借金のお悩みに弁護士が回答!解決策を弁護士が一緒に考えます

借金,弁護士

借金のお悩みに弁護士が回答します。

借金が増えすぎて返済が苦しくなってくると、いったいどうすればいいのかわからなくなり、精神的に追いつめられてしまうことでしょう。

そんなときは、一人で悩まずに弁護士に相談してみましょう。

借金問題に詳しい弁護士は、あらゆる借金トラブルのご相談者に接し、解決に導いてきています。

あなたもそのような弁護士に相談することで、状況に応じたベストな解決法が見つかるはずです。

今回は、様々な借金のお悩み相談に、ベリーベスト法律事務所の債務整理専門チームの弁護士がお答えします。

無料相談実施中
借金返済に見通しをつけて「安心」を手に入れませんか?
  • 借金がいくら減るの?
  • 月々の支払いがいくら減るの?

家族や会社に秘密にしたまま、借金を減額できるか診断できます。

かんたん診断

1、ついつい使いすぎてしまい借金が100万円近くになった大学生Aさん〜借金の悩みに弁護士が回答

ついつい使いすぎてしまい借金が100万円近くになった大学生Aさん〜借金の悩みに弁護士が回答

(1)相談内容

2浪して大学に入り、やっと自由に行動できるようになりました。
授業にサークル、友人との遊びにコンパと、充実したキャンパスライフを送っていますが、お金がかかります。

アルバイトはしているものの、それでもお金が足りず、気軽にカードローンで借金を始めてしまいました。

大学3年の今、3枚のカードローンが返しきれずに返済に追われています。
遊びは控えて節約を心がけていますが、たまった借金はどうすればいいでしょうか。

(2)回答

大学生活、何かとお金がかかりますよね。家賃に食費、教材費に研究費用、そして交際費。
わかります。

3枚ものカードローンを抱えてしまうと、支払日が同日であれば一気に引き落としがかかることが厳しい、別日であればいつも返済日を気にする日々ではないでしょうか。

このような場合は、借金を一本にするという方法があります(ただ、借金総額が高額の場合には、学生では審査が通らない可能性もあります。)。

一本化では、借金総額が減額されるわけではありませんが、まずは返済日と返済先を統一できることは大きなメリットです。
返済先が複数であることは、請求書も複数届くわけでして、意外とそのようなことが大きなストレスになっていることもあるのです。

また、一本化する際、これまでと違う借り先(またはローン商品)になるわけですので、「金利」が異なってきます。
これまでの金利よりも低い金利の商品でまとめられれば、将来の金利分は減額されますので、支払総額にも違いが出てきます。
そのため、一本化をする際はできる限り金利の低い金融機関を選んでください。

借金一本化などについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事 関連記事

2、借金を返せず厳しい取り立てに悩んでいるフリーターBさん

借金を返せず厳しい取り立てに悩んでいるフリーターBさん

(1)相談内容

生活費の不足で始めた借金がいつの間にか300万円に膨れあがり、返済が追いつかなくなりました。精神的に追いつめられています。

このままでは完済できるあてもないし、めぼしい財産もないので引っ越して身を隠そうかと考えているところです。
逃げてしまいたいです。

(2)回答内容

コロナ禍の今、フリーターのみなさんの中には返済の目処が立たなくなってきている方も少なくありません。
まずは社会保険料などについては猶予を申し入れ、なんとか元の生活に戻るまで、踏ん張っていただきたいと思います。

借金から逃げる、いわゆる「夜逃げ」ですが、きれいごとではなく本当におすすめはできません。
貸金業者は住民票を調査して返済を請求してきますし、所在不明でも裁判はできますので、借金から逃げ切ることはほぼ不可能です。

また何より、身を隠すために住民票を移さずに転居すると、国民健康保険が使えなかったり、運転免許証を使えなかったり、就職できなかったりなど、極めて不便な生活を強いられてしまいます。

もしもなかなか生活立て直しの目処が立たない場合は、「債務整理」を検討してみましょう。
債務整理をすれば取り立てはストップしますので、逃げる必要はありません。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連記事 関連記事 関連記事 関連記事

3、失業して収入がなくなり借金を返せなくなったCさん

失業して収入がなくなり借金を返せなくなったCさん

(1)相談内容

勤務先の事業閉鎖により失業して収入がなくなり、借金の返済ができなくなりました

次の仕事は探していますが、今までどおりの収入が得られる仕事が見つからず、今後返済していくあてはありません。

絶望的な状況です。どうすればいいでしょうか。

(2)回答内容

借金残額がいくらなのかにもよりますが、収入を得られる見込みがない場合は、債務整理の1つである自己破産を検討してみましょう。
自己破産で免責を受ければ、借金を全額免れることができます。
その後の生活費については、失業保険や生活保護などでまかなうことも可能です。

