ガスライティングとは?精神的DVの特徴・手口・対処法を弁護士が解説

ガスライティングとは

ガスライティング(gaslighting)とは、精神的DVの手法です

ガスライティングは、家庭や社内など特定かつ閉鎖された集団内で個人を追いつめるときによく使われます。

彼氏や夫の言動がガスライティングに該当するか判断するためにも、「ガスライティングとは何か」定義や手口を理解することが重要です。
あわせてガスライティングへの適切な対処法も解説します。

ご参考になれば幸いです。

弁護士相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-751-882
メールでのご相談

1、ガスライティングとは?定義や言葉の由来 

ガスライティングとは?定義や言葉の由来 

ガスライティングとはどのような意味であり、どのような由来をもっているのでしょうか。

まずはガスライティングの定義と言葉の由来について確認します。

(1)ガスライティングとは精神的DVのこと

ガスライティングとは「ウソの情報を信じ込ませて個人に自分を責めさせること」です。

たとえば、社内でAさんを精神的に追いつめようと考えていたBさんがいたとします。

Bさんは周囲の社員に協力してもらい、Aさんが会社の廊下を通るときにわざと小声で悪口を言っていました。

Aさんは「自分は悪口を言われているのではないか」と思い周囲に聞きましたが、Aさん含め周囲は「誤解ではないか」「あなたが周囲を悪く思っているからそのように勘違いするのだ」と答えます。
やがてAさんは被害妄想を抱いているのだと自分を責めるようになり、精神的に不調をきたすようになりました。

このように、Aさんにウソの情報を教えて自分が悪いと思わせることも、ガスライティングの一種になります。

(2)ガスライティングの名前は映画が由来

ガスライティングの名前は、「ガス燈」という映画が由来です。
映画の名前から「ガスライティング」という名前が生まれました。

ガス燈はイングリット・バーグマン主演のアメリカ映画です。
精神的DVで周囲をコントロールする男と翻弄される女性を描いた作品になります。

製作が1944年というかなり昔の映画ですが、現代でも家庭や職場で問題になるガスライティングを緻密に描いた名作として知られています。

2、ガスライティングの特徴

ガスライティングの特徴

ガスライティングの特徴を知ることで、自分に向けられる夫や彼氏の行動や言葉がガスライティングに該当するか診断できます。

ガスライティングの特徴は、「目的」と「言動」です。

(1)ガスライティングとは「被害者を破滅させること」が目的

ガスライティングの第一の特徴が、目的です。

虫の居所が悪くて相手に意地悪な態度をとるわけでもなく、単純に嫌いだから冷たく接するというわけでもありません。

ガスライティングとは相手を精神的に追いつめて、最終的に破滅させることを目的に行われるのです。

また、被害者を虐げることで精神的な満足感を得たいケースや、被害者を精神的にコントロールしたいなどの目的でもガスライティングが使われます。

ガスライティングの目的を理解しやすい例を挙げます。

AさんがBさんを社内で孤立させたいと考えていました。
孤立させて最終的に仕事を辞めさせること(仕事面での破滅)が狙いです。

AさんはBさんが側を通るときにわざと嘲笑し、Bさんを少しずつ精神的に追いつめるようにしました。
Bさんが周囲に確認しても「Bさんの思い過ごしでしょう」という反応です。

Aさんのガスライティングは続き、やがてBさんは自分自身を追いつめて会社を辞めてしまいました。
Aさんはガスライティングの目的を達成しました。

Aさんは嫌いなBさんが追いつめられる姿に満足感も得たことでしょう。
AさんがBさんに対して行ったガスライティングのように、精神的な面から被害者の破滅を狙うのが特徴になります。

この他にも、ガスライティングとは以下のような具体的目的をもって行われます。

  • 精神的に追いつめて自殺させたい
  • ママ友などのコミュニティから追い出したい
  • 家庭内やクラス内で孤立させたい
  • 精神的に追いつめて犯罪に走るように仕向けたい

