もう借金を返せない!読めば楽になるどうしても返せない場合の対処法

借金返せない

借金を返せない!と、行き詰まっていませんか?

大丈夫、焦らずまずは冷静に。

今回は、

  • 借金を返せない場合に考える借金を返す手順
  • どうしても借金を返せない場合の対処法

など、借金を返せない場合の解決方法について解説していきます。
ご参考になれば幸いです。

無料相談実施中
借金返済に見通しをつけて「安心」を手に入れませんか?
  • 借金がいくら減るの?
  • 月々の支払いがいくら減るの?

家族や会社に秘密にしたまま、借金を減額できるか診断できます。

かんたん診断

 1、借金を返せない場合に起こり得ること

 借金が返せないとどうなるか

このまま借金が返せないとどうなるでしょうか。
消費者金融等金融業者からの借金が返せない場合に起こりうることは、次の通りです。

(1)心が不安定になる

あなたが真面目であればあるほど、督促の連絡が来ることやしっかり返していけないことに、心が不安定になってくるでしょう。
お金のことを考える毎日は、とても辛いものです。友達からの誘いにも乗ることができず、返済のストレスをお金を使って解消することもできないため、ストレスのループにはまってしまいます。

(2)返済総額の残額が徐々に増える

期日に返済がなされないと、「遅延損害金」が発生します。
遅延損害金とは、特別な利息のようなもの。きちんと返済をしていても利息はつきますが、返済が遅れるとさらに高い利率の利息が求められるのです(そのような契約になっていることが一般的です)。

こうして、返済すべき総額の残額は、徐々に増えていってしまいます。

(3)借入れができなくなる

金融業者から借入れをすると、「信用情報」といって金融業者同士で借入れや返済についての情報を共有することができます。
そのため、一社への返済が滞っただけでも、その返済の遅延をその一社が信用情報として残せば、他の金融業者もそれを確認できるシステムになっています。
そうすると、まだ借り入れたことがない金融業者や返済を滞ってない金融業者であっても、この信用情報を確認されれば新たに借入れをすることは難しいでしょう。

(4)強制執行をかけられる

金融業者は貸し出している証拠である契約書をもっていますので、容易に債務名義(※1)を得ることができます。
そのため、債務名義をもって、強制執行(※2)をかけてくるでしょう。
強制執行とは、強制的に財産を持っていかれることです。
たとえば、給料、自宅、車など、強制執行をかけられればそれを自由に使うことができなくなります。

※1 債務名義についてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

※2 強制執行とは、債務者に対する請求権を、裁判所が強制的に実現する手続をいいます。

(5)ヤミ金に手を出してしまう

ヤミ金は、通常の金融業者と違い、信用情報を無視して貸し出します。
そのため、とにかく返済したいと考える場合、とりあえず貸してくれるヤミ金に手を出してしまいます。

お金に困っているときには「助け」に見えることでしょう。
しかし、もちろんヤミ金の取り立ては法律を守るものではありません。
そのため、さらなる地獄が待ち構えているといっても過言ではないでしょう。

関連記事

(6)怖い借金取りは来ない

ちなみに、映画やテレビでみるような、怖い感じのいわゆる借金取りが自宅へ押しかけてくることはありません。
私生活を平穏を害するような取り立ては、法律で禁止されているからです。

しかし、貸し出した金融業者が黙っているわけはなく、電話での督促、書面での請求書など、頻繁に連絡が来ることになります。
一社からだけの連絡でもかなり心労がたまりますが、複数社から借り入れている場合、いつもこの連絡に気を取られる日々を送ることになるでしょう。

関連記事

2、借金を返せない場合に考える借金を返す手順

借金を返すための手順

借金を返せない、もうこれ以上無理・・・。

返済に疲れ、弱音が出てしまうことでしょう。
しかし、借金の返済を成功させるコツは、大きなお金を手に入れることではありません。まずはここが大事なのです。

(1)腹をくくる

当たり前なようでいて、一番難しく重要なのが「もうこれ以上新しい借金はしない」という意識改革です。

借金をできるだけ早く返済していくためには、「宝くじが当たれば・・・」「大きな仕事が入れば・・・」といった、何とかなるだろうという甘い考え・逃避グセを捨てなければなりません。
借金を返済していくには、「借金はもうしない!」「徹底的に返済していく」と腹をくくることから始まります。

(2)収支を把握

そして、現時点における毎月の収支を把握しましょう。
毎月の収支を把握してみると、それだけで少し頭の中が整理されることが実感できることでしょう。

(3)借金の把握

ところで、キャッシングなどで簡単にお金を借りている人の中で、自分自身の月々の返済額や借入残高などを正確に把握している人は、一体どれくらいいるでしょうか?
実は、多重債務に陥る人の多くは、自分の正確な借金額などを把握していないというのが現状です。
そのような状態であっては、余計な借金を増やしてしまったり、毎月払っていても元金は減っていなかったり…という状態が延々と続いてしまいます。
このような悲劇を防ぐためにも、借金の把握はとても重要なのです。

まず、借金の総額や毎月の返金額、元金残高、金利、最終返済期日あたりを書き出してみます。
表にすると整理されて見やすいでしょう。

こうして借金の全体像が把握できると、具体的な返済計画も立てることができますし、なによりも、借金がどのくらい減っているのか一目でわかるため、モチベーションが上がります(人間は成果が目に見えるとより頑張ることができる、という生き物でもあります。)。

