弁護士の
無料相談実施中! 初回30分無料
※内容・ご事情によってはお受けできない可能性もございます
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は初回30分無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-792-025
メールでのご相談

株式会社と合同会社の違い〜起業でどちらを選ぶべきかを解説

株式会社と合同会社の違い〜起業でどちらを選ぶべきかを解説

株式会社と合同会社の違いをご存じでしょうか?

「株式会社はよく聞くけど、合同会社はなじみが薄い」という方も多いかもしれません。合同会社は2006年から認められるようになった会社形態であり、一般的な認知度は高いとはいえません。とはいえ、会社を起こす際には、どちらを設立するかを選ぶことになるため、比較できるだけの知識が必要です。

そこで今回は

  • 株式会社と合同会社はどのようなものか?
  • 株式会社と合同会社それぞれのメリット・デメリット
  • 起業する際には、どちらを選ぶべきか?

などについて解説します。

この記事が、会社設立を検討されている方のための手助けとなれば幸いです。

関連記事

弁護士の
無料相談実施中! 初回30分無料
※内容・ご事情によってはお受けできない可能性もございます
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は初回30分無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-792-025
メールでのご相談

目次

1、株式会社と合同会社の違いについて〜株式会社と合同会社はどのようなもの?

まずは、株式会社と合同会社がどのようなものかを、おおまかにご紹介します。

(1)株式会社:出資者(所有者、株主)と経営者が分かれている

株式会社は、「株式発行により資金を集めて経営する」という形態の会社です。大きな特色は、所有と経営が分離していることです。

株式を取得するという形で出資した人は、「株主」と呼ばれ、会社の所有者になります。株主は、株主総会で経営者を選ぶ権利を持つものの、自身で経営をするわけではありません。もちろん、経営者が株式を持っていることはありますが、「株主=経営者」という関係ではないのです。

このように、出資者と経営者が分かれているのが、株式会社の特徴といえます。

(2)合同会社:出資者(社員)と経営者が一致している

合同会社は、2006年の会社法改正により認められた会社形態です。特徴は、出資者と経営者が一致していることです。出資していなければ経営ができないため、合同会社の経営者は、必ず出資をしていることになります。

あまりなじみがないかもしれませんが、

  • アマゾンジャパン
  • com

など、合同会社の形を取っている大手企業も存在します。

2、株式会社のメリット〜合同会社との違い

株式会社のメリットは以下の2点です。

(1)企業としての社会的信用が高い

株式会社のメリットとしてまず挙げられるのが、社会的信用が高いことです。株式会社は歴史が長く、なじみ深い存在であるため、一般的な信用が高いといえます。

実際に、有名企業の大多数が株式会社であり、合同会社は多いとは言えません。株式会社であることによって、

  • 取引
  • 採用

の面において、マイナスの影響が生じることは考えづらいです。合同会社に比べると、社会的信用を得やすいといえるかもしれません。

(2)資金を集めやすい

株式会社の大きなメリットは、資金を集めやすいことです。株式を発行することで、資金を調達でき、上場すれば、不特定多数の人から資金を集められます。また、社会的信用が高い傾向にあるため、金融機関からの融資も得やすいといえます。

資金が大量に必要な事業を考えているなら、株式会社にするべきかもしれません。

3、株式会社のデメリット〜合同会社との違い

株式会社のデメリットは以下の5点です。

(1)設立費用(登記・定款認証など)が多くかかる

設立にかかる費用は、合同会社よりも株式会社の方が多くなります。

株式会社を設立する際には、

  • 登録免許税が最低15万円
  • 公証人による定款認証に5万円
  • 定款の収入印紙代に4万円

が必要です。合計で24万円以上もかかるということになります。

収入印紙代は、電子定款にすれば不要となるものの、残りの20万円は必ず支払わなければなりません。小規模で始めたい方にとっては軽くない負担でしょう。

合同会社であれば、最低6万円から設立できるので、設立費用の高さは、株式会社のデメリットといえます。

(2)決算を公告しなければならない

株式会社は、決算を公告しなければなりません。法律で貸借対照表の公告が義務づけられているためです。方法としては、

  • 官報への掲載
  • 日刊新聞への掲載
  • 電子公告

などがあります。

電子公告以外では、費用が必要です。

時間も費用もかかるため、決算の公告義務は負担になるといえるでしょう。

(3)役員に任期がある

株式会社は、役員に任期が定められており、最長でも10年です。定期的に役員を選ばなければならず、任期満了のたびに登記が必要になります。登記には費用がかかりますので、手間もお金も要することになります。

