弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

【完全版】LINEで浮気を見つける方法〜証拠を押さえた後の対処法まで解説

【完全版】LINEで浮気を見つける方法〜証拠を押さえた後の対処法まで解説

パートナーが浮気をしているかもしれないので証拠を探したいと考えていませんか?

浮気の証拠を探すならば、LINEをチェックしてみることをおすすめします。

LINEは今では連絡を取る手段として多くの人が利用しており、連絡先の交換も手軽です。しかも、浮気を隠すための機能が豊富に備わっています。そのため、LINEには多くの浮気の証拠が隠されていると考えられます。

そこで今回は、

  • パートナーの浮気をLINEで見つける方法
  • 浮気の証拠を見つけた後にすべきこと
  • 浮気の証拠を探す際の注意点

についてご紹介します。

本記事がお役に立てば幸いです。

関連記事

弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

1、LINEで浮気を見つける方法~初級編~

LINEで浮気を見つけることは難しいと思っていませんか?

「他人のスマホを見ることに抵抗はあるけれど浮気は確認したい」という葛藤があるかもしれません。

そこで、まずはLINEで浮気を見つける方法の中でも簡単な【初級編】をご紹介します。

(1)LINE使用時のパートナーの行動を確認する

スマホを

  • トイレ
  • お風呂

など家の中で常に持ち歩いている場合は浮気をしている可能性があります。

やましいことがあり、パートナーにスマホを見られたくないため持ち歩いていると考えられます。

また、スマホ机の上などに置く際に、画面を下に向けて置いている場合には注意しましょう。LINEのメッセージが届いた際にポップアップ画面が表示されるからです(通知をONにしている場合)。

LINE使用時のパートナーの行動を観察していても浮気の兆候を探ることができるので、注意深く観察してみてください。

(2)ポップアップ画面を確認する

通知をONにしている場合、LINEにメッセージが届けば、スマホ画面に通知が表示されます。

この通知がポップアップ画面です。

ポップアップ画面はスマホがロックされた状態でも、

  • メッセージの一部
  • 相手の名前

などを確認することができます。

パートナーのスマホにLINE通知が届いた際には、ポップアップ画面をさり気なく覗いてみましょう。

ただし、通知機能をオフにしている場合にはポップアップ画面に表示されません。この場合、浮気の証拠を隠すためにLINE通知を全てオフにしている可能性があります。

(3)LINEにパスコードがかかっていないか確認する

LINEアプリには、パスコードによるロック機能が備わっています。

スマホにロックをかけている人は多いですが、LINEにまでロックをかけている場合には浮気をしている可能性もあります。LINEに見られて困るような内容があるためロックをかけているとも考えられるからです。

パートナーのスマホを借りるふりをしてLINEにロックがかかっていないか確認しましょう。

2、LINEで浮気を見つける方法~中級編~

LINEで浮気を見つける方法の初級編では、浮気の可能性を探る調査でした。

しかし、

  • 浮気の可能性を深く探りたい場合
  • 具体的に浮気相手を特定したい場合

には、もう少し調査を行う必要があります。

そこで、次はLINEで浮気を見つける方法の【中級編】をご紹介します。

(1)LINEの友達の非表示・ブロックのリストを確認する

LINEの友達は、非常時やブロックにすることができます。

非表示にすれば友達一覧から見えないように隠すことができるため、浮気相手の可能性があるでしょう。

ホーム画面から「設定」のページへ行くと、

  • 非常時リスト
  • ブロックリスト

を確認することができます。

また、友達のアカウントを非表示にするだけではなく、トークルームそのものを非表示することができます。トークルームを非表示にすれば、トーク一覧から見えなくなるため浮気相手とのメッセージを隠すことができます。ホーム画面から「設定」のページへ行くと、非表示のトークリストを確認することができます。

