借金生活から抜け出し明るい日々を取り戻すために知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

借金すること自体は悪いことではありませんが、借金は返済していく必要があるものです。

返済がスムーズにできないと借金生活を続けることになります。

一度借金生活に陥ってしまうと、なかなか脱出することはできず生活が苦しくなるものです。

ここでは借金生活にはまってしまった人のために、多数の借金問題を解決してきたベリーベスト法律事務所の弁護士が、借金生活から抜け出し明るい日々を取り戻すために知っておくべきことを紹介します。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-762-779
メールでのご相談

1、なぜ借金生活になったのか?客観的原因を把握する

借金生活から脱出するために最初に取り組まなければならないのが、借金をした客観的原因を把握することです。これがわからないと、根本的に借金の問題を解決できません。

「どんなことのために借金をしたのか」「なぜ借金が膨らむようになったのか」「なぜ繰り返し借金をしてしまったのか」など、どんな些細なことでもいいので思い返してみましょう。

例えば、車の購入代金や車に関する費用のために借金をしたとか、遊興費のために借金をしたとか、ギャンブルにはまって借金をしたなど、思いつくことをすべて出し尽くしてみるのです。

借金生活から脱出して、同じ過ちを繰り返さないためには、借金をした原因を把握する必要があります。

2、借金生活を脱出するための具体的方法

ここでは、借金返済に効果があった方法をご紹介します。

(1)新しい借金をしない

借金生活から脱出するためには、これ以上借金を増やさないようにしなくてはなりません。

そのために最初に始めることは、新しく借金しないことです。既に借金している金融機関の借入限度額に余裕があっても、借金をしてはいけません。

借金の返済に困っているからといって、他のところで借金をするというのも厳禁です。

どんなことがあっても、金融機関から新しい借金をしないようにしましょう。

(2)クレジットカードを捨てる

クレジットカードはショッピングやキャッシングができる便利なものですが、使い方を誤ると借金が返済できなくなる原因になります。

クレジットカードなどのカード類はすべてハサミで切って処分しましょう。

(3)心構えを改める

現在の借金生活が自分を苦しめているということに正面から向き合うようしましょう。

借金生活を克服すると決意し、決して流されたりしないと誓いを立てるのです。借金生活を脱出するという目標を達成するまでがんばりましょう。

(4)生活態度を改める

ダラダラした生活態度で過ごしていると、無駄な出費が多くなります。

規則正しいメリハリのある生活に改めると、浪費癖も解消されるでしょう。無駄なお金を使うことがないほど忙しくすることが大切です。

(5)計画的にお金を使う

無計画なお金の使い方はしないようにしましょう。自分が欲しいと思った物をすぐ買う衝動買いは禁物です。

欲しいかどうかという基準ではなく、必要かどうかという基準でお金を計画的に使うようにしましょう。

他人に対するミエで物を購入するのも厳禁です。

(6)支出を抑える

借金を減らすためには出て行くお金を減らすことが大切です。

生活していくのに必要最低限のお金を算出して、余分なお金を支払わないようにします。支出を最低限に抑えれば、その分を返済へと回すことができるのです。

(7)生活を質素にする

大量生産・大量消費の現代社会では、日常的にモノが過剰に溢れています。

人が生きていくために必要でないものまで、購入してしまっていることはよくあることです。

生活していく上で不要と考えられるものを減らしたり、これ以上購入しないようにしたりすれば、借金を減らしていくことができます。

無駄なものを減らして質素な生活をするようにしましょう。

(8)万が一に備えて貯金する

借金を完済するまで不測の事態がなければいいのですが、万が一病気やケガをすると借金の返済ができなくなる可能性があります。

そんな時に備えて、少しでもいいので貯金しておくようしましょう。

(9)無駄な支払いをしない

例えば、ATMからお金を引き出すと手数料を支払わなくてはならないので、できるだけ銀行へ行ってお金を引き出すようにします。

手間はかかるかもしれませんが、無駄な支払いをしないことが早く借金を返済するのに有効です。

(10)借金を一本にまとめる

複数の会社から借金している場合は、借金を一本にまとめるもの有効です。

金利の負担が軽くなりますし、自分がどれだけの借金をしていたのかが把握できます。

借金を一本化する場合は、一番金利の低いところを選択するのがポイントです。

(11)生活費の予算を組む

毎月の生活費の予算を組むことが大切ですが、その際には表計算ソフトを利用してもいいでしょうし、ノートに記録してもいいでしょう。

毎月の返済する項目、住居費・食費・光熱費・返済金額などすべて書き出して、予算を組んでいきます。

交際費や雑費などは計画が立てにくければ、空欄にしておくといいでしょう。

借金の返済金額が確保できないようであれば、他の項目を調整して予算を変更していきます。

(12)節約を心がける

節約することで、出て行くお金を抑えることができます。

例えば、照明をつけっぱなしにしないようにしたり、エアコンの温度を調整したりすれば、電気代を節約できます。

また、お風呂の水を洗濯に再利用したり、水を出しっぱなしで皿を洗わないようにしたりすれば、水道代が節約できます。

節約できれば借金の返済も楽になるのです。

(13)借金返済を公言する

借金を返済することを家族や友人・知人に公言しましょう。

こうすると周囲の人は変な目で見るかもしれませんが、他人の目が気になって無駄遣いができなくなります。

また、周囲の人も借金返済中だと知っていれば、お金のかかる付き合いなどへ誘わなくなるでしょう。

借金返済のスピードはアップするはずです。

(14)ブログなどで借金返済の生活ぶりを公開する

