未知の振り込みが闇金の「押し貸し」? 対処法と避けるべき行動を解説

自分の口座に身に覚えのないお金が振り込まれ、知らない相手から返済を求められた場合は、闇金の「押し貸し」の可能性があります。

押し貸しの被害に巻き込まれた際は、慎重な対処が必要です。

この記事では、

  • 押し貸しとは何か
  • 押し貸しの被害に遭遇した場合の適切な対処法
  • 押し貸しの被害を相談できる窓口

について、ベリーベスト法律事務所の弁護士が、わかりやすく説明します。

弁護士相談に不安がある方!こちらをご覧ください。

無料相談実施中

借金返済に見通しをつけて「安心」を手に入れませんか?
  • ・借金がいくら減るの?
  • ・月々の支払いがいくら減るの?

家族や会社に秘密にしたまま、借金を減額できるか診断できます。

かんたん診断

1、押し貸しとは?

まずは、押し貸しとは何なのかについて、分かりやすく解説します。

(1)押し貸しは闇金の手口のひとつ

押し貸しとは、借金を申し込んでいないにもかかわらず、相手の方から勝手にお金を銀行口座に振り込むなどして強引に貸し付ける、闇金の手口のことです。

お金を振り込んだ闇金は、「そのお金は貸したものだから返せ」、「借金には利息がかかる」といって利息付きで返済を要求してきます。

怖いからといって素直に返済すると、さらに押し貸しを繰り返すなどして法外な利息を要求してきます。

返済できなくなると過酷な取り立てが始まり、最終的には一般的な闇金の被害に遭ったのと同じような事態に陥ってしまいます。

2、返済すると泥沼に!押し貸しされたときのNG行為

ここからは押し貸しをされたときの対処法を解説していきますが、まず「やってはいけないこと」を覚えておきましょう。

以下の3つの行為をしてしまうと、トラブルが深刻化してしまう可能性が高いので、決して行わないように注意しましょう。

(1)要求どおりに返済してはいけない

闇金業者から法外な利息を要求されても、すぐに完済すれば金銭的な損害はわずかで済むと思われるかもしれません。

しかし、それでは闇金業者の利益が上がらないので、あの手この手を使って完済できないように仕向けられます。完済させずに利息を搾り取るのが闇金業者の手口です。たとえ完済したとしても、再度押し貸しをしてくるケースも少なくありません。

やがて返済が間に合わなくなると、過酷な取り立てが始まります。闇金業者が自宅や職場へ直接取り立てに来ることは少ないですが、さまざまな嫌がらせをされることが多いです。

闇金業者の要求に応じてはいけない、ということを覚えておきましょう。

(2)無視や放置をしてはいけない

返済してはいけないのなら、無視して放置しておけばよいと思われるかもしれませんが、それも危険です。

無視・放置をしていると、闇金業者が方々に嫌がらせの電話をしてくる可能性が高いからです。

闇金業者は、相手が無視・放置することは織り込み済みで、その場合に相手を追いつめる手段を事前に用意しています。

口座に知らないお金が振り込まれた時点で、闇金業者に親族や友人・知人、職場の連絡先まで知られていると考えるべきです。

(3)振り込まれたお金を使ってはいけない

押し貸しで振り込まれたお金でも、勝手に使ってしまうと遺失物横領罪などの罪に問われるおそれがあります。

この点、「闇金から借りたお金は返す必要がなく、自分のものになる」ということを聞いたことがあるかもしれません。

その理由は、法外な利息を伴う闇金の貸付は犯罪に該当するため民事上も無効となる上に、違法行為をした闇金業者が返還を求めることは法律で禁止されているからです。

しかし、知らないお金が振り込まれただけの時点では、法外な利息の要求という違法行為がまだ行われていません。

この時点で闇金業者が「誤って振り込んでしまった」と言い訳をすれば、押し貸し行為と断定することができず、振り込みミスとして扱われる可能性が高いです。

そうすると、口座名義人にはそのお金を引き出す正当な理由がありません。それにもかかわらず、勝手に引き出せば遺失物横領罪などが成立する可能性があるのです。

この理屈は納得できないかもしれませんが、道端などで拾ったお金を着服すると罪に問われるのと同じように考えると分かりやすいでしょう。

3、口座に心当たりのないお金が振り込まれたら弁護士への相談がベスト

警察と弁護士の両方に相談するのも、もちろん構いません。ただ、闇金問題の相談先としては弁護士がベストであるといえます。

その理由は、警察に相談してもすぐには動いてもらえないことが多いからです。実際に多額のお金を脅し取られた場合や、暴行を受けた場合のように実害が発生していなければ、被害届を提出してもなかなか動いてもらえないのが実情です。

闇金業者もそのことを知っているので、たとえ警察から電話で一度警告を受けたとしても、ほとぼりが冷めた頃にまた取り立ての電話をかけてくることがあります。

一方、弁護士は依頼者を闇金から守るために全力で対応します。闇金業者も、弁護士が警察に働きかければ積極的に動く可能性が高いことを知っています。

そのため、闇金業者は弁護士が付いた顧客への取り立ては断念し、ターゲットを他のカモに変更する可能性が高いのです。結果として、依頼者は闇金業者から完全に解放されることが期待できます。

まとめ

お金に困っているときに口座にお金が振り込まれれば、身に覚えのない入金であっても手を出してしまいたくなるかもしれません。しかし、それこそが闇金業者の罠です。

「すぐに全額を返せないのなら、利息を付けて少しずつ返せ」と要求され、応じてしまうといつまでも利息を要求されることになってしまいます。

身に覚えのない振り込みがあったら、まず「不審だ」と思ってください。理由もなくお金を与えてくれる人などいないのですから。

そして、振り込まれたお金には手をつけず、闇金業者からの返済要求に応じることもせず、早めに口座を開設している銀行や弁護士に相談して、対応してもらいましょう。

無料相談実施中

借金返済に見通しをつけて「安心」を手に入れませんか?
  • ・借金がいくら減るの?
  • ・月々の支払いがいくら減るの?

家族や会社に秘密にしたまま、借金を減額できるか診断できます。

かんたん診断

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、 ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

ベンナビ弁護士保険への加入
ベンナビ弁護士保険への加入

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険の資料を無料でダウンロードする

提供:株式会社アシロ少額短期保険 KL2022・OD・211

閉じる

  • 無料減額診断スタート
  • 無料でできるかんたん借金減額診断!
  • 借金返済に見通しをつけて「安心」を手に入れませんか?
  • 最短90秒!
    匿名OK!
  • 200万以上も借金が減った事例あり!
  • 無料減額診断スタート