弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

PTA 不倫は厄介!理由やシタ側・サレタ側のリアルな体験談を紹介

PTA 不倫は厄介!理由やシタ側・サレタ側のリアルな体験談を紹介

子供のために参加するはずの PTA 活動ですが、これが不倫の温床になるケースは少なくありません。実は、PTA というのは、男女が不倫関係になりやすい環境でもあるのです。そして、近所づきあいやママ友との関係をも狂わしかねない PTA 不倫は、一般的な不倫に比べて非常に厄介です。

では、PTA 不倫はどのように始まり、その関係がバレた場合、どんな修羅場が待っているのでしょうか。
また、どうすれば、PTA 不倫を見破れるのでしょうか。

この記事では、

  • PTA 不倫の体験談
  • PTA 不倫が多い理由
  • PTA 不倫が厄介な理由
  • PTA 不倫の見破り方
  • PTA 不倫に対処するときに注意すべきポイント

などについて、解説します。

この記事が、配偶者のPTA 不倫に悩むあなたのお役に立つことを願っています。

なぜ不倫するのか??については以下の関連記事をご覧ください。

関連記事

弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

1、PTA不倫の実態とは?シタ側・サレタ側の体験談を紹介!

PTA内での不倫は子供の同級生の親同士の不倫など、普通の不倫よりもハイリスクで、かなり厄介な関係に思えます。

では、PTA不倫をする人たちは、なぜハイリスクな関係に溺れてしまったのでしょうか。

まずは、シタ側・サレタ側の体験談をご紹介しましょう。

(1)PTA 不倫の実態~シタ側の事情~

まずは、不倫を「シタ側」の体験談です。 

彼女は、PTAの役員会で一緒になった男性と不倫関係になり、現在、離婚調停中です。夫と子供を残し、一人で家を出ている状態だそうです。

【体験談】

私は現在離婚調停中。夫(42歳)子供二人(中学1年、3年)を残し一人で家を出てます。

(中略)

この調停で、夫側から私に不倫があると訴えてこられ、別居する頃子供のPTAの役員会で一緒になった男性(B男)とのこと、こちらにも慰謝料請求してきました。

B男は×1独身母親と二人暮らし。男らしく信頼のおける人です。

(中略)

私の子供にはばれていないはずですが、友人は「子供は知っているのかもよ」と疑い、だから子供達は私の方へ来ないのだとも。

自分の立場をわきまえな」とも言うのです。子供の親権は夫が望むので放棄しても構わないけど結婚以来散々苦労させられてきた夫に慰謝料を払うのは絶対嫌だ、私にも笑う生活があってもいいと、そんな相談をしていたら、A子が「友達なくすよ」とか「孤独だね」って言ったんです。

引用:発言小町

PTA不倫は、夫や子供との関係だけでなく、友人関係をも壊してしまうことがあるのです。

(2)PTA 不倫の実態~サレタ側の事情~

次は、PTA不倫をサレタ側の体験談をご紹介します。

彼女の夫の不倫相手は、「PTAの役員」であり、「元彼女」でもあります。若いころに分かれた元彼女との再会に、運命のようなものを感じてしまったのでしょうか。

【体験談】

子供が卒業した学校のPTA会長さんは、美人で優しくとても評判の良い人です。

彼女の子供は私の子供とは学年が違っていて、直接の関わりは無かったのですが、数年前に子供が同じスポーツクラブに入った事で、知り合いになりました。

ところが、子供の送迎に主人に行ってもらったところ、なんと彼女は主人が高校時代につきあっていた元彼女で、主人の引っ越しがきっかけで別れてしまったのだそうですが、偶然にもこの送迎によって再会してしまい、それから約1年ほど彼女と主人は不倫をしていたようです。

