弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

休日に離婚届を入手する方法と提出する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚が決まったら必ず行わなければならないのが離婚届の提出です。離婚届はお近くの市区町村役場でもらうことができます。

しかし、お仕事の関係で土日等の休日でないと役所に行けないという方もいらっしゃると思います。

今回は休日しか役所に行けない場合に、

  • 休日でも離婚届は入手できるのか?
  • 休日でも離婚届は提出できるのか?
  • 休日に離婚届を提出した際にいつ離婚したことになるのか?

について、これまで多くの離婚事件を解決してきたベリーベスト法律事務所の弁護士監修の上でお送りしていきます。

ご参考になれば幸いです。

弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

1、離婚届は休日でも入手できる?

離婚届は休日でも入手できます。市区町村役場の宿直室に行き、離婚届が欲しい旨申し出れば、離婚届をもらうことができます。また、ネットでも離婚届を手に入れることができます。これをA3サイズに印刷すれば、役所で交付されたものと同様に使用することができます。

なお、離婚届は「離婚届をダウンロードしてから提出するまでの全手順」からダウンロードすることができます。

2、離婚届は休日でも提出できる?

離婚届は休日でも提出することができます。提出場所も、離婚届を受け取った宿直室です。また、休日以外も平日の夜間も宿直室に離婚届を提出することができます。

3、休日に離婚届を提出した場合はいつ離婚したことになる?

休日に離婚届を提出できるとして、その場合の離婚日はいつになるのか気になる方もいるでしょう。休日や夜間に離婚届を提出する場合、翌営業日まで、預かりの扱いになりますので、すぐに受理されるわけではありません。

しかし、後日これを受け取った戸籍係が、提出した離婚届に不備がないことを確認できれば提出した日にさかのぼって受理したことになりなります。すなわち、休日や夜間に提出した場合であっても、基本的には、提出日が離婚した日となります。

4、休日に提出した離婚届が不受理になった場合にはどうなる?

では、休日に提出した離婚届に不備がある等の理由で不受理になってしまった場合はどうなるでしょうか。この場合、後日役所に赴いて訂正を行う必要があります。なお、訂正が必要な場合でも、最初に提出した日が提出日休日や夜間に離婚届を提出する場合は、このような場合に備え、昼間連絡が取れる電話番号を離婚届の欄外に記載しておくのがよいでしょう。

もっとも、昼間役所に行くとなると負担が大きいですから、離婚届の提出にあたっては、6を参考に、記入漏れや誤記がないかしっかりと確認するようにしましょう。

5、休日に離婚届を提出した場合、離婚届受理証明書はいつもらえる?

離婚届を提出し受理されると戸籍にその旨が記載されますが、このほかに役所は、離婚届を提出し受理されたことを証明する公文書を発行しています。これが、離婚届の受理証明書です。保険や扶養の関係などの変更時に使われることが多いようです。

このような離婚届受理証明書ですが、休日に離婚届を提出した場合、先ほども述べたように、預かり扱いなので、当日発行してもらうことはできません。翌営業日以降、離婚届が受理された後に発行されることになります。もっとも、届出時の住所や、離婚後の本籍地等の関係で発行してもらえるまでの時間が異なってくるので、いつ発行してもらえるかは役所に確認するようにしましょう。

6、離婚届が不受理にならないために!離婚届の書き方と必要書類について

先ほど述べたように、離婚届に不備があると役所に出向いて訂正しなければなりません。このような余計な手間をかけなくて済むように、記入漏れや誤記がないようにしましょう。

離婚届の書き方や必要書類については、「離婚届の書き方のポイントについて」および「離婚届とともに役所に提出する必要書類について」次の各ページで確認することができますので、これらを参考に離婚届や必要書類を準備しましょう。

まとめ

離婚届は休日や夜間でも入手でき、提出もできることがおわかりいただけたかと思います。ただし、訂正の必要が生じた場合は、平日の昼間に役所に行かなくてはいけませんから、誤記や記入漏れには注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2020・OD・053

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

平日9:30〜20:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765