加害者の対処法

書類送検後の流れと前科回避のポイント

書類送検されたら

「書類送検」というフレーズは、メディアや新聞で頻繁に耳にしますが、もし実際に自分が書類送検されてしまった場合、その後の流れが気になりますよね。 書類送検の際には、検察官による捜査が始まり、起訴されるかどうかが決まります。 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

マスク着用の強制が法的問題に?強要罪のリスクと対処法を解説

マスク 強要罪

新型コロナウイルス感染症の影響により、マスクの着用は一般的になりましたが、時折、他人にマスクを着用させることが法的に問題になることがあります。 例えば、航空機内でのマスク拒否事件などがあり、これに関連して「マスクの着用を […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

脱税による逮捕リスクとは?基準と対応策を解説

脱税 逮捕

所得について正確な申告を怠り、納税を逃れること、一般的に「脱税」と呼ばれる行為。 しかし、この行為が発覚すれば、逮捕の危険性があるのでしょうか?また、税務調査が始まった際、どのように行動すべきか、結果次第で逮捕のリスクが […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

営業妨害行為の具体例|法的リスクと対策について詳しく解説

営業妨害とは?犯罪が成立するケースと訴えられたときの対処法

営業妨害で訴えられるかもしれないと心配されている方もいらっしゃるでしょう。ウソの出前注文やネット掲示板での爆破予告など、営業妨害行為には気をつけなければなりません。 これらの行為は業務妨害罪や民事上の不法行為に該当し、軽 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

未成年の飲酒に関する刑罰と飲酒強要から守る方法を詳しく解説

未成年 飲酒

未成年者の飲酒問題は、大きな社会問題となっています。 しかし、未成年の学生や社会人も飲み会などに誘われ、時には先輩や上司から飲酒を強要されることがあります。 こうした状況で、未成年者が自分から飲みたいと思っていないにもか […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

建造物侵入罪とは何か?他の犯罪とのつながりと逮捕時の対応策

建造物侵入罪

「建造物侵入罪」とは、建物へ不法侵入した場合に犯される罪です。この罪には他の犯罪にも繋がる可能性があるため、決して「軽微な犯罪」と軽視すべきではありません。 今回は、以下のポイントを弁護士が分かりやすく説明します。 建造 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

刑法における年齢詐称の重要性とリスクを解説

年齢詐称は犯罪になる?刑法上の取り扱いについて【弁護士が解説】

他人に対して実際の年齢よりも年を若く偽ることはよくあることですが、これは日常生活でよく見られる行為です。 しかし、年齢詐称は道徳的にも問題があり、犯罪行為として法的に厳しく罰せられることがあることを知っておくべきです。 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

借りパクの対策とは?貸したものを法的に回収する方法

借りパクを放置すると相手のものになる?

「借りパク」とは、他人から借りたものを返さず、無断で自分のものにしてしまう行為です。 誰もが一度はちょっとした物を借りて、その後返すのを忘れたことがあるかもしれませんが、実際には貸した人が不快な思いをすることもよくありま […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

殺人罪には時効がない?刑罰を軽減するための7つのポイント

殺人 時効

もし殺人罪に時効があると仮定した場合、誤って他人を殺害した人たちも、ある一定の期間が経過すれば、逮捕や処罰される可能性は消えるでしょう。 しかし、実際の法律において、殺人罪には時効の適用はありません。刑事事件における時効 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

殺人未遂罪の刑期相場と執行猶予について知っておくべきこと

殺人未遂 刑期

殺人未遂罪に対する有罪判決による刑期は、具体的なケースによって異なります。刑期は実際には懲役10年以上になることもあれば、執行猶予つきの判決になることもあります。 これは、刑法が故意による生命への危害を「殺人罪」として取 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

閉じる

弁護士相談初回60分無料!
※被害者の方のご相談は有料となる場合があります
  • 電話で相談予約
平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00