(4)株式数に応じて利益配分しなければならない

株式会社では、株式数に応じて、株主に利益を配分することになっています。「1株あたり○円」という形で配当が出されるイメージです。貢献度が高くても、株式数の少ない株主には、配分が少ない反面、社外の株主にも、利益を分配しなければなりません。

(5)機関設計にルールがある

株式会社の機関設計には細かいルールが定められています。

機関とは、会社の意思決定を行うための人や会議体のことをいいます。具体的には、

  • 株主総会
  • 取締役
  • 監査役

などです。

会社法には、株式会社の機関設計についてのルールが定められています。たとえば、株主総会と取締役1名は必ず置かなければならないとされています。法律に反して自由に運営することはできません。

4、合同会社のメリット〜株式会社との違い

合同会社のメリットは以下の5点です。

(1)設立費用が安くすむ

合同会社の設立費用は、株式会社と比較して、低額になっています。登録免許税は最低6万円で、定款認証は不要です。電子定款にすれば、収入印紙代4万円も不要になるので、6万円から設立が可能になります。小規模にスタートしたい方にとっては、設立費用の安さは魅力的でしょう。

(2)ランニングコストが安い

合同会社はランニングコストも安くすみます。

株式会社に義務づけられている決算公告は、合同会社では不要であり、掲載費用はかかりません。また、役員の任期は設けなくてよいため、選び直す必要がなく、登記費用も不要です。

手間も費用も減らせるため、事業が小規模の場合には、特にメリットが大きいといえます。

(3)柔軟に利益を配分できる

株式会社とは異なり、利益配分を柔軟に決定できます。出資比率に応じて分ける必要がないので、出資額が少ない人に対しても、貢献度によって利益を手厚く配分することが可能です。

(4)組織設計の自由度が高い

合同会社では、定款で定めることにより、自由に組織を設計できます。意思決定の仕組みを自分たちに合わせて作ることができ、柔軟な組織運営が可能です。

(5)迅速な意思決定ができる

株式会社と比較して、意思決定に時間がかからずに済む点もメリットです。株式会社では、株主総会の決議が必要な事項であれば、決定にある程度時間を要し、株主への配慮も必要になります。これに対して合同会社であれば、出資者が経営をしていますので、迅速に決定をくだせます。

5、合同会社のデメリット〜株式会社との違い

合同会社のデメリットは以下の3点です。

(1)社会的信用が十分ではない

合同会社は、株式会社と比べると社会的信用が十分とはいえません

合同会社は、新しい会社形態であるため、認知度が不十分です。取引先から信用してもらえなかったり、人材が集まりづらくなってしまったりする可能性があります。今後認知度が上昇すれば、問題は少なくなりますが、現時点ではデメリットといえるでしょう。

(2)資金を集める手段が少ない

合同会社は、資金を集める手段が少ないといえます。

株式会社のように、多くの人から出資を募ることはできません。上場できないため、多額の資金を用意して、大規模な事業を行うのも困難になります。

将来的に規模を拡大しようと考えている場合には、合同会社は適していません。

(3)人間関係が悪くなると、経営に悪影響が出やすい

意見の対立などで人間関係が悪化すると、経営にまで悪影響が出やすいといえます。合同会社は、良くも悪くもひとりひとりの社員の発言権が大きいためです。経営方針や利益配分でもめてしまうと、合意形成ができなくなり、経営が立ちゆかなくなってしまいます。

6、株式会社と合同会社の違いを表でまとめ!

紹介してきたポイントを表にまとめると次のようになります。

 

株式会社

合同会社

所有と経営

分離

一致

設立費用

20万円~

6万円~

決算公告義務

あり

なし

役員の任期

最長10年

なし

利益配分

株式数に応じる

自由

機関設計

会社法による規制

自由

社会的信用

高い

低い

資金調達

しやすい

しづらい

7、株式会社と合同会社の共通点

これまで株式会社と合同会社の違いを紹介してきましたが、共通点もあります。

(1)出資者は有限責任しか負わない

いずれの形態でも、出資者は有限責任しか負いません。有限責任とは、出資した額までしか責任を負わないということです。会社が倒産して負債を返済する際に、出資した金額は失うことになっても、それ以上の財産を持ち出す必要はありません。

実際には、中小企業では、社長の個人保証を求められることも多いですが、そうでなければ、出資額以上の損害を負わずにすみます。

(2)「1人から」「1円から」設立できる

株式会社、合同会社いずれについても、出資者の人数や資本金の額には、下限の定めがありません。したがって

  • 「1人から」
  • 「1円から」

設立することが可能です。実際には、設立費用がかかるため、1円では始められませんが、少額・少人数でも設立できます。

(3)税金(法人税など)は同じようにかかる

例えば

  • 法人税
  • 消費税

などの税金は、いずれの形態をとっても同じようにかかります。

8、起業するなら株式会社と合同会社どっち?

