弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

セックスレスが原因での離婚はおかしい!レスになる理由と解決策を解説

セックスレス 離婚 おかしい

セックスレスが原因で離婚なんておかしい!と、感じる女性は多いのではないでしょうか。

結婚生活を続けていくと、気づいたら夫とセックスレスになっていたり、出産を機にセックスレスになったりする夫婦も多いので、実はセックスレスが原因で離婚する夫婦は珍しくありません。でもあなたが感じているように、セックスレスだけで離婚をしてしまうのはもったいないケースもたくさんあります。

今回は、セックスレスでの離婚はおかしい!と感じるあなたへ、その解決策をベリーベスト法律事務所の弁護士が解説します。

離婚したくない方は以下の関連記事をご覧ください。

関連記事

弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

目次

1、セックスレスでの離婚はおかしい?そもそもセックスレスとは

セックスレスでの離婚はおかしい?そもそもセックスレスとは

セックスレスでの離婚がおかしいかどうかを考える前に、そもそもセックスレスとは何かについて、確認しておきましょう。

(1)セックスレスとは

セックスレスでの離婚はおかしいのではないか?と考える女性は少なくありません。

セックスレスには様々な考え方がありますが、一般的には、病気などの特別な事情がないにもかかわらず、1ヶ月以上性交渉がない状態を言います。

(2)定義にとらわれず夫婦の気持ちを重視する

一般的には、1ヶ月以上性交渉がない状態がセックスレスと考えられていますが、セックスに対する考え方は夫婦によって大きく異なります。夫婦は毎日セックスするものと考える人もいれば、数ヶ月に1回のセックスしか求めていない人もいるでしょう。

大切なのは、セックスレスの定義にとらわれず、夫婦の気持ちです。セックスをしないことを夫婦双方が合意していれば、それはもちろん良いでしょう。

しかし、夫婦のどちらか一方がセックスを望んでいるにもかかわらず、セックスが行われないとなると、夫婦の間に溝ができる可能性もあります。

2、夫がセックスを拒否しセックスレスになる理由

夫がセックスを拒否しセックスレスになる理由

ここからは、夫がセックスを拒否しセックスレスになる理由について見ていきましょう。

(1)妻のことを女性として見られなくなった

勝手な話ではありますが、「妻のことを女性としてみられない」などという男性は少なくありません。この場合、単純に「見た目」でそのような気持ちになっているのであれば、話は簡単です。いくらでも「見た目」を取り戻す方法は、現代社会にはたくさん存在しています。

また、「家族になった」「母親のように甘えている」など、一女性ではなく、家族(仲間)としての存在になった場合もこのような表現を使うかもしれません。しかしこの場合は「離婚」とは全く逆の方向ですから、離婚においては問題視する必要はないでしょう。

一方で、「妻のことを女性としてみられない」心情には、「好き」が失せたという場合もあるかもしれません。この場合は、男性側は夫婦であることの意味において、「好き」という気持ちを重視しているという表れであるといえます。ですから、このような場合は、女性側から「好き」をたくさん発信してみてください。まずは自分から相手のニーズに応えてみる、が重要です。

(2)妻がセックスをしたがっていないと誤解した

夫婦の誤解が、セックスレスにつながる場合もあります。
例えば、夫は妻とセックスをしたいのに、妻が自分とのセックスを求めていないと夫が誤解したことから、セックスレスに発展するケースです。
この場合も、早期に誤解を解くことで問題は解決するはずです。

(3)妻からセックスを断られたことがトラウマになっている

女性は、身体の状態やホルモンの関係により、セックスをする気分になれない日があるものです。そんな日は、夫から誘われてもセックスに応じられず冷たく断ってしまうことがあるかもしれません。

妻から、冷たくセックスを断られたことが夫の中でトラウマになっていることがあります。一度、妻からセックスを断られてしまうと、夫も自信がなくなり、その後なかなか妻をセックスに誘えずセックスレスになるというケースもあります。

このようなケースでは、解決策はいうまでもありません。女性側からトラウマをなくしてあげることです。面倒な男性のデリケートな性質に付き合うのもお辛いかもしれませんが、あなたの包容力でトラウマを解消してあげれば万事OKです。

(4)仕事の多忙化・重責化

男性は、女性に比べて仕事に重きを置く人が多いです。年齢が上がるにつれ、仕事が多忙になったり責任が重くなったりすることも、珍しくありません。仕事の多忙化・重責化が強まると、男性としては仕事のことで頭がいっぱいになり、妻とのセックスの優先順位が下がる傾向にあります。

