弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

浮気慰謝料請求するために知っておきたい8つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
浮気相手に慰謝料請求するために知っておきたい8つのこと

パートナーが浮気をしている。

けれども今後の生活のことや、子供の事を考えると離婚はできない。

でも浮気相手には慰謝料請求をしたい。

このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • 浮気で慰謝料請求できるケースとは?
  • 浮気慰謝料の相場
  • 浮気慰謝料請求で必要になる証拠

など、配偶者の浮気相手への慰謝料請求をする場合に知っておくべき8つのポイントについて、これまで多くの浮気慰謝料事件を解決した弁護士がわかりやすく説明していきます。

この記事を読み、浮気相手への慰謝料請求をぜひ成功させましょう。

弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

1、浮気相手に慰謝料を請求できる、あなたとパートナーとの「関係」とは

浮気相手に慰謝料を請求できる、あなたとパートナーとの「関係」

一言で「浮気」といっても、あなたとパートナーとの関係は様々です。

まず最初に、浮気相手に慰謝料請求できる、あなたとパートナーとの関係を確認していきましょう。

(1)夫婦

夫婦であれば、基本的に浮気相手への慰謝料請求は可能です。

そもそも慰謝料の法的性質は、不法行為に基づく損害賠償請求権です。
すなわち、浮気という行為で、婚姻生活の平穏という権利ないし法的に保護される利益が侵害されたことに基づく損害を賠償してもらうというもの。

そのため、浮気をしたパートナーと夫婦関係であれば、基本的に浮気相手への慰謝料請求は可能です。

関連記事

(2)内縁(事実婚)

内縁関係(事実婚)とは、周囲には夫婦関係と同様と認められながら、法的な届け出のみをしていない関係です。

次の2点が揃えば内縁と認められます。

  1. 当事者間の夫婦関係を成立させようとする合意
  2. 夫婦共同生活の存在

内縁関係は、婚姻関係と同視されますから、内縁関係と認められれば浮気相手への慰謝料請求も可能です。

(3)婚約

婚約関係においても慰謝料請求は可能です。

ただし、どの程度の「婚約」であったのかがポイントになります。
ポイントは、当事者間および周囲にどの程度の認識があったかどうかです。

例えば、

  • 結納をしている
  • 婚約指輪として指輪をもらっている
  • プロポーズをされそれに対しポジティブな返事をしている(証拠がある)
  • 式場を予約している

などのケースでは、当事者にその認識があったことが推認されます。
そうなれば、現に予定していた結婚が害されたことは明白ですから、慰謝料は発生すると考えることができるでしょう。

一方、「いつか結婚しようね」と常々約束していた、というカップルの場合、慰謝料請求は認められない可能性は高いでしょう。
「いつか結婚したいくらい大好きだよ」という言葉に過ぎないとも考えられ、本当に結婚する気があるのかが不明確です。

一般的にも、この状況のカップルを「婚約者」というより「恋人」と表現すると思いますが、法的保護の対象とならない可能性が高いと言えます。

関連記事

(4)同棲

同棲中のカップルの場合はどうでしょうか。

事実婚や婚約の意思なく単純に同棲するカップルも多いもの。

このような単純な同棲カップルの場合、パートナーの浮気による浮気相手への慰謝料請求は難しいと言えます。

(1)で説明した通り、慰謝料は、あなたの権利や利益が害されたことに基づいて発生するものですから、同棲ではどのような権利や利益が害されたのかが不明確であるからです。

たしかに、パートナーの裏切りにより共に住めなくなり、その場所に住む権利を害された、という理屈も考えられますが、法的に保護に値する権利かと言われると疑問も残ります。

