弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

不倫相手からの連絡の頻度と連絡が減ってきた場合の4つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫関係は、不安定なものです

最初は頻繁に連絡が来ていても、相手からの連絡が減ってくると、不安感がどんどん高まってくるでしょう。 

不倫相手からの連絡は、一般的にどのくらいの頻度でくるものでしょうか

また、連絡が減ってきたということは、どのようなことを意味するのでしょうか 

今回は、不倫相手からの連絡の頻度と、連絡が減ってきたことの意味、その場合の正しい対処方法を解説します。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

1、不倫相手からの連絡の頻度はどのくらい?

つきあい始めた当初は頻繁にLINEやメールが来ていたのに、徐々に減ってきて不安に感じることがありますが、そもそも、不倫している場合、どのくらいの頻度で連絡を取り合うものなのでしょうか?

連絡を取る頻度については、不倫でも普通の恋愛でも、そう大きく変わるものではありません。 

マメな人は、普通の恋愛でも不倫でもマメにメールなどを送ってきますし、無精な人は、普通の恋愛でも不倫でもあまり連絡をしません。

ただ、傾向として、不倫の場合には、連絡をしないと途絶えてしまう関係にありますから、特につきあった当初はかなり多めに連絡をしてくるでしょう。

毎日LINEやメールをしてくるという人もそれなりにいます。

ただ、心理として、男性の場合、メールは「単なる連絡手段」を捉える傾向があります。

女性は、メールを「愛情の証、バロメーター」と捉えるところがあるので、この点は大きく異なるところです。

そこで、男性の場合、不倫関係が安定してくると、メールの回数や頻度は減ってくることが多いです。

関係が深まり、安定したら、さほど「連絡しなければならない」ことも減っていくからです。

そこで、当初は毎日連絡をしていても、慣れてくると2日に1回、3日に1回などに減ってくることは普通にあります。

連絡を入れても、返信の速度が遅くなってくることも多いです。

ただし、これも人によりけりですから、マメな人の場合、始めから変わらず毎日メールをしてくる人もいますし、即返事をくれる人もいます。

反対に、つきあい始めた当初から「あまりメールはしない」と言ってほとんどメールをしなかったり、電話がメインの連絡方法になったりする人もいますし、メールをしても23日返信しない人もいます。

このようなことですから、連絡の頻度や速度について、過剰に反応する必要はありません。

2、不倫相手からの連絡頻度が減ってきたことは何を意味する?

それでは、不倫相手からの連絡頻度が徐々に減ってきたことは、どのようなことを意味するのでしょうか?

(1)関係が安定してきた

1つには、2人の関係が安定してきた場合があります。

先ほどにも少し説明しましたが、つきあい始めは関係を構築するために、お互いが頻繁に連絡を取るものですが、安定してきたら、特に男性の方は、「毎日連絡を取る必要がない、と考え始めることが多いからです。

この場合、連絡が減ってきたからと言って、「愛情が冷めたのかも」と心配する必要はありません。

(2)妻にばれそう、ばれた

2つ目は、妻にばれそうになっていたり、実際にばれたりしているパターンです。

浮気している男性は、たいてい家庭を捨てる気持ちなどありませんから、妻に「不倫しているのでは?」と感づかれたら浮気相手とは別れようと考えます。

そこで、連絡もしなくなりますし、不倫相手から連絡がきても、なかなか返事をしなくなったり、ときには突然音信不通になってしまったりすることもあります。

(3)愛情が冷めた

3つ目は、不倫相手への愛情が冷めてしまったパターンです。

当初より連絡の頻度が1/5になったなどかなり減ったらこのパターンの可能性があります

交際を始めた当初は、相手への関心も高く、自分の中に盛り上がる気持ちや情熱もありますが、数ヶ月もしてくると、だんだんと慣れて刺激がなくなってきます。

毎日同じようなやり取りをしていても、特に楽しいという感情も起こりません。

そこで、連絡も途絶えてしまいがちになります。

(4)忙しくて、返信できない

仕事が忙しい人の場合、返信する暇がないパターンもあります。

もともと、忙しい中時間を割いて返事をしていても、ある程度関係が安定してきたら、無理に返信する努力をしなくなることもあります。

また、突然仕事が忙しくなったり子どもの世話をしなければならなかったりして状況がかわり、不倫相手と連絡する暇がなくなることもあります。

(5)面倒くさくなった

単純に、関係がマンネリ化して、連絡をするのが面倒になってしまうケースもあります。

愛情が完全に冷めたというわけでもないけれど、マメに連絡をしようという気にもなれない、という状態です。

こうなってきたら、だんだんと「やっぱり不倫は重い」と感じるようになり、さらに段階が進むと「別れようか」などと考えるようになります。

(6)次の不倫相手ができた

浮気性な人は、次々に浮気を繰り返すものです。

そういった人は、すぐに次の不倫相手を見つけてしまいます。

次の不倫相手が見つかったら、以前の不倫相手は簡単に捨てられてしまいます。

その場合、以前の彼女から連絡が来ても、ほとんど一切返事がなくなりますし、近いうちに「もう関係を終わらせよう」などと言われてしまうか、音信不通になってしまうでしょう。

3、不倫相手からの連絡が減ってきた際の4つの対処法

不倫相手からの連絡がなくなってきたら、どのように対応したら良いのでしょうか?