(2)通知オフの設定の友達がいないか確認する

浮気相手からLINEのメッセージが届けば、ポップアップ画面の通知でパートナーに浮気がバレてしまう可能性があります。

しかし、全ての通知をオフにすると怪しまれるため、浮気相手のメッセージの通知のみをオフに設定しているようなケースも考えられます。

LINEの友達欄で、通知オフになっている人がいないか確認しましょう。 

名前の横にメガフォンに斜線が入っているマークがあれば、通知オフにしている友達になります。

(3)スタンプの購入履歴やプレゼント履歴を確認する

浮気相手からスタンプをプレゼントされているようなケースもあります。

パートナーが普段から新しいスタンプを購入するタイプであれば違和感はないかもしれませんが、スタンプに興味がなかった筈なのに新しいものを使っていると浮気を疑っているあなたからすれば不信感を感じてしまうかもしれません。

スタンプのプレゼント履歴は、ホーム画面の「設定」からスタンプのページへ行き、プレゼントボックスから「受け取ったプレゼント」や「贈ったプレゼント」を確認できます。どんなアカウントから貰ったのか、逆にプレゼントしたのか、確認してみるとよいでしょう。

3、LINEで浮気を見つける方法~上級編~

LINEで浮気を見つける方法の中級編までは試したものの、さらに具体的な浮気の証拠を見つけたいというケースもあるでしょう。また、パートナーが念入りに隠しているため浮気の証拠を見つけられないようなケースもあるかもしれません。

そのような場合には、LINEで浮気を見つける方法の【上級編】を試してみましょう。

浮気がバレないようにするために、浮気相手とのトーク履歴を定期的もしくは逐一消去しているようなケースもあります。消去されているトーク履歴を探すことはできますが、バックアップが取られていることが前提になります。

アンドロイドとアイフォンでやり方が異なるため、それぞれの方法をご紹介します。

(1)アンドロイドの場合

アンドロイドの場合のLINEは、バックアップが取れていれば削除されたトークを復元することができます。

ホーム画面から「設定」のページへ行き、「トーク」メニューから「トーク履歴のバックアップ・復元」を選びます。

バックアップされた日時を確認し、「復元する」をタップすればバックアップされた日の状態に戻せます。

バックアップは手動で行うだけではなく、自動バックアップで削除前のトークのバックアップが取れているようなケースもあります。

(2)アイフォンの場合

アイフォンの場合のLINEは、アンドロイドのようにLINEアプリから復元することは出来ません。

トーク履歴を復元するには、一度アイフォンからLINEのアンインストールを行い、再びインストールしてログインする必要があります。

ただし、再インストールには注意が必要です。アイフォンの場合はアイクラウドにトーク履歴のバックアップを取る必要があるため、バックアップを取らずにアンインストールすればトーク履歴が消失する恐れがあります。そのため、アイフォンでトークを復元するには細心の注意を払う必要があります。

