弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

旦那が浮気した!使える4つの対処法教えます〜あなたの対処法はどれ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
旦那が浮気した

旦那が浮気した…!」

そんなまさに青天の霹靂とも言えるような事実が発覚したとき、ショックのあまり自分が一体どうするべきなのか分からず、パニックになってしまう方は決して少なくありません。

そこで今回は、

  • あなたの夫だけじゃなかった!男性が浮気をする確率
  • 浮気夫への4つの対処法
  • 夫やその浮気相手に制裁を加えたいときの注意点

について、それぞれ詳しくご紹介していきます。

「妻としてどういう対応を取るのがベストなの?」と気になるみなさんにとって、この記事が旦那の浮気問題を解決するためのお役に立てば幸いです。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

1、男性が浮気する確率は7割!?

男性が浮気する確率は7割!?

みなさんの中には、「旦那に浮気されてしまうなんて、私ってそんなに魅力がないのかな…」と、女性としての自信を失いかけている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は既婚者を対象にしたあるアンケートによると、「過去に一度でも不倫の経験がある」という項目に対して、「はい」と答えた男性はなんと全体の74%!

7割以上もの既婚男性に不倫の経験があるということで、旦那の浮気はもはや避けることのほうが難しいといっても過言ではないくらい、どこの夫婦にも起こり得る話であることが分かりました。

(参照元)https://tantei1.com/topic/379

しかし、「別に珍しい話ではない」と言われたところで、みなさんが今まさに感じている心の痛みや怒りが収まるわけではありません。

ここからは、浮気夫に対してどのような態度を取るのが効果的なのか、世の女性たちの声もあわせて具体的な対処法をご紹介していきます。

2、まずあなたの「気持ち」を整理してみましょう

まずあなたの「気持ち」を整理してみましょう

旦那の浮気が辛いのはなぜでしょう?

「浮気するような人だと思ってなかった」という気持ちがあるのではないでしょうか。

思ってなかったことが巻き起こったとき、人はとても辛い気持ちになるものです。

「浮気するような人だと思ってなかった」。

これには2つ種類があります。

(1)旦那が性格的に浮気をするようなタイプではない

性格的に浮気をするタイプではないと踏んでいたにもかかわらず浮気をした、というケースでは、まさに青天の霹靂です。

しかし冷静に分析すれば、3つのケースが考えられます

①あなたの「読み」が間違っていた

浮気をするようなタイプではないと言っても、前述の通り7割以上の男性が浮気の経験があるわけです。

2〜3割に該当するレアなタイプと結婚をしたと思っている場合、あなたの読み違いである可能性は低いとは言えません。

よく旦那さんのことを知る必要があるでしょう。

②魔が差した

浮気は一人でするものではありません。

女性からアプローチされた場合、「モテてる?」と思ってしまい、気を許してしまうこともあるでしょう。

あなたにバレるのをドキドキしながら関係をもってしまっているケースです。

③あなたに原因があった

家庭が思うようにいかず、仲良くしていた女性に相談していたらなんとなく、ということも少なくありません。

あなたとの関係において、何かぎくしゃくすることはなかったでしょうか?

(2)旦那は性格的に女性好きではあるが、自分だけを愛していると思っていた

女性と遊ぶことが好きな男性は、比較的情熱的かもしれません。

そんな情熱的な旦那さんはあなたを一番に愛していることに間違いなく、あなたへの愛情表現も愛情を疑う余地のないものなのかと思います。

しかし、もともと女性が好きなのです。

あなたを一番に思う気持ちがあっても、あなたのいない職場や遊び場では、やはり女性が好きなことには違いはありません。

あなたのいない場所でもあなた一筋、と思ってしまっているかしれませんが、もともと女性が好きなんだ、ということを忘れてしまうと「青天の霹靂」になってしまうのです。

3、対処方針①放置

対処方針①放置

あなたの気持ちを整理できたところで、次は、具体的な対処法方をご紹介していきます。

まず1つ目はズバリ「放置すること」です。

「放置ってどういうこと?」と戸惑われた方も多いかと思うのですが、簡単に言えば特に何のアクションも起こさずこれまで通りに生活することで、修羅場になるのを避けられるところが最大のメリットになります。

