弁護士の
無料相談実施中! 初回60分無料
※一部有料となる場合がございます
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

気持ちを断ち切るダブル不倫の別れ方とは?具体的な手順を解説

ダブル不倫の別れ方

ダブル不倫で最も難しいのは「気持ちを断ち切ること」ではないでしょうか。
家庭や将来を考えて「この関係に決着をつけよう」と思っても、不倫相手に気持ちが残っていると別れが難しくなります。
不倫相手に気持ちが残っている場合、どのように気持ちと関係を断ち切ったらいいのでしょうか。

今回の記事では、

  • ダブル不倫はなぜ別れづらいと言われるのか
  • 不倫相手への気持ちを断ち切り別れる方法
  • ダブル不倫で相手が別れに応じない場合の対処法

男女問題を手がける弁護士がダブル不倫の別れ方について説明します。

ダブル不倫の別れ方に悩んでいる方は参考にしていただければと思います。

不倫を終わりにしたい方は以下の関連記事をご覧ください。

関連記事

弁護士の
無料相談実施中! 初回60分無料
※一部有料となる場合がございます
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

1、ダブル不倫は別れづらい?!それでも別れる理由とは

ダブル不倫は別れづらい?!それでも別れる理由とは

ダブル不倫は一般的に別れづらいと言われています。別れづらいと言われるのは3つの理由があるからです。

  • お互い単純な恋愛関係でいられるから
  • ダブル不倫のリスクはお互い同じだから
  • ダブル不倫の刺激から抜け出せないから

ダブル不倫の男女はどちらも結婚して配偶者がいます。
不倫のときに片方が未婚だと、「将来は結婚してくれる?」という話になるかもしれません。
恋愛を楽しみたい人間は将来の話を重いと感じるのではないでしょうか。面倒だとも感じるかもしれません。

ダブル不倫の場合は双方が結婚して配偶者がいますから、結婚などの重い話や面倒なことなど考えず純粋に恋愛を楽しめます。
ダブル不倫をやめてしまうと気軽に恋愛できる相手を手放してしまうわけですから、気軽な関係を惜しんで別れづらくなる可能性があります。

ダブル不倫は結婚して伴侶がいるという点でお互い同じリスクを抱えています。
どちらもリスクを抱えていますから、片方が不倫をばらすことはあまり考えられません。
同じリスクを抱える者同士、口裏を合わせやすく協力もしやすいため、ダブル不倫の関係は都合が良いのです。
ダブル不倫をやめてしまうと都合の良い相手を手放すことになるため、別れにくくなるとも言われます。

また、ダブル不倫には「お互いに家庭を持っている」「家族に知られずに関係を持っている」という刺激や背徳感があります。
刺激や背徳感に溺れてしまい、元の生活に戻れなくなってしまう可能性があるのです。
ダブル不倫をやめた後の虚無感や刺激のなさを想像してしまい、関係を手放せないことがあります。

別れづらいと言われるダブル不倫で「別れたい」と思うなら、それなりの理由があるのではないでしょうか。

ダブル不倫の相手と別れたい。けれど、気持ちを断ち切ることが難しい。
このように悩んでいるなら、なぜ別れたいと考えたのか理由を整理してみてください。
理由を整理すれば、気持ちを断ち切る助けになるかもしれません。

(1)お互いの人生を考えたから

相手のことを好きになればなるほど、寝ても覚めても共にいたい、と考えるようになるものです。

しかし、朝、顔を合わせるのは、気持ちのなくなった今の配偶者。このままでいいのか、と思う瞬間です。

不倫相手も同じように考えているのか。そこもなかなか確認することができないでしょう。
ダブル不倫の基本は「純粋な恋愛」です。
その先は、基本的にはないのです。

また、相手も同じ気持ちだったところで、離婚により巻き込む人数が多すぎます。
自分の家族、そして相手の家族。それを背負えるほどの気持ちなのか、不安にもなるでしょう。

相手のことを好きになればなるほど、重くのしかかるこの気持ち。

お互いの人生を考えたとき、別れるなら早い方がいい、そんな気持ちなのではないでしょうか。

(2)家族に嘘をつくこと等に疲れたから

ダブル不倫は家族に内緒の関係です。
子供が無邪気に笑顔を向けてくるときに「隠れてこの子の親以外と関係を持っている」と罪悪感を覚えることもあったのではないでしょうか。
配偶者に仕事や用事と嘘をついて不倫相手と密会し「今日も嘘をついてしまった」と後悔することもあったかもしれません。
ダブル不倫を続けている以上、家族への嘘や隠し事も続くということです。

嘘をつき続けることへの疲れや罪悪感が大きくなると、もう終わりにしなければ、と思うものです。

(3)離婚や慰謝料請求など、リスクが大きいことに気づいたから

ダブル不倫では自分の配偶者や相手の配偶者から慰謝料請求が可能です。
慰謝料を払うことになれば、財産的な打撃を受けます。
自分で払えないときは家計や配偶者を頼ることになることでしょう。
そうすると今度は金銭的な打撃を受けるだけでなく、配偶者との関係にも亀裂が生じる可能性があります。
慰謝料請求に関わらずダブル不倫がふとしたことでバレてしまい、離婚問題に発展するリスクもあります。

