刑事事件に強い弁護士と出会うために知っておくべき3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスイメージ メンズ 男性

もし家族や知人が刑事事件などで逮捕されてしまった場合、「刑事事件に強い弁護士」に依頼したいとお考えになられるのではないでしょうか。

しかし、普段弁護士や刑事事件に縁がない方がほとんどだと思うので、探し方などが分からずお困りになることもあるでしょう。

そこで今回は、

  • 刑事事件に強い弁護士はどのような弁護士か
  • 刑事事件に強い弁護士・法律事務所を見分けるポイント
  • 刑事事件に強い弁護士の探し方

について書きました。ご参考になれば幸いです。

1、刑事事件に強い弁護士とは?

そもそも、刑事事件に強い、とはどういうことでしょうか。

具体的には以下のような結果を高確率で実現する弁護士が刑事事件に強い弁護士といえるでしょう。

  • 逮捕されている場合に不起訴を獲得する
  • 逮捕されている場合に釈放・保釈を獲得する
  • 裁判となっている場合に無罪を獲得する
  • 有期刑を休憩されている場合に執行猶予を獲得する
  • 被害者との示談をまとめる

2、刑事事件に強い弁護士・法律事務所を見分けるポイント

次に刑事事件に強い弁護士を見分けるポイントについてみていきます。

以下のような条件のいずれかに当てはまる弁護士(もしくは法律事務所)が刑事事件に強いといえるので、弁護士や法律事務所を選ぶ時には以下のようなポイントに注意して下さい。

(1)不起訴率が高いか、不起訴件数が多いか

前科をつけないためには、不起訴を獲得することがポイントとなります。
ですので、不起訴率が高かったり不起訴件数が多い法律事務所は刑事事件に強いといえるでしょう。
ホームページなどに不起訴率を掲載している事務所はあまり多くないですが、不起訴数を掲載している事務所はあります。不起訴率が高かったり不起訴件数が相対的に多い法律事務所を選ぶとよいでしょう。

(2)ヤメ検(元検察官)の弁護士がいる法律事務所か

検察官は被疑者を取り調べして起訴するか否かを決める者です。
ヤメ検(元検察官)弁護士は起訴するまでの過程を熟知しているので、起訴を回避するための方法についても詳しいといえます。そのため、ヤメ検がいる法律事務所は刑事事件に強いといえるでしょう。

(3)刑事事件の解決実績が多いか

刑事事件の解決実績が多いということは、刑事事件に強い弁護士(法律事務所)であるという可能性が高いといえます。ホームページなどで解決実績数などをみて、相対的に多い法律事務所を選ぶとよいでしょう。

(4)刑事事件の相談実績が多いか

刑事事件の相談実績が多い=刑事事件に強い弁護士(法律事務所)とはなりませんが、多く相談を受けているということは、経験や実績もそれなりに多いのであろうと推測されます。ですので、刑事事件の相談実績が多い法律事務所は刑事事件に強い弁護士といえます。ホームページなどで相談実績数などをみて、相対的に多い法律事務所を選ぶとよいでしょう。

(5)弁護士数が多い法律事務所か

刑事事件においてはスピードが重要です。弁護士数が多いとスピード対応してくれる可能性が高いといえます。ホームページなどで弁護士数などをみて、弁護士数が相対的に多い(10名以上いれば多いといってよいでしょう)法律事務所を選ぶとよいでしょう。

(6)土日休日対応の法律事務所か

刑事事件はスピードが重要です。金曜日の夜や土曜日に対応されて月曜日に対応というのでは、釈放や不起訴を獲得できる可能性が下がってしまうことがあります。土日休日対応の法律事務所を選ぶとよいでしょう。

3、刑事事件に強い弁護士の探し方

では、実際に刑事事件に強い弁護士を探す方法についてみていきましょう。国選弁護人に依頼する方法もありますが、ここでは刑事事件に強い私選弁護人の探し方について書いていきます。

既に逮捕されてしまっている場合には、以下に迅速に対応するかが重要となってきます。

(1)知人経由であたってみる

まずは知人経由で弁護士を探してみましょう。注意しなければならないことは、刑事事件の経験が少ない(もしくは全くない)弁護士も相当数いるということです。

また、知り合い経由で弁護士を見つけることができたが、その弁護士が刑事事件にあまり強くないということもあるでしょう。そのような場合、その弁護士の知り合いで刑事事件に強い弁護士を紹介してもらうのも一つの手です。

(2)弁護士会経由で探す

弁護士会経由で刑事事件の私選弁護人を探す方法としては、私選弁護人選任申出制度、当番弁護士制度があります。

①私選弁護人選任申出制度

私選弁護人選任申出制度とは、被疑者(逮捕された状態の者)または被告人が、弁護士会に対し、弁護人の選任の申出をすることができるという制度です。

②当番弁護士制度

当番弁護士制度とは、逮捕・拘留された状態の者が弁護士にアドバイスを求めることができる制度です。

お住まいの地域の最寄りの弁護士会にお問い合わせ下さい。

全国の弁護士会はこちら

以上のような弁護士会の制度を利用して弁護士を探す方法もあります。

(3)インターネット経由で探す

インターネットで刑事事件に強い弁護士を探す方法もあります。

①弁護士のポータルサイトで探す

以下のような弁護士のポータルサイトで探す方法があります。

弁護士ドットコム

②GoogleやYahoo!で検索する

GoogleやYahoo!で「刑事事件 弁護士」と検索して探します。
東京や大阪など地域名を掛け合わせてもよいでしょう(「刑事事件 弁護士 東京」など)。

いくつか法律事務所のホームページが出てくると思うので、「2、刑事事件に強い弁護士・法律事務所を見分けるポイント」を参考に選ぶとよいでしょう。

まとめ

今回は刑事事件に強い弁護士を見分けるポイントについて書いていきましたがいかがでしたでしょうか?ご参考頂き、是非望ましい結果を勝ち取ってもらえれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士による無料相談実施中!


もし、あなたが、

・離婚をしようと思っているが、どうして良いのか分からない
・遺産相続で困っている
・過払い金を取り戻したい
・交通事故に遭ってしまい困っている

など、法律のことでお困りのことがあれば、まずは無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決策を見つけ出します。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

コメントを残す

*