加害者の対処法

尊属殺人罪とは何か?その規定が消えた背後にある理由と刑罰の考察

尊属殺人

『尊属殺人』とは? この記事では、尊属殺人罪の定義、重罰規定の廃止理由、そして現代の親殺し事件における刑罰の傾向について、弁護士がわかりやすく解説します。 弁護士相談に不安がある方!こちらをご覧ください。

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

年齢詐称は犯罪?刑法における年齢詐称の重要性とリスク

年齢詐称は犯罪になる?刑法上の取り扱いについて【弁護士が解説】

年齢詐称は道徳的にも問題があり、犯罪行為として法的に厳しく罰せられることがあります。 今回は、年齢詐称が引き起こす法的な問題について弁護士が詳しく説明します。 弁護士相談に不安がある方!こちらをご覧ください。

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

殺人罪には時効がない?刑罰を軽減するための7つのポイント

殺人 時効

実際の法律において、殺人罪には時効の適用はありません。 今回は、 殺人罪に時効がない理由 殺人を犯した場合は自首すべきか 殺人罪の刑罰を軽減する方法 について詳しく解説します。 弁護士相談に不安がある方!こちらをご覧くだ […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

子供の万引きどう対処する?親が知っておくべき7つのこと

子供 万引き

もしもあなたのお子さんが万引きをしてしまったら… 今回は、 子供が万引きを行った際の適切な対処法 について解説いたします。 弁護士相談に不安がある方!こちらをご覧ください。

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

学生の逮捕と退学の可能性|退学の要件と回避する5つの方法

逮捕 退学

学生が犯罪に巻き込まれ、逮捕された場合、それがきっかけで退学となる可能性があります。子供が逮捕された場合、刑事処分だけでなく、在籍する学校からの退学処分も気になるところではないでしょうか。 この記事では、そうした心配や不 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

被害届を取り下げてもらうには?不起訴処分を獲得する方法

あなたやご家族が犯罪行為をしてしまい、被害届を出された場合、どうすれば被害届を取り下げてもらえるのでしょうか。被害届を取り下げてもらえない場合、身柄拘束が続いたり実刑判決が下される可能性も考えられます。 逆に、被害届が取 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

検察庁の呼び出しに対処する方法と注意すべきポイント

検察庁 呼び出し

犯罪事件に巻き込まれてしまい、警察の取り調べを受け、即座に釈放されることはよくあります。しかしこの後、しばらくして検察庁から呼び出しを受けるケースが多いです。この呼び出しには基本的に応じる必要がありますが、具体的な対応方 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

後払いトラブルから逮捕へ?弁護士が解説する取り込み詐欺の危険性

取り込み詐欺

『取り込み詐欺』という言葉を知っていますか? 商品を後払いで購入して代金支払いを怠ると、詐欺の疑いをかけられることがあります。後払い自体は問題ありませんが、支払期限を守らないと刑事事件に発展し、詐欺罪で起訴される可能性も […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

刑法199条の殺人罪について分かりやすく解説

刑法199条

テレビやネットで報じられる殺人事件に触れ、亡くなった被害者への同情を覚えることは少なくありません。例えば、親の介護に疲れ果ててしまい、やむを得ず親を殺してしまった人々や、被害者から「お願いだから殺してくれ」と頼まれ殺した […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

背任罪って何?具体的な行為から逮捕までについて

背任罪

組織内での裏切り行為として知られる『背任罪』。この背任罪とはどのような罪なのかご存じでしょうか? カルロス・ゴーン氏の事件でも話題となったこの罪状は、一般的には『会社を裏切る』といったニュアンスで理解されがちです。しかし […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

閉じる

弁護士相談初回60分無料!
※被害者の方からのご相談は有料となります
  • 電話で相談予約
平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • お電話でのお問い合わせ
  • 0120-648-125
  • 平日 9:30~21:00 / 土日祝:9:30~18:00
  • 初回60分無料相談受付中!
  • 刑事弁護に関するご相談はベリーベスト法律事務所まで!
    あなたの味方となる弁護士と一緒に解決策を考えましょう
  • ※被害者の方からのご相談は有料となります。