選択肢としては、以下の4つが考えられます。

(1)待つ

また、単純に連絡を待つ方法です。

今までのように頻繁ではなくても、1週間くらい待てば連絡が来ることもあります。

相手が急に忙しくなったり何か事情があって連絡できなくなっているだけだったりすると、待っていると解決できることもあります。

(2)相手に連絡をする

2つ目は、こちらから相手に連絡を入れる方法です。

「何かありましたか?」「連絡待っています」「心配しています」などとメールをしてみます。そして、相手からの返信を待ちます。

ただ、相手が連絡してこないのが「妻にばれた」ことが原因である場合には、メールを送ることによって相手の妻に見られて「しつこい女」などと思われたり慰謝料請求されたりするリスクがあります。

(3)諦める

相手から連絡がなくなって2週間も経ったら、諦める方が良いかもしれません。

通常、重傷で入院でもしていない限り2週間も返信がないことはまずありません。

相手の方も、別れようと思っていると考えて良いでしょう。

(4)こちらから捨てる

一番良いのは、こちらから捨ててやろうと考えることです。

そもそも、不倫していてもリスクが高いばかりで、良いことなどありません。

相手からの連絡がなくなったことを機会にして、きっちり別れてしまいましょう。

連絡がなくなった分、こちらから別れを切り出す手間がなくなったと考えると良いです。

4、不倫は終わらせるべき!こんなにあるリスク

実際に、不倫関係を続けていると、どのようなリスクがあるのでしょうか?

まずは、相手の妻から慰謝料請求される可能性があります。

相手の妻が強硬な人の場合、家や職場に押しかけられて、大騒ぎされる可能性もあります。

そうなったら、今の職場にも居づらくなってしまったり、周囲から好奇の目で見られたりすることがあります。

また、相手の妻がネット上の掲示板やブログ、SNSなどに「不倫女」などと書き込むかもしれません。

そうなったら、妙な噂が広まってしまい、居心地が悪くなってしまうでしょう。

不倫が自分の実家の家族にばれて、親を泣かせたり、親との関係が悪化してしまったりすることもあります。

5、連絡頻度が減ってきた不倫相手との関係をスムーズに終わらせる方法

それでは、不倫相手からの連絡頻度が減ってきたら、どうやって関係をスムーズに終わらせたら良いのでしょうか?

(1)こちらから連絡しない

重要なのは、こちらから連絡しないことです。

自分の中で「関係を終わらせる」「もう終わった」と心に決めて、一切連絡をしません。

相手からの連絡も待ちません。

スマホや携帯に保存した相手の連絡先は、削除してしまいましょう。

(2)はっきり「終わりにしましょう」と告げる

けじめをつけたい方は、相手に対し、最後に「終わりにしましょう」というメールを送ってもよいです。

ただし、返事は期待しないことです。

メールを送信したらすぐに相手の連絡先を削除しましょう。

返事を期待してしまう人は、メールをしない方が良いです。

6、不倫の未練を断ち切る方法

不倫相手ときっちり別れるためには、未練を断ち切ることが重要です。

以下で、その方法をご紹介します。

(1)少しぜいたくをする

1つは、少しのぜいたくをする方法です。

たとえば、いつもは行かない高級レストランで食事をしてみたり、高いスイーツを買ってみたり、アクセサリーやバッグを購入したり、お風呂でアロマを使ったり、新しいコスメを買ってみたりして、心を豊かにすると、気分を変えることができます。

(2)自分を認める

不倫してしまう方は、自己肯定感が低いことが多いです。

自分を認められないから、不倫であっても自分を認めてくれる人に頼ってしまうのです。

そして、相手に依存しているから別れられないということがあります。

そんなときには、自分を認めることです。

「私は、こんな良いところがある」「愛される価値がある」と言い聞かせましょう。

不倫していたことを責めるのも、良くないので辞めましょう。

不倫の恋からも学ぶことはあったでしょうし、人間的に成長したところがあるはずです。

終わったことはくよくよせずに、前向きな気持ちになりましょう。

(3)紙に気持ちを書き殴る

どうしても、ぐちゃぐちゃな気持ちがあって押しつぶされそうなときには、紙にその思いを書き殴ってみることが効果的です。

手帳やノートなどに、何ページにもわたって好きなだけ書きましょう。

誰にも見せませんから、何を書いても良いです。

「好き、別れたくない」「なんでわかってくれないの?」「なんで私はいつもこうなるの?」「許せない、騙された!」「馬鹿野郎!くそ男!」など、どんな下品な言葉を使ってもかまいません。

そして、どれだけ泣いてもかまいません。

大声を出して泣きつづけても良いです。

ありったけの気持ちを吐き出したら、だんだんと楽になってくるものです。

まとめ

今回は、不倫相手からの連絡がなくなったり、減ってきたりしたときの対処方法を解説しました。

不倫関係を続けていても、良いことはほとんどありませんから、連絡が減ったらそれを機に別れてしまいましょう。

相手の妻にばれると大変なことになりますから、なるべく早めにこちらから音信不通にしてしまう方法がお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

30秒でダウンロード完了!
離婚完全マニュアル全33ページ

「一度は離婚を考えたことがある」

そんなあなたに贈る、知っておきたい離婚の全知識

そんなあなたに贈る、
知っておきたい離婚の全知識

「離婚」の文字が頭をよぎったことはありませんか?
どのようなことから始めれば良いのか、はたまたこれは離婚原因になるのだろうかと、悩んではいませんか?

そんなあなたにこのマニュアルには

  • ・離婚の手続きの進め方について
  • ・よくある離婚の原因・理由
  • ・離婚後に起こるトラブルと回避法

など、離婚で皆様が悩むところをわかりやすく解説しています。こちらを読んでいただき、離婚で悩んでいる方たちのお力になれればと思います。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00 ご対応可能
  • 電話で無料相談する
  • メールで無料相談する