弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

男性の離婚で注意すべきポイント|協議を有利に進めるために必要な準備とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妻と離婚したいけれど、親権や金銭的な面で男性は不利になりやすいと聞いたことがある

「妻にはモラハラのような言動もあるし、なんとかして相手の有責で離婚したい」

今回は、そんなみなさんが押さえておくべき

  • 離婚が男性にもたらすリスク
  • 離婚の際、女性よりも男性のほうが不利と言われる理由
  • 男性が有利な条件で離婚を進めるための方法

について、詳しくご紹介していきます。

この記事が、今まさに妻との離婚を考えているみなさんにとって、自分が1番納得できる形での離婚成立を目指すためのお役に立てば幸いです。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

1、男性の離婚はさまざまなものを失うリスクがある?!

みなさんの中には、離婚によって手に入る自由やストレスのない暮らしに大いなる希望を抱いている方も多いかと思いますが、離婚がみなさんにもたらすものは、残念ながらメリットばかりではありません。

得るものがあれば失うものもあり、ここでは特に男性の場合に失うリスクが高いものをまとめてピックアップしましたので、離婚の話を切り出す前に必ず目を通しておきましょう。

(1)子供

夫婦に子供がいる場合、その子供の親権はほとんどのケースで母親が獲得します。

この理由はまた後ほど詳しくご紹介しますが、たとえ妻の不倫やモラハラなど、女性側に非があって離婚することになった場合でも、調停や裁判では離婚の原因と親権をどちらが持つかは別問題として扱われるため、父親側が負けてしまう可能性が高いでしょう。

(2)お金

子供の親権を母親が獲得すると、父親である男性側は養育費を支払うという形で離婚後の子育てをサポートしていくことになるのが一般的です。

ただ、養育費の金額は離婚時点での収入を目安にして決定されるため、災害や病気などで職を失ってしまった場合や、給料の思わぬ減額があったような場合、後に減額を求めることが出来ますが、一時的には支払いの目途がたたずたちまちお金に困ることもあるでしょう。

もちろん、「こういう事情だから、養育費の支払いを一旦保留にさせてほしい」と元妻に申し出ることも可能ですが、多くの男性は「元妻に頭を下げたくない」「生活が苦しいことを知られたくない」との思いから、元妻に相談することもできず八方塞がりに陥りがちです。

その結果、精神的に追い詰められてしまうケースも決して少なくはないため、離婚を考える際にはこういった最悪のケースもしっかり想定しておきましょう。

(3)プライド・社会的地位

職場や所属しているコミュニティによっては、妻帯者であることが一種の信頼につながっている場合もあります。

離婚の原因を作ったのが自分ではなくても、「○○さん離婚したんですって」「奥さんに逃げられたのかしら?」と周りから好奇の目で見られたり、妙な憶測が事実としてまかり通ってしまったりすることも実際のところ多いものです。

また、離婚を切り出された妻が逆上して、ありもしない夫のDVや不倫をでっちあげ、親族やご近所に吹聴して回る可能性もゼロではありません。

逆に、離婚の話し合いを進めていく中で実は妻に愛人がいたことが発覚し、みなさんの男性としてのプライドに傷が付くこともあるでしょう。

こういった目には見えない部分のダメージも、無視できないリスクのひとつです。

(4)自信

妻から急に離婚を切り出された男性の中には、当初あまりに理不尽な妻の言い分に「こんな状態では調停になったって離婚が認められるわけはない」と自分の正しさに絶対的な自信を持っていたものの、いざ調停が始まってみると雲行きが怪しくなり、最後には全面的に妻に有利な条件で離婚が成立してしまったということで、強いショックを受けるパターンもあります。

調停委員は中立的な立場でお互いの言い分に耳を傾けてくれますが、妻側の弁護士の手腕によっては「女性=社会的弱者である」という主張から同情を誘うようなケースもあり、1度相手に有利な流れができてしまうと、それを覆すのはなかなか難しいものです。