関連記事

(5)恋人

恋人関係の場合は、浮気相手への慰謝料請求は難しいでしょう。

恋人関係において侵害された権利は何か、夫婦等の関係になぞらえていうなら「平穏な恋愛関係」とも言えそうです。

たしかに、5年、10年とお付き合いを継続していて公認の仲である、などという関係においては、「平穏な恋愛関係」を保護して欲しいという思いもわかります。

しかし、恋愛関係は、危ういからこそ恋愛関係なのです。なぜなら、人は皆自由だからです。

平穏にいつまでも問題なく続く恋愛関係はありません(それを望む人が結婚(ある意味法的に互いを拘束することを意味します)をするということなのです)。

また、法律上、「彼からの愛情を受ける権利」という考えもありません。
愛情は気持ちであり、権利を行使して受けるべきものではないからです。

よって、内縁でもない、婚約もしていない恋人関係においては、浮気をされたとしても慰謝料請求は難しいのです。

関連記事

2、慰謝料請求できる「浮気」とは?

慰謝料請求できる「浮気」とは?

では、慰謝料請求できるくらいの「浮気」とは、どこからを言うのでしょうか?

  • どうやらプラトニックな関係だ
  • まだキスだけの関係のようだ
  • 一度だけしか肉体関係がないようだ

このように、浮気といっても様々な態様が考えられます。

しかし、実は、浮気行為のレベルは、慰謝料請求においては基本的には無関係です。
プラトニックであろうと、キスしかしていない段階であろうと、一度きりだろうと、そのようなことは関係ありません。

何が問題なのかと言うと、浮気相手が、あなたの権利を侵害するとわかりながら(またはわかる立場や環境にありながら)権利侵害行為をし、それによってあなたが権利を侵害されたかどうか(あなたが精神的に苦しんだかどうか)、が問題なのです。

ですから、本来的には、プラトニックであろうと、肉体関係の回数が少なかろうと、関係ありません。
夫が浮気をしたことによりあなたが精神的な苦痛を味わったかどうか、が問題なわけです。

ただ、実際には、慰謝料請求となる浮気行為であるためには、

  • 頻繁さ
  • 関係性の濃厚さ(肉体関係まであるか)
  • 交際期間の長さ

などが求められるでしょう。

というのは、慰謝料請求では、

  • あなたが実際に権利を侵害されたこと

が必要となりますが、プラトニックだったり、浮気の期間が短く肉体関係の回数が少なかったりすれば、配偶者を思いやることができなくなるほど浮気相手に入れ込むことは大変稀です。
つまり、あなたが精神的な苦痛を味わったという蓋然性が認められづらいということになってきます。

さらに、慰謝料請求では、

  • 浮気行為を原因として、あなたが権利侵害を受けたこと

が必要となりますが、濃密な浮気関係が証明できなければ、あなたの受けた苦痛が本当に浮気を原因とするものなのかが不明確になってきます。

このように、請求実務上、比較的ライトな浮気関係による慰謝料請求は、難しいと言わざるを得ません。

なお、離婚原因となる「不貞行為」(浮気)は、配偶者があるものが、自由意思で配偶者以外の異性と性的関係(肉体関係)を持つことです。
慰謝料の対象となる不法行為としての浮気とは定義が少し異なりますのでご注意ください。

3、こんな場合も浮気相手に慰謝料請求できる?

こんな場合も浮気相手に慰謝料請求できる?

どのような浮気の場合に浮気相手に慰謝料請求できるのか、少しずつお分かりいただけてきたのではないでしょうか。

本項では、「こんな場合も慰謝料請求できる?」というよくある質問をまとめてみました。

(1)私という妻(彼女)がいることを浮気相手が知らなかった

これは本当によくあります。
結婚の事実は戸籍に載りますが、戸籍は一定の親族しか見ることができません。
ですから、他人が結婚の事実を公的に確認することはできないのです。

大抵の場合、結婚の事実を公表して生活することが多いでしょうから、周囲の様子などからすぐにわかるものと思われがちですが、出会い方によっては本人の発言しか情報源がないということもあり得ます。

