弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-762-779
メールでのご相談

​​ホストに貢いで返済しきれない借金を抱えてしまったときの解決法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最初は友達と軽い気持ちで遊んだホストクラブ。一気にお金を使う楽しさにはまってしまって借金が…
  • 営業のラインだとわかっていても「また会いたいな」といわれるとついお店に行ってしまう…
  • 夜の仕事を始めてさらにみつぐ金額が大きくなってしまった…。もうこんな生活やめたい…

ホストクラブでお金を使うことにはまってしまい、返せない金額の借金を負ってしまう女性は決して少なくありません。

「なんでこんなにはまってしまったのか自分でもわからない」

「自分で自分が許せない…」

と苦しんでいる方もきっと多いことでしょう。

しかし、大切なのは、今後の解決策を考えること。

(あなたが今何歳であっても、何の仕事をしていても関係ありません。人生はどのタイミングからでもやり直すことが可能です)

この記事では、

  • ホストクラブの魅力と、それにはまってしまう人の心理
  • ホストクラブにはまってしまった人の事例
  • 返せない金額になってしまった借金を解決する方法

といった内容について解説します。

今のあなたの収入だけではどうしても返済できないお金であっても、安全に解決する方法はあります(水商売で稼いで返済するとか、そういう方法ではありません)。

この記事が、ホストにお金を使い過ぎてしまった人の参考になればうれしく思います。

関連記事

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-762-779
メールでのご相談

1、ホストクラブの魅力

ホストクラブの魅力

最初に重要なことをお伝えします

今の借金返済地獄から抜け出すために、まずはホストにこれ以上のお金を使うことをいっさい止めてください。

もちろん「それが簡単にできれば苦労はない」と感じる方も少なくないでしょう。

ホスト通いをやめるためには、「どうしてホストクラブにはまってしまうのか」「ホストやホストクラブの経営者は女性のどういう心理を利用して稼いでいるのか」を理解することが必要です。

「なぜあなたはホストというものに魅力を感じてしまい、お金を払ってしまうのか」を具体的に理解することが、ホスト通いをやめる第一歩となるのです。

(アルコール依存やギャンブル依存など、他の依存症の治療などでもこれと同じステップを踏みます)

相手があなたのどういう心理につけこんでお金を使わせているのかを理解できれば、あなたは二度とホストクラブにお金を落とすようなことはしなくなるでしょう。

女性がホストクラブにはまってしまう理由(=依存症の危険性さえあるホストクラブの魅力)としては、次のようなことがあげられます。

(1)弱い自分やありのままの自分を受け入れてくれる存在であること(きびしい家庭に育った女性に多い)