反論しても根拠が弱い場合は空回りになってしまうことが多く、自分の主張を汲んでもらうことができなかった無力感から、自信を失ってしまうでしょう。

2、男性の離婚は女性と比べると不利な点がある

実際のところ、離婚の際には女性に比べて男性のほうが次の点で不利になりやすい傾向があります。

(1)親権

先ほどリスクの項目でもご紹介した通り、子供の親権は多くの場合母親が獲得します。

平成27年度の司法統計によると、調停で離婚に至った夫婦のうち、父親が親権者となったケースはわずか1割です。

この理由には、裁判所が親権者を決定する上で「子供の幸せ」を1番に重視しており、具体的には「これまでどちらが主に子供の世話をしてきたのか」が大きなポイントとなっていることが挙げられます。

経済力も大切な条件ではありますが、今の子供の生活に特に問題がないのであれば、そのままの生活をなるべく変えずに維持できることのほうが重視されやすいのです。

妻に責められる点があり自分が親権をと考えていたとしても、毎日の細かい世話について親を巻き込もうと思っていませんか? 

親はあなたの思うように孫の世話をするかもしれませんが、そのような気持ちでは親権を取ることはできません。

関連記事

(2)養育費の支払い

親権が妻に渡った場合、夫であるみなさんは養育費の支払いを負担することになる可能性が高いです。

たとえば年収500万円の男性は、子供の人数と年齢(いずれも15歳未満であると想定)に応じて次の金額がひとつの目安となりますので、ぜひ参考にしてください。

子供1人

5万円(月額)

子供2人

7万円(月額)

子供3人

10万円(月額)

関連記事

(3)婚姻費用の支払い

離婚の話し合いは夫婦が別居した状態で行うケースも多いですが、たとえば妻が専業主婦の場合、この別居中の生活費は婚姻費用としてみなさんに請求することができます。

話し合いが長引けば長引くほど、支払わなければならない婚姻費用もかさんでしまいますので、専業主婦の場合に限らず、妻より自分のほうが年収の高い男性は要注意です。

関連記事

(4)財産分与・慰謝料

結婚中に築いた夫婦の財産は、原則として離婚時に2等分して分け合います

「妻は専業主婦で、毎月の収入はすべて自分が稼いだものなのに!」と不公平に感じる男性もいるかもしれませんが、それは妻が家庭内の仕事を担当してみなさんの生活をサポートした結果である、というのが財産分与の考え方なのです。

もしみなさんの側に非があって離婚することになった場合は、その分の慰謝料を妻に支払わなければならないケースもあります。

また、結婚生活で組んだ住宅ローンは、契約者がみなさんである限り、現在その家に住んでいるのが妻子のみであっても、みなさんのところに請求が送られてきますので、いっそのこと住宅を売却してローンの返済にあて、足りない分は妻と折半で支払うなどの対処を取るのもおすすめです。

関連記事

(5)仕事への支障

夫婦間の話し合いだけでは離婚の合意に至らず、調停や裁判で争うことになった場合、その日程は基本的に平日になります。

さらに、調停は2回・3回と日を改めて回数を重ねていくケースも多いため、その度に仕事を抜けたり休んだりするのはなかなか大変です。

この問題を解消するには弁護士に代理で出席してもらうのがひとつの対処法で、後ほど弁護士に依頼するメリットや選び方のポイントなどもあわせてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

3、男性が有利な条件で離婚を進めるために

ここからはいよいよ、男性がなるべく有利な条件で離婚を成立させるために押さえておきたいポイントを、まとめて解説していきます。

(1)妻と話し合う

法的には不利になりやすい男性の離婚だからこそ、調停や裁判に発展させることなく、妻との話し合いのみで合意を得るのが最も理想的です。

たとえば妻が「これだけは譲れない」と主張しているポイントがあるなら、その点をあえて妥協することで、トータル的にはみなさんにとって有利な形で決着をつけられることもあるでしょう。