彼女とのことは、私が気がつき、主人と話し合いをしました。

主人から彼女とは別れるので許して欲しいと言われ、子供の事を考えると結局離婚はできませんでした。

そして、今後彼女をこの事で責めることは、子供や近所の人たちにそのことを知らしめることになると考え、私たち夫婦だけの話合いで終わらせました。

引用:発言小町

サレ妻(不倫された側を指す)としては、夫の不倫相手を責めたい気持ちもあったでしょう。

しかし、子供同士が同級生であることや今後の近所づきあいのことを考えると、夫婦だけの話し合いで終わらせるしかなかったようです。

2、PTA不倫はなぜ多い?主な理由6つ

一般的な不倫よりもハイリスクで、バレると家族だけでなく友人関係やご近所との関係も崩壊しかねないPTA不倫。人はなぜ、PTA不倫をしてしまうのでしょうか。

(1)PTA活動などで会う機会が多い 

PTA活動では、同じメンバーが頻繁に顔を合わせます。特に、会長や副会長、各委員会の委員長などの「役員」をしている場合、時期によっては週に複数回会うこともあります。そして、頻繁に会っていると、PTAに関することだけでなく、雑談をすることもあるでしょう。 

人は、頻繁に会う人に惹かれやすい傾向にあります。週に何度も顔を合わせ、話す頻度も多いとなると、仲が深まりやすいのはある意味当然のことなのかもしれません。

(2)連絡先を交換しやすい

PTA活動では、役員同士連絡を取り合う必要があるため、電話番号やLINEなどを教えあう必要があります。

学校によっては、PTA役員のLINEグループを作り、その中で業務連絡をすることもあるでしょう。 最初はLINEグループ内での業務連絡だけだったはずが、何かのきっかけで個人的にメッセージを送り、そこから親密になっていた…というパターンは意外と多いようです。

(3)同年代の異性が多い

PTAは、同じ年ごろの子供がいる親同士の集まりですので、必然的に、親同士も同世代の人が多くなります。

世代が同じだと話が合いやすいですし、地元で子育てをしている場合、親同士が同級生や幼馴染、というケースも少なくありません。 同年代で話が合いやすく、しかも、子育てに関して同じ悩みを共有しているとなると、男女間の距離が縮まりやすくなるのも無理はないでしょう。

(4)共通点が多く、話が合いやすい

PTA活動をしている人には、共通点が沢山あります。

例えば、同世代の子供を育てていること、同じ地域で生活していること、家庭を持っていること、などでしょうか。共通の話題が多いと話しやすいですし、同じ立場にいる者同士、共感もしやすいですよね。

人は、自分の話しに共感してくれる人に惹かれやすい傾向があります。共通の話題があり、自分の話しを聞いてくれ、「わかるよ。大変だよね」と共感してくれる相手に対して好意を抱き、気づけば不倫関係に…というケースは意外と多いようです。

(5)家が近くて会いやすい

PTAのメンバーには、「同じ学区内に住んでいる」という共通点があります。お互いの家を知っていると親近感がわきやすいですし、ほんの少しの空き時間に会うこともできます。実際、「同じ学区内なので会いやすい」という理由でPTA不倫をしている人は少なくありません。

(6)PTA 活動を隠れみのにできる

PTA不倫をしている人の中には、「PTA活動を隠れみのにできるから関係がバレにくい」と考える人もいます。

確かに、「PTA活動の業務連絡」という大義名分があれば、頻繁に連絡を取り合っていても疑われにくいでしょう。
また、2人でいるところを見られたとしても、「PTAの会合」などと言い訳できてしまいます。

家で待つ夫や妻としても、「PTA活動のため」と言われてしまえば、それ以上追及しにくい側面があります。 

3、PTA不倫は厄介そのもの!その理由とは?

PTA不倫は、一般的な不倫に比べて非常に厄介です。関係がバレれば、家庭だけでなく、ママ友や近所との関係がこじれる可能性もあるからです。また、PTA不倫は一般的な不倫に比べて、終わりにくい傾向にあります。

ここでは、PTA不倫が厄介な理由について、詳しくみていきましょう。

(1)ダブル不倫

PTA不倫は、ダブル不倫である場合が多いです。
既婚者と未婚者の不倫関係であれば、既婚者側が相手に対して「申し訳ない」という感情を抱きがちです。また、未婚者側に新しい恋人ができたり、将来性のない関係に失望して不倫を終わらせようとしたりすることもあるでしょう。

