弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

物に当たるDVを繰り返す旦那が怖い〜改善方法や離婚について解説

物に当たるdvを繰り返す旦那が怖い〜改善方法や離婚について解説

機嫌が悪くなるとすぐに物に当たるDVを繰り返す旦那が家にいると、心が休まる瞬間がありませんよね。DVをやめてほしいと思っていても、旦那の感情が高ぶると手が付けられなくなるという恐怖を感じている人もいるでしょう。

物に当たったり、物を壊したりすることにより精神的苦痛を与える行為は、DVの定義における精神的・心理的暴力に該当します。

参考:内閣府 男女共同参画局 

そこで今回は、

  • 物に当たるDVを繰り返す旦那の心理
  • DVを改善する方法

などについてご紹介します。

DVについては以下の関連記事をご覧ください。

関連記事 関連記事

弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

目次

1、機嫌が悪くなると物に当たるDVを繰り返す旦那は何を考えている?

機嫌が悪くなると物に当たるDVを繰り返す旦那は何を考えているのでしょうか?DVを繰り返す旦那の心理状態を一つずつ見ていきましょう。

(1)ストレスがたまっている

妻や家族に対して何か苛立ちの感情があるというよりは、そもそもストレスがたまっていることにより自宅で物に当たるDVを繰り返してしまう男性は少なくありません。

このような男性は、

  • 仕事で大きなプレッシャーを抱えていたり
  • 人間関係のトラブルの吐き出し口を見つけられていなかったり

することから、物に当たるDVをすることでストレス発散をしています。

(2)妻よりも優位に立ちたい

物に当たるDVをする男性の中には、妻よりも優位に立ちたいという感情を強く持っている人もいます。

男性は元々プライドが高い人が多く、女性よりも優位に立つことで自分自身の

  • 存在意義
  • 価値

などを見出す傾向が少なからずあります。

日常生活の中で妻より優位に立ったり自分の存在意義を認めてもらえなかったりすると、物に当たるDVをすることで自分を強く見せようとするのでしょう。

(3)物に当たることで何らかの要求を妻にしている

男性は、

  • 自分がなぜ満たされないのか
  • 妻に本当はどのように接してほしいのか

を自分でうまく言語化できないことが少なくありません。

妻へ言いたいことがあってもそれを言語化できないからこそ、物に当たるDVを繰り返すことで妻に何らかの要求をしています。

(4)物に当たることでしか自分の感情を処理できない

上述のように、自分の気持ちや感情を言語化したり自分でコントロールできなかったりする男性は、物に当たるDVをすることでしか自分の感情を処理できない場合があります。本来は物に当たらずに自分で自分の感情を処理すべきですが、それができないため物に当たることで自分の感情を爆発させてしまいます。

(5)物に当たることに対しての罪悪感が小さい

物に当たるDVを繰り返す男性の中には、物に当たることに対しての罪悪感がそもそもあまりない人もいます。

物に当たれば物が壊れたりそれにより家族が怪我をしたりする可能性があるので、本来は

  • 「危険なこと」
  • 「やってはいけないこと」

と考えるはずです。

しかしながら、たとえば幼少期に自分の父親が物に当たる姿を日常的に見ていたなど、そもそも物に当たることに対して罪悪感がないと、申し訳ないなどの気持ちをほとんど感じずに物に当たるケースもあります。

(6)病気の可能性について

物に当たる行為があまリにもエスカレートしている場合は、物に当たる旦那が病気を患っている可能性もあります。

急に怒ったり感情のコントロールができなくなったりすることは多くの精神障害で発生する症状の一つです。

たとえば

  • 精神障害
  • アルコール依存症
  • 薬物依存症
  • 脳卒中や認知症などの脳の病気

になっていれば、些細なことで不機嫌になる「易刺激性(いしげきせい)」や怒りっぽい「易怒性(いどせい)」などの症状が出ても不思議ではありません。

2、物に当たる旦那のDVを改善する方法〜関係性を再構築するには?

物に当たる旦那のDVにおびえていても、離婚までは考えておらずどうにか旦那の態度を改善したいと考えている女性もいるでしょう。

ここからは、物に当たる旦那との関係性を再構築するためのポイントを解説します。

(1)DVであることを自覚させ、やめてほしいと伝える

物に当たる旦那は、自分が行っていることがそもそもDVに該当することを自覚していないケースが少なくありません。DVに当たるとは夢にも思っておらず、ストレス発散の一貫に過ぎないなどと楽観的に考えている人さえいます。

このような旦那にはまず、物に当たる行為がDVに該当することを本人に自覚させましょう。その上で、これ以上物に当たる行為を繰り返すことはやめてほしいと旦那にはっきり伝えることが大切です。

(2)DVによってどれだけ精神的ストレスが溜まっているかを伝える

物に当たる旦那は、自分のDVがどれほど妻や家族を苦しめているのかを理解していない可能性があります。旦那としてはストレス発散をしているだけだと思っていても、妻や家族からすれば物に当たる旦那と生活を共にすることは相当な精神的ストレスになります。