関係を続ける方に気持ちが傾いても、リスクを想像してしまうと「やはり別れた方が良い」と別れの方に気持ちがいくものです。

2、ダブル不倫の確実な別れ方〜具体的な4つの手順

ダブル不倫の確実な別れ方〜具体的な4つの手順

ダブル不倫での別れを決めたなら、以下の4つの手順で不倫相手と縁切りしましょう。

ダブル不倫の別れ方で重要なのは「自分の気持ちをさらに明確にすること」と「不倫相手としっかり縁を切ること」です。再び不倫できないように、気持ちと関係に決着をつけることが重要になります。

(1)自分がダブル不倫で埋めていたものを考える

不倫をする場合、「何か足りないもの」を埋めているという方は少なくありません。異性から好かれる刺激もそうですし、他人からの愛情自体もそうです。

あなたは、何を埋めていたのでしょうか?

もしもその「足りないもの」が、今の家族でも補えるものであれば、または自分自身が変化することにより補えるものであれば、不倫ではなく別の方法で埋めていくべきです。
なぜなら、不倫は、人を傷つけるからです。

(2)なぜ別れたいのか明確にする

あなたは、なぜダブル不倫をやめようと思ったのでしょうか。

  • 不倫相手から自分に本気の恋愛ではない気持ちが垣間見えた
  • 不倫相手が、自分より不倫相手の家族を大切に思う気持ちが見えてしまった
  • あなたの配偶者や子どもに、不倫がばれそうになった
  • 周囲で、あなたたちのダブル不倫の噂が広まりそうになった(なっている)
  • 何十年も続くこのダブル不倫に、お互い歳をとり、意味を感じなくなってきた

やめようと思ったには、このような感じできっかけがあったことでしょう。

そのきっかけの先に、あなたはなぜ別れたいと思ったのでしょうか。もっと深く、その理由を考えてみてください。あなたが何を大切にしているのか、求めているのかが見えてくるはずです。

(3)不倫相手に別れ話をする

あなたが何を大切にしているのかがわかったら、あとはそれを不倫相手に伝えるだけです。あなたが大切にしているものが、あなた自身であったり、あなたの家族であったりした場合は、それを伝えれば良いでしょう。

もし、不倫相手のことを何よりも求めているとわかったとしたら、そのことを不倫相手に伝えてみてください。
そのとき、この関係をどうするのかを決めるイニシアティブは相手に移りますが、それで良いのです。
あなたと不倫相手との関係は「不倫」ではありますが、単体でみれば普通の恋愛に他なりません。
不倫がいけないのは、誠意なく大切な人たちを傷つけること。誠意を二人して表していかれるのか、その覚悟はあるのか、二人で考えてみてください。

ただ、不倫相手が何も考えてくれず、ダラダラとした都合の良い関係に持ち込みたいと考えるパターンもあります。
そのような場合は、引きずられないよう注意深く行動してください。

(4)連絡先や思い出を互いに消去する・捨てる

話し合った末、別れると決断したのであれば、二度と相手と連絡が取れないように連作先も消去しましょう。
相手に別れを告げたときに、お互い一緒に連絡先を消去してもいいかもしれません。

ダブル不倫の相手との思い出の品や、相手を思い出させるような品も「感情を断ち切る」という意味で処分しておきましょう。連絡も気持ちも思い出も、完全に切ってしまうことが重要です。

3、不倫相手が別れに応じない場合の対処法

不倫相手が別れに応じない場合の対処法

ダブル不倫の相手と別れることを決めても、相手が別れに応じないケースも珍しくありません。嫌いになったわけではない場合は、相手から求められれば「自分は求められているのだ」「今までもバレなかったのだから大丈夫」と後ろ髪を引かれるかもしれません。

しかし、なぜ相手は別れたくないのでしょうか?

あなたは、あなたが大切にしていることを伝えたはずです。ですから、相手の大切にしていることも聞いてみてはいかがでしょうか。
「あなたのことが大事」とでも言うのであれば、「先のない、しかも色々な人を傷つける不倫で、私を大事にすることは難しい」と言ってみてください。
あなたの真剣な話に対し、大した理由ももたずに「別れたくない」と言うようなら、もう一度、どこを好きになったのか、思い出してみると良いのではないでしょうか。

4、ダブル不倫で別れられなかった場合の末路

ダブル不倫で別れられなかった場合の末路

ダブル不倫で別れられなかったとき、どのような末路を迎えるのでしょうか。ダブル不倫を続けても将来はなく、悲惨な末路が待っています。

(1)近所に住む相手とのダブル不倫で周囲にバレて引っ越す羽目に

ダブル不倫が周囲にバレて居心地が悪くなり、引っ越さざるを得なくなるケースがあります。近所に住んでいる人とダブル不倫している場合によくあるケースです。

近所の人とのダブル不倫がバレてしまうと、「やっぱり」という感じで面白おかしく噂話にされてしまいます。不倫を嫌うタイプの人は、あからさまに嫌悪感を見せるかもしれません。