このような場合は、軽いスキンシップにとどめておくと良いでしょう。相手が拒否するからと言って、完全にスキンシップをやめてしまえば、事態は悪化するばかりです。こんな時に大切なのは、「求める気持ち」ではなく「与える気持ち」であることに注意しましょう。

(5)年齢による性欲の減退

男性は年齢が上がるにつれ、性欲が減退していく人が多いです。性欲が減退する年齢は、人によって異なり、高齢でなかったとしても夫の性欲の減退が、セックスレスの原因になるケースもあります。

このような場合は、サプリメントを利用するなど「工夫」を凝らしてみてはいかがでしょうか。これまで何かの助けなど要らなかったとしても、年齢に従った対応をしていくのも生きる知恵の1つです。

3、セックスレスが原因で離婚につながる理由

セックスレスが原因で離婚につながる理由

このように、男性がセックスを拒否する理由があったとしても、対応策はあるものです。

ただ、対応策を間違えたり、事態を放置することにより、別の要因が発生してしまいます。以下、セックスレスが原因で離婚につながる理由について見ていきましょう。

(1)セックスレスに伴って愛情も低下

セックスは、夫婦生活を続けていく上で、1つのコミュニケーションの手段です。普段の会話だけでなく、セックスを通して愛情を確かめ合う夫婦も少なくありません。

そんな夫婦がセックスレスになっていくと、ただ単にセックスがなくなるだけでなく、それに伴い愛情もなくなっていくケースがあります。愛情がなくなることにより、結婚生活を継続していく意味や、必要性を感じられず離婚に至る夫婦もいます。

(2)セックスレスにより夫が不倫

夫婦がセックスレスになると、夫が妻以外の女性との間で性欲を満たそうとするケースもあるでしょう。離婚せずに、妻以外の女性との間で性欲を満たそうとすると必然的に不倫となり、結局不倫が原因で離婚に発展する場合もあります。

(3)セックスを含め夫婦のコミュニケーション不足

これが、一番深刻な問題ではないでしょうか。セックスレスを放置するだけでなく、コミュニケーション全般が不足しているケースです。

コミュニケーションとは、一方的に話すことではありません。「会話はしている」と思っていても、あなたから話しかけているだけでは足りません。相手からの問いかけはあったのか、思い返してみてください。
会話だけではありません。ラインなどのツールを使った文字でのやりとりや共に行動をする(一緒に買い物に行く、旅行に行く等)ことなど、いわゆる「夫婦」としての生活実態があったかどうかを思い返してみてください。

4、セックスレスを理由とした離婚は可能なのか?

セックスレスを理由とした離婚は可能なのか?

セックスレスは、男性側が拒否する場合だけではありません。女性側が拒否することによりセックスレスに陥ることも往々にしてあることです。

そんな場合は特に、夫婦としての生活はうまくいっている、なのにセックスレスだけを理由に離婚するのはおかしいと考えてる人もいることでしょう。
そもそも、セックスレスを理由に離婚することは、可能なのかどうかを確認していきましょう。

(1)夫婦が合意すれば離婚は可能(協議離婚)

夫婦の話し合いにより、双方が離婚に合意すれば、離婚理由がセックスレスであるかどうかに関係なく、離婚することが可能です(協議離婚)。

(2)裁判に発展する場合、離婚事由が必要

一方、夫婦の話し合いでは離婚の合意にいたらず、裁判手続に発展していく夫婦もいます。

①離婚事由(民法770条1項)

裁判手続を利用して離婚する場合、離婚事由(民法770条1項)が必要となります。

離婚事由には、

  1. 不貞
  2. 悪意の遺棄
  3. 3年以上の生死不明
  4. 回復の見込みがない強度の精神病
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由

が該当します。

②「婚姻を継続し難い重大な事由」への該当性が問題

セックスレスは、①で紹介した離婚事由1.~4.には該当しません。5.の「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当するかどうかが問題となります。

セックスレスだからといって、無条件に「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当するわけではなく、同事由に該当するかどうかはケースバイケースの判断となります。

5、セックスレスで離婚する場合に慰謝料は発生する?

セックスレスで離婚する場合に慰謝料は発生する?