(1)放置する理由

実際、旦那の浮気を放置することにした妻たちの思惑にはどのようなものがあるのでしょうか。

よくある意見をピックアップしてみました。

  • 呆れたから
  • 子育てのほうが忙しいから
  • 何度も浮気されて慣れてしまったから
  • 面倒くさいし子供が大事だから
  • 夫は「男」でなく家族だから
  • 浮気相手の未来を想像すると笑えるから

(参照元)https://uwaki-ng.com/?p=2099

全体的に、旦那への関心よりも子供との生活を優先したい・現在の暮らしを守りたいという女性の本音を感じられる声が目立ちます。

夫と離婚する気がない場合は、下手に追及して仲がこじれてしまうよりも、夫を男性として見ること自体を諦めたほうが得策と考える妻が多いのでしょう。

(2)放置して夫が戻ってくることはほとんどない

放置という対処法を取る上でひとつだけ注意しておきたいのが、夫の心変わりの可能性です。

浮気がいつしか本気の恋愛へと発展し、最終的に妻と別れて浮気相手を選ぶ男性も最近では増えてきています。

万が一でも旦那を浮気相手に取られるのはイヤ!という場合、一旦放置することを選んでも、旦那の気持ちが本気モードへと切り替わる前に何かしらの手を打つ必要があるでしょう。

4、対処方針②事実関係を確認、調査する

対処方針②事実関係を確認、調査する

2つ目の対処法は、何はともあれ本当に浮気が事実なのかどうか、調査を行うことです。

旦那に責任追及(法的でもそうでなくても)するためには、しっかりとした証拠が必要です。

「十中八九浮気していると思うけれど、まだ確実な証拠をつかんでいるわけではない」という場合は特に、今後の方針を決める上でも明確な事実関係を確認しておきましょう。

(1)浮気のサインを集める

「そもそも浮気自体がまだ疑惑レベル」というケースでは、夫の普段の態度に次のような兆候がないかを確認することで、浮気の可能性をチェックすることができます。

  • スマホの画面を隠そうとする
  • 自宅でスマホの電源を切る
  • 勤務時間外になるとスマホが圏外になることが多い
  • 結婚指輪を急に付けなくなった
  • 急におしゃれなアンダーウェアを履くようになった
  • 財布に見慣れないポイントカードが入っている
  • 妻の予定をやたら把握したがる 

など みなさんの夫はいくつ当てはまりましたか?

該当するものが多ければ多いほど、残念ながら浮気をされている確率は高くなります。

(2)探偵などの専門家に依頼をする

浮気の決定的な証拠をつかむのは、個人ではなかなか難しいケースも多いものです。

探偵や興信所といったその道のプロに依頼したほうが、より短い時間で質の高い証拠を得ることができます。

証拠は、この先調停・裁判に発展した場合や、慰謝料を請求するシーンでも必要不可欠なアイテムです。

また、いざ探偵・興信所に相談するとなると、どのようなポイントで依頼先を選べば良いのか戸惑われる方も多いかもしれません。

具体的には、次のような点を意識すると満足度の高い結果を得やすいでしょう。

  • 公安委員会への届け出がある
  • 調査業協会に加盟している
  • 浮気調査の経験が豊富
  • 調査の段取りなどを明確に教えてくれる
  • 明朗会計
  • 対応の早さと親身さなど

ちなみに、依頼する場合にかかる費用の相場は以下の通りです。

  • 低料金の場合:25~60万円
  • 高額な場合:100万円以上

5、対処方針③やんわりくぎを刺す

対処方針②事実関係を確認、調査する

言い争いはしたくないけど、ただ放置するだけなのは耐えられそうにないし、やっぱり浮気はやめさせたい…

そんなときには、次のような言い回しで「あなたが浮気していることはお見通しなのよ?」と、やんわりくぎを刺してみるのもおすすめです。

  • 「○曜日だけ残業が多いね」
  • 「新しい香水買ったの?時々匂いが違うね」
  • 「万が一あなたが浮気をしていたら離婚するからね」
  • 「私の友達の旦那さんが浮気をしていたんだって。うちだったら即離婚だよ」など

直接夫を責めるような言葉は避け、あくまでも遠回しに伝えられるような表現を選んでみてください。

6、対処方針④しばらく泳がせる

対処方針④しばらく泳がせる

1つ目の放置と似ていますが、こちらはただ諦めたり妥協したりするのではなく、何かしらの目的を持ってあえて夫へのアクションを起こさないでいる点が、放置とは異なります。

