

なお、不貞行為の慰謝料は、夫だけでなく浮気相手にも請求できます。

離婚しない場合でも、浮気相手には慰謝料を払わせることができますから、証拠を集めておくことは大切です。

証拠集めについては、「浮気・不倫の証拠を集める前に知っておくべき6つのこと」をご参照ください。

(3)夫と離婚して慰謝料請求をする

浮気を理由に夫と離婚して慰謝料請求したい場合、まずは話し合いでの解決を試みるべきでしょう。

自分の納得する慰謝料を払ってもらえることになり、他にもめるようなことがなければ、スムーズに協議離婚ができます。

慰謝料の支払いが離婚後になったり、分割払いになってしまったりするようなら、支払いを確保できるよう、公正証書を作成しておきましょう。

夫が慰謝料の支払いを拒否するか、金額に納得できないようであれば、最終的に裁判で決着をつけるという方法もあります。

慰謝料請求については、「離婚慰謝料の相場と弁護士が教える300万円以上獲得する方法」をご参照ください。

(4)浮気相手に慰謝料請求する

浮気相手に対して慰謝料請求する場合には、相手方と連絡をとって話し合いをしなければなりません。

自分で電話するなどして直接連絡をとれる場合もあると思いますが、弁護士に依頼して内容証明を出してもらい、弁護士を通して交渉してもらう方が安心です。

浮気相手が任意に支払いに応じない場合には、調停で話し合うこともできますが一般的ではなく、最初から訴訟を提起するのが通常です。

まとめ

浮気をしやすいかどうかの一般的な傾向はありますが、どんな男性でも絶対に浮気しないということはないと思います。

日頃の心がけで浮気のリスクを下げることはできますから、まずは意識してできることをやってみましょう。

それでも、男と女がいる限り、浮気は起こっても全く不思議ではありません。

パートナーといえども人間同士ですから、気持ちがすれ違ってしまい、うまくいかないこともあると思います。

パートナーが浮気した場合には、自分がどうしたいかを問われることになります。

そのときに落ち着いて対処できるよう、慰謝料などの知識をもっておくことも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

30秒でダウンロード完了!
離婚完全マニュアル全33ページ

「一度は離婚を考えたことがある」

そんなあなたに贈る、知っておきたい離婚の全知識

そんなあなたに贈る、
知っておきたい離婚の全知識

「離婚」の文字が頭をよぎったことはありませんか?
どのようなことから始めれば良いのか、はたまたこれは離婚原因になるのだろうかと、悩んではいませんか?

そんなあなたにこのマニュアルには

  • ・離婚の手続きの進め方について
  • ・よくある離婚の原因・理由
  • ・離婚後に起こるトラブルと回避法

など、離婚で皆様が悩むところをわかりやすく解説しています。こちらを読んでいただき、離婚で悩んでいる方たちのお力になれればと思います。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00 ご対応可能
  • 電話で無料相談する
  • メールで無料相談する