ただ、自己破産には「財産の没収」という手痛い副作用があります。
どうしても自己破産したくない場合は、こちらも借金残額によりますが、良い就職先が見つかるまでアルバイトで収入を得ながら、別の債務整理方法である任意整理で解決できる可能性もあります。

もしも借金の取り立てが頻回になり、とにかく精神的に辛い場合は、弁護士に依頼すれば、一定期間は取り立てが止まります。
その間に就職先を探すこともできますので、とりあえず弁護士に相談をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事 関連記事

4、家族に内緒の借金を抱えている主婦Dさん

家族に内緒の借金を抱えている主婦Dさん

(1)相談内容

家計が苦しく、お小遣いのためにキャッシングをしていたところ借金が100万円を超えてしまいました。
パートもしていますが返済が追いつかず、なかなか借金が減りません。

借金が夫にバレると離婚されるかもしれないので、自分で何とかしたいと思っています。
家族に内緒で借金を解決するには、どうすればいいのでしょうか。

(2)回答内容

たしかに100万円の借金は、旦那さんにはバレたくないことでしょう。
旦那さんの性格にもよりますが、離婚される想像をされるということは、亭主関白、もしくは経済面で少し潔癖な方なのかもしれませんね。

旦那さんに内緒で100万円の借金をどうにかしたい。
しかも、主婦でいらっしゃり時間に制限がある。

この状況を伺う限り、さらに副業で稼ぐなどは非現実的でしょうから、借金残額を今のパートのお給料で返済できる程度に減らせれば良いかと思います。

債務整理をすれば、返済を減らすことが可能です。
債務整理にはいくつか種類がありますが、ご家族に内緒で行うのであれば、「任意整理」が良いでしょう。
任意整理はご自身でも行うことは可能ですが、徹底的にご家族に内緒で行おうとするのであれば、債権者からの手紙や電話での連絡がご族にバレないよう、弁護士に債権者用窓口になってもらうよう依頼すると良いでしょう。

なお、弁護士費用について重く考える必要はありません。
債務整理を扱う法律事務所では、依頼人の皆さまのお支払いが負担にならないよう、配慮してくれているはずです。
ご心配な点は、直接法律事務所へお問い合わせすれば、わかりやすく案内してくれると思います。

関連記事 関連記事

5、買い物のしすぎでローンを返せなくなったOLのEさん

買い物のしすぎでローンを返せなくなったOLのEさん

(1)相談内容

ブランド品やアクセサリーなどが好きで、欲しいものがあるとすぐにクレジットカードで購入してしまっていました。
気がつくとカード2枚の限度枠一杯まで利用してしまい、返済も追いつかなくなっています。

クレジットカードで高価な買い物をしていると債務整理できないと聞いたことがあるのですが、本当でしょうか。

(2)回答内容

「クレジットカードで高価な買い物をしていると債務整理できない」とは、おそらく自己破産の「免責不許可」をおっしゃっているのではないかと思います。

自己破産で借金をゼロにするためには、裁判所で「免責」を許可してもらうことが必要です。

借金をゼロにするということは、債権者(お金を貸した人)にとって大変迷惑をかけてしまうことです。
ですから、生活や事業など、どうしても必要でお金を使ったのか、それとも使わなくてもいいような理由(いわゆる「浪費」)で使ったのかは、この免責を許可するにあたって、とても重要なことなのです。

免責できないとする事由を「免責不許可事由」といい、免責不許可事由は法律で定められています。浪費もこのうちの1つです。

ただ、他人にとって浪費であっても、ご本人にとっては必要だったということも往々にしてあることです。
そのため、「裁量免責」といって、浪費の程度が悪質でなかったり、またご本人がこれからの生活を真面目に立て直そうとしているのであれば、裁判所の裁量により免責されるということがあります。

また、他の債務整理である任意整理や個人再生では、浪費であることは要件としてなんら関係ありません。
とはいえ、これらの債務整理では完全免責にはなりませんので、これからも継続的に返済していく必要があります。
これ以上浪費を継続することはやめましょう。