目的を順番に見てみると、ガスライティングとは「集団の中の個人」に向けられていることが分かるはずです。
集団を破滅させるのではなく、特定の個人を破滅させることを目的に行われるのがガスライティングです。

(2)ガスライティングの特徴となる加害者の言動

ガスライティングの第二の特徴は、加害者側の言動です。
ガスライティングとは被害者を破滅させるために以下のような言動を使います。

  • バレやすい露骨なウソ
  • 過去の発言の否定(実際は言ったのに「言っていない」と否定する)
  • ちぐはぐな言動(褒めた後に貶すなど)
  • 何かと被害者のせいにする
  • 周囲の人が被害者に反感を持つよう立ち回る
  • 加害者に依存させようとする
  • 物を勝手に移動させる
  • 物やパソコンの設定を勝手に変更する
  • 日用品の中身を入れ換える
  • 被害者の私物を隠して知らない振りをする

加害者の上記のような言動(小さな迷惑行為)を咎めたり、加害者がやったのか訊いたりすると、「知らない」「被害妄想だ」など被害者側の気のせいだなどと主張します。
被害者は疑心暗鬼に陥りますが、「知らない」と主張することから被害者を責めることもできず、反対に自分を責めてしまうのです。

周囲に相談しても「気のせいだ」などと言われると、周囲や自分自身すら信じられなくなります。
少しずつ精神的に追いつめられるのです。

(3)ガスライティングとはどのような場所で起こるのか

ガスライティングが起きやすいのは「上下のある関係」「上下関係のある集団内」です。

上下のある関係とは上司と部下や、主導権を握る彼氏と彼女などの関係を意味します。
上下を力や権力の強弱と読み替えると分かりやすいはずです。

上下関係のある集団とは会社や家族、サークル、部活、友人関係の輪(ママ友など)を指します。
上下関係を横繋がりと読み替えても問題ありません。

上下のある関係は個人が逃れにくいところが特徴です。
上下関係(横繋がり)のある集団も、集団に属していると簡単に関係を切ることはできません。

上下関係や集団に拘束されるケースでガスライティングが起きやすいという特徴があります。

3、ガスライティングとはストーカーと違うのか

ガスライティングとはストーカーと違うのか

彼氏や夫の自分に向けられる言動がガスライティングなのか判断する際は、ストーカーとの見分けが重要です。
ストーカーとガスライティングはよく似ていますが、ふたつの点で異なっています。

ガスライティングとストーカーの違いのひとつは「目的」です。

ガスライティングとは、相手を精神的に追い込んで破滅させることが目的になります。
破滅する過程で相手をコントロールすることや、破滅に向かう姿に満足感を覚えることも目的です。

一方ストーカーは違います。
ストーカーの場合は、恋愛感情の成就や被害者の気を惹くことなどが目的です。

ガスライティングとストーカーのふたつ目の違いは「被害者に悟らせるかどうか」という点になります。

ガスライティングとは被害者を精神的に追いつめて破滅させることが目的ですから、ガスライティングだと被害者が悟ってはマズいのです。

たとえば社内でのガスライティングの場合、被害者が嘲笑や陰口の存在にはっきり気づいていたらどうでしょう。
そして、それがガスライティングだと分かってしまったらどうなるでしょうか。

ガスライティングのやり方に気づかれてしまったわけですから、被害者はしかるべき対処をするか、目的を悟って加害者の思い通りにならないように立ち回るかもしれません。
ガスライティングだと悟られてしまっては、加害者側の目的達成が難しくなるはずです。
だからこそ、ガスライティングのやり方は被害者に悟られないようにします。