ホストにはまってしまう女性の中には、厳しい両親のもとで育った人が少なくありません。

中には、一流大学に通いながら、気晴らしに入ったホストクラブでどんどんお金を吸い取られてしまった…という人も。

厳しい家庭に育った人は、「弱い自分を受け入れてもらった」という体験をほとんどしていない人が少なくありません。

ホストはそうした女性の心理をやさしい言葉でついてくるのです。

また、ホストとのコミュニケーションを「恋愛」と思い込んでしまうケースも少なくありません。

「他の客には言えないことなんだけど…」

「~にだけは弱いところを見せられる」

こんな甘い言葉で、あなたのことを「他とは違う特別な存在」と思い込ませるのも、ホストの一つの心理テクニックなのです。

ホストに何百万円もみついだ後でも、いまだに「彼と自分との関係は恋愛関係だから…」と思い込んでしまっている女性は決して少なくありません。

(2)一般男性とは比べ物にならないほどの気づかい、優しい言葉、口説き文句…

一度、ホストとのやりとりを体験してしまうと、一般男性のすべてがかすんでしまって、くだらなく見えてしまう女性も少なくありません。

すべての面で自分を優先してくれる気づかいや、非現実的なほどに美しい外見…。

こうしたホストの魅力を知った後には、自分本位な一般男性のやぼったさや、外見の悪さが目についてしまい、まともな恋愛をすることはむずかしくなってしまいます。

男性の側も、ちやほやされることに慣れている女性というのは雰囲気でわかるものですから、よほど魅力的な女性でない限りは、ハードルを高く感じてしまうことでしょう。

そうなると「満足できる男がいるのはホストクラブだけ」と思うようになり、さらに足しげくホストクラブに通うことになるのです。

(3)他の客との競争意識をあおるシステム

ホストクラブ内でサービスを受けているときには、あなた以外の女性の存在も、あなたの競争心をあおる存在です。

お気に入りのホストに、自分よりも圧倒的にたくさんのお金をつぎ込む常連の女性…。

ようやく自分の番がまわってきて、ホストにやきもちな態度でも見せてしまったら最後です。

ホストにとってはあなたの恋愛心理を手玉に取ることほど簡単なことはありません(彼らはその道のプロです)

「ごめんごめん、実はあの人しょっちゅう来てほんと困ってるんだよね。もっと~との時間を取りたいんだけど、仕事だから…。今からは大丈夫だから2人だけでゆっくりお酒飲もう…」

自分だけは特別、他の人との時間は我慢の時間で、自分との時間だけが本当の時間…。

これだけで「もう1回だけ…」という心理になってしまっても不思議はありません。

2、ホストクラブにはまってしまった理由

ホストクラブにはまってしまった理由

実際に、ホストクラブにはまってしまった女性について、もう少し具体的な例を紹介しましょう。

彼女たちもホストにはまっていた当時は苦しい状況でしたが、今では借金を解決して無事に元の生活に戻ってきています。

あなたの借金も解決することは可能です。

希望を捨てることなく具体的な行動を起こしてみてください(借金から脱するためにまず何をすればいいのか?については後の項目で具体的に説明しています)。

(1)ウエイトレスの仕事のストレスをホストで発散…気づいたら借金が300万円に(31歳女性)

31歳女性です。

ウエイトレスの仕事をしていましたが、仕事が多忙、かつ上司からのパワハラがひどい環境。

そんなときに学生時代の先輩と再会。飲んだ後、軽い気持ちでホストクラブに…。

俳優のようなイケメンがちやほやしてくれる非現実的な環境に、夢のような気分になってしまったのです。

その場でホストの1人と仲良くなり、連絡先を交換しました。

個人的に連絡してくれることに特別感を覚え、一人でも通うようになってしまいました。

貯めた貯金はすぐに底をついてしまい…。

それでもどうしても行きたい。

それしか考えられなくなっていました。

CMで流れる「簡単にお金が借りられる」というフレーズ。

迷うことなくカードローンを利用しました。

しかし借りたお金はすぐに無くなり、また借りて…を繰り返すうちに、借金は300万円までふくらんでいました。

月々の返済額が膨らんで返せない月が続きなくなり、一括返済を求められるところまで行きました。

そんな中、「債務整理」という方法があることを知りました。

今では借金は300万円あった借金は100万円まで減額してもらうことができ、今はきちんと生活できています。

ホストからの連絡は、私がお店に通えなくなった時点で全くこなくなりました。

今でも、後悔とともになんともいえない寂しさが立ち込めることがあります。

でも、お金がかかる交際は、本当の交際じゃないんだなと心にしみています。

債務整理をお願いした弁護士さんがいい方だったので立ち直れたかもしれません。

感謝しています。

(2)結婚せず仕事一筋で生きてきた…そんな中ホスト狂いで借金400万円に!(40歳女性)