ここで、法律上、慰謝料を支払う義務があるとされるのは、

  • 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者

です(民法709条)。

「故意又は過失によって」とは、「わざと、またはうっかり」という意味です。
男性の結婚や彼女とお付き合いをしている事実を知らなければ、「わざと」とは言えませんから、この場合は浮気の慰謝料を請求することは難しくなります。

ただ、「うっかり」という場合があり得ます。
「うっかり」とは、知らなかったけれども知らなかったことにおいて落ち度がある、という場合です。
例えば、社内不倫であったならば、会社内で夫の既婚の事実は周知のことでしょうから、いくら新入社員だったなどの事情があったとしても、「うっかり」と認められるということです。

(2)パートナーとの関係が破綻してない(浮気を許している)

あなたがパートナーの浮気を許し、離婚や婚約解消はしないという場合、慰謝料請求は可能なのでしょうか?

「慰謝料」の請求においては、関係が破綻したという結果はなくてかまいません。
あなたが精神的な苦痛を負っているという結果さえあれば、慰謝料請求は問題なくできます(ただし、その額に影響は出てきます。つまり、破綻まで行けば慰謝料は高額になる方向へ向かいます)。

(3)パートナーとの関係はすでに破綻していた

浮気が発覚した時点で、すでにパートナーとの関係がすでに破綻していた場合はどうでしょうか。

この場合、そもそも精神的苦痛は生じないものと考えられ、苦痛を感じていない以上は慰謝料の請求はできません。

関係が破綻しているかどうかは、本質的には夫婦である本人たちがそのように感じているかどうかではありますが、外形から確認するのは容易ではありません。
そのため、「別居をしている」ということは、外形から破綻に紐付けられやすい、つまり、別居をしている場合は慰謝料請求をしても「婚姻関係はすでに破綻していて権利の侵害はない」と反論されてしまう可能性があります。

もし破綻ではなく単に週末婚や別居婚を選択している夫婦においては、その別居が関係の破綻を意味するものではないということを説明できるようにしておきましょう。

(4)セックスレスだった

もともとあなたと夫がセックスレスだった、という場合はどうでしょうか。

それも、あなたが拒み続けていることから、夫が他の女性に走ったということを言い出した場合、あなたにも原因があるということになりかねません。

このような場合の考え方は、「過失相殺(かしつそうさい)」と言います。
過失相殺とは、被害者が加害者に対して損害賠償(慰謝料)を請求する際、被害者にも少なからず過失があったとみなされる場合に、その割合に応じて損害賠償金(慰謝料)が減額されることです。
損害賠償トラブルにおける減額反論で使われます。

つまり、あなたが浮気相手に慰謝料請求をしたとしても、被害者である妻側にも過失があったとして、加害者である浮気相手から減額反論をされてしまうということです。

もちろん、セックスレスが妻の病気や妊娠を理由にする場合、妻に過失があるとは言えませんから、過失相殺を気にする必要はないと考えます。

なお、セックスレスも関係の破綻を推認させる1つの要素になってしまうことは確かです。
もしあなたたちのセックスレスが破綻を意味するものとパートナーが感じていた場合は、慰謝料請求が難しくなるかもしれません。

(5)自分も浮気をしている(ダブル不倫)

実は自分も浮気をしている、という場合はどうでしょうか。

ダブル不倫をしている夫婦は、一般的にはすでに関係は破綻していると考えられてしまうでしょう。
そのため、(3)で説明したように、慰謝料請求は難しいと考えられます。

(6)夫からすでに十分な額を受け取っている

夫婦間で浮気についてもめ、話し合いで夫からすでに謝罪の気持ちとしていくらか提示され、受け取っている場合は注意が必要です。

浮気における慰謝料は、浮気当事者(夫と浮気相手)による「連帯債務」と言われています。
連帯債務とは、連帯債務者同士で力を合わせて全額を支払えば良いというお金です。
ですから、もしもあなたの慰謝料が100万円が相当とされるところ、夫からすでに100万円受け取ってしまっているのであれば、これ以上浮気相手に慰謝料請求をすることができません。

