弁護士の
無料相談実施中! 初回60分無料
※一部有料となる場合がございます
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

週末婚とは?メリット・デメリットから夫婦円満のコツまで解説

週末婚とは?メリット・デメリットから夫婦円満のコツまで解説

週末婚とはどのような夫婦生活なのかが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ひと昔前であれば、結婚した男女は一つ屋根の下で暮らすことが常識とされていましたが、結婚に対する価値観は時代の変化に伴ってどんどん変わってきています。

結婚はしたいけれど自分のペースを乱されたくない、必要以上に干渉されたくないという夫婦の希望を叶えるために、最近では週末のみ夫婦として一緒に過ごす「週末婚」を選ぶ人が増えてきました。

もっとも、夫婦が週末のみ顔を合わせるスタイルの結婚の場合、コミュニケーションのすれ違いやお互いの価値観のズレが時間とともに拡大していく可能性があります。

そこで今回は、

  • 週末婚のメリット・デメリット
  • 週末婚が合う夫婦・合わない夫婦の特徴
  • 週末婚で円満な夫婦関係を築くコツ

等について解説します。本記事が週末婚を選ぶことや週末婚を続けることにお悩みの方にお役に立てば幸いです。

弁護士の
無料相談実施中! 初回60分無料
※一部有料となる場合がございます
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

1、週末婚とは?

週末婚という言葉をインターネット上や自分の身の回りでなんとなく見聞きしたことがあっても、その内容や実態を詳しく知らない人は少なくありません。「週末だけ一緒にいるって夫婦として成り立つの?」「それって結婚する意味がある?」「別居婚と何が違うの?」などと疑問を感じている人もいるでしょう。まずは、週末婚とは何なのかについて具体的にみていきましょう。

(1)週末だけを一緒に過ごす新しい結婚スタイル

週末婚とは、結婚して一緒の戸籍に入っても毎日同居するのではなく、週末だけを夫婦で一緒に過ごす結婚のスタイルです。従来であれば、毎日一緒に過ごすのが夫婦の形とされていました。

しかしながら、結婚後も仕事を継続したいと考える女性が増えたことやそれぞれの生活スタイルや価値観を大切にしたいといった希望から、平日はお互い別々の家で過ごし、週末だけをどちらかの家で一緒に過ごすスタイルを好む人が増えてきました。

(2)別居婚との違い

週末婚の夫婦は毎日一緒に過ごしているわけではありませんので、週末婚も別居婚の一種であるといえます。

もっとも、別居婚は基本的に週末も会わずにずっと別居している点で週末婚とは異なります。

また、別居婚は離婚に向けての話し合い中やお互いの気持ちは離れているもののなんらかの理由で籍を同一にしておく必要がある場合等、週末婚に比べるとネガティブな意味合いでの結婚のスタイルとなっていることも少なくありません。

2、週末婚は意味ないという声もある?メリット・デメリットは

週末婚は夫婦が週末のみ顔を合わせることになりますので「結婚する意味があるの?」「そんな結婚のスタイルは夫婦と言えないんじゃない?」といった声もあります。週末婚にはもちろんデメリットもありますが、それを上回るデメリットを感じて週末婚を選ぶ夫婦もいます。

結婚に対する価値観は夫婦によって異なりますので、以下のメリット・デメリットを踏まえながら週末婚を選ぶべきかどうか考えてみましょう。

(1)週末婚のメリット

週末婚で得られるメリットとして、主に以下のようなことが挙げられます。

①独身時代のように自由な時間を満喫できる

週末婚は戸籍上では夫婦になっていても、平日は配偶者とは別に過ごします。そのため、独身時代のように自由な時間を満喫できる点が週末婚の大きなメリットです。

配偶者のことを愛していても、毎日一緒に過ごすと疲れてしまう人にとって、週末婚はちょうど良いバランスを保てる結婚スタイルではないでしょうか。趣味がある人は思いっきり平日の時間を趣味に費やしても誰にも文句を言われません。

また、急な飲み会が入ったときに配偶者の夜ご飯の心配をする必要もありませんし、帰りが遅くなることについて配偶者の了承を得ることも不要です。

週末婚を選ぶと、結婚していながら自由な時間を思いっきり満喫できることで、結婚後も人生の充実度が減らずに済むでしょう。

②配偶者に気を遣わずに仕事に没頭できる(キャリアプラン)

