刑事事件用語

非親告罪とは?親告罪との違いや不起訴処分を獲得する方法を解説

非親告罪とは?親告罪との違いや不起訴処分を獲得する方法を解説

非親告罪とは、被害者の告訴がなくても起訴して刑事裁判にできる犯罪です。 これに対して、被害者の告訴がなければ起訴できない犯罪を親告罪といいます。 近年の法改正により、性犯罪やストーカー規制法違反など、従来は親告罪であった […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

接見とは?接見のルールや接見が禁止されたときの解除方法

接見

接見(せっけん)とは、身柄を拘束されている被疑者や被告人が、家族や知人、または弁護士などの外部の人と面会することをいいます。 常に接見が可能なのかというとそうではなく、家族や知人との接見が禁止されてしまう場合もあります。 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

執行猶予は前科になる?前科について知っておきたい5つのこと

執行猶予付き判決だと前科になってしまうのだろうか……。 前科がつくとマズいのではないか……。 執行猶予付き判決を受けてしまい、以上のようなお悩みを抱えてはいませんでしょうか。 結論からいうと、実刑を免れて執行猶予がついて […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

警察から電話がかかってくるのはなぜ?対応方法や無視のリスクを解説

警察から電話がかかってくるのはなぜ?対応方法や無視のリスクを解説

警察から電話がかかってきたら、何もやましいことをしていなかったとしてもビクビクしてしまいますよね。 また、思い当たる節がある場合にも大きなストレスがかかります。そのため警察からの電話がかかってきた人は非常に不安になってい […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

訴訟手続における「意見陳述」の意味とは?弁護士が解説

意見陳述

交通事故や傷害といった刑事上のトラブルでは、被害者の「意見陳述」が事件解決に大きく影響することがあります。 しかし、実際に事件の被害者になってしまった方でも意義が一切分からないまま事件が終了することは決して珍しくありませ […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

検察審査会の仕事とは?職務・運用・審査員資格を徹底解説

検察審査会の仕事とは?職務・運用・審査員資格を徹底解説

最近ニュースでよく聞く「検察審査会」の職務は、誰にとっても決して他人事ではありません。日本で選挙権を持つ人なら、欠格事由等を有する人を除いて、誰でも検察審査員になる可能性があるのです。 そして、犯罪の責任追及が行き届いた […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

鑑定留置とは?場所、期間、その後の流れについて弁護士が解説

鑑定留置

テレビや新聞などで「鑑定留置」という言葉を聞いたことはありませんか? 鑑定留置とは、被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、被疑者・被告人の身体を拘束し、強制的に精神科医による精神鑑定を受 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

被害届とは?提出方法や受理されない場合の対処法・提出後の流れを解説

被害届とは?提出方法や提出後の流れを弁護士が解説

犯罪の被害を受けた場合、それを警察に伝えるために被害届を出すことがあります。 被害届は捜査のきっかけになり、適正な処罰をするために重要なものです。 もっとも、被害届は馴染みの薄いものであり、被害届の持つ意味、提出方法、提 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

不起訴処分告知書とは?取得方法や注意点を弁護士が解説

不起訴処分告知書とは、刑事事件で検察官が特定の被疑事件について不起訴処分をした場合に、その旨をその被疑者に告げることを記載した書面のことです。 もっとも、検察官が不起訴処分をしても、自動的に被疑者に対して不起訴処分告知書 […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

不起訴になるための重要知識|前科なしの日々を取り戻そう

不起訴処分を得ることで前科なしの生活を守れることをご存知ですか。 犯罪を犯してしまった場合には、逮捕されるか否かにかかわらず、また重い犯罪か軽い犯罪かにかかわらず、原則としてすべての事件が検察官による起訴・不起訴の判断を […]

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

閉じる

弁護士相談初回60分無料!
  • 今すぐお問合せ
平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00