弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-648-125
メールでのご相談

男性が女性専用車両に乗ったら犯罪になるのか?痴漢の冤罪を避けるために男性が知っておくべきこと6つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性の皆さん。

女性専用車両に飛び乗ったらイタイ視線を浴びた、なんていうことはありませんか?

何もしていないのに犯罪者のような目で見られたりしたら、女性専用車両って一体なんなんだ?という気持ちにもなることでしょう。

今回は

  • 女性専用車両の意味

などについてご紹介していきます。

ご参考になれば幸いです。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-648-125
メールでのご相談

1、女性専用車両を作った意味

女性専用車両を作った意味

女性専用車両は、2000年に京王線で試運転を開始して以来、京王線では2001年に正式に車両が導入され、2005年には都内全域で導入されることになりました。

歴史はまだ浅い女性専用車両ですが、作られた意味はご存知ですか?

以前、某コメディアンも、男性は激混みの通常車両、女性は涼しげに座って本を読む、などと女性専用車両をネタにしていたこともありました。

女性専用車両は女性を優遇するために作られたのでしょうか?

本項では、なぜ女性専用車両があるのか、について解説していきたいと思います。

(1)女性の人権を守るため

女性専用車両を作った意味は女性の人権を守るためです。

2017年の都内における迷惑防止条例違反(痴漢)の件数は約1,750件でうち電車内での割合は51.3%です。

駅構内も含めると71.3%で、件数に換算すると約1,248件にも上ります。

都内では特に多い電車内での痴漢行為。そのうち申告している女性は法務省の調査によるとたったの13.3%だけです。

つまり、都内だけでも、毎年約9,000人近くの女性が、電車内や駅構内での痴漢行為に対して、泣き寝入りしている計算になります。

このように電車内では女性の人権侵害率が高く、女性の人権を守るために女性専用車両が作られました。

(2)男性の痴漢の冤罪を避けるため

混み合っていれば、体が女性に触れることもあるでしょう。

しかしこうした場合、痴漢と間違われるケースも多々あるのです。

とは言え、痴漢については「やっていない」という立証が難しく、被害を申告されればたいがい警察行きとなってしまいます。

このように、特に痴漢を警戒している女性に女性専用車両を使ってもらうことにより、事実無根の痴漢事件の数は大幅に減少することが期待できるわけです。

2、男性専用車両の導入予定は?

男性専用車両の導入予定は?

残念ながら、2019年末現在、男性専用車両を作成する予定はどの鉄道会社にもありません。

「男性専用車両」を作ることによるメリットが少ないからです。

女性専用車両を作っても、すべての女性が女性専用車両に乗車できているわけではありませんので、完全に痴漢を排除することはできていません。

もっとも、少なくとも痴漢のトラウマがあったり痴漢を怖がる女性たちは、女性専用車両に乗ることで、痴漢に遭わない方法を選択することができるというわけです。

その意味で、女性専用車両にはメリットがあります。

他方で、痴漢に間違われたくない男性としては、両手でつり革を掴むなど、わざわざ男性専用車両に乗るまでもなく対策を取ることは可能です。

一般的には、男性が被害者となる迷惑防止条例違反事件は生じにくいことから、やはり、男性専用車両を作るというメリットは、これを導入するコストに比して少ないといわざるを得ないでしょう。

3、女性専用車両に男性が乗ったら罪に問われるのか

女性専用車両に男性が乗ったら罪に問われるのか

では、女性専用車両に男性が乗ったら罪に問われるのでしょうか。

実は法的には犯罪にはなりません

鉄道営業法34条には、下記の通りの記載があります。

第三十四条 制止ヲ肯セスシテ左ノ所為ヲ為シタル者ハ十円以下ノ科料ニ処ス

一 停車場其ノ他鉄道地内吸煙禁止ノ場所及吸煙禁止ノ車内ニ於テ吸煙シタルトキ

二 婦人ノ為ニ設ケタル待合室及車室等ニ男子妄ニ立入リタルトキ”

引用:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=133AC0000000065

意味としては、制止されても、女性のために設けられた待合室や車室に男性が立ち行った場合には、80円以下の科料に処すということです。

ですが、国土交通省は、女性専用車両はこの法律の範囲内ではないと明示しているため、女性専用車両に男性が立ち入ってたとしても、刑罰の対象にはなりません。

また小学生以下の男性や介助者の男性なども女性専用車両への乗車が認められています。

もっとも、犯罪行為ではないからと無闇に女性専用車両に立ち入ることは、男性自身にとってのデメリットになり得ます。

痴漢と勘違いされてしまったり、女性から軽蔑の視線を向けられてしまうからです。

4、それでも女性専用車両の存在に違和感がある方へ

それでも女性専用車両の存在に違和感がある方へ

とはいえ、この記事にたどり着いた方は、やはり女性だけなぜ車両が準備されているのか、どうしても男女差別に思えるという方も少なくないのかもしれません。

特に都心では、LGBTなどの認識も広まり、「性」の区別はなくなりつつあります。

そのため、女性専用車両の存在自体、違和感を覚える方もいらっしゃることでしょう。

ただ、生物学的にも、性別による差はどうしても存在しています。

さまざまな人間がいる中でも、これは曲げようもない真実です。

また、統計的にも、女性から男性への性加害に比して、男性から女性への性加害は多いです。

今の社会の中では、女性専用車両を設けると言う対策をとることは、問題の解決策としてひとまずの正解と言えるのではないでしょうか。

5、女性にも知ってもらいたい女性専用車両の意味

女性にも知ってもらいたい女性専用車両の意味

女性専用車両は、女性の人権を守るために作られた車両です。

レストランの「レディースランチ」のような女性をターゲットとした商戦略でもなく、また女性を優遇するために作られたものでもありません。

一部の女性が勘違いをし、女性専用車両に欲しい機能などを面白おかしくSNSで発信することも見かけますが、そのような発言を不満に思う男性も出てきてしまうようです。

女性専用車両のおかげで痴漢を考えずに通学・出勤、外出ができる。

この意味をより理解していただけると幸いです。

6、もしも痴漢の冤罪に巻き込まれそうになったら弁護士に相談

もしも痴漢の冤罪に巻き込まれそうになったら弁護士に相談

もしも痴漢の冤罪に巻き込まれそうになった場合には、即座に弁護士に相談することをおすすめします。

痴漢は、被害を叫ばれてしまえば、何らかの対策をとらないと、例え冤罪であっても警察へ連行されてしまうリスクが高いと言えます。

しかしすぐに弁護士をつけることができれば、大幅にこのリスクを低減することができるのです。

事前準備として役立つのが「弁護士保険」

痴漢のヘルプコールをつけた保険も人気です。

保険でなくても、直接電話をかけられる痴漢対応をしている法律事務所を検索しておくことも有益でしょう。

とにかく満員電車を利用される男性にとって、痴漢冤罪のリスクは常に付きまといます。

すぐに弁護士に相談できる体制を整えておくことも重要であると言えるでしょう。

まとめ

女性専用車両に男性が乗車しても法的には犯罪にはなりません。

ですが、敢えて女性専用車両に乗車する行動は命取り。

できるだけ電車内や駅構内では女性に近づかない方が痴漢冤罪に巻き込まれずに済みます。

万が一痴漢に間違われた場合には即座に弁護士に連絡を。

痴漢の冤罪被害を証明してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • 電話で無料相談する