これに対してダブル不倫は、当事者の両方が既婚者であるため、「お互い様」という感情を抱きがちです。また、「夫や妻にバレないように行動する」ことについても、双方に理解があります。

そのため、ダブル不倫であるPTA不倫は、一般的な不倫に比べて終わりにくい傾向があるのです。

(2)人間性を好きになることが多い

肉体的欲求から生まれた不倫関係は、家族にバレそうになったり、ケンカになったりするとすぐに終わりがちですし、短期間で自然消滅することも珍しくありません。

これに対してPTA不倫は、相手の人間性に好意を抱き、そこから不倫関係に発展するケースが多い傾向にあります。

こういったケースでは、精神的なつながりが強いため不倫関係が終わりにくく、夫や妻にバレそうになったとしても、なんとか誤魔化して関係を続けようとする人が多いようです。

(3)旧友だと運命まで感じるケースもある

自分が育った地域で子育てをしている人の場合、子供の学校で旧友と再会することがあります。

そのような場合に旧友とPTA活動で急接近すると、「もしかしてこれは運命なのかも?」という錯覚が生じ、不倫関係に発展してしまうことがあるのです。

こういったケースでは、相手に対して特別な思い入れを抱いているため、不倫関係が終わりにくい傾向にあります。 

(4)家族の平穏生活を大きく狂わせる危険性が高い

PTA不倫は、一般的な不倫とは異なり、「家族」や「地域」がベースになった関係です。そのため、不倫関係がバレると、配偶者に対してはもちろん、子供にも悪影響が及ぶ可能性があります。 

中には、PTA不倫がバレたことでその地域にいられなくなり、引っ越しを余儀なくされたケースもあります。

4、PTA 不倫の入口を見破る!怪しい行動5つ

配偶者にPTA不倫の疑いがあったとしても、安易に問い詰めるのは危険です。疑っていることを相手に知られてしまうと、不倫関係がバレないよう証拠を隠滅されたり、より巧妙な偽装工作をされたりする可能性があるからです。

では、PTA不倫を見破るには、どのような点に注目すればいいのでしょうか。

ここでは、PTA不倫の入口を見破るうえで効果的な、怪しい行動についてご紹介します。

ちなみに、一般的な不倫の見破り方については以下の関連記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

  関連記事

(1)PTA活動の日の身だしなみをいつもより気遣う

PTA活動の日の身だしなみをいつもより気遣うようになったら、PTA不倫をしているか、PTA内に好きな人がいる可能性があります。

好きな人に

  • 可愛い
  • きれい
  • カッコいい

と思われたいのは、人として当然の気持ちです。 

PTA活動の日に限って念入りにメイクをしていたり、いつもより洋服選びに時間をかけていたりする場合、PTA内に自分をよく思わせたい人がいる、つまり、好きな人がいるのかもしれません。 

配偶者のPTA不倫を疑っているなら、家族で出かける日とPTA活動の日の身だしなみを比較してみてはいかがでしょうか。

(2)PTA活動を理由に外出することが増える

PTA不倫をしている人の多くは、プライベートで会う際、PTA活動を隠れみのにします。

PTAの集まり」と言えば夫や妻に怪しまれにくいですし、万一、2人でいるところを見られた場合も「PTA活動の下見をしていた」といった言い訳ができるからです。

以前に比べてPTA活動を理由に外出する機会が増えたり、PTA活動を理由に週に何回も出かけるようになったりした場合は、PTA不倫を疑ってみてもいいでしょう。

(3)PTA活動場所が学校以外であることが多々ある

PTA不倫をしている人の中には、行事の下見と称し、学校以外へ出かける人がいます。

もちろん、本当に下見をしている場合もあるでしょうが、その頻度があまりにも多い場合や、長時間出かけることが度々あるような場合は、PTA不倫をしている可能性があります。