関連記事 関連記事

6、借金でキャバクラ通いをしていた会社員Gさん

借金でキャバクラ通いをしていた会社員Gさん

(1)相談内容

キャバクラ通いがやめられず、給料だけではお金が足りずに借金をして通いつめてしまいました。

200万円もの借金ができてキャバクラ通いはやめましたが、返済が厳しくて生活もままなりません。
キャバクラでできた借金も債務整理できるのでしょうか。

(2)回答内容

キャバクラでお金を使ってしまう気持ち、とてもよくわかります。

お金って、本当に不思議ですね。
稼ぐために、人生において貴重な時間の多くを費やしているというのに、使いたいときは一気に使えてしまうんですから。

キャバクラ通いによる借金も、先ほどのクレジットカードでの高価な買い物と同様、浪費に該当するため、自己破産をしても免責が受けられない可能性があることは確かです。
しかし、裁量免責については前述の通りです。

また、任意整理や個人再生などの債務整理方法での解決が可能なことも同様です。

キャバクラの借金は債務整理で解決することは可能ですが、本当に重要なポイントは、債務整理後のあなたの気持ちでしょう。
キャバクラに通い詰めてしまえば、また同じことを繰り返してしまいます。

キャバクラで埋めていた心の穴は、なんだったのか。

そこを見つめ直し、費用対効果の見合ったお金の使い方で、空いた穴を埋めて行きましょう。

関連記事 関連記事

7、息子がゲーム課金で多額の借金を作ってしまったHさん

息子がゲーム課金で多額の借金を作ってしまったHさん

(1)相談内容

長年使っていなかったクレジットカードで、身に覚えのない請求がきました。
よく調べてみると、高校生の息子が無断でカードを使ってゲームに課金し、借金を作っていたことがわかりました。

よく調べてみると、借金は200万円にも上っていました。
この借金は親が支払わなければならないのでしょうか。そうだとすれば、良い解決方法はないでしょうか。

(2)回答内容

お子さんが勝手にクレジットカード決済をしてしまう。

少し前までは想像もしなかったトラブルです。

ネット社会になったゆえの、新しい問題であるといえます。

この点、民法上は、未成年者が親権者などの法定代理人に無断で結んだ契約などは取り消しが可能とされています。

第五条 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。

2 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。

引用元:民法

しかし、子どもが親のクレジットカードを無断で使用したからといって、必ずしもこの規定によって支払いを拒否できるわけではありません。

なぜなら、親は子どもの行為について監督責任を負っているからです。

子どもが容易に持ち出せるような場所にクレジットカードを放置していたような場合には監督責任を問われるため、カードの利用料金について親に支払い義務が生じると考えられます。

第七百十四条 前二条の規定により責任無能力者がその責任を負わない場合において、その責任無能力者を監督する法定の義務を負う者は、その責任無能力者が第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、監督義務者がその義務を怠らなかったとき、又はその義務を怠らなくても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。

引用元:民法

子どもの年齢がおおむね12~13歳までは、自分の行為の良し悪しを判断する能力が十分でないと考えられているため、親の監督責任が認められる傾向にあります。

もっとも、ケースによってはカード会社の過失によって支払い義務を免れる場合もあります。

判例上、カード番号と有効期限のみで決済できるシステムがとられていたケースで、カード利用者の本人確認に不備があるとして、親に支払い義務はないと判断されたものがあります。

ですから、子どもが無断で使用したクレジットカードの利用料金を本当に親が支払わなければならないかどうかについては、一度弁護士に相談した方がよいでしょう。

なお、親が監督責任を果たしていたにもかかわらず、おおむね14歳以上の子どもが親のクレジットカードを無断で使用した場合(例えば、親がクレジットカードを厳重に管理していても、子どもが巧妙に盗み出したようなケース)は、子ども自身に不法行為責任としてカード会社に対し利用料金相当額の支払い義務が生じます。

子どもが支払い義務を負うのであれば、それを親が肩代わりするかどうかという問題になると思いますが、このような場合にはあえて親が利用料金の支払い義務を認めるという選択肢もありうるかもしれません。

どうしても親の支払い義務を免れない場合、支払えないほどの金額であれば、親御様が債務整理の手続きをとるなど、検討することになるでしょう。

関連記事 関連記事 関連記事

8、旦那の借金で離婚するか悩んでいる主婦Iさん

旦那の借金で離婚するか悩んでいる主婦Iさん

(1)相談内容

旦那が飲み代などの浪費のために300万円もの借金を作っていることが最近判明しました。
家計には余裕がなく、簡単に返せる金額ではありません。

借金癖のある夫との将来には不安視かないので、離婚した方がよいのか悩んでいます。

(2)回答内容

夫婦間の借金問題は、一緒に返済の道を歩むか、夫婦をやめるか、最終的にはこの二択です。

一緒に返済の道を歩む場合、妻のあなたが親族から借金したり、稼ぎを増やしたり、そのような動きが必要となってくるでしょう(といっても、あなたが保証人でない限り、妻だからという理由であなたが返済しなければならない法律上の義務はありません。あくまでも人道的な意味合いです)。
それにも関わらず、威張っていたり、態度を改める様子がなければ、もうやってられないと夫婦をやめることを選択される方も少なくありません。

