弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

旦那が浮気…?見破るポイントと妻がとるべき対処法を弁護士が解説

旦那 浮気

旦那が浮気しているかもしれない。

そんなことを考えると、毎日がとても不安になりますよね。

夜も眠れなくなることもありますし、悩みすぎて「うつ状態」になってしまわれる女性の方も、たくさんおられます。

旦那の浮気が疑われるときには、まずは浮気の事実確認をして、その後の適切な対処法を実践していく必要があります。

今回は、

  • 旦那の浮気を見破るチェックポイント
  • 旦那の浮気の証拠を集める方法
  • 旦那に浮気された妻がとるべき対処法

などについて説明していきます。

お読み頂ければ、離婚するにせよしないにせよ、最善の結果を実現するための手段を把握することができます。

しかも、今回の内容は、ベリーベスト法律事務所の離婚専門チーム所属の弁護士がまとめています。法的観点についての内容はお墨付きです。

この記事が旦那の浮気で悩まれている方のご参考になれば幸いです。

関連記事

弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

1、旦那が浮気?見破るための11個のチェックポイント

旦那が浮気?見破るための11個のチェックポイント

旦那が浮気しているかもしれないと思ったら、まずは事実確認をすべきです。
ただ、いきなり問い詰めれば良い、というものではありません。
証拠もないのに問い詰めても、相手は認めませんし、逆切れされてしまうこともあります。

そこで、まずは以下のような点をチェックしてみましょう。
あてはまる場合には、浮気されている可能性があります。

  • 携帯電話やスマホを肌身離さず持ち歩くようになった
  • 携帯電話をロックした
  • 携帯電話の履歴を消去している
  • 帰宅すると、すぐにお風呂に入る
  • 目を合わさなくなった
  • 会話しなくなった
  • 残業や休日出勤が増えた
  • 急に妻や子どもに冷たくなった
  • 金遣いが荒くなった
  • 「自分の給料は自分で使いたい」と言い出した
  • 急にお洒落になった

3つ以上あてはまるようであれば、浮気している可能性が相当程度、高まっていると言えます。

関連記事

2、旦那の浮気が疑わしい場合に確かめる方法は?証拠の集め方

旦那の浮気が疑わしい場合に確かめる方法は?証拠の集め方

浮気チェックをしてみて、旦那の浮気を確信した場合は、次項「3」へお進みください。

「やっぱり怪しい」と思うものの、白か黒かの判断が付かず、事実を確かめなければ自分がどうすればいいのかを考えることができないという場合は、証拠集めてみるのもよいでしょう。

浮気の証拠が何も出てこない場合は「白」だと判断して割り切るのも一つの方法ですし、「黒」の証拠が見つかった場合には、次項「3」でご紹介する事項を検討することになります。

具体的に証拠としては、たとえば次のようなものが浮気の証拠となります。
探してみましょう。

  • 浮気相手とデートしている写真(PCやスマホ内に保管されていることがあります。)
  • 浮気相手から送られてきた性的な写真(PCやスマホ内に保管されていることがあります)
  • 浮気相手と交わしたメール(PCやスマホ内に保管されていることがあります)
  • 浮気相手と会っているときに使った費用に関する領収証(レストラン代、プレゼント、ホテル代など)
  • 浮気相手と交わした手紙やメモ、カード(浮気相手から渡された誕生日カードやクリスマスカードなどです)
  • ふだん行かない場所にある駐車場の領収証(浮気相手の家の近くやデート先で車を使っている場合です)
  • クレジットカード明細書(浮気相手とのデートの際に使った費用や、お洒落のために使った費用などの明細が載ります)
  • 通話履歴明細書(携帯電話の通話履歴です。ファミリー契約で自分が契約者の場合、旦那の履歴を見ることができる可能性があります)
  • ネットの検索履歴(デートスポットや観光スポットなどの検索をしている)
  • カーナビの履歴、登録地点
  • GPSの履歴(頻繁に浮気相手の居住場所の近くに行っていることなどがあります)
  • 交通ICカード、ETCカードの履歴(頻繁に浮気相手が居住している地域の駅やインターで下車している場合、浮気の証拠になります)

上記のようなものから、浮気を推測することができます。

自分で浮気の証拠を集めることに限界があると感じたら、探偵事務所に依頼しましょう。
探偵事務所に依頼すると、旦那が相手の女性と会って性交渉をしていることを立証するための「調査報告書」を作成してもらうことができます。
調査報告書で浮気現場をしっかり押さえられていたら、将来裁判になったときにも確実に浮気を証明することができるので、非常に心強いです。