(4)PTAのやりとりと称したライン等の使用の際の様子がおかしい

最近は、PTA内の業務連絡にライン等が使われることが多くあります。

ただ、本当に業務連絡だけなのであれば、作業的に淡々とやり取りするだけでしょうし、やり取りが長時間に及ぶことは少ないはずです。

PTAのやり取りと称したライン等をする際、いつもと様子が違うような場合は、PTA不倫を疑ってみてもいいでしょう。

例えば、次のような場合は、PTA不倫の可能性があるかもしれません。

  • 業務連絡とは思えないほど、楽しそうにしている
  • かなり深刻な様子でやり取りをしている
  • 以前に比べて、PTAのやり取りと称したラインの回数が増えた
  • PTAのやり取りと称したラインでかなり長時間にわたるやり取りをしている

(5)PTA関係の子供をよく預かるようになった

PTA関係の子供を預かる回数が増えた場合も、PTA不倫が疑われます。

例えば、不倫相手がシングルマザーの場合、子供を置いて出かけることができません。このようなケースでは、自分の妻に不倫相手の子供を預け、2人で出かけることもあるようです。

自分の妻に不倫相手の子供を預ける…なんともハイリスクな行動にも思えますが、PTA不倫をしている人の中には、こういった行動にでる人が少なくないのです。また、近くに頼れる人がいないシングルマザーが、仕事や急用で子供の面倒を見れない場合に、不倫相手を頼ることもあるでしょう。

最近、PTA関係の子供をよく預かるようになった、というような場合は、PTA不倫の可能性を疑ってみてもいいかもしれません。

5、シタ側・サレた側|PTA不倫対処の注意点

PTA不倫は、一般的な不倫よりもかなり厄介な関係です。そのため、PTA不倫に対処する際は、シタ側・サレタ側ともに、慎重に行動する必要があります。

(1)PTA不倫シタ側の注意点

まずは、PTA不倫を「シタ側」が注意すべき点についてみていきましょう。

相手の家族との再出発は容易ではない

PTA不倫をシタ人の中には、不倫相手を愛しているし、相手の子供も良い子だし、再婚できないだろうか、と考える人もいるでしょう。

しかし、不倫相手の家族との再出発は、容易ではありません。

PTA不倫では、自分の家族も相手の家族も同じ学区内にいます。

そして、ママ友や学校関係者、近所の人など、共通の知人が沢山います。

そういった状況で「PTA不倫をして離婚になり、不倫相手と再婚」となると、その地域で噂の的になることは火を見るよりも明らかです。

PTA不倫をし、双方の家族を壊したうえでの再婚を心から祝福してくれる人は、少ないでしょう。 

周りの人の態度が変わったり、陰口を言われたりすることがあるかもしれません。

子供がいじめられる可能性もあるでしょう。

相手の家庭を壊したうえでの再婚・再出発は、容易ではないことを覚悟しておきましょう。

傷つける人数が多い

PTA不倫は一般的な不倫に比べ、傷つける人が倍になるケースがあることにも注意が必要です。

例えば、既婚者と独身者の不倫では、配偶者と自分の子供を傷つけるだけですむことがほとんどです。

これに対してPTA不倫の場合、配偶者と自分の子供はもちろん、相手の配偶者と子供も傷つけてしまいます。

不倫相手が配偶者と子供の関係者であるとなると、一般的な不倫に比べ、PTA不倫による精神的損害はかなり大きなものになるでしょう。

不倫(不貞行為)による精神的損害は、民法上、損害賠償の対象です。

【不法行為による損害賠償】

第709条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

引用:民法

PTA不倫は精神的な面だけでなく、経済的にも大きな代償が待っていることを理解しておきましょう。 

PTA不倫の噂が広まらないようにする

PTA不倫は、「家族」や「地域」がベースにある関係です。そのため、PTA不倫の噂が広まると、罪のない配偶者や子供たちの精神的損害は、さらに大きなものになってしまいます。

配偶者や子供の精神的損害を最小限にとどめることは、自分の賠償責任を軽減させることにもつながります。 

自分や相手の家族を必要以上に傷つけないためにも、PTA不倫の噂が広まらないよう最善の注意を払いましょう。

(2)PTA不倫サレタ側の注意点

次に、PTA不倫をサレタ側が注意すべき点についてみていきましょう。

自分を責めない

PTA不倫は、配偶者の不倫相手が、よく知っている人であることがほとんどです。そのため、不倫の事実が発覚すると、「自分の何が、彼女(彼)に負けていたのか」と自分を責めてしまいがちです。

