弁護士相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-751-882
メールでのご相談

弁護士?司法書士?過払い金返還請求はどちらに頼むべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過払い金返還請求をしたいけど、弁護士に依頼すべきなのかな?それとも司法書士

あなたは今そうお考えではないでしょうか?

過去、信販会社や消費者金融でお金を借りていた方であれば過払い金が発生しており、取り返しができる場合がありますが、そのようなときに過払い金の取り返しに関する手続きは弁護士司法書士のいずれに頼むのが良いのでしょうか。

今回は、ベリーベスト法律事務所の弁護士が、弁護士と司法書士の違いや、弁護士に依頼する場合と司法書士に依頼する場合の各々のメリット・デメリット等を解説していきます。

過払い金問題でお悩みの方のご参考になれば幸いです。

弁護士相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-751-882
メールでのご相談

1、過払い金返還請求を弁護士に依頼する場合と司法書士に依頼する場合は何が違う?

(1)取り扱える範囲が違う

まず、弁護士と司法書士の違いとして、取り扱える業務の範囲に違いがあります。

具体的には、弁護士は取り扱える事件に制限はありませんが、司法書士の場合には、過払い金の金額が140万円未満のケース(この金額が簡易裁判所で取り扱える範囲になります)しか取り扱うことができません。しかも、過払い金の回収を取り扱える司法書士は認定司法書士という一部の司法書士に限られます。

(2)140万円をどう判断するか

この140万円をどう判断するのかという問題については、平成28年6月27日に最高裁判所が基準を示しました。

それによると、司法書士が取り扱える範囲は、「和解の交渉の相手方など第三者との関係でも、客観的かつ明確な基準」で決められるべきであるとされています。

過払い金の計算方法は、無利息方式、利息被充当方式、利息充当方式など複数の方法がありますが、依頼者に最も有利に計算した金額が140万円を超えるか否かで判断すべきということになるでしょう。

また、従前は、140万円を超える案件については、本人による取り返しの手続を支援するという形、すなわち書類の作成や裁判所への同行をおこなうことで取り返しのお手伝いをしている場合がありましたが、これも原則として認められないとしています。

したがって、司法書士が取り扱える範囲は事実上非常に限られているといえるでしょう。

2、過払い金返還請求を司法書士に依頼するメリット・デメリット

(1)メリット

司法書士に依頼する場合のメリットは、弁護士に比べて費用が低額の場合が多いということです。

場合によりますが、弁護士の場合に比べて、1割~2割程度低い金額で受任してくれる司法書士もいるようです。

(2)デメリット

これは「1、過払い金返還請求を弁護士に依頼する場合と司法書士に依頼する場合は何が違う?」でも説明した違いにもつながりますが、司法書士が取り扱える範囲が非常に限定されているということです。

過払い金の金額が140万円未満だと思って依頼したところ、実は140万円を超えていることが分かった場合、司法書士としては取り扱えないため、改めて弁護士を探し、依頼をするという手間がかかりますし、回収まで余計な時間がかかってしまいます。

また、業者としても裁判になった場合、司法書士は地方裁判所での代理権限がないことを知っていますので、それを踏まえた低額な和解案しか提案しない、裁判も嫌がらせで地方裁判所まで持ち込むといったことがあります。

3、過払い金返還請求を司法書士に依頼するメリット・デメリット

(1)メリット

①手続きを一任できる

一番のメリットは、過払い金の金額に関係なく、全ての手続を一任できるということです。弁護士には、司法書士のような取り扱いができる範囲に制限はありませんから、一度弁護士に回収を依頼すれば、取り返しまですべてその弁護士が責任をもって行ってくれます。

②取り返せる金額が大きくなる可能性がある

また、一般的に弁護士に依頼をした場合の方が、最終的に取り返しができる金額が大きくなることが多いようです。これは、弁護士は取扱範囲に制限がなく、争う気になれば徹底的に争うことができ、納得が行くまで回収の手続を続けることができるためです。