4、LINEで浮気の証拠を見つけた場合にすべきこと

LINEで浮気の証拠を見つけた場合には、証拠として残すようにしましょう。

なぜならば、

  • 夫婦
  • 内縁関係(事実婚)
  • 婚約関係

における浮気には慰謝料を請求することができるからです。

LINEにある浮気の証拠を残すには、次の方法があります。

(1)浮気の証拠画面を自分のスマホで撮影する

LINEで浮気の証拠を見つけた場合には、ご自身のスマホで浮気の証拠画面を撮影しましょう。

パートナーのスマホであることが分かるように、スマホ自体を写真に入れるようにすることが大切です。

そうすれば、

  • 証拠の捏造
  • 偽造

を主張されることを防げます。

(2)LINEのトーク履歴を一括送信する

浮気相手のトークや、怪しいかもと感じるトークを見つけた場合は、自分宛てにメールで履歴を一括送信しましょう。

トーク履歴を一括送信すれば、これまでのメッセージのやり取りをじっくりと自分のスマホやパソコンで確認することができます。

浮気相手のトーク画面の上にある三本線のアイコンをタップし、「その他」を選択します。

すると、メニュー内に「トーク履歴を送信」というボタンがあるので、タップすることで送信することができます。

(3)LINE以外の証拠も探す

LINEの証拠だけでは浮気だと立証することができないケースもあるので、LINE以外の証拠も探しましょう。

スマホには

  • 写真
  • 動画
  • カップルアプリ

などの証拠がある可能性がありますし、財布の中には

  • 浮気相手へのプレゼント
  • デート
  • ホテル代

などのレシートや領収書などがあるかもしれません。

いずれにしても、「肉体関係のあること」が分かる証拠を探すようにしましょう。

5、LINEで浮気の証拠を見つける際に注意すべきこと

LINEには浮気の証拠が隠されている可能性がありますが、証拠を見つける際にはいくつか注意すべきことがあります。

次の点に注意し、慎重に証拠探しを行うようにしましょう。

(1)不正アクセス禁止法による刑事罰を受ける可能性がある

LINEで浮気の証拠を見つけるためにパートナーのスマホを不正にアクセスすれば、「不正アクセス禁止法」に該当する恐れがあります。

不正アクセス禁止法による刑事罰は、3年以下の懲役または100万円以下の罰金です(不正アクセス禁止法第11条)。

スマホのロックを解除する行為や、パスワードなどを入力せずにLINEの中身を確認する行為であれば、だけであればネットワークに侵入しているわけではないので、不正アクセス行為にはなりません。しかし、LINEIDやパスワードを勝手に利用してアクセスした場合は、不正アクセス禁止法違反になります。そのため自分のパソコンからパートナーのLINEに秘密裏にアクセスするなどの手段は控えるべきです。

(2)プライバシーの侵害による損害賠償請求をされる恐れがある

パートナーのスマホを盗み見する行為は不正アクセス禁止法違反にはならないものの、民法上のプライバシー権の侵害に該当します。そのため、相手からプライバシーの侵害として損害賠償を請求される恐れがあります。

また、LINEで浮気の証拠を入手しても、許容されないプライバシーの侵害として証拠として認められないようなケースもあるので注意が必要です。

(3)相手との信頼関係が崩れる可能性がある

パートナーが浮気をしていないにも関わらず、スマホを勝手に見た上で勘違いして浮気を問いただした場合、相手との信頼関係が崩れてしまう恐れがあります。

スマホを見られたことや、浮気を疑われたことで、相手はあなたのことが信用できなくなってしまうかもしれません。一度信頼関係が崩れてしまえば、信頼を取り戻すことは困難です。先走ってしまわずに、浮気の真偽をしっかりと確認してから相手に話をするようにしましょう。

(4)LINEだけでは証拠にならない可能性がある

浮気は法律上で「不貞」と呼ばれ、配偶者以外の人と肉体関係を持つことを指します。

LINEで浮気の証拠を見つけたと思っても、肉体関係があることを立証できるような証拠でなければ証拠として認められない可能性があります。

複数の証拠を組み合わせることで浮気と認められることもあるので、LINEだけではなく写真や領収書などできるだけ多くの証拠を集めるようにしましょう。

6、浮気の証拠を掴んで慰謝料を請求するには?

浮気の証拠を掴んで慰謝料を請求するには、不貞行為の証拠が必要です。証拠がなければ相手が不貞を否定した場合に、話し合いを進めることが困難でしょう。

また、裁判に発展した場合にも証拠がなければ慰謝料の請求は認められません。そのため、まずは証拠を集めることから始めることが大切です。

関連記事

7、パートナーの浮気の疑いや、浮気をしている場合には弁護士に相談しましょう

パートナーが浮気をしているかもしれないと疑っている場合や、浮気をしていることが分かっている場合には、まずは弁護士に相談しましょう。

弁護士に相談することで

  • 必要な証拠の集め方
  • 証拠として認められる物のアドバイス
  • 慰謝料請求が可能であるのかどうか

など、知ることができます。

また、弁護士に依頼すれば

  • 慰謝料の交渉
  • 合意書の作成

なども任せることができます。

一人で浮気の慰謝料について悩むことは精神的にも大きな負担になるので、弁護士のサポートを受けて精神面の負担を軽減させましょう。

まとめ

今回は、LINEで浮気を見つける方法についてご紹介しました。

LINEには浮気の証拠が隠れている可能性がありますが、LINEで証拠を探すことは不正アクセス禁止違反やプライバシーの侵害に該当してしまうようなケースもあります。

浮気の証拠を見つけるはずだったのにトラブルが大きくなってしまったということがないように、まずは弁護士に相談してみてください。

関連記事

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、 ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険の資料を無料でダウンロードする

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2022・OD・211

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

閉じる

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765