ご近所との関係にも影響し、最終的に自分だけでなく家族まで居心地が悪い思いをするようになり、転居するという末路です。

(2)社内ダブル不倫が会社にバレて異動命令の対象に

社内でダブル不倫していた場合、会社にバレて異動命令の対象になるケースがあります。

たとえば、同じ部署内でダブル不倫をしている社員がいました。社員同士のダブル不倫が発覚すると、社員同士のコミュニケーションに支障が出ることが考えられます。不倫に関係ない同僚たちも気を遣いますし、業務にも支障が出ます。

こういったケースで会社がよく使うのは異動命令です。ダブル不倫の当事者同士を引き離します。
異動命令によりダブル不倫の当事者が離れても、会社内に情報は伝わっているはずです。異動先でも居心地の悪い思いをして、結果、自分から退職するケースがあります。

(3)相手の配偶者から慰謝料請求され、自分の配偶者にもバレて修羅場

ダブル不倫が自分の配偶者や相手の配偶者にバレると、基本的に大事になります。
不倫された配偶者は慰謝料請求できますので、相手の配偶者から慰謝料請求されて支払いに苦慮することも少なくありません。自分の配偶者がダブル不倫の相手に慰謝料請求をして揉めることも予想されます。

双方の夫婦がダブル不倫を話し合いで解決する場合も、慰謝料のことなどを含め修羅場になる可能性があります。
ダブル不倫がバレた以上、丸く収まるとは考えない方がいいでしょう。

(4)自分の配偶者にバレ、家庭が壊れ離婚に

ダブル不倫が配偶者にバレると、家庭に亀裂が生じる可能性があります。
配偶者からしてみれば裏切られていたわけですから、気持ちはかなり複雑です。亀裂を修復しようと試みても難しく、最終的に離婚という末路を辿るケースも少なくありません。

子供の年齢によってはダブル不倫を理解します。
ダブル不倫をした親に嫌悪感を持つことや、自分の片親を裏切ったことに対する怒りを持つことも予想されます。
子供との関係に亀裂が生じ、修復不能になるリスクがあることも忘れてはいけません。

5、ダブル不倫のトラブルで困ったら弁護士に相談を

ダブル不倫のトラブルで困ったら弁護士に相談を

ダブル不倫で別れようと決めて実行に移しても、必ずスムーズに別れられるとは限りません。
自分の決意が鈍ることもあれば、相手に執着される可能性もあります。また、ダブル不倫のことで配偶者を巻き込んだトラブルに発展する可能性も考えられるのです。

ダブル不倫のトラブルで困ったら、弁護士に相談することをおすすめします。これからダブル不倫の相手と別れる場合も、リスクなどを含めて相談しておくと対策できます。

ダブル不倫の別れ方に関するQ&A

Q1.ダブル不倫の確実な別れ方〜具体的な4つの手順とは

  • 自分がダブル不倫で埋めていたものを考える
  • なぜ別れたいのか明確にする
  • 不倫相手に別れ話をする
  • 連絡先や思い出を互いに消去する・捨てる

Q2.不倫相手が別れに応じない場合の対処法とは

相手の大切にしていることも聞いてみてはいかがでしょうか。
「あなたのことが大事」とでも言うのであれば、「先のない、しかも色々な人を傷つける不倫で、私を大事にすることは難しい」と言ってみてください。
あなたの真剣な話に対し、大した理由ももたずに「別れたくない」と言うようなら、もう一度、どこを好きになったのか、思い出してみると良いのではないでしょうか。

Q3.ダブル不倫で別れられなかった場合の末路とは

  • 近所に住む相手とのダブル不倫で周囲にバレて引っ越す羽目に
  • 社内ダブル不倫が会社にバレて異動命令の対象に
  • 相手の配偶者から慰謝料請求され、自分の配偶者にもバレて修羅場
  • 自分の配偶者にバレ、家庭が壊れ離婚に

まとめ

ダブル不倫の別れ方で重要なのは「断固として縁を切る」という気持ちです。
別れると決めた理由を思い浮かべ、連絡先の削除や思い出の品の処分など、感情から情報まできっちりと縁切りすることが重要です。

ダブル不倫の別れ方で困ったら弁護士を頼ってください。
別れに応じない相手への対処やリスク対策など、個別ケースに合わせたアドバイスを受けて、ダブル不倫を終わらせましょう。

関連記事

弁護士の
無料相談実施中! 初回60分無料
※一部有料となる場合がございます


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は初回60分無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、 ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

ベンナビ弁護士保険への加入
ベンナビ弁護士保険への加入

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険の資料を無料でダウンロードする

提供:株式会社アシロ少額短期保険 KL2022・OD・211

閉じる

弁護士相談初回60分無料!※一部有料となる場合があります
  • 電話で相談予約
平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00