③手続きを取っていることを秘密にできる

弁護士に依頼すれば、手続きを取っていることを秘密にすることができます。

弁護士が業者との対応や裁判所とのやり取りの窓口になってくれますので、ご自宅に連絡や郵便がきたりすることを避けることができます。

(2)デメリット

弁護士に依頼するデメリットは基本的にはありませんが、強いてあげるとすれば、司法書士に依頼する場合に比べて報酬が高くなる場合があるということです。

全ての手続きを一任でき、回収金額が大きくなる可能性が高くなることとのバランスでご自身はどちらに依頼されるのがいいのかということをお考えになるといいでしょう。

4、過払い金返還請求に強い弁護士の探し方

では、過払い金返還請求に強い弁護士はどのように探せばよいのでしょうか。ポイントは、①過払い金回収についての知識があること、②過払い金回収の実績が豊富であることの2点です。

過払い金回収は判例の積み重ねで可能になったもので、実は複雑な理論の上に成り立っています。また、さまざまな法的な問題をはらんでいるためこれらについてのしっかりとした知識が不可欠です。

また、他の分野と同様に経験が豊富なほど、あなたのケースでもしっかりと取り返しをしてくれる可能性が高いでしょう。単に件数だけでなく、取り返しができた金額(請求金額に対する実際の取り戻し金額の回収率)も検討するとよいでしょう。

これらについては、詳しくは「過払い金請求に強い弁護士を見分けるために知っておきたいこと」をご覧下さい。

5、弁護士にも司法書士にも依頼しない!過払い金返還請求を自分でする方法

最後に、弁護士も司法書士も敷居が高そうだし、過払い金もどれだけあるか分からないからとりあえずは自分で手続きをとってみたいという方のためにご自身で過払い金請求をする方法をご紹介します。

過払い金請求は実は専門家に依頼しなくても請求することができます。

以下で、簡単にではありますがご説明します。

(1)取引履歴の取得

過払い金請求は取引履歴を取得するところから始まります。過去に借り入れていた業者に連絡をして、ご自身の取引の履歴を取り寄せます。

(2)引き直し計算

取引履歴をもとに取引日と取引金額を一つ一つエクセルシートに入力していき、過払い金が発生しているかどうかを計算する作業です。

引き直し計算にあたっては、それ専用のエクセルソフトがあります。ソフトは最後にご紹介するページでダウロードできますので、必要に応じてご利用下さい。

(3)業者への過払い金の請求

引き直し計算をしてみて、実際に過払い金が発生していることが分かりましたら、貸金業者へ過払い金請求をします。

方法としては、貸金業者へ過払い金請求書を送付します。過払い金請求書の雛形も下記のページからダウンロードすることができます。

(4)貸金業者との和解交渉

貸金業者に過払い金請求をしたら、貸金業者と和解交渉をすることになります。

貸金業者の中には引き直し計算をした過払い金の金額よりも低い金額で和解を打診してくる業者が多いです。

しかし、ご自身が多く返済してしまった分を取り戻すのですから、これは正当な権利です。和解交渉にあたっては、あくまで満額回収を心掛けましょう。貸金業者に譲歩する必要は全くありません。

もし交渉段階で納得できれば、和解となり和解書を作成します。そして、その後過払い金が入金されることになります。

(5)過払い金請求訴訟

和解交渉で納得がいかなかった場合には、貸金業者を相手に過払い金返還請求訴訟をすることになります。

裁判を始めるには、訴状や必要書類、収入印紙、郵便切手を裁判所に提出しなくてはなりません。

訴訟提起後は、裁判と併行して和解の話し合いを進めることが一般的です。

判決または和解いずれかで、過払い金を勝ち取ることができれば、貸金業者から過払金が入金されます。

ご自身で過払い金返還請求をお考えの方は、「弁護士が教える!自分で過払い金返還請求する方法」をご覧下さい。

まとめ

今回は、過払い金返還請求を弁護士と司法書士に依頼する場合を比べて検討しました。平成28年6月に最高裁が示した考えかたによると、基本的には司法書士に依頼するメリットは乏しく、弁護士に依頼するのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

債務整理でお困りの方(平日9時半〜21時※土日祝18時まで)
  • 電話で無料相談する
  • メールで無料相談する