(2)状況によっては離婚の成立を優先させる

女性の中には、「離婚が成立するまでは、別居していても婚姻費用がもらえる=生活に困らない」という考えから、意図的に離婚の話し合いを長引かせようとする人もいます。

財産分与や慰謝料の話し合いは、離婚届を提出してからでも行うことが可能なので、みなさんのほうが婚姻費用を支払わなければならない側なのであれば、ひとまず先に離婚自体の成立を目指しましょう。

ただし、子供の親権者については離婚届に記入欄があるため、決定してからでなければ離婚することはできません。

調停や裁判で争っても男性の場合はなかなか獲得が難しいということもあり、はじめから相手に親権を譲る代わりに面会交流の機会を増やしてもらうなど、別の角度から納得できる落とし所を探るのもひとつの方法です。

(3)夫側が調停・裁判の申立をする

婚姻費用の支払いがかさむのは困るという場合、みなさんの側から早々に調停・裁判の申し立てを行うことで、相手の思惑にはまるのを避けることもできます。

妻側に何らかの非があれば、本来支払うべき金額よりも婚姻費用が減額されることもありますので、浮気・不倫やモラハラなどの証拠はきっちりと残しておきましょう。

(4)慰謝料請求をする場合は、準備を整える

調停・裁判を起こすときだけでなく、相手に慰謝料を請求したい場合にも、その根拠となる明確な証拠があればスムーズに話を進めることができます。

離婚の話を切り出してからでは、相手も警戒してなかなか上手く証拠を掴めないことも多いため、証拠集めは事前にしっかり行っておきましょう。

(5)弁護士に相談する

あとは何より、法律のプロである弁護士に依頼することで、最も効率的にベストな条件での離婚を目指すことができます

話を聞いてもらうことで精神的な負荷が軽くなるというメリットもありますし、仕事のスケジュールがなかなか空けられないときにも、代理で話し合いに出向いてもらえるので安心です。

弁護士に依頼するとなると費用面が心配な方も多いかもしれませんが、ベリーベスト法律事務所では初回60分相談無料。

まずは気軽に相談だけでも検討してみましょう。

4、男性に心得ておいて欲しい。離婚弁護士選びのポイント

最後に、男性が有利な条件での離婚を目指すにあたって、おすすめの弁護士選びのポイントについてもご紹介していきます。

(1)男性側の相談でも前向きに話を聞いてくれる

「男性でもこうすれば有利になる可能性が上がる」と、前向きな方向でみなさんの話を聞いてくれるかどうかを、1番にチェックしましょう。

(2)具体的な見通しが立てられるかどうか

みなさんの状況に合わせて、妻が今後どんな要求を出してくるか・その際のこちらの対応はどうするかといった具体的なパターンを提示してくれる弁護士かどうかも、注目したいポイントです。

展開を先読みすることで、有利に話し合いを進められる可能性もグッと高くなります。

(3)同性の弁護士が必ずしもいいとは限らない

男性なら男性の弁護士のほうが気持ちを汲んでもらいやすい・単純に相談がしやすいなどの理由で同性の弁護士にこだわる方も少なくありませんが、あえて女性の弁護士に依頼することで、妻側の心理が分かり逆手に取れるというメリットもあります。

弁護士を選ぶ際には、性別よりも具体的な戦略を重視して判断しましょう。

(4)話していて安心できるかどうか

弁護士は離婚が成立するまで、ある程度長期的に関わっていくパートナーになるため、最終的にはフィーリングが合うかどうかも大切なポイントです。

離婚を有利に進めるためには、夫婦の状況を洗いざらい話しておく必要もあり、「この人なら安心して任せられる」という思いがなければそれも難しいため、密に情報を共有するためにも信頼できる弁護士を選びましょう。

まとめ

一般的に、男性は離婚で不利になりやすいとも言われていますが、今回ご紹介した方法を実践していくことで、有利に話し合いを進められる可能性も十分にあります。

特に弁護士への依頼は、その可能性を高める効率的な手段のひとつです。

妻との離婚を考えているみなさんは、具体的な話を進める前にまず弁護士に相談を行い、今後の戦略を練っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765