ただし、探偵事務所は玉石混淆で、悪徳業者もいることから、良心的な業者を探して選ぶことが重要となってきます。

ちなみに、ベリーベスト法律事務所では地域ごとに探偵事務所と提携しており、当事務所のご相談者様で浮気の証拠獲得を希望されている方がいらっしゃった場合にご紹介しています。

関連記事

3、旦那の浮気を確信したときに妻が考えるべきこと

旦那の浮気を確信したときに妻が考えるべきこと

旦那の浮気を確信したときは、妻として離婚を切り出すのか、夫を許して夫婦関係の修復を図るのかを考えなければなりません。
ただ、ショッキングな事実に直面して何も考えられなくなったり、あるいは感情的になって理性的に考えることができなくなっている方もいらっしゃるかと思います。

しかし、離婚するかどうかは人生の一大事です。
落ち着いて、できる限り冷静に以下の順に沿って考えてみましょう。

(1)浮気を許せるかどうか

まずは、ご自身が旦那の浮気を許せるのかどうかが最優先の検討事項です。
この点、本当は許せないけれど、子どものために許さざるを得ないと考える方もいらっしゃいます。
その考え方も間違いではありません。

しかし、まずは子どものことやその他のことも横に置いて、1人の女性として、旦那のパートナーとして許せるのかどうかを自分の心に正直に問いかけてみてください。

結論として子どものために許すとしても、ご自身の本心を把握した上で方針を固めていなければ、今後の夫婦生活は苦痛ばかりということになりかねません。

(2)許せない場合は離婚

どうしても許せないという方も、もちろんいらっしゃるでしょう。
その場合は、離婚を検討することになるかと思います。

ただ、離婚する場合でも、感情にまかせて旦那に離婚を突きつけることはおすすめできません。
離婚する際にはさまざまなことを取り決めなければならないからです。

有利な条件で離婚するためには、証拠を確保したり、慰謝料や親権・養育費について交渉するなど、やるべきことがいくつかあります。

冷静になって、準備を整えてから離婚を切り出すようにしましょう。

(3)許す場合は条件を考える

旦那が浮気をしていても無条件で許せる方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの方は条件次第で許すということになるでしょう。
その場合には、許すための条件を夫婦で話し合って取り決めることが重要です。

例えば、浮気をやめてもらえればそれでいいのか、慰謝料の支払いなど何らかの責任をとってもらいたいのかについて話し合うことです。

また、「帰りが遅くなるときは必ずメールをする」「女性と2人では飲みに行かない」「個人的なメールやSNSでのやりとりを定期的に見せてもらう」などの細かな条件を希望する方もいらっしゃるでしょう。

どのような細かい条件でも、ご自身が譲れないと思う条件は旦那に提示して話し合うべきです。
許すための話し合いにおいては、納得できるまで話し合うことが大切です。

条件について話し合いがまとまったら、約束を破った場合の違約金を取り決めておくのもよいでしょう。

合意した条件については口約束で済ませず、合意書を作成しておきましょう。

(4)自分に非がないかも考える

旦那を許すかどうかを考える際には、ご自身に非がなかったかどうかも考えてみましょう。

浮気はもちろん悪いことですが、旦那としても妻に魅力を感じられなくなっていたり、性交渉を拒まれていたり、家庭では癒やされなかったりなど、何らかの言い分があるかもしれません。
もし心当たりがあるのであれば、その点について改善を図ることも大切です。

詳しくは後ほど「6」でご説明しますが、夫婦関係を修復する際に役立つはずです。

4、浮気した旦那と離婚する方法

浮気した旦那と離婚する方法

離婚を決意した場合は、しっかりと準備を整えた上で離婚を切り出しましょう。
具体的には、以下の手順で進めていくことです。

(1)証拠の確保

離婚するためには証拠を確保しておくことが重要です。
証拠がなければ、裁判では主張を認めてもらえませんし、話し合いでも旦那に浮気の事実を否定されると証拠がなければそれ以上に問い詰めることができなくなります。

なお、先に離婚を切り出すと旦那に証拠を隠される可能性が高いですし、別居後では証拠を集めることが難しくなります。
そのため、離婚を意識したら早めに証拠の収集を始めるべきです。

(2)慰謝料の決め方

裁判をした場合の慰謝料は、事案の内容によりますが、だいたい数十万円~多くても300万円くらいの相場の範囲内で定められます。
ただ、協議離婚するときには相場にとらわれる必要はありません。
まずはご自身の希望する金額を請求した上で、話し合いを進めましょう。