近年、結婚後も仕事を続けたい女性が増えています。結婚後、専業主婦になることを望まない女性は、夫婦がお互いのキャリアプランを描くことができる週末婚のスタイルに親近感を抱くでしょう。

他にも、平日は思う存分残業ができる、急な出張や打ち合わせが入っても配偶者に気を遣わなくて済むといったメリットもあります。

③夫婦のマンネリ化を防げる、新鮮さを保てる

心から愛して結婚を決めた相手であっても、毎日同じ家で顔を合わせていれば新鮮味がなくなるのも無理はないでしょう。週末婚のスタイルであれば、週末だけ夫婦で一緒の時間を過ごすことになるため、恋人時代のようなウキウキ気分や新鮮さを保つことができます。

何年、何十年と結婚生活を続けていく上で、夫婦のマンネリ化を防げるのは大きなメリットとなるでしょう。

④同居による余計なストレスが生まれない

相手のことをいくら好きでも、毎日一緒に暮らしていれば些細な点が目につきます。「靴下を脱ぎっぱなしにしている」「飲み終わったペットボトルを捨ててくれない」など、一つ一つは些細な不満でも積もり積もれば大きなストレスになりかねません。

週末婚であれば、平日は一緒に過ごしていませんので、このような些細なストレスを積み重ねずに済みます。

⑤お金の使い方でもめなくて済む

結婚生活を継続していく上で大きな問題となるのがお金です。夫婦それぞれ仕事をしながらお金を稼いでいても、夫婦共有の生活費をいくらにするか、将来のために毎月いくら貯金するのか、それぞれが自由に使って良いお金はいくらなのか等、お金についてしっかり決めておかないと、離婚にも発展しかねないトラブルになり得ます。

週末婚であれば、基本的にお互いが経済的に自立して稼ぎを得ていますので、相手のお金の使い方に関するストレスを抱えずに済む夫婦が多いでしょう。

(2)週末婚のデメリット

このように、週末婚には多くのメリットがあります。特に、一人の時間を大切にしたい人にとって週末婚は現実的な選択肢の一つとなってくるでしょう。

しかしながら、週末婚にはデメリットもあります。安易に週末婚を選ぶと離婚に発展する可能性もありますので、以下のデメリットを吟味しながら週末婚を検討しましょう。

①同居に比べ生活費がかかる

現実的な生活のことを考えると、週末婚は同居している夫婦に比べお金がかかります。夫婦が同居していれば家賃、水道光熱費等、生活に必要なお金を二人で共有しますが、それぞれの住居を持つ週末婚では、生活費が2倍かかります。食事についても、二人がそれぞれの家で食べることになれば夫婦二人分を自炊する場合に比べお金がかかるでしょう。

②コミュニケーション不足になりやすい

週末婚の場合、平日は独身のような生活です。そのため、話したいことがあってもすぐに話せない、ちょっとした気持ちの変化をリアルタイムで共有できない等、コミュニケーション不足になることが珍しくありません。なかなか会えないことによる寂しさや孤独感がストレスの原因になる人もいるでしょう。

③夫婦としての一体感が生まれにくい

週末婚の場合、夫婦が顔を合わせるのは週末のみです。恋人時代のような新鮮さを保つことはできるかもしれませんが、夫婦で問題を乗り越えていく、何があっても相手とともに生きていくといった夫婦としての一体感が生まれにくい点もデメリットの一つでしょう。

④離婚への抵抗感が薄くなる場合がある

何年、何十年と結婚生活を続けていれば、大きな喧嘩をしたり時には離婚に発展するようなトラブルになったりすることも珍しいことではありません。同居している夫婦であれば、離婚後の生活の変化や引越しなど、離婚に関してそれなりにハードルがあるものの、週末婚の場合は離婚しても生活が大きく変わるわけではありません。