まずは旦那に対して、物に当たる行為によりどれだけ精神的ストレスが溜まっているかを正直に伝えましょう。

(3)なぜ物に当たるのかを旦那に聞いてみる

そもそもなぜ物に当たるのかを旦那に聞いてみるというのも大切なポイントです。もしかしたら旦那としても、妻に要望があったり妻に理解してほしかったりすることがあるものの、それをどのように伝えたらよいか分からず物に当たっている場合もあります。

物に当たる理由を旦那に聞けば、旦那自身もなぜ物に当たってしまのか改めて自覚する機会にもなるでしょう。

ただしそれによって逆上してしまうことも考えられますので十分注意してください。

(4)旦那のストレスやプレッシャーについて旦那の話を聞く

物に当たる旦那自身がストレスや仕事上のプレッシャーを抱えている場合は、旦那の話をゆっくり聞いてあげましょう。旦那自身もストレスの吐き出し方がわからなくなっている場合もあるので、話を聞いてあげるだけでも物に当たるDVが緩和される可能性があります。

(5)第三者や専門家に相談する

当事者同士ではどうにも解決の糸口が見つからない場合、第三者や専門家に相談してみるのも一つの手段です。当事者ではどうしても個人的感情が入り冷静に話し合いができない夫婦も多いので、第三者の客観的な意見を参考にしてみてください。

(6)旦那と一緒に専門家のカウンセリングを受ける

もしも旦那が自身のDVを改善する意思がある場合、旦那と一緒に専門家のカウンセリングを受けてみるというのも一つの手段です。妻との話では自分の正直な気持ちを話すことができなくても、専門家のカウンセリングの場では正直な気持ちを打ち明けられる旦那もいます。

本気で夫婦関係を再構築していきたい場合は、旦那と一緒に専門家のカウンセリングを受けることも検討してみてください。

3、物に当たる旦那と離婚を考えるべきかどうかの判断基準

物に当たる旦那と日常生活をともにしている女性の中には、離婚すべきかどうか悩んでいる人が少なくありません。中には、友人や親戚から早く離婚するように促されている人もいるでしょう。

たとえ物に当たる旦那であったとしても、一度は結婚した相手です。一時の感情に任せて離婚をすると後から後悔する可能性があります。

物に当たる旦那との離婚を迷っているときは以下の判断基準を参考にしてみてください。

  • 物に当たる旦那のDVが一時的なものか
  • 旦那にDVを改善したいという気持ちがあるか
  • 旦那のDVにあなた自身が強い恐怖を感じているか
  • 旦那のDVによりあなたの心身に何らかの不調が生じているか
  • 物に当たるだけでなく暴力にも発展しているか
  • 子供の前でも物に当たることがあるか

(1)物に当たる旦那のDVが一時的なものか

物にあたるDVがあると言っても、それが

  • 一時的なものなのか
  • 日常的に行われているのか

は、今後の関係性をどうすべきかに影響してきます。

たとえば、仕事の繁忙期や一時的なプレッシャーが原因でその時のみDVをするなどの場合は、ストレスの原因が取り除かれればDVがおさまる可能性が高いです。このような場合は安易に離婚しない方が後から後悔しないケースが多いかもしれません。

(2)旦那にDVを改善したいという気持ちがあるか

旦那にDVを改善したい気持ちがあるかどうかも重要なポイントです。物にあたる旦那にDVを改善したい気持ちがあるのなら、夫婦で一緒に話し合ったりカウンセリングを受けたりして乗り越えていくのも一つの方法でしょう。

(3)旦那のDVにあなた自身が強い恐怖を感じているか

旦那のDVによりあなたが強い恐怖を感じているのかどうかも確認した方が良いです。どれだけ旦那に自分自身の態度について改善の気持ちがあっても、それを上回るほどの恐怖をあなたが感じている場合は、あなたの精神状態を優先させた方が良い可能性もあります。自分の気持ちや精神状態を第一に考えてくださいね。

(4)旦那のDVによりあなたの心身に何らかの不調が生じているか

物に当たる旦那のDVによりあなたの精神状態や体調に異変が生じている場合は、あなた自身の心身の回復を考えた方が良いでしょう。旦那と離れる選択をすべきです。

(5)物に当たるだけでなく暴力にも発展しているか

物に当たるだけでなく旦那が暴力もふるうようになった場合、あなたの身に身体的な危険が生じます。

  • 物に当たるDVだけを繰り返している状態と
  • 直接的な暴力もふるう状態

では、あなたへの危険度が大きく異なります。

暴力にまで発展している場合は、離婚も視野に入れていきましょう。

(6)子供の前でも物に当たることがあるか

子供の前でも物に当たるDVを繰り返していると、子供の精神状態にも悪影響が生じます。DVをしている父親を見て精神的に動揺しない子供はいません。中にはDVの恐怖から子供が精神的な障害を抱えるケースもあります。