連帯債務者同士(浮気で言えば、夫と浮気相手)で合わせて100万円もらえるわけですから、もし夫から70万円しかもらっていないのであれば、浮気相手に改めて残りの30万円は請求することは可能です。

4、いくらくらい請求できるの?浮気慰謝料の相場

いくらくらい請求できるの?浮気慰謝料の相場

では、いったい浮気の慰謝料はどれくらい請求できるものなのでしょうか。

相場としては、かなり幅がありますが、おおよそ200万円程度です。
幅としては数十万円~300万円程度といわれています。

慰謝料は、浮気の「悪質性の程度」と浮気によって生じた「損害の大きさ」によって決まります。

たとえば、1度きりの浮気よりも数年にわたり関係を持ち続ける方が悪質ですし、浮気の結果子供ができたなど相当悪質であるといえる場合には300万円を超える慰謝料が認定されるケースもあります。

また、浮気はあったが結局元の鞘に収まった場合と比較して、浮気によって別居を余儀なくされた、さらには離婚に至ったという場合には損害は大きいと言えます。

なお、上記はあくまで、訴訟、すなわち、裁判に至った場合の相場です。

個々のケースでどれくらいの慰謝料をとれそうか、またより高額な慰謝料を請求する方法については、弁護士に相談するのをお勧めします。
こちらのページでさらに詳しく解説しています。ぜひチェックしてみてください。

関連記事

5、慰謝料請求するなら絶対に確保すべきは「証拠」

慰謝料請求するなら絶対に確保すべきは「証拠」

浮気の慰謝料において必要な証拠は次の3つです。

  • 浮気の事実を示す証拠
  • 浮気が悪質であることを示す証拠
  • 浮気を原因として受けた損害がとても大きいことを示す証拠

(1)浮気の事実を示す証拠

浮気の慰謝料請求は、浮気の事実があったという大前提においてなされるため、その大前提たる事実があったことは請求者が立証できなければなりません。

では、そのような証拠としてはどのような資料を用意すればいいのでしょうか。

まず何より大事なのが、浮気示す証拠が必要です。裁判によく利用されるものとしては、

  1. 肉体関係があったことを前提とするメールやラインのやり取り
  2. ラブホテルに出入りしている写真
  3. 配偶者の自白を録音したデータ

などがあります。

(2)浮気が悪質であることを示す証拠

たとえば、ラブホテルに出入りした写真が1枚だけある、という場合、その1度の浮気行為の証拠にはなりますが、継続して浮気をしていた証拠にはなりません。
ライトな浮気と判断されれば、精神的苦痛も少ないものと判断され、慰謝料の額も低いものに終わってしまいます。

そこで、浮気を示す証拠は、さらに浮気が悪質であることについても示すものであるとより良いでしょう。
メールなどの記録や、写真、録音において、浮気が頻繁であったこと、関係が濃厚であったこと、また期間が長かったこと、浮気のせいで家庭を顧みなかったことを表すものであれば、その浮気が悪質であることを証明するものとなってきます。

(3)浮気を原因として受けた損害がとても大きいことを示す証拠

浮気があったということだけで、一定の精神的苦痛は推認されますが、事実、ものすごい大きな損害を受けたということを証明することで、さらに慰謝料額は上がっていきます。
たとえば、浮気がショックで入院した、心療内科に通うことになった、などを示す診断書などです。

6、請求するのに期限はある?(時効)

請求するのに期限はある?(時効)

他人に(お金を)請求する権利を「債権」と言いますが、債権は一般的に「消滅時効」があり、行使せずにいると一定期間でその権利は消滅してしまいます。

浮気による慰謝料請求の債権は、法的には民法上の不法行為に基づく損害賠償請求権に位置付けられますが、この債権の消滅時効してしまう期間は「損害及び加害者を知った時から3年間行使しないとき」または「不法行為の時(浮気)から20年間行使しないとき」です(民法724条)。