そのため、離婚への抵抗感が薄くなる場合があります。

⑤子供が生まれたら夫婦のどちらかが平日はワンオペ育児となる

夫婦二人だけの生活であれば、週末婚を選びお互いに自由を満喫するのも良いでしょう。

しかしながら、子供が生まれれば話は別です。子供が生まれた後も週末婚を続けるということは、子供を育てる夫婦の一方(多くのケースでは女性側)が平日はワンオペ育児で子供を育てることになります。夫婦二人でも子供を育てていくのは大変なことですから、相手に子育てを任せっきりにしてしまうことは慎重に考える必要があるでしょう。

3、週末婚が合う夫婦・合わない夫婦の特徴

上記のように、週末婚にはメリットもありますが、見過ごせないデメリットも存在します。週末婚を考えている夫婦は、せっかく結婚したにもかかわらずすぐに離婚の危機に陥らないよう、週末婚が合うタイプの夫婦かどうかを事前に見極めておくことをおすすめします。

以下で、週末婚が合う夫婦と合わない夫婦の特徴をご紹介しますので、ご自身の場合はどちらに該当するかを確認してみてください。

(1)週末婚が合う夫婦

まずは、週末婚が合う夫婦の特徴からみていきましょう。

①仕事と家庭の両方を大事にしたい

仕事と家庭の両方を大事にしたい夫婦には、週末婚が合っている側面があります。家庭生活を優先させるとなれば、思いっきり仕事ができず遠慮してしまう部分がありますが、週末婚であれば平日は帰りの時間や残業の有無等を気にせず仕事に打ち込むことができます。

もっとも、夫婦の一方ではなく夫婦双方が同じ気持ちでないと、週末婚を進めるにつれてどちらかに不満が生じる可能性が高いです。仕事と家庭の優先順位やどのくらい仕事に打ち込みたいかについては、事前に夫婦で腹を割って話し合い、お互いの気持ちを確認し合うことが大切です。

②配偶者の事情に左右されずに自分のキャリアプランを進めていきたい

夫婦が毎日同じ場所に住むことを前提にすると、配偶者の事情によって自分のキャリアプランを変えなければならない場合があります。

たとえば、夫が地方に転勤になった場合、夫と同居することを前提にするのであれば、妻は仕事を辞めたり配属を変えてもらったりすることを余儀なくされます。自分のキャリアプランをしっかりと進めたい人にとって、配偶者の事情でキャリアプランが崩れてしまうのは辛いですよね。

このような事情から、配偶者の事情に左右されずにキャリアプランを進めたい人には週末婚スタイルが向いています。

⑤一人で過ごす時間をお互いに確保したい

たとえ愛している相手でであっても、毎日一緒に暮らさなければいけないことを重荷に感じる人は少なくありません。一人で過ごす時間を確保したい人にとって、配偶者と一緒に過ごす時間も大切ですが、それと同じくらい一人で過ごす時間も大切です。

平日を一人で過ごすことができれば、自分の時間を十分に確保することができ、週末に配偶者と過ごす時間がより楽しくなるでしょう。

⑥週末の過ごし方、お金の管理など、約束を守れる

週末婚を継続していくためには、お互いに約束を守れる人であることが大切です。週末は一緒に過ごす予定だったのにドタキャンする、お互いに毎月決まった金額を夫婦共同のお金として貯金するはずだったのに全く貯金していない等、約束を守れないとお互いの信頼関係がなくなってしまいます。お互いに約束を守れるのであれば週末婚に向いているといえます。

(2)週末婚が合わない夫婦

一方で、以下のような特徴がある夫婦は、週末婚には合わない可能性が高いといえます。

①対面でのコミュニケーションを大切にしている

対面でのコミュニケーションを大切にしている夫婦は、週末婚を選ぶとコミュニケーションが不足し、すれ違いを感じやすいです。ビデオ通話をはじめとしてオンラインで会話することはできますが、オンライン上での会話が対面での会話と全く同じかというとそうとは感じない人が多いです。

②寂しがり屋、不安体質

寂しがり屋、不安大切の人が週末婚を選んでしまうと、平日がとても辛い毎日になってしまいます。いくら結婚しているとはいえ、平日お互いが別の家で暮らしているのであれば、気軽に会うことができません。

ましてや、「相手は今何をしているんだろう?」「仕事って言っていたけどほんとかな?」「実は異性と会ったり異性を家に連れ込んだりしているのでは?」などと不安を感じやすい人は、毎日同じ家で暮らしたほうが安心した結婚生活を送ることができます。