ストーカーは恋愛成就や気を惹くこと、自分(加害者)に意識を向けさせることなどが目的です。
そのため、被害者に悟らせようとする傾向があります。

4、ガスライティングとは?よくある手口

ガスライティングとは?よくある手口

夫や彼氏の言動がガスライティングかどうか診断するために、よくあるやり方を5つ紹介します。

ガスライティングは夫や彼氏、同僚などが単独ですることもありますが、周囲を巻き込んで集団で行うケースもあります。
よくある手口を把握するときに注意してください。

(1)手口①疑心暗鬼に陥らせる

Aさんが仕事から帰宅すると家の鍵が開いていました。
家には彼氏が来ており「鍵を閉め忘れたのだろう」とAさんのミスを指摘します。

翌日、自宅の中の物が勝手に動かされていました。
Aさんは自分で物を動かした記憶がなく困惑します。
しかし彼氏はAさんのミスだと指摘、Aさんは自分の私生活の覚えがないことを彼氏からミスとして責められてしまうため、精神的にすっかり参ってしまいました。

物を動かしたり鍵を閉め忘れたりすることを本当は自分のミスではないかと自身を責め、疑心暗鬼に陥ります。

彼氏と彼女の間で起きたガスライティングの事例です。

(2)手口②わざと痕跡を残し不安を与える

Aさんが外出から帰宅すると、家の中に誰かが侵入した形跡がありました。
窓が少し開いており、室内に小石や砂が落ちているのです。

Aさんは夫に「誰かが留守中に入ってみたい」と相談しましたが、夫は「気のせいだ」と取り合ってくれません。
さらにAさんを「自分が窓を閉め忘れたのだろう」「砂や小石はおまえが掃除の手を抜いているからだ」と責めます。

外出するたびに家の中には侵入の痕跡があり、夫にも責められることから、Aさんは疑心暗鬼に陥ってしまいました。
後に夫のガスライティングの手口だったと判明しました。

(3)手口③偶然会ったように装う

ガスライティングの中でも被害者を「監視されているのではないか」と不安にさせる手口です。

Aさんが外出すると、外出先でなぜかママ友と頻繁に会います。
偶然にしてはママ友たちと会う頻度が高いため「わざとだろうか」と悩んでしまいました。

ママ友たちにそれとなく探りを入れましたが「偶然でしょう」と口をそろえて言います。
その後も外出するとママ友と会うため、口では違うと言っているがわざと監視しているのではないかと疑心暗鬼に陥りました。

もちろん偶然ではありません。
ママ友たちはAさんと偶然を装って外出先で会うように仕組んでいました。
Aさんは外出が怖くなり自宅から出られなくなってしまいました。

ママ友の集団で起きたガスライティングの事例です。

(4)手口④加害者が嘘を吹き込む

Aさんはもともと人付き合いがあまり得意なタイプではありませんでした。
そんなAさんに対してもともと好感を持っていなかった義母は、夫や他親族に対してAさんの言動についてウソを吹き込みます。
すべて根も葉もないことです。

結果、Aさんは親族間で孤立してしまいました。
夫に義母のことを相談しても「思い込みだ」と取り合ってもらえず、自分や周囲が信じられなくなり、精神的に参ってしまったのです。

親族間で起きたガスライティングの手口になります。

(5)手口⑤移動や行動の邪魔をする

Aさんが自宅のテーブルを見ると、Aさんがしまったはずの仕事資料がテーブルの上に出されていました。
Aさんは不審に思いましたが夫に訊いても「俺を疑っているのか」と怒鳴られてしまいます。

Aさんが自宅の廊下を歩いていると夫が道を塞いだり、大きな物音を立てたりします。
明らかにわざとやっているようです。
頻繁に肩もぶつけてきて、夫に何か言うと「自分の気のせいなのに俺を疑うのか」と怒られてしまいます。

また、Aさんが何かしようとすると日常的に夫が行動の邪魔をすることや、わざと音を立てることが日常茶飯事になってしまいました。
精神的に参ってしまいました。

夫が妻を精神的に追い込んだガスライティングの事例です。

5、ガスライティングで悩んだときの対処法

ガスライティングで悩んだときの対処法

手口や特徴から「ガスライティングだ」と判断した場合は5つの対処法があります。
ガスライティングに打ち勝つために対処法を併用することも可能です。

(1)ガスライティングの起きやすい場所を知って避ける

ガスライティングとは「コミュニティ」「集団」で起きやすいという特徴があります。
ガスライティングで悩んだときは、ガスライティングの起きやすい集団やコミュニティを避けることが方法のひとつです。

