刑事事件用語

改正少年法で18歳~19歳が厳罰化!旧法からの変更点を分かりやすく解説

改正少年法

成人年齢の引き下げに伴い、2022年(令和4年)4月1日から改正少年法が施行されています。 改正少年法の主な内容は、18歳・19歳の少年事件を成人に準ずる扱いとする「事実上の厳罰化」です。 もっとも、20歳未満の事件を家 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

共謀共同正犯とは?話し合っただけで逮捕される理由と対処法

犯罪の実行行為に直接関与しなくても、犯行について話し合えば「共謀共同正犯」が成立して罪に問われることがあります。 自分では意図していなかったものの、いつのまにか「共謀共同正犯」になってしまっていたというケースもあるかもし […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

書類送検されても起訴されない為の重要知識を弁護士が解説

「書類送検」という言葉、ニュースなどでよく聞きますが、その正確な意味を把握している人は意外に少ないのではないでしょうか。 また、書類送検されるとどうなるのか、書類送検後にどのような手続きが行われるのかなどについても正確に […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

刑事裁判における尋問とは?被告人側の不利にならない証言をするためのポイント

刑事裁判における尋問とは?被告人側の不利にならない証言をするためのポイント

刑事裁判における尋問とは、裁判所に呼び出された証人が、実際に法廷にやってきて弁護人・検察官・裁判官の前で証言する手続きを指します。 証言した内容は犯罪事実の有無もしくは量刑に関わります。もし被告人の支援者である親族や友人 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

職務質問は拒否できる?弁護士が伝授する警察官への対処法

職務質問

職務質問を警察官から受けたことはありますか? 職務質問を受けたことがないという方でも、テレビなどでだれかが職務質問を受け、警察官と押し問答を繰り返す場面を目にしたことがあるのではないでしょうか。 そういったとき、「職務質 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

懲役とは?執行猶予とは?実刑判決を受けたときの対処法も解説

懲役とは?執行猶予とは?実刑判決を受けたときの対処法も解説

懲役とはどのようなもの?執行猶予とは何を示すの? 「懲役3年執行猶予5年」といった言葉をニュースで時おり耳にするかと思います。 これを聞いて、刑事裁判に馴染みのない方は 懲役とはどんな刑罰? 執行猶予とは何?実刑とどう違 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

禁錮とは?懲役との違いや受刑生活のきつさ、回避する方法など解説

禁錮とは

禁錮とは刑罰の種類のひとつであり、刑務所に収監される自由刑にあたります。主に政治犯や交通事故などの過失犯に対して科されるケースが多いです。 禁錮は懲役とは異なり、刑務作業は強制されません。法律上、禁錮は懲役より軽い刑罰で […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

非親告罪とは?親告罪との違いや不起訴処分を獲得する方法を解説

非親告罪とは?親告罪との違いや不起訴処分を獲得する方法を解説

非親告罪とは、被害者の告訴がなくても起訴して刑事裁判にできる犯罪です。 これに対して、被害者の告訴がなければ起訴できない犯罪を親告罪といいます。 近年の法改正により、性犯罪やストーカー規制法違反など、従来は親告罪であった […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

接見とは?接見のルールや接見が禁止されたときの解除方法

接見

接見(せっけん)とは、身柄を拘束されている被疑者や被告人が、家族や知人、または弁護士などの外部の人と面会することをいいます。 常に接見が可能なのかというとそうではなく、家族や知人との接見が禁止されてしまう場合もあります。 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

執行猶予は前科になる?前科について知っておきたい5つのこと

執行猶予付き判決だと前科になってしまうのだろうか……。 前科がつくとマズいのではないか……。 執行猶予付き判決を受けてしまい、以上のようなお悩みを抱えてはいませんでしょうか。 結論からいうと、実刑を免れて執行猶予がついて […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

閉じる

弁護士相談初回60分無料!
※被害者の方のご相談は有料となる場合があります
  • 電話で相談予約
平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00