③節約志向、お金を使ってしまいやすい

節約したいタイプの人は、週末婚に向かない可能性があります。週末婚では、家賃や水道光熱費が同居している場合の2倍かかるので、経済的負担が大きくなります。

逆にお金を使ってしまいやすい人も週末婚は少し危険です。週末婚の夫婦が共同で貯金をする場合、しっかり取り決めをしてお互いに約束を守ることができないと夫婦の貯金が増えません。お金を使ってしまいやすいのなら、同居して配偶者に強制的にお金を管理してもらったほうが良い場合もあります。

④妊活、不妊治療を考えている

妊活、不妊治療の優先順位が高い夫婦も週末婚には不向きでしょう。子供を授かることを望むのであれば、同じ家に住んで夫婦の性生活を営んだり、夫婦で一緒に不妊治療の病院に通ったりする必要があります。

また、不妊治療の病院自体には女性が一人で通う場合でも、不妊治療は精神的ストレスがかなり大きいので、不安を分かち合ってくれるパートナーがすぐそばにいなければ不妊治療のつらさを乗り越えられない人もいます。子供を授かることを第一に考えるのであれば、同居婚をおすすめします。

4、週末婚で円満な夫婦関係を築くコツ

これまでの話を踏まえた上で、やっぱり自分たちは週末婚を選びたいと考えるご夫婦もいるでしょう。週末婚は同居婚とは異なり、夫婦で会う時間が少ないので、結婚生活を続けていくにはお互いに工夫していくことが大切です。

ここでは、週末婚で円満な夫婦関係を築くコツをご紹介します。

(1)日々の連絡を欠かさない

週末婚の場合、平日に相手がどんな生活をしているのかを見ることができません。お互いに不安を感じないよう、平日は連絡を欠かさないように心がけましょう。毎日連絡を取り合うことで、夫婦のコミュニケーションを維持することにもなります。

(2)生活費の負担割合を適切に決めておく

結婚したら、お金の問題をどうするかをお互いに話し合っておくことが大切です。

週末婚の場合は特に、一人暮らしの延長のように感じてしまい、お互いにお金を好き勝手に使ってしまいかねません。貯金や生活費の負担割合はしっかりと話し合って決めておくようにしましょう。

(3)子供ができた後のことを話し合っておく

子供を授かるつもりがないのであれば週末婚をずっと続けても問題ありませんが、子供を考えているのであれば、子供ができた後のことを話し合っておく必要があります。

子供を出産すれば24時間子育てをしていかなければなりませんが、週末婚を続ける場合、平日は女性のワンオペ育児となってしまいます。子供が生まれたら週末婚をやめて同居するのか、それとも週末婚を続けるのかは、子供ができる前に一度話し合っておくことをおすすめします。

また、子供が生まれたら子供の住民票を夫婦どちらの住民票に入れるのかも話し合っておいたほうが良いでしょう。子供の住民票がある場所に予防接種や検診の案内が届きますので、しっかり話し合っておくことが必要です。

(4)平日に会いたい用件があるときの対処法を決めておく

平日にメールやLINE、電話だけの交流となると、夫婦の間ですれ違いが起こりやすいものです。ときには、会って話さなければ話が進まない用件も出てくるはずです。そんな場合の対処法も事前に決めておいた方がよいでしょう。

すぐに会うこととするのか、じっくりと時間をかけて電話で話すのか、文章に書いておくこととするのか、週末にまとめて話すこととするのか、夫婦で話し合っておくことが大切です。この点をじっくり話し合うことで、「すれ違いが起こりやすい」という問題意識を共有することもできるでしょう。

(5)婚前契約書を交わす

上記の内容を話し合って取り決めた場合、婚前契約書を作成して交わしておくのも良いでしょう。

婚前契約書とは、夫婦が結婚生活を送る上で必要なことを取り決めた事項を書面にまとめたものです。たとえば、毎月の貯金額や夫婦が共同で使用する銀行口座の情報、家事や育児の分担等を文章で書いて取り決めておきます。

契約を交わした以上、基本的に当事者はその内容に拘束されます。約束違反があった場合に裁判手続きをもって強制するかどうかはともかくとして、週末婚を始める前にお互いに真剣に話し合い契約書の形にまとめておくことで、「約束を守ろう」という双方の気持ちが強化されるでしょう。