しばらく泳がせておく理由として最も多いのは、その間に証拠集めを行う必要があるケースで、「浮気してるでしょ!」と1度疑惑をぶつけてしまうと、それ以降は夫も慎重に行動するようになる=浮気の証拠が集めにくくなってしまいます。

また、明白な証拠がないまま夫と話し合いの場をもったとしても、「俺は浮気なんてしていない」の一点張りで逃げられてしまえば、そのまま問題自体がうやむやになりかねません。

そういった事態を避け、浮気の事実をしっかりと夫に認めさせたいと考えている場合は、やはりこちらが疑惑を抱いていることを悟られていない間に、確実な証拠をつかんでおくのが1番効果的です。

7、しっかり話し合うことが大事

しっかり話し合うことが大事

以上、様々な対処方法がありますが、そのあとはしっかりと夫婦で話し合うことが大切です。

(1)なぜ話し合った方が良いのか

みなさんの中には、「本当に話し合うことが良いことなのか、見て見ぬフリをしてやり過ごしたほうが良いこともあるんじゃないか…」と、直接浮気を問いただすことに迷いのある方も多いかもしれません。

あなたが旦那の浮気をなんとも思わないのであれば、話し合いは不要です。

でも旦那の浮気が悲しいのであれば、それは、あなたは愛情で繋がる夫婦・家族を理想としているからです。

あなたの理想は実現されるべきですので、旦那のあなたへの愛情が継続しているのか、確認すべきです。

浮気を放置しておくことの一番のデメリットは、浮気ではなく「本気」になり、旦那から家族がないがしろにされる日が来ること。

家族以外の誰かを本気で愛すると、今まで以上に稼いだお金の多くを浮気相手に使われ、あなたや子どもへの愛情も薄れることからあなたや子どもの心がもっと傷つくことに繋がります。

そのような日が来る前に、浮気の事実に気付いていることを冷静に伝え、これから夫婦としてどのような道を望んでいるのか、お互いの正直な気持ちを打ち明け合いましょう。

(2)話し合う際の注意点

あなたは悲しみや怒りの感情の中にいます。

そのため、効果的に話し合うためには、一定の注意が必要です。

以下、注意点をいくつかあげました。

<注意点>

  • 感情が高ぶってしまいがち
  • 証拠がそろっていないと否定されて終わることがある
  • 今後についての話が決裂することがある

直接話をするとどうしても感情が高ぶってしまい、売り言葉に買い言葉でつい本心ではないことを口走ってしまうケースもあります。

明確な証拠がつかめていないと、「言いがかりだよ」「俺のことがそんなに信じられないの?」と逆に責められてしまう可能性もあり、仮に素直に浮気を認めたとしても、今後夫婦としてどうしたいかという方針がすぐにまとまるとは限りません。

話し合いを持ちかけるのは旦那ではなくあなたです。

そのため、ある程度の証拠をもって、気持ちが落ち着いているときに持ちかけることを心がけましょう。

そして、今後のあなたの方針を、旦那の返答をシミュレーションの上、事前に検討しておくことが必要です。

もし検討しきれなかったとしても、検討した時間をもうけることにより、覚悟はできていくことでしょう。

(3)話し合いの環境

話し合いは、なるべくお互いの仕事などが忙しくない落ち着いた状況で、場所も静かな環境を選ぶのがベストです。

2人だけで話し合いをすることに不安があったり、実際にしてみたものの感情的になって上手くいかなかったりする場合は、共通の友人や身内に同席を依頼しましょう。

(4)長期化しそうな場合は一時的な別居も視野に

浮気の話し合いは1回で片がつくとは限らず、穏やかな結末を迎えられるかどうかも実際に話し合ってみなければ分かりません。

どんな方向に話が転んでも大丈夫なように、話し合い中は一時的に実家に身を寄せるなど、別居をして距離を置いたほうが良いでしょう。

8、最終的には「許す」か「許さない」か

最終的には「許す」か「許さない」か

様々な対処法をご紹介しましたが、これは、最終的にあなたが「許す」か「許さない」か、どちらか判断するまでの対処法にすぎません

「2」で分析したように、魔が差した浮気だから、自分に原因があったからと許したり、またそもそも性格的に浮気をするような夫であることを広く受容し、今後も結婚生活を継続していくことも考えられます。

一方、あらためて相手を見つめ直したとき、「自分の思っていた男ではなかった」「自分をこんなに傷つける旦那とはやっていけない」と許すことができず、結婚生活を解消したいと考える場合もあるでしょう。

