弁護士相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-751-882
メールでのご相談

不倫は楽しいは本当?絶対に知っておくべき不倫の3つの落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に、不倫は「悪いこと」と考えられていますが、中には「不倫は楽しい」と感じる人がいることも事実です。
不倫が楽しい理由にはどのようなものがあるのでしょうか?また、楽しいからと言ってずっと続けていくことに問題はないのでしょうか?

今回は、不倫をしている方には知っておいていただきたい、

  • 不倫が楽しい理由
  • 不倫のおそるべき落とし穴
  • 不倫を終わらせるべき理由

についてご紹介していきます。ご参考になれば幸いです。

弁護士相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-751-882
メールでのご相談

1、なぜ不倫を楽しいと感じてしまう?その理由を徹底解明!

不倫していると、どうして楽しいと感じてしまうのでしょうか?周囲からは「傷つくだけだよ」「やめておいた方がいいよ」などと言われても、どうしてもやめる気になれないことも多いです。

まずは、不倫を楽しいと感じる理由について、考えてみましょう。

(1)結婚を考えなくて良い

1つ目の理由は、結婚を考えなくて良いことです。
普通の恋愛の場合、いずれは相手と結婚をすることを考えます。
自分はまだまだ結婚したくなくても、相手から結婚を迫られることもあるでしょう。
結婚となると、相手の両親や親族付き合いも発生しますし、どこに住むかとか仕事はどうするのかとか、子どもはどうするのかなど、いろいろと面倒な問題が発生します。
また周囲を見ても、結婚した友人は生活に追われて所帯じみてしまい、独身時代のような輝きを失っているように見えることもあるでしょう。
もちろん、結婚すると、お金も自由にならなくなります。
このように、結婚のことを全く考えずに奔放につきあえることをメリットと感じ、楽しいと思うことがあります。

(2)自由

不倫の恋愛は、秘密にしないといけないし我慢が多いと考える方もいますが、反対に「自由」と感じる方もいるのです。
普通の恋愛の場合、嫌になったからすぐに別れるというわけにはいきません。
別れたいと思っても「どうして別れたいのか」などと聞かれたり「親にも紹介したのに」などと言われたりするかもしれません。
メールに返信しなかったり会わなかったりすると「どう思っているのか?」などと聞かれることもあるでしょう。

不倫の場合には、もともと不安定な関係ですから、自分が飽きたら割と自由に別れることができます。
面倒なときにはメールに返信する必要もないでしょう。
相手が既婚者の場合、相手からのメールの返信頻度や時間もかなり限定されるでしょうから、こちらにも多くは求めてこないのが普通です。
別れるときに「親にも紹介した」などと言われて恩着せがましく言われることもまずないです。

(3)いろいろ買ってもらえる

相手が既婚男性の場合、同年代の男性よりもお金を持っていることがあります。
その場合、高級ブランドの商品などをいろいろ買ってもらえたり、高級レストランに連れて行ってもらえたりして、贅沢をさせてもらえるケースがあります。
このような、普通では味わえないデートができるので、楽しいと感じる人がいます。

(4)女性の扱いがうまい

不倫を繰り返すような既婚男性は、女性の扱いに慣れていることが多いです。
女性を喜ばせるような言葉を言ったりシチュエーションを作ったり、サプライズを用意したりしてくれることもあるでしょう。
このような相手の魅力に引き込まれ、楽しいと感じてしまうのです。

(5)娯楽の1つ

不倫の交際を、単なる娯楽の1つだと感じている人もいます。
相手に対してのめり込むこともなく、適当にメールをしたりデートしたり、ほしいものをプレゼントしてもらったり、会って性交渉を楽しんだりします。
お金に困っていない女性に多いパターンでは、仕事が忙しくてストレスが溜まるので、不倫の恋愛で解消していることもあります。
結婚願望がないので不倫であっても苦にならず、疑似恋愛を楽しみます。

(6)身体の相性が良い

不倫する理由として非常に多いのが、身体の相性です。
身体の相性が良い人は、なかなか探すのが難しいです。
結婚しても合う人である可能性は高いとは言えません。
不倫相手がたまたま身体の相性の合う人であった場合、かなりはまり込んでしまうことがあります。

また、SM趣味など、妻が相手をしてくれない趣味がある人は、そういった傾向の合う不倫相手を非常に重宝します。
不倫相手の女性の方も、趣味の合う人や身体の相性が合う人とは離れがたいので、そうした人と会って性交渉することが楽しみになってしまいます。

(7)今までにないくらい、本気で好きになってしまった

結婚している場合でも、その相手のことを本気で好きになり、大恋愛の末に結婚する、ということは少ないです。
見合いであることもありますし、妥協することも普通です。
不倫相手の女性の方も、今まで本当に好きな人とは出会ってこなかったということが多いでしょう。

そんなとき「運命の人」と確信できる相手と出会ってしまったら、不倫にはまり込んでしまいます。相手が結婚していても「もう少し早く出会っていれば…」などと言い合って不倫関係を続けていきます。

(8)スリルがあって刺激的

不倫を楽しんでいる人は、不倫のスリルや刺激を楽しんでいることが多いです。
そういった人は、普通の恋愛に飽き足らず、「周囲にばれないようにしないといけない」「妻がいる(障害)」という状況に対し、余計に気持ちが燃え上がってしまうのです。
「かなわない恋なのに、相手に尽くす、健気な自分」に酔っていることなどもあります。
そうした人は、不倫相手(既婚者)と別れても、また同じように既婚者を選んでしまうことも多いです。

2、人生を台無しにしないで!不倫の3つの落とし穴とは?