もちろん、夫婦関係の再構築を目指すのであれば、自分にも原因がなかったのか振り返ってみたり、なにか悪いところがあれば直したり、といった気持ちをもつことは大切です。

しかし、あなたはあくまでも被害者であり、悪いのは不倫をした配偶者です。自分を責めることは、やめましょう。

必要以上に自分を責めると精神的に不安定になったり、正常な判断ができなくなったりすることもあります。

PTA不倫が発覚した後は、自分を責めすぎず冷静さを欠かないようにし、強い気持ちをもって話し合いなどを進めることが大切です。

② 離婚を急がない

配偶者と不倫相手が同じ学区内にいることから、精神的につらい思いをするのがPTA不倫です。

ただ、不倫だけを理由に離婚を急ぐことは、おすすめできません。

PTA活動は子供が中学校を卒業すれば終わりますし、子供が幼稚園や小学生である場合でも、小学受験や中学受験をして学区を抜けることができます。

PTAの付き合いや近所付き合いは、永遠に続くわけではないのです。

離婚するかどうかは、配偶者の人間性や子供との関係、経済面などを考慮し、この人が自分の人生に必要かどうか、「総合的に」判断することが大切です。

特に、配偶者が不倫を猛省したり後悔していたりする場合は、一度冷静になってこの先の長い人生について考え、離婚するかどうか、今回のPTA不倫にどう対処するのか、慎重に考えてみましょう。

周囲の目が気になったり、配偶者と同じ家にいることが耐えられなかったりする場合は、とりあえず別居をする、という方法もあります。 別居しても配偶者には婚姻費用を支払う義務がありますので、別居したからといって経済的に困窮することはありません。

冷静になるために期間を定めて別居をし、その間に離婚について考える、というのも選択肢のひとつでしょう。

不倫相手へのペナルティは損害賠償請求がある

PTA不倫が判明すると、怒りや悲しさ、悔しさなど、色々な感情があふれてくるでしょう。どうにか復讐できないだろうか、不倫相手を制裁してやりたい、と考える人もいるかもしれません。

しかし、不倫相手に復讐をしたとしても、そこからは何も生まれません。

配偶者が不倫をした場合、配偶者にはもちろん、不倫相手に対しても損害賠償請求が可能です。損害賠償とは別に、不倫相手に対して「解決金」を請求することも可能です。

不倫相手に損害賠償請求をしたり、解決金の請求をしたりすることも、見方によっては1つの復讐行為といえます。

損害賠償や解決金の請求をする際は、取りはぐれの可能性を抑えるためにも、弁護士に相談することをおすすめします。離婚問題の経験豊富な弁護士ならば、親身になって相談に乗ってくれるはずです。

6、PTA 不倫に悩んだら弁護士に相談を

シタ側もサレタ側も、PTA不倫に悩んだら、弁護士に相談しましょう。

シタ側は、自分の配偶者からだけでなく、不倫相手の配偶者からも損害賠償請求される可能性があります。 また、離婚するにしても再構築するにしても、これから何度も話し合いを重ねなければなりません。不倫問題の経験豊富な弁護士に相談すれば、今後の見通しや話し合いの進め方などについて、具体的なアドバイスをもらえるでしょう。 

サレタ側のあなたも、PTA不倫に悩んだら、なるべく早く弁護士に相談しましょう。離婚するかどうか、具体的に決めていない段階でもかまいません。今の辛い気持ちを弁護士に聞いてもらうだけでも、心が楽になります。

まとめ

PTAは、共通の話題があったり、同世代の異性が多かったり、連絡先を交換しやすかったりと、不倫の温床になりやすい環境です。

また、PTA不倫は家族や地域がベースにある関係で、これが噂になると、夫婦だけでなく子供にも悪影響が及ぶ可能性があります。

PTA不倫は一般的な不倫に比べて非常に厄介ですので、シタ側もサレタ側も、この問題に悩んだら弁護士に相談することをおすすめします。

関連記事

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、 ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険の資料を無料でダウンロードする

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2022・OD・211

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

閉じる

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765