弁護士相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-751-882
メールでのご相談

弁護士への無料相談について絶対に知っておきたい5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士への相談は無料でできるのか、気になるかと思います。

また、仮に無料相談ができたとしても、『どこまで無料でできるのか』、『どうやって探せばよいのか』など、不安なこともたくさんあるでしょう。

今回は、

  • 弁護士への相談はどこまでが無料?
  • 弁護士に無料相談を依頼するメリット
  • 弁護士に無料相談を依頼する前に理解しておくこと

などについて、詳しく解説していきます。

ぜひこの記事をお読みになり、あなたの不安が少しでも解消されれば幸いです。

弁護士相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-751-882
メールでのご相談

1、弁護士への相談はどこまでが無料?

弁護士への相談はどこまでが無料?

弁護士への無料相談ではどこまでできるのかというと、その言葉どおり、『相談まで』です。

その後の問題解決に至る依頼については、費用が発生します。

無料相談では、ご自身の状況について弁護士に説明をし、この先はどのような行動をしていけばよいのか、また、裁判を起こす必要性はあるのかなどを確認できます

その上で本当にそれらが必要だと感じたのであれば、問題解決に向け、費用をかけて実際に依頼するようにしましょう。

また、無料相談は、その弁護士との相性を確認する場としても活用できます

問題解決に向けてこの弁護士と共に戦っていけるのか、本当に信頼できるのかなど、無料相談の場で確認するようにしましょう。

2、弁護士に無料相談を依頼するメリット

弁護士に無料相談を依頼するメリット

弁護士に無料相談することの一番のメリットは、複数の事務所で比較考量できることです。

初回からお金が発生してしまえば、仮に納得がいかないことがあっても「もうここの事務所にお願いしてしまおう」と半ば気持ちも固まってしまうものですが、無料であれば、アドバイスの内容、相性、そして金額など、複数の事務所と比較することができます。

3、弁護士に無料相談を依頼する前に理解しておくこと

弁護士に無料相談を依頼する前に理解しておくこと

実際に弁護士に無料相談を依頼する前に、理解しておくべきことをご紹介します。

(1)相談内容を簡単にまとめておく

『無料だからとりあえず相談に行こう』でも問題はありませんが、相談内容を簡単にまとめてから訪問すると、無料の時間内に目的が果たせるでしょう。

無料相談とはいえ、時間は有限です。

さらに、緊張によって、伝えるべきことを忘れてしまう可能性もあり得ます。

伝えるべきことを伝えるために、ご自身が今どのような状況に置かれているのかについて、簡単にメモしておくとよいでしょう。

(2)なるべく証拠を集めておく

あなたの主張が証明されるように、事実を裏付ける証拠をなるべく多く集めておきましょう

それが弁護士の判断材料になりますし、問題解決に向けては絶対に必要なものになります。

ただ意見をぶつけるのではなく、あなたの主張を裏付ける証拠を事前に集めておくようにしましょう。

(3)絶対に嘘はつかない

自分が有利になるようにと、嘘をつくようなことがないようにしましょう

その場では嘘をつけたとしても、その後に嘘が発覚する可能性は非常に高いです。

もし依頼した後で嘘が発覚した場合、弁護士に辞任されてしまう可能性があります。

自分にとって好ましくない状況や、不利になる事柄があったとしても、それに対して嘘をつかず、誠実に答えることが大切です。

嘘のない事実を受け止めた上でどう対応するか、弁護士は考えてくれるはずです。

4、無料相談を依頼する弁護士の探し方

無料相談を依頼する弁護士の探し方

無料相談を依頼する際は、いったいどの弁護士を選べばよいのかわからないということもあるでしょう。

そんなときは、以下の点に注意するとよいです。

(1)自分の相談内容や分野を得意としているか

ご存知のない方が多いところと思いますが、弁護士にはそれぞれ得意分野があります

刑事事件を得意とするのか、親族関係(相続など)を得意とするのか、離婚を得意とするのか、破産を得意とするのか、はたまた企業法務を得意とするのかなどです。

仮に知識がオールマイティだとしても、限られた人生の時間の中では経験はオールマイティとはなかなかいかないでしょう。

ご自身の相談したい内容を得意としているかどうかは、非常に重要なポイントです。

『相談してから全く知識がなかったことに気づいた』などは絶対に避けたいところです。

事前にホームページを確認し、その内容やコンテンツなどをしっかりと見た上で、自分の相談したいことを得意としているのか、判断するようにしましょう。

(2)実績はあるか?

過去の実績を載せている弁護士もたくさんいますから、その実績を見て、これまでどのような成果を挙げてきたのかを確認するようにしましょう。

過去に大きな実績があれば、安心して相談することができます。

5、無料相談をした際に見るべきポイント

無料相談をした際に見るべきポイント

実際に無料相談をした際は、以下の点に注意しましょう

  • あまり話を受け取ってくれる感じがしない
  • 一般人には馴染みのない専門用語を多く使う
  • 上から目線で話される感覚を受ける
  • 自分の話をする時間が長い

無料相談は、その後も費用をかけてこの弁護士と戦っていくかを判断する場でもあります。

もしも信頼できない弁護士なのであれば、その後の手続きを有利に進めていくことはできません。

これらの点を意識して、本当に信頼できるのかをしっかりと確認するようにしましょう。

まとめ

今回は、弁護士への無料相談について、その選び方や注意点などについて解説してきました。

自分一人で考えるのは、多くの時間や労力を失ってしまうことにつながります。

一人で悩むことはせず、まずは無料で相談し、その後の解決に向けての一歩を踏み出すようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

カテゴリー