どちらを選択するにせよ、あなたが感じた浮気への気持ちを、必ず旦那さんに伝えましょう。

男性は、一般的に、厳しく伝えなければ理解できない生き物なようですから。

9、旦那に制裁を加えたい場合

旦那に制裁を加えたい場合

信じていた旦那に、浮気という形でずっと裏切られていた…その心の傷は、どれだけ時間が経ってもなかなか癒えるものではありません。

「許せない」「復讐したい」という気持ちで胸がいっぱいになってしまうこともあるかと思いますが、その場の怒りや悲しみで衝動的な制裁を行ってしまうと、そのやり方や程度によってはみなさん自身が法を犯すことにつながる恐れもあります。

「同じ思いを味わわせたいから私も浮気をする」というのはその典型で、逆に旦那側から訴えられてしまうリスクがあるので注意が必要です。

基本的に制裁は慰謝料の請求という形で行い(旦那さんへも浮気相手へも慰謝料請求は可能です)、法的に請求するまでもないときは「これ買って!あれも買って!」と好きなものを好きなだけ買ってもらうことも良いでしょう(「後で生活が苦しくなる」など、今は気にするのはやめましょう)

または「これもやって!あれもやって!」と家事や育児の作業をめいっぱいやってもらい、家庭内天下を取ることも1つでしょう。

旦那の家庭内での時間を増やし、浮気の暇を作らせない効果も生まれます。

浮気をしていたにもかかわらず、あなたの要求に全く応じてくれないような旦那であれば、あなたを下に見ている可能性もあります。

そのような場合は関係をもう一度考えるべきかもしれません。

10、浮気相手には慰謝料を請求

浮気相手には慰謝料を請求

旦那の浮気が事実であれば、その浮気相手にも慰謝料を請求することができます。

金額の相場と手続きの流れをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

(1)相場

浮気相手に請求できる慰謝料の相場は、一般的に50~300万円と言われています。

関係の長さや、その浮気が夫婦にどのような影響を与えたのかという内容によって、ある程度金額が左右されるでしょう。

(2)請求の流れ

実際に慰謝料を請求するまでの流れは次の通りです。

  1. 浮気相手を特定する
  2. 弁護士に相談する
  3. 浮気相手に内容証明郵便を送る
  4. 浮気相手に直接会って請求する
  5. 裁判所を通して請求する

浮気相手への最初のアクションには内容証明郵便を使用するのが効果的で、万が一裁判になった場合に「この時点で確かに慰謝料を請求するための行動を起こしました」という有力な証拠になるのはもちろん、相手に心理的なプレッシャーを与えることもできます。

また、相手と直接会う場合には、あとで「恐喝された」というような言いがかりをつけられないよう、すべてのやり取りを録音しておくのがおすすめです。

当事者間だけで話がまとまらないときには最終的に裁判所を通して請求することになりますが、裁判を起こしたあとも判決前に和解を提案されることがあり、条件に納得できる場合はそこで手を打つというケースもあるでしょう。

11、離婚する道を選んだ場合には

離婚する道を選んだ場合には

話し合いの結果、離婚の道を選ぶ場合にはそのまま協議離婚のステップへ移ります。

子どもがいるなら親権はどちらが持つのか、養育費、財産分与など離婚に際して必要な話し合いを進めていきましょう。

離婚の協議がなかなかまとまらない場合、調停や裁判へ発展することも考えられるので、なるべく早めの段階で弁護士に相談しておくのがおすすめです。

関連記事 関連記事

まとめ

旦那が浮気したとき、何も思わない妻はいません。

嫌悪感、憎悪、悲しみ、怒り、さまざまな負の感情にみまわれます。

こんなときはどうぞ誰かに話を聞いてもらいましょう。

人は、誰かに聞いてもらうだけで、とても心が落ち着くものです。気持ちの整理もできます。

今回の浮気が1度目であれば、2度目3度目がないように、この記事を参考にしっかり対応していきましょう。

2度目だ、3度目だという場合、離婚につながるケースは少なくありません。

その場合、1度目の対応に甘さがなかったか、今一度考えてみてください。

たくさん考えもう限界だという場合は、無理せず別居、離婚を考えましょう。

その場合はどうぞ弁護士までご相談ください。

今までのこと、たくさん話してください。

あなたの味方になり、幸せな未来へと後押しさせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765