ブログなどで借金返済の生活ぶりについて書くことには、2つの意味があります。

まずブログの読者から励まされると、モチベーションを維持することができます。

借金返済というと暗いイメージがあり孤独になりがちですが、応援してくれる人がいるとやる気が沸いてきます。

また、ブログを書くことで収入を生み出すことができる場合があります。

(15)良い友人と付き合う

浪費癖のある友人と付き合っていると、また借金をしてしまうリスクが高くなります。

大量消費する生活から脱却して、収入の範囲内で生活していくためには、付き合う友人を選ぶことが大切です。

自分に良い影響を与えてくれる友人と付き合うようにしましょう。

(16)可能であれば引っ越す

深刻な借金生活で苦しんでいるのなら、思い切って引越ししましょう。より家賃の安いところへ引っ越すことで借金を返済しやすくなります。

ただし、引越すには資金が必要になるため、手元にお金がない場合にはこの方法は難しいかもしれません。

(17)最低返済額よりも多めに借金を返済する

借金生活から脱出できなくなっていると、借金の総額はかなりの額になっている場合がほとんどです。

毎月の返済額を最低額ギリギリにしていると、いつまで経っても返済できない可能性があります。

早期に借金を完済するため、最低返済額よりも多めに返済するようにしましょう。

ただし無理のない返済額に留めておくことがポイントです。

(18)家族や親戚に助けてもらう

借金返済で苦しんでいるあなたを助けてくれる家族や親戚がいれば、援助してもらいましょう。

お金を出してもらえば返済に回すことができますし、何よりも精神的な支えになります。

家族や親戚に借りる場合は、金利を要求されることがない場合がほとんどです。

ただし、返済期日を約束したらそのとおりに返さないと、人間関係がこじれるので注意しましょう。

(19)自動的に借金返済できる仕組みを作る

自分をコントロールできずお金を使ってしまい、借金をなかなか返済できない人がいます。

そのようなタイプの人は自動的に借金返済できる仕組みを作るといいでしょう。

金融機関への返済を銀行口座から毎月自動的に引き落とされるようにしてしまうのです。

こうすることで確実に借金を返済していくことができます。

3、借金があっても生活保護は受けられるのか

借金生活を送っていると、生活保護を受けようかと思われる方もいるでしょう。ここでは、そんな方へアドバイスさせていただきます。

(1)借金があっても生活保護は受けられる

借金があると生活保護は受けられないと思っている人がいるかもしれませんが、借金があっても生活保護を受けられます。

借金があるかどうかは、生活保護の受給条件とはまったく関係がありません

ただし、生活保護を申請した段階で、役所の人に借金の有無について聞かれます。

これは借金の状態を確認して、生活を立て直すことができるかどうかを確認するために聞くのです。

もし生活保護を受けても貧困状態から抜け出せないほど借金が多い場合は、役所から自己破産をすすめられることがあります。

では、生活保護を受けている最中に新たに借金をすることができるのでしょうか。

生活保護を受給している最中に借金してはいけないという法律はありません。役所にばれることもまずないでしょう。

ただし、もしばれた場合は借金を収入とみなされ、その分だけ生活保護の受給金額が減額されます。借りるだけ損なのでおすすめではありません。

(2)生活保護で借金の返済はできるのか?

生活保護は貧困生活から脱却するために支給されるのであって、借金の返済にあてることはできません。

明確な法律の規定がないので、借金の返済にあてても法律上問題ないという意見もありますが、生活保護法の趣旨に照らすと許されることではありません。

借金の返済にあてたことが金融機関の取引履歴などから明らかになると、生活保護の受給を停止されることがあるので注意しましょう。

詳しくは、「借金問題を解決し尚且つ生活保護ももらって人生をやり直す方法」をご参照ください。

4、借金が返済できない場合は債務整理

借金を返済するため生活を切り詰めるなどの努力をしたけど借金が減らない場合は、借金返済を断念して債務整理をすることをおすすめします。

債務整理には、段階により以下の4つの方法があります。

(1)任意整理

債権者と金利の引きなおしや借金の減額について話し合いをして、生活していくのに支障のない返済金額で返済計画を立てる法的手続きです。

この手続きの中で、支払う必要のない利息を払い過ぎていたことがわかることがあります。

その場合には、払い過ぎた利息を過払金として債権者へ返還請求することが可能です。

詳しくは「債務整理(任意整理)のデメリットは?クレジットカードを作れなくなる?」をご参照ください。

(2)特定調停

債務者から裁判所へ申し立て、債権者との仲裁をしてもらい返済条件を軽くする合意が成立するよう働きかける手続きです。

借金を整理して債務者の生活の建て直しをサポートするための制度です。

(3)個人再生(民事再生)

現在ある借金を返済することが難しいことを裁判所に認定してもらい、借金を減額して3年~5年の期間で分割返済していく手続きです。

借金額が5000万円以下であれば、最大で10分の1にまで減額できるのが特徴です。住宅などの財産を処分せずに借金を整理できます。

詳しくは「個人再生のデメリットは?手続きや費用についても徹底解説」をご参照ください。

(4)自己破産

債務者に財産がないことを裁判所に認定してもらい、借金の支払義務を免れるための手続き、つまり借金をチャラにする制度です。

自己破産をすると、住宅や自家用車などの財産は処分しなければなりません。また、手続中に特定の職業に就くことなどが制限されます。

まとめ

いかがでしょうか。借金生活から脱出するために知っておくべき4つのことをご紹介させていただきました。

借金生活から脱出するには、あなた自身が変わる必要があります。

この記事を参考に、できることから取り組んでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