(4)返済計画を作成

ここまでくれば、返済計画を立てることができます。
これまでの使い道や使い方を見直しながら、とにかく「返済」を第一に計画していきます。

もし、買い物依存、キャバクラ通いなど、お金を使うことの依存症の可能性がある場合、このタイミングでそれも治療等により改善していかなければなりません。
借金の原因となっていたことに問題がある場合は、その原因を見直さなければ、返済計画は計画倒れに終わってしまいます。

(5)借金をまとめる

いくつもの借入先から複数の借金を抱えていると、借入先がたくさんあって管理も大変になってしまいます。
そのため、返済期日を見落としてしまうなどの可能性も高くなってしまいます。

そこで頼りになるのがおまとめローンです。
おまとめローンとは、現在抱えている複数の借金を完済するために、新たに借入れを行うことです。
これにより、別々の業者の借金を一つにまとめることが可能になります。
基本的に、借入額が大きいほど金利は下がる傾向があるため、一本化することで条件がよくなるケースがあるのです。

ただし、ここで気をつけておきたいのが、現在の金利より安くならないと一本化する意味があまりないということです。
また、おまとめローンを考えている人をターゲットにした悪徳業者も存在するため、業者は慎重に選ぶようにしましょう。

関連記事

(6)繰り上げ返済を心がける

繰り上げ返済とは、毎月の返済とは別に、借入額の一部(あるいは全額)を返済することをいいます。
通常の返済では、返済額に利息分も含まれていますが、繰り上げ返済の場合は、返済分が全て元金の返済に充てられます。
それによって、支払う利息を軽減することができます。
その分、返済期間を短縮することができます。

お金に余裕があるならば、繰り上げ返済をして少しでも元金を減らすようにしましょう。

 3、どうしてもこれ以上借金を返せない場合は「債務整理」

どうしてもこれ以上返済できない場合は「債務整理」

頑張って借金を返そうと思っても、返せなくなってしまった場合には、どのような方法が残されているのでしょうか。

それはズバリ、「債務整理」です。
「債務整理」という言葉から、何か難しいことのように感じられる方も多いと思いますが、一言で言えば、借金を軽くしてくれる手続きです。

その種類は主に3種類。
そんなうまい話があるのかと思うかもしれませんが、あるのです。

以下、簡潔に解説していきます。

(1)任意整理

任意整理は、裁判所を介さずに直接各金融業者と交渉して、将来利息や遅延損害金などを免除してもらい、毎月の支払額も減らしてもらって、分割和解(一般的には、残りの債務額を36回払い、または、60回払いの分割で組むことが多い)を組む手続きをいいます。

任意整理の詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

関連記事

(2)個人再生

個人再生は、裁判所を介して、すべての債務のうち一部を免除してもらい、残りの債務を3年間(5年間まで返済期間を延ばせる場合があります)かけて分割で返していく手続きをいいます。
この方法によると、債務を大幅に減らすことができ、多くの方は、借金が5分の1程度になります。

個人再生の詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

関連記事

(3)自己破産

自己破産は、裁判所を介して、すべての債務を免責(支払い義務の免除)してもらう手続きをいいます。
この方法によると、結果的にすべての債務がなくなります。

ただし、逆に保有している資産も清算しなければなりません。
自己破産の詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

関連記事

これらの方法には、それぞれにメリットとデメリットがありますが、債務整理の方法を選択する際には、ご自身の事情や状況に応じて、各方法のうちどの方法が適切かを考え、決めることになります。

 4、借金を返せず債務整理を検討したい場合の相談先

債務整理の相談先

(1)弁護士

債務整理についての相談先は、なんといっても弁護士がおすすめです。
まず、債務整理をする必要があるのかについて、無料相談を使ってアドバイスをもらうと良いでしょう。
そして、その必要があるとすればどの方法が適切なのか、過払い金はないかなども迅速に判断してもらえます。

今、借金の返済に1人で悩んでいませんか? 
お金の悩みは誰にでも相談できるものではありません。
そして、誰かに打ち明けたところで、なかなか助けてもらえるものでもありません。

そんな悩みは、どうぞ弁護士にぶつけてください。
無料相談を行なっている法律事務所も増えています。
弁護士とともにともに解決していきましょう。

関連記事

(2)その他

まだ少し気持ちに余裕がある方は、弁護士に相談する前にこちらの相談先もおすすめです。

【相談先一覧】

  • 日本弁護士連合会
  • 日本司法書士会連合会
  • 財団法人日本クレジットカウンセリング協会
  • 独立行政法人国民生活センター
  • 法テラス
関連記事

まとめ

今回は、借金を返す方法や、どうしても返せない場合の対処法など、借金返済のコツについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

参考にしていただき、読者の方々が借金の苦悩から解放されれば幸いです。

無料相談実施中
借金返済に見通しをつけて「安心」を手に入れませんか?
  • 借金がいくら減るの?
  • 月々の支払いがいくら減るの?

家族や会社に秘密にしたまま、借金を減額できるか診断できます。

かんたん診断

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2020・OD・053

  • 無料借金減額診断スタート