ここまで読んで、「結局どちらを選べばいいのか?」と疑問をお持ちになったかもしれません。迷われている方に向けて、選ぶ際のポイントを解説します。

(1)規模を大きくするつもりなら株式会社

規模を大きくするつもりであれば、株式会社を選びましょう。株式会社であれば、資金が調達しやすいためです。特に、将来的に上場を考えているのであれば、株式会社を選ぶべきかもしれません。

また、企業相手にビジネスをしたいと考えているのであれば、株式会社の方がよいでしょう。社会的信用が不十分な合同会社では、取引がしづらくなってしまうおそれがあります。

(2)スモールビジネスなら合同会社

小規模でビジネスをするつもりであれば、合同会社を選ぶのがよいでしょう。資金を集める必要が乏しい場合には、

  • 設立費用
  • ランニングコスト

等が安い合同会社の方が適しています。

個人を相手にするのであれば、特に会社形態は問題とならず、合同会社でも差し支えない可能性が高いです。個人事業主が法人化する際にも、適しているのが合同会社といえます。

(3)後から変更することも可能

「どうしても選べない」という方もいらっしゃるかもしれません。

その場合には、まず合同会社を設立しておいてから、必要に応じて株式会社にするという方法もあります。組織変更には、手間やお金がかかってしまいますが、まずは費用の少ない合同会社を立ち上げるのもひとつの手です。

9、会社設立でお困りの方は専門家にご相談を

会社設立についてお困りの方は、弁護士などの専門家に相談するのがオススメです。専門家に相談すると以下のメリットがあります。

(1)設立手続のサポートを受けられる

会社設立には、

  • 定款の作成・認証
  • 提出書類の作成
  • 登記申請

など、すべき手続が数多くあります。会社を初めて立ち上げる方にとっては、大きな負担といえるでしょう。

会社を始める際には、設立手続の他にも、すべきことがたくさんあります。手続は専門家にまかせてしまい、自分は事業の準備に集中するのもよいでしょう。

(2)設立後も相談できる

設立の際に専門家に相談しておけば、設立後にも役立ちます。一度関係を持っておけば、事業のなかで生じた悩みを相談しやすいためです。

また、専門家同士にはネットワークがあることが多く、

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 税理士

などを必要に応じて紹介してもらえます。設立後のことを見据えても、専門家とつながりを持っておくとメリットがあるといえます。

株式会社と合同会社の違いに関するQ&A

Q1.株式会社のメリット〜合同会社との違いとは

  • 企業としての社会的信用が高い
  • 資金を集めやすい

Q2.合同会社のメリット〜株式会社との違いとは

  • 設立費用が安くすむ
  • ランニングコストが安い
  • 柔軟に利益を配分できる
  • 組織設計の自由度が高い
  • 迅速な意思決定ができる

Q3.株式会社と合同会社の共通点とは

  • 出資者は有限責任しか負わない
  • 「1人から」「1円から」設立できる
  • 税金(法人税など)は同じようにかかる

まとめ

ここまで、株式会社と合同会社について、両者の違いを中心に解説してきました。

もし会社設立にあたって困りごとがありましたら、弁護士などの専門家にお早めにご相談ください。

もう悩まなくても大丈夫!『法律の専門家』がすぐに解決いたします。

あなたは、これらの問題に頭を抱えてはいませんか?

  • 契約書において、自社の権利がきちんと守られているか心配である
  • 取引先が、想定外のクレームをつけてきて、売掛金を払ってくれない
  • 従業員から残業代を請求されているが、どう対処したら良いか分からない
  • 経営によって発生する様々な問題について、気軽に相談できる弁護士がいない

どのように解決していくべきかをイメージできず、きっとお困りのことと思います。
ベリーベスト法律事務所の顧問契約なら、月3,980円(税込)から、『法律の専門家』によるサポートがまとめて受けられます。
リスクを早期発見・予防できるだけでなく、書類作成に時間をとられたり、余分な税金を払ったりといったことも防げるようになります。
明日からは、本当に大切な業務にだけ集中してみませんか?


弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、 ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

ベンナビ弁護士保険への加入
ベンナビ弁護士保険への加入

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険の資料を無料でダウンロードする

提供:株式会社アシロ少額短期保険 KL2022・OD・211

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

閉じる

弁護士相談初回30分無料!
※内容・ご事情によってはお受けできない可能性もございます
  • 電話で相談予約
平日9:30〜18:00/土日祝除く