ここからは、セックスレスで離婚する場合に慰謝料が発生するか否かについて確認していきましょう。

(1)慰謝料支払義務が発生するケースあり

セックスレスで離婚する場合、特に夫から拒否されて離婚する場合、妻としては大きな精神的苦痛を被っています。
この場合、裁判例ではセックスを拒否した夫に対して、慰謝料の支払いを命じているものもあります。

(2)慰謝料の金額

慰謝料支払義務の有無や、慰謝料の金額はケースバイケースです。

夫が、妻とのセックスを拒否したことによるセックスレスに対する慰謝料の金額は、数十万円の場合もあれば、300万円を超えるケースもあります。

慰謝料の金額には、以上のように幅があります。慰謝料の金額は、セックスレスという事実だけでなく、

  • セックスレスがどのくらいの期間続いたのか
  • 妻の気持ち
  • 夫の妻に対する態度 など

様々な事情が考慮されて決まっていきます。

6、セックスレスの解消方法

セックスレスの解消方法

セックスレスを理由に離婚を持ちかけられている、もしくは持ちかけられる可能性がある人は、セックスレスの解消にも目を向けてみましょう。セックスレスは、一度なってしまうと回復するのが困難と考えてしまう人が多いですが、セックスレスを解消している夫婦もいます。すぐには難しいかもしれませんが、ぜひ以下のことを意識してみてください。

(1)夫側のセックスレス原因を取り除く

「2」でご紹介したように、夫側がセックスを拒否しているのであれば、何らかの原因があると考えられます。それらの原因を考え、または話し合い、原因を取り除いていきましょう。

(2)日常生活を大切にする

一度セックスレス状態に陥っている場合は、まずは日常生活から修正していきましょう。

コミュニケーションは大丈夫ですか?そしてお互いに夫婦でいたいという気持ちはありますか?

付き合い始めに戻った気持ちで、また新たな関係を構築してはいかがでしょうか。子どもがいることで時間を作ることが難しいご夫婦も、その点は年月を重ねたからこその知恵を絞り、障害を乗り越えてみてください。
そして、たくさん相談することです。きっと良いアイデアに巡り合うことでしょう。

(3)非日常的な時間を作る

日常生活を送っていると、どうしても夫婦の関係もマンネリ化してしまいます。
そんなときは、思い切って旅行などに出かけ、非日常的な時間を作ってみるのはいかがでしょうか?旅行であれば、非日常的な気分を味わえるだけでなく、日頃の疲れを癒したり夫婦の関係がグッと近づいたりする可能性があります。

(4)夫婦でお互いの気持ちを正直に話してみる

これまでお伝えしてきたように、セックスレスでの離婚の問題は、セックスができないというより、お互いの気持ちのすれ違いや誤解がセックスレスに発展しているケースも少なくありません。
夫婦の溝が浅いうちに、お互いの気持ちを話して関係を修復していきましょう。

(5)専門家に相談する

専門家に相談することで、細かなアドバイスがもらえることでしょう。
このような記事では伝えづらい細かな点も、フェイストゥフェイスなら色々教えてもらうことが可能です。
夫婦問題のカウンセラーなどに相談してみると良いでしょう。

関連記事

7、セックスレスを理由に夫から離婚を持ちかけられた場合は弁護士に相談を

セックスレスを理由に夫から離婚を持ちかけられた場合は弁護士に相談を

セックスレスを理由に夫から離婚を持ちかけられ、離婚をしたくない場合は、弁護士に相談をしてみてください。

セックスレスは、デリケートな悩みなので、第三者に相談することをためらう人もいらっしゃるでしょう。しかし、対応が遅くなると、どんどん夫婦の溝が広がってしまう場合もあります。

離婚問題に詳しい弁護士なら、セックスレスで離婚の危機を迎えている夫婦のことをよく理解しているはずです。離婚を拒否する方法を具体的に教えてもらえることでしょう。

セックスレスを理由に、離婚するなんておかしいと考えている場合は、早めに弁護士に相談されることをお勧めします。

まとめ

セックスレスは、人に相談しにくい分、問題の解決を先送りにしてしまう人が少なくありません。

人としての相性は悪くない夫婦でも、その夫婦がセックスをできるかどうかは別の話です。「セックスレスが原因の離婚はおかしい」という気持ちがあるかもしれません。離婚に発展しそうな場合は、できるかぎり早めに対応していきましょう。

夫側に、離婚の意思がかたまっていないのであれば、セックスレス解消も含めてあなたにもできることがあります。1人で考え込まずに、気軽に弁護士にご相談ください。

関連記事

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、 ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険の資料