関連記事

(3)その他の離婚条件の決め方

離婚するときには、慰謝料以外にもさまざまなことを取り決める必要があります。
主な離婚条件の決め方は、以下のとおりです。

①財産分与

財産分与は、夫婦の共有財産を原則として2分の1ずつに分けます。
まずは、家にどのような財産がどれだけあるかを調べましょう。

関連記事

②子どもの親権

子どもの親権をどちらが獲得するかについては、多くの場合、母親の方が有利になります。
子どもが幼ければ幼いほど、母親が親権を獲得するケースが多いです。

ただし、子どもが15歳以上の場合は子どもの意思を尊重して決めることになります。

14歳以下の場合も子どもの意見は聞くべきですが、参考にとどめ、父親と母親のどちらが子どもの養育に適しているかを判断して決めるべきです。

関連記事

③養育費

養育費については、夫婦それぞれの収入や子どもの年齢・人数に応じて相場が決まっているので、それに従って決めると良いでしょう。

関連記事

④面会交流

もしも、あなたが親権を獲得できなかった場合は、離婚後も子どもと継続的に会って交流を図るために面会交流について取り決めておくことが大切です。

月に1~2回、半日くらいずつ会うのが相場的です。

面会交流は子どもの健全な成長にとっても大切なことなので、あなたが親権者となった場合にも、旦那が希望する場合は適切な頻度で認めた方がよいでしょう。

関連記事

(4)話し合う

それぞれの項目についてあなたの希望する条件を検討したら、旦那に対して離婚を切り出すとともに、諸条件を伝えます。

相手は「浮気していない」などと言うかもしれませんが、証拠を持っていることを伝えると良いです。
証拠を見せるときには、必ずコピーを提示します。
原本を見せると、相手が逆上して破棄してしまったりする可能性があるからです。

離婚条件が整ったら、合意書を作成して離婚届を提出しましょう。
このとき、必ず合意書を公正証書にしておくことをお勧めします。
公正証書にしておいたら、相手が慰謝料や養育費等を支払わない場合に、相手の給料や預貯金を差し押さえることができるからです。
全国の公証役場で公正証書を作成することができるので、離婚の際、申込みをして、公正証書を作成してもらいましょう。

関連記事

(5)離婚調停

話合いをしても合意ができない場合には、家庭裁判所へ離婚調停を申し立てましょう。

調停でも話し合いを続けることになりますが、調停委員2名が間に入ってアドバイスや説得をしてくれるので、合意ができやすくなります。

関連記事

(6)離婚訴訟

調停をしても合意ができない場合には、離婚訴訟によって決着をつけます。
離婚訴訟を起こすときには、別途、家庭裁判所で訴えを提起することが必要です。

訴訟では、しっかりとした証拠を提出することが必要です。

証拠によってあなたの言い分が認められれば、裁判所が判決により、離婚を認めてくれますし、親権等の離婚条件を決めて、慰謝料の支払い命令も出してくれます。

関連記事

5、旦那に浮気をやめてもらう方法

旦那に浮気をやめてもらう方法

一方で、離婚しない場合は、どうしても旦那に浮気をやめてもらいたいところでしょう。

浮気をやめてもらうためには夫婦関係を修復することも大切ですが、ここではまず、法的な対処法についてご説明します。

(1)浮気をやめてもらえればそれでいい場合

旦那に今までの浮気をやめてもらうことはもちろん、今後も浮気はしないことを約束してもらえれば、離婚や慰謝料の請求は考えていないという場合もあるでしょう。

その場合は、旦那に対して、浮気をされることであなたがどれだけ辛いかをしっかりと伝えて話し合いましょう。
話し合いの中で旦那が「浮気はしない」と約束したとしても、口約束だけでは守られる保証はありません。
そこで、旦那が浮気しないことを誓った場合は、誓約書を書いてもらいましょう。

ただ、「浮気はしません」と書いただけの誓約書には法的効力がありません。
法的効力を持たせるためには、「もし約束を破った場合は100万円を支払います」というように、違約金を定めておくのが有効です。
場合によっては、浮気相手にも誓約書を書いてもらうとよいでしょう。

関連記事

(2)慰謝料を請求したい場合

離婚しない場合でも、浮気をした旦那に対して慰謝料を請求することは可能です。
旦那に責任をとってもらうという意味では慰謝料を請求するのもよいですが、今後も一緒に生活をしていくのであれば、経済的にはあまり意味がありません。

そのため、離婚しない場合は浮気相手の女性に対する慰謝料請求が中心的な問題となるでしょう。
もちろん、浮気相手に対する慰謝料請求も可能です。
金額としては、先ほどお伝えした通り、数十万円~300万円ほどが相場です。