つまり、夫が浮気をしたことを知り、その相手を知ったときから3年以内に、慰謝料請求をしなければなりません。
また、もし夫の浮気に気づいた時が、浮気が終わってから20年を経過している場合は請求ができません。

7、浮気相手への慰謝料請求の流れ

浮気相手への慰謝料請求の流れ

では、実際に浮気慰謝料を請求するには、どのような流れになるのでしょうか。

(1)交渉

まずは、交渉、すなわち話し合いからスタートするのが通常です。

多くの場合、内容証明郵便を利用し、不貞の相手方に対して、慰謝料を支払ってほしい旨とその金額を明示した手紙を送ります。
内容証明は弁護士名で送ると大変効果的です。

これで任意に支払ってもらえれば、示談書を、可能であれば公正証書を作成したうえで慰謝料を回収して終了します。

(2)訴訟

残念ながら、任意の話し合いで慰謝料を支払ってもらえなかった場合は、訴訟、すなわち裁判を起こして慰謝料を請求していくことになります。

裁判を起こすには、裁判所に対して、不貞があったこと、これによってあなたの法的な権利が侵害されたことを記載した訴状を提出する必要があります。
また、前述の通り、裁判であなたの言い分が認められるためには、客観的な資料(証拠)をもってあなたの主張を裏付ける必要がありますから、そのような証拠の提出も求められます。

その後、お互いの主張・反論を書面(これを準備書面といいます)で繰り返し、議論が煮詰まったところで、裁判官が判決を下します。

なお、多くの場合、裁判官がある程度の印象(これを心証といいます)を抱いたところでこれを開示し、それに基づいた和解をするように勧めるため、判決前に和解で終了するというケースも多いようです。

8、もし弁護士に依頼しないなら!慰謝料請求を失敗しないために知っておきたい3つのこと

もし弁護士に依頼しないなら!慰謝料請求を失敗しないために知っておきたい3つのこと

以上みてきたように、慰謝料請求にあたっては、最終的に裁判になりうること、裁判にあたっては書面の作成や証拠の準備が必要であることから、弁護士に依頼して手続きを進めるのが一般的ですし、その方が良いでしょう。

もし、ご自身で慰謝料請求を進められる場合には次の点に注意しましょう。

(1)事案相場を踏まえた請求をする

慰謝料は、事案によりその相場があります。
その相場を無視した慰謝料請求をしても、相手方としてもあなたの本気度を疑い、まともな対応をしない可能性があります。
事案と相場を検討し、相手方には適切な金額を請求するようにしましょう。

(2)解決までに時間がかかる場合がある

慰謝料請求をしてすぐに相手方が慰謝料を支払ってくれればいいですが、請求をした後、相手方が慰謝料を支払うまでには一定の時間がかかるケースがあります。
場合によっては一年以上かかることもありますから、時間はかかるものだと割り切って、焦らずじっくりと交渉や訴訟に臨みましょう。

(3)落とし所を考える

一つ目の注意点にもつながりますが、自分の要求は全て通したい、あるいは最低でも○○万円はもらわないと納得できないなど、自分の要求に固執してばかりいると解決までに無用に時間がかかるばかりか、適切な落とし所を見失い、結局あなたにとって不利な結論を甘受せざるを得ないということもあり得ます。

証拠や相手の反論も踏まえて、どこで折り合うのが自分の最大の利益につながるのかということを冷静に考えるようにしましょう。

まとめ

今回は、浮気慰謝料請求について説明しました。慰謝料請求にあたっては、証拠が重要だということがご理解いただけたと思います。
どのような証拠があればいいのか、また、お手持ちの証拠で慰謝料請求を認めさせることができるのかということについて、ぜひ一度弁護士に相談をされることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2020・OD・053

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

平日9:30〜20:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765