5、週末婚から離婚問題に発展したときの注意点

様々な点に注意しても、週末婚を続けていく中で離婚問題に発展することがあるかもしれません。同居婚でも離婚になることは珍しくありませんが、週末婚の場合は同居婚とは異なる離婚の問題点を抱えています。以下で、週末婚から離婚問題に発展したときの注意点をみていきましょう。

(1)婚姻費用をもらえない可能性がある

同居婚の場合、離婚が成立するまでの間の婚姻費用を請求することができますが、週末婚の場合は婚姻費用を請求できない可能性があります。

なぜなら、週末婚では夫婦それぞれが経済基盤を持ち、それぞれの家で生活をしているので、離婚話が出たからといって今まで以上の生活費を補償する必要性はないと考えられやすいからです。

必ずしも、離婚前の別居で妻方夫に対して婚姻費用を請求できるわけではないことに注意しましょう。

(2)財産分与が認められない可能性がある

週末婚の場合、財産分与についても認められない可能性があります。夫婦で同居をしているわけではないので、財産を夫婦が協力して形成・維持したとはいえないと判断されてもおかしくないからです。

夫婦の生計が同一でないならば結婚後に夫婦の一方が取得した財産は共有財産とはいえず、財産分与の対象とならないと判断される可能性が高いでしょう。

(3)相手の不倫の証拠を確保することが難しい

相手が不倫している場合でも、週末婚の場合はその証拠を確保することが難しいものです。同居していれば、相手がスマホを触っている時間に相手のスマホを覗き見したり、相手が女性と二人で行ったであろうお店やホテルの写真・領収書を把握できたりする可能性がありますが、週末婚の場合はそれも難しいでしょう。

6、週末婚で夫婦関係の危機を感じたときは弁護士に相談を

週末婚で夫婦関係の危機を感じたときは弁護士にご相談ください。相手との夫婦関係を修復することを望むのであれば、これまでとは違う言動をしていく必要があります。離婚問題に強い弁護士であれば、過去の事例をもとに最適なアドバイスをしてくれるでしょう。

また、万が一離婚の話がすでに進んでいる場合は、弁護士に依頼をすることで、相手と顔を合わせずに弁護士に離婚の話し合いを進めてもらうことができます。調停や訴訟になった場合でも、法的知識が豊富な弁護士に代理人として手続きを進めてもらうことができるので、裁判の準備を進める手間を省くことができます。

離婚問題でお悩みの場合、まずは一度弁護士にご相談ください。

週末婚に関するQ&A

Q1.週末婚とは

週末婚とは、結婚して一緒の戸籍に入っても毎日同居するのではなく、週末だけを夫婦で一緒に過ごす結婚のスタイルです。

Q2.週末婚のメリットとは

  • 独身時代のように自由な時間を満喫できる
  • 配偶者に気を遣わずに仕事に没頭できる(キャリアプラン)
  • 夫婦のマンネリ化を防げる、新鮮さを保てる
  • 同居による余計なストレスが生まれない
  • お金の使い方でもめなくて済む

Q3.週末婚のデメリット

  • 同居に比べ生活費がかかる
  • コミュニケーション不足になりやすい
  • 夫婦としての一体感が生まれにくい
  • 離婚への抵抗感が薄くなる場合がある
  • 子供が生まれたら夫婦のどちらかが平日はワンオペ育児となる

まとめ

新しい結婚の形として週末婚に興味を持つ人は増えています。結婚しても一人の時間を確保できる点や個々のキャリアプランを描ける点は週末婚の大きなメリットでしょう。

しかしながら、デメリットがあるのも事実であり、離婚に発展した場合は週末婚特有の問題点もあります。パートナーと話し合い、お互いにとってベストな結婚の形を探していきましょう。

弁護士の
無料相談実施中! 初回60分無料
※一部有料となる場合がございます


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は初回60分無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、 ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

ベンナビ弁護士保険への加入
ベンナビ弁護士保険への加入

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険の資料を無料でダウンロードする

提供:株式会社アシロ少額短期保険 KL2022・OD・211

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

閉じる

弁護士相談初回60分無料!※一部有料となる場合があります
  • 電話で相談予約
平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00