専門学校を出てから1つの会社で経理の仕事をやってきました。

収入は普通の男性には負けないぐらいの金額で、貯金もまあまあしていた方だと思います。

しかし、ある日、面白半分で同僚とホストクラブに行ってしまったんです。

毎日仕事で、職場の男性にはイケてる人も優しい人も、とにかく魅力的な人はゼロ。

そんな中出会ったホストの人たちは、今から思えばまさにプロでした。

凄技のトークで本当に楽しかったんです。

細かいことに気づいてくれたこと、そして話が思っていたより普通で、でもほんとに楽しい!それに尽きました。

わざとらしい営業トークが繰り広げられるのかと思っていたのに、拍子抜けでもありました。

あまりにも楽しく、特定の1人のホストと仲良くなったのですが、そのホストはまだ若く、とても素朴な青年でした。

そんなかわいい若者に喜んでもらいたくて、ブランドのちょっとしたプレゼントで気を引こうとしたり、高額なワインを入れたり。

でも、お金にはちょっと自信があったというのに、本当にあっという間に続かなくなりました。

クレジットカードはショッピング枠もキャッシング枠も使えなくなってしまい、消費者金融のカードローンを作り、借金は最終的に400万円くらいだったでしょうか。

毎月の返済額が重くのしかかり、また同時にいろんな感情が湧き出てきて苦しかったです。

一人で抱えきれずインターネットで相談したら、回答者のお一人から「債務整理があるよ」と回答が。

債務整理についての知見が多そうな法律事務所を探し、何軒か当たってみて決めたところで依頼をしました。

そして、自己破産です。

ホスト通いの借金は、借金ゼロにするのが少し難しいようでしたが、弁護士さんが全部処理してくれ、職場にも知られることなく手続きが完了。

ホストの彼に自己破産を連絡したら、なんとも言えない返事でした。

「ごめんね、お金がないなら言ってくれたら」

本気なのか、なんなのかー。

でも、人生仕事だけじゃないってことは教えてもらいました。

今度は等身大でいける人を見つけたいと思います。

3、借金問題を解決する方法はこれだ!

借金問題を解決する方法はこれだ!

ここからは、ホスト通いによって返せない金額の借金を負ってしまった人向けに、解決に向かうための方法を解説いたします。

具体的には、以下のような方法の中から、心当たりのあるものを参考にしてみてください。

(最初からすべて実践する必要はありません。できるところから手を付けてみましょう)

(1)ホスト以外の趣味(ストレス発散方法)を見つける

(2)売れるものを売る

(3)収入を増やす-副業の検討

(4)借金をまとめる

(5)返済計画を立てる-収支バランスの見直し

(6)債務整理を検討する

それぞれの方法について、順番に解説いたします。

(1) ホスト以外の趣味(ストレス発散方法)を見つける

仕事や家庭のストレスのはけ口として、ホスト通いを続けてしまっている人は、ホストクラブ以外の趣味やストレス発散方法を見つけることから始めましょう。

もっとも、別の趣味を見つけるといっても、依存症となってしまう恐れのあるようなものはいけません(ギャンブル、お酒など)。

可能であれば、自分一人で楽しむタイプのものよりも、信頼できる友人や家族と一緒に取り組めるものが良いでしょう。

(2)売れるものを売る

手元にあるものを整理することは、生活習慣を大きく見直したいときに効果がある方法です。

単純に処分をするだけではもったいないこともあるでしょうから、可能な限り売ってお金に換えることを考えましょう。

アクセサリーやブランド品は専門買取りショップ(質屋なども)を使えば簡単ですし、思ったような値段で売れないならヤフオクやフリマアプリを使って買い手を見つけるのも一つの手です。

(3)収入を増やす-副業の検討

生活をプラスの方向に向けるためには、今より収入を増やすことも検討しましょう。

本業の仕事で頑張った分がお給料に反映してもらえるのが理想的ですが、実際にはなかなか難しいでしょう。

そのような場合には、副業で収入を増やすことも検討してください。

クラウドソーシングを使えばあなたの特技(イラストを描く、ブログを作る、文章を書くなど)に合わせて仕事を選ぶことができます。

また、アフィリエイトなどもしっかり勉強すれば少ない元手で利益を生むことが可能です。

(ただし、投資は必ず余裕資金で行うようにしましょう。生活費を投資につぎこむことは絶対にやってはいけません)