ただ、注意が必要なのは、浮気は相手の女性一人の責任ではないということです。
浮気相手の女性が相場どおりの慰謝料をあなたに支払った場合、相手は旦那に対してその半分を自分に支払うように請求することができます。

この請求権のことを「求償権」といいます。

求償権の行使を避けるためには、浮気相手に対しては最初から相場より低めの慰謝料を請求し、合意ができたら「求償権を放棄する」と書いた合意書を作成することです。
浮気相手の女性に慰謝料請求する方法としては、内容証明郵便で請求書を送ると良いでしょう。
相手が支払いに応じない場合には、地方裁判所で訴訟をすることも可能です。
浮気の証拠が揃っていたら、裁判所が相手の女性に対し、支払い命令の判決を出してくれます。

関連記事

6、旦那の浮気の原因が妻にもある場合に関係を修復する方法

旦那の浮気の原因が妻にもある場合に関係を修復する方法

浮気の原因の一端が妻にもある場合には、妻としても改善を心がける必要があるでしょう。
ここでは、旦那との夫婦関係を修復する方法についてご説明します。

(1)旦那が浮気する原因とは

関係修復の方法を考える前に、まずは浮気の原因を考えてみましょう。
原因によって、とるべき対策も変わってくるはずだからです。

夫が浮気する原因で多いのは、以下のようなものです。

  • 妻に性交渉を断られて、性欲が満たされなくなった。
  • 妻に女らしさがなくなり、魅力を感じられなくなった。
  • 妻に「男」として認められていない。
  • 妻とコミュニケーションがない、不仲
  • 酒に酔った勢い
  • 相手から言い寄られた
  • 単身赴任で、妻と距離ができた
  • 家庭に居場所がない
  • 話を聞いてくれる人がほしかった

夫の身勝手によるものもありますが、妻の側にも改善できるポイントがあることがわかります。

たとえば、これまでコミュニケーション不足だった場合などには、妻が夫に接する態度を変えることにより、関係を改善できる可能性があります。

関連記事

(2)関係を修復するコツ

旦那と関係を修復すると決めたら、まずは旦那とのコミュニケーションを大切にしましょう。

これまで、感謝の気持ちを伝えていなかったなら、「いつもありがとう」「安心して生活出来るのは、あなたのおかげ」など、率直に気持ちを伝えるようにしましょう。
単身赴任などで離れているなら、メールや電話の回数を増やし、できるだけ会いに行くようにしましょう。

旦那が浮気にはまって周囲が見えなくなっている場合には、とにかく冷静になって、様子を見る、待つことも役立ちます。

たとえば、相手が「離婚してほしい」などと言ってきても、感情的にならず、「離婚はできない」と言って、今まで通り、普通に家族として接するのです。

浮気の証拠を握っている限り、相手が裁判をしても離婚が認められることはないので、「どん」と構えていれば良いです。

そのうち、相手も離婚を諦めて、浮気に飽きたら戻ってくることが多いです。

関連記事

7、旦那の浮気で苦しいときは弁護士に相談しよう

旦那の浮気で苦しいときは弁護士に相談しよう

ここまで、旦那の浮気が疑わしくても冷静になって対処すべきことをご説明してきました。

しかし、現実には、旦那に裏切られた気分になって感情が先走ったり、呆然として冷静に考えることができなくなったりするのも無理はないと思います。
そんなときは、弁護士に相談するのがおすすめです。
離婚問題のプロによる冷静なアドバイスを受けることで、ご自身が何を考えればいいのかがわかるはずです。

証拠の集め方や、離婚するのかやり直すのか、それぞれの場合の条件の決め方など、あらゆる問題について専門的なアドバイスを受けることができます。

弁護士に依頼すれば、旦那や浮気相手とのやりとりは弁護士が代わりに行ってくれますので、精神的な負担も軽くなります。

離婚調停や離婚訴訟、浮気相手への慰謝料請求訴訟が必要になった場合も、複雑な手続きはすべて弁護士が代行します。
弁護士のサポートを受けることで、あなたがご自身にとって最適な道を進むことに役立つことでしょう。

まとめ

旦那が浮気したときには、まずは事実確認をして、証拠を集め、離婚するかしないかの対応を決めることが必要です。
正しい対応方法がわからない場合や悩んだときには、弁護士が解決のサポートを行います。
旦那の浮気問題で困ったときには、弁護士に相談をして、解決しましょう。

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2020・OD・053

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

平日9:30〜20:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765