しかし、たかがお金、されどお金。
性格を好きになった旦那さんであれば、お金の問題で離婚を考えることは、とても悩んでしまうことなのではないでしょうか。

また、まだ小さなお子さんがいらっしゃる場合は、一人で育てていくことになります。
一人で育てていくことについては、事前にイメージできない苦労もたくさんありますから、離婚の前に経験者などに相談することがオススメです。

もし借金を共に返済していく道を選んだ場合、二人で頑張っても返しきれないとなれば、債務整理をご検討ください。
債務整理で返済を減免してもらい、再出発することも可能です。

関連記事 関連記事 関連記事 関連記事

9、過払い金返還請求をお考えの会社員Jさん

過払い金返還請求をお考えの会社員Jさん

(1)相談内容

20年ほど前から借金を始め、現在まで借入れと返済を繰り返しています。
過払い金返還請求ができるのであれば、請求したいと思っています。

過払い金があるかどうかはどうやって調べればいいのか、返還請求をするにはどうすればよいのか、今からでも過払い金を取り戻せるのかについて教えてください。

(2)回答内容

20年前から同じ業者から借入れと返済を繰り返しているのであれば、過払い金を請求できる可能性が高いといえます。

過払い金の有無については、こちらの記事をご覧ください。簡単にチェックすることができます。

関連記事

請求方法については、こちらの記事をご覧ください。ご自身で行う方法も記載しております。

関連記事

「今からでも過払い金を取り戻せるのか」ですが、逆に取り戻せない場合は1つ、返還請求権が消滅時効にかかっている場合です。

過払い金返還請求権は、最後の取引日から10年で時効にかかります。
ですから、最後にその業者から借りた、または返した日が10年以内なのであれば、時効にかかっていない可能性が高いといえます。
そのため、冒頭でお話ししたように、今でも同じ業者から借入れと返済を繰り返しているのであれば、まだ過払い金を請求できる可能性が高いといえるのです。

時効の問題から、1日でも早く専門家に相談することをおすすめします。

関連記事 関連記事

10、闇金に手を出して脅迫的な取り立てを受けている会社員Kさん

闇金に手を出して脅迫的な取り立てを受けている会社員Kさん

(1)相談内容

急な必要があって闇金らしきところから5万円を借りたところ、返しても返しても利息を要求されて返済が終わりません。
支払いが遅れると電話で恫喝されるので怖くてたまらず、精神的にもまいっています。

闇金と手を切るにはどうすればいいでしょうか。

(2)回答内容

元金が5万円にも関わらず、返しても返しても返済が終わらない。

これは闇金である可能性が大変高いといえます。

実は、闇金に対しては、返済をする必要はありません。

闇金による貸付は法外な暴利を伴うため、それ自体が犯罪であり、そのような不法な原因によって受け取った金銭は民法上返還する必要がないからです。
闇金に対しては一切返済する必要はなく、今までに支払ったお金も返還を請求することができます。

よって、法律上は、無視して良い、ということになります。

が、そのような正論は、全く意味がないでしょう。

ご自身で対処されると闇金から脅迫され、親族や職場にまで嫌がらせをされて生活が破壊されてしまうおそれがあります。
現実的に取り立てを止めるためには、警察に相談するか、弁護士などの専門家に対処を依頼するが必要です。

関連記事 関連記事

まとめ

ここに掲載したケースは、借金問題のご相談のうちのごく一部にすぎません。

当事務所には日々、様々なケースの借金問題のご相談が寄せられており、債務整理専門チームの弁護士が解決に導いています。

あなたのお悩みも、ぜひお寄せください。借金問題に詳しい弁護士が一緒に解決策を考えますので、一人で悩む必要はありません。

まずは無料相談をご利用されてはいかがでしょうか。

無料相談実施中
借金返済に見通しをつけて「安心」を手に入れませんか?
  • 借金がいくら減るの?
  • 月々の支払いがいくら減るの?

家族や会社に秘密にしたまま、借金を減額できるか診断できます。

かんたん診断

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2020・OD・053

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

  • 無料借金減額診断スタート