(4)借金をまとめる

複数の消費者金融などからお金を借りている人は、それらを1つにまとめることも検討しましょう。

毎月返済をしていく相手が1社だけなら、お金の管理もずいぶんしやすくなりますし、完済までのスケジュールも明確に意識できるようになります。

具体的にはおまとめローンという方法を使うと2社以上から借りている借金を一本にまとめることができます。

しかし、おまとめローンには、毎月の返済額も減らせる可能性がある反面、「借金返済がより長期化する」、「返済総額がいまよりも増えてしまう」というデメリットが生じることもあります。

きちんとした返済シミュレーションをせずに、安易に借り換えることは危険な場合もあります。

必ず慎重に検討してから申込みましょう。

(5)返済計画を立てる-収支バランスの見直し

借金が自分ではとても返せない金額にまでふくらんでくると、返済計画を立てることすら精神的な苦痛を感じることも少なくないでしょう。

しかし、借金を自力で完済するためには、収入から生活費を差し引きした金額を、少しでも計画的に大きくしていく努力が必要となります。

次の項目で見る債務整理を使うと、返済計画をずいぶん立てやすくなりますから、借金の金額が大きくなりすぎている人は、まずはこの方法によって借金の残高を減らしてしまうのも1つの手です。

(6)債務整理を検討する

借金の金額がすでに大きくなりすぎている…という方には、債務整理をおすすめします。

債務整理とは、簡単にいうと法律的な手続きを行うことによって、裁判所から借金の減額を合法的に認めてもらう方法です(実際には弁護士に手続きを依頼するケースが多いです。裁判所を通さない任意整理という方法もあります。)

自己破産という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、例えばこの自己破産も債務整理の一つの方法です(他にも個人再生や任意整理といった方法があります)

債務整理は、日本国内に住んでいる人であればだれでも使える方法です。

「裁判所とか弁護士とか…なんだかとても大変そう…」と不安に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には、債務整理で借金を解決している人はたくさんいます。

自己破産を申し立てている人だけでも年間7万人以上もいるのです。

債務整理は、ホスト通いが原因で作ってしまった借金も解決することができます。

「すでに、借金が自分では返せない金額にまでふくらんでしまっている」という人は、債務整理によって借金の負担を減らしてもらうことを検討してみてください。

関連記事

4、債権者からの催告が激しいときは迷わず弁護士等に相談!

債権者からの催告が激しいときは迷わず弁護士等に相談!

この記事を読んでいただいている方の中には、「毎日催促に悩まされまともに日常生活を送るのもむずかしい…」という状態の方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方は、迷わずに借金解決の専門家である弁護士に相談してみてください。

弁護士に債務整理を依頼すれば、金融機関からの取立ては、完全にストップさせることができます。

また、万が一、ヤミ金などの違法業者からの取立てや、ホストクラブの関係者から溜まったツケなどの悪質な取立てをうけているときにも対応することができます。

多くの女性が「借金したのは自分だし…」と、罪悪感からこうした違法な取り立てをがまんしてしまっているのが実情です。

こうした状況を我慢する必要はありません。

借金のことを考えずにいられる静かな生活を取り戻すためにも、ぜひ弁護士に相談してみてください(相談は無料でできる場合がほとんどです)

関連記事

まとめ

今回は、ホストクラブにお金をつぎこんでしまい、多額の借金を負ってしまったという方向けに、借金を解決するための考え方や、具体的な手続き方法について解説いたしました。

今のあなた生活を変えるためには、まずはホストにはまってしまう人間の真理や、あなたの日常のストレスについて深く理解し、ホスト通いを生活から断ってしまうことです。

お金が手元に残るようにするには、収入を増やすことと、支出を減らすことの2つの方法しかありません(この2つを同時進行で進めていきましょう)

そのうえで、現在負ってしまっている借金については、本文で説明した債務整理の方法によって減額や免除を認めてもらうことを検討しましょう。

債務整理は借金問題の解決を専門にしている弁護士に相談することで、あなたの状況に合わせた最適な方法を提案してもらうことができます。

まずは弁護士事務所の無料相談で「どのぐらい借金を減らしてもらえるのか?」について具体的な金額を教えてもらうことから始めましょう。

関連記事 関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • 電話で無料相談する