ガスライティングの起きやすい集団・コミュニティとしては、会社内、家族や親族間、ママ友、地域などがあります。

ガスライティングではないか疑わしい場合は、被害が深刻化する前にコミュニティや集団から離れ、縁を切ることで対処可能です。

(2)ガスライティングを徹底的に無視する

ガスライティング被害があったときは、徹底的に無視をすることで対処する方法もあります。

ガスライティングとは被害者を精神的に追い込んで破滅させることが目的ですから、平然としていることで加害者側が諦めてしまう可能性もあるはずです。
徹底的に無視して、加害者の前では平静を装うことで「あの人にガスライティングの手口は効かない」と思わせるのです。

ただ、この方法を使うと「効かないならもっと酷い目に合わせてやろう」と加害者のガスライティングの手口が激化するケースもあるため注意が必要になります。

ガスライティングについて周囲に相談しても「気のせいではないか」などと取り合ってもらえないケースがある他、加害者側と通じているケースもあります。
相談によって被害者がさらに傷つくことや、ガスライティングの被害が深刻化することもあるため、合わせて注意してください。

(3)ガスライティングの証拠集めをする

ガスライティング被害にあっている、あるいはガスライティングを疑っているということは、疑いや被害に足るものが実際にあったのではないでしょうか。

ガスライティングの対処をするために証拠集めをしておくことが重要です。
証拠の集め方としては、ガスライティングにあった日時をメモとして記録に残す方法や、小型カメラなどを使う方法があります。

ただ、ガスライティングを被害者側に気づかれたと知られれば、加害者側も手口を変えるかもしれません。
また、一時的にガスライティングをやめて、被害者が安心した頃にまたガスライティングをするかもしれません。
証拠集めを加害者が分かるように大々的にやってしまうと、証拠を集めにくくなってしまいます。

ガスライティングの証拠集めをする際は弁護士などの専門家に相談し、ガスライティングのケースに合わせて適切な方法で証拠集めをすることが重要です。
証拠集めを専門にしている探偵などに依頼してもいいでしょう。

集めたガスライティングの証拠の使い方も、弁護士などに相談しておくとより適切な対処ができるはずです。

(4)ガスライティングについて弁護士に相談する

ガスライティングについて弁護士に相談し、加害者側に示談交渉してもらう方法もあります。

職場で集団ガスライティングがあった場合、個人で対処すると「気のせい」というレッテルを貼られてしまい取り合ってもらえないケースがほとんどです。
ガスライティングが激化することも考えられます。

職場やママ友などのガスライティングが個人での対処が難しいのが現実です。
間に専門家である弁護士を入れることで、示談などで解決できる可能性があります。

(5)ガスライティングを理由に離婚や別れを決意する

彼氏や夫がガスライティングの加害者の場合は、離婚や別れを決意することも対処法です。

ガスライティングとは精神的DVの一種であり、中には暴力(DV)をともなうケースもあります。
証拠を集めて相手に言い逃れされないかたちで離婚や別れを切り出すことを検討してはいかがでしょう。
縁切りすればガスライティングも解決する可能性があります。

対処の際は「どのように離婚や別れを進めるか」「慰謝料請求は可能か」なども含めて弁護士にアドバイスを受けることをおすすめします。

まとめ

ガスライティングとは精神的DVの一種であり、見えない精神的ないじめでもあります。

ガスライティングではないかと悩んでいるなら、専門家に相談して診断してもらってはいかがでしょう。
そのうえで適切な対処について弁護士と一緒に検討してみてはいかがでしょうか。

ガスライティングとは被害者を精神的に追いつめて破滅させることを目的としているため、心や体、そして人生そのものに大きな傷を残す可能性があります。
早めに相談し、ガスライティングの苦しい状況から抜け出しましょう。

弁護士相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。