子供への悪影響が生じているようであれば、あなた自身だけではなく、子供の心身の安全を守るためにも離婚も検討していきましょう。

4、物に当たる旦那と結婚生活を続けることによるリスク

物に当たるDVが日常的に繰り返されていても、

  • どうしても離婚したくない場合
  • 旦那への情からなかなか離婚を決断できない場合

もあるでしょう。

ここからは、物に当たる旦那と結婚生活を続けることによるリスクについて解説します。

(1)心身に支障をきたす

物に当たる旦那のDVを今は我慢できていたとしても、それが今後も繰り返されていけばどこかであなたの心身に支障をきたす可能性があります。大きな精神的・身体的ダメージが生じる前に今後の生活をどうすべきか一度じっくり考えましょう。

(2)周りの人に相談できず自分を責めてしまう

物に当たる旦那がdvを繰り返している場合、

  • 妻である自分が悪い
  • 自分に責任がある

と考えてしまう女性は少なくありません。

自分の責任があることから、DVが繰り返されていても誰にも相談できず、自分を責めてしまうのです。

ですが、旦那が物に当たるのはあなただけの責任ではありません。DVが繰り返されているのは普通の状態ではありませんから、周りの人に相談するようにしましょう。

(3)子供の精神状態に悪影響が生じる

物に当たる旦那のDVは夫婦間だけでなく、子供の精神状態にも悪影響が生じる可能性があります。子供の中に

  • 親に対する恐怖心
  • 家にいたくない

などの感情が芽生えることもありますので、物に当たるDVを繰り返す旦那と結婚生活を共にするのは、子供の悪影響を考えても一定のリスクを伴います。

(4)壊れた物による怪我等のリスク

物に当たるDVが繰り返されると、壊された物などで怪我をするリスクがあります。特に

  • 食器
  • 花瓶

などのガラス類が割れたら怪我をしたときの影響も大きいです。

(5)自分固有の持ち物を壊され損害が発生するリスク

物に当たる旦那はあなたの持ち物を壊す可能性もあるでしょう。あなたの大切な持ち物を壊された場合には損害が発生するリスクがあります。壊されると困る大切なものは旦那の目に触れないように隠しておくなどの対策が必要でしょう。

5、物に当たる旦那と離婚するには〜旦那への慰謝料請求は可能?

それでは、物に当たる旦那とはどのようにすれば離婚できるでしょうか。物に当たる旦那と離婚する方法や旦那への慰謝料請求の可否について確認していきましょう。

(1)物に当たる旦那との離婚は可能か?

物に当たる旦那と話し合いで離婚できる場合は、当事者双方の話し合いにより離婚が可能です。

これに対し、あなたが離婚を希望していても旦那が離婚に応じない場合は、

  • 調停
  • 裁判

などの手続をとる必要があります。

この場合、法定離婚事由に該当する必要があります。物に当たるDVについては、法定離婚事由のうち「その他婚姻を継続し難い重大な理由があるとき」に該当するかどうかが争点となるでしょう。

「その他婚姻を継続し難い重大な理由があるとき」とは、婚姻関係が破綻しており、回復する見込みがない状態を指します。

具体的な例として

  • 暴力
  • 精神的虐待
  • 長期の別居

などが該当する場合がありますので、一度弁護士などの専門家に相談することをお勧め致します。

[nlinku url=”https://best-legal.jp/divorce-activity-48135/”]

(2)DVとして慰謝料請求することは可能

では、慰謝料請求することは可能でしょうか。

物に当たる行為をDVとして慰謝料請求することは可能ですが、この行為がただの夫婦喧嘩ではなく

  • 旦那による一方的なDVであること
  • DVが夫婦関係を破綻させる直接の原因であること

などを主張・立証していく必要があります。

慰謝料は精神的苦痛に基づき支払われるものですから、物に当たる旦那のDVがあなたにとって精神的苦痛であったことを主張立証していきます。

(3)壊れた物の損害についても請求可能

あなたの精神的苦痛だけでなく、壊された物自体の損害についても慰謝料請求をすることが可能です。壊された物の写真を撮影する等して、壊された物の損害がわかるように準備しておく必要があります。

なお、壊された物の損害については、よほど高価なものでない限り上記の精神的苦痛に基づく慰謝料請求と合わせて慰謝料の金額を考慮するケースが多いです。

6、物に当たる旦那との離婚を検討している方は、弁護士に相談を

以上のように、物に当たる旦那と結婚生活をともにすることはリスクが伴います。大きな損害やトラブルが発生する前に、一度弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士に依頼することで旦那とのやりとりを弁護士に一任することができます。危険な旦那から解放されることで精神的なストレスが和らぐというメリットもあるのです。

また、旦那が離婚に合意しなさそうな場合は裁判手続に進むことも考えていく必要があります。裁判での離婚や慰謝料請求は法律の専門知識が必要になりますので、まずは弁護士に相談をしてみてください。

まとめ

物に当たるDVが繰り返される結婚生活では、心の穏やかさを感じることができません。

  • 旦那に対する愛情がまだある
  • 経済面で不安がある

などの事情ですぐには離婚を考えられないかもしれませんが、一番大切なのはあなた自身の幸せです。

あなたや子供に大きな影響が生じる前に、物にあたる旦那との関係性を見直したり第三者に相談したりすることを進めていきましょう。

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、 ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険の資料を無料でダウンロードする

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2022・OD・211

閉じる

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765