しかし、不倫は楽しいばかりではありません。恐ろしい落とし穴があるので、注意が必要です。

(1)慰謝料請求されるのが、一番のリスク

一番のリスクは、相手の妻にばれて慰謝料請求されることです。
こちらは遊びであり、相手の妻から奪う気がなくても、相手の妻からしたら、不倫相手の女性は泥棒猫です。

法律上、不倫(不貞)は不法行為となりますから、相手の妻は不倫相手に損害賠償請求(慰謝料請求)することができるのです(民法709条)。
夫婦が離婚をせずに、不倫相手にのみ慰謝料請求することもあります
慰謝料請求をされたとき、支払をしないで放置しておくと、相手の妻が弁護士に依頼して裁判を起こしてくる可能性もあります。
場合によっては、給料を差し押さえられたりして、高額な慰謝料や探偵調査料、弁護士費用などを取り立てられてしまう場合もあります。
娯楽や遊びで不倫していても、泥沼の裁判トラブルになってお金をとられることは、誰も望まないでしょう。

(2)職場にばれてキャリアを失う

また、不倫していると、職場にばれるケースもあります。
社内不倫の場合にはもちろんのこと、相手の妻が職場に押しかけてきたり、ネット掲示板などに書き込みをして噂になったりしてしまうこともあります。
そうしたら、会社での評価が下がってキャリアが台無しになってしまうことがあります。
普段キャリアウーマンでバリバリ働いていても、「裏では不倫しているらしいよ」などと噂されたら、やりにくくなってしまうでしょう。

(3)時間や人間関係を失う

それ以外にも、不倫していると貴重な人生の時間を無駄にすることにもなりますし、親に怒られたり友人に軽蔑されたりする可能性もあります。

3、こんなにある!不倫を終わらせるメリット

今、不倫が楽しいと感じている方は、不倫を止めようなどとは考えていないかもしれませんが、不倫をやめることにはたくさんのメリットがあります。

(1)慰謝料請求のリスクが低くなる

1つは、相手の妻から慰謝料請求されるリスクが相当程度低くなることです。
不倫している人は軽く考えているかもしれませんが、慰謝料請求されると本当に面倒ですし、お金を取られるので、実被害も大きいです。
相手の夫婦が離婚しない場合、自分が支払った慰謝料を使って相手の男性がのうのうと、妻や子どもと仲良く暮らして行くのを目の当たりにしないといけないのです。
このようなことは、非常に屈辱的です。
不倫さえ早めにやめたら、そんな嫌な思いをせずに済む可能性が高くなるでしょう。

(2)普通に恋愛や結婚ができる

不倫しているときには見えづらいかもしれませんが、普通の恋愛や結婚は楽しいものです。
普通の恋愛なら、不倫のように秘密にしなくても良いので、堂々とどこででもデートすることができますし、友人や親兄弟などに自慢することもできます。
本当に大事と思える人が現れたら、結婚もしたいと考えるようになります。
結婚して子どもができたら、将来中年、老年になっても「幸せだった」と思える人生を送ることができます。
このまま不倫を続けて1人のままで老後を過ごし、孤独死するのは辛いと思いませんか?

(3)肩の荷が下りる

不倫している場合、どうしても周囲に秘密にしなければならないとか、妻にバレないようにしようなどと考えるので、気が張り詰めているものです。
知らず知らずのうちにストレスも溜まってしまうでしょう。
こんなとき、不倫関係を解消したら、このような重しから解放されて非常に気持ちが楽になります。
今しんどくないと思っていても、別れてスッキリしたら「こんなに楽になった」と思うはずです。

4、次の一歩を歩み出しましょう!不倫を終わらせる方法

不倫を終わらせるにはいろいろな方法がありますが、1つには、昼間に会ってはっきり別れの意思を伝えることです。
このとき、平日の夜ではなく、必ず休日の昼間に会うことが重要です。
そしてその日の夕方から夜にかけては、予定を入れておきます。
夜までずるずると話を続けて、結局元の木阿弥になるのを避けるためです。
連絡をせずに音信不通にしてフェードアウト(自然消滅)するのも1つの方法です。

重要なのは、別れた後は、相手からの連絡は無視すること、どうしても会わなければならないとしても、絶対に2人では会わないことです。
そして、趣味や仕事に打ち込んで、なるべく相手のことを考えないようにしましょう。
男女問わず、たくさんの友達と会っていろいろな話を聞き、自分の視野を広げることも大切です。

こうしてだんだん不倫相手のことを考えなくなって、不倫を卒業することができます。

まとめ

不倫を楽しいと感じていても、一時的なものです。
ずっと続くことはなく、いずれは相手の妻にばれて慰謝料請求されます。
そうなったら、不利益を受けるのは自分だけかもしれません。そのときになって「騙された」「馬鹿なことをした」と思っても、遅いです。

リスクを避けるためには、自分から早めに別れることが重要です。
今回の内容を参考にして、早めに不倫を終わらせましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2020・OD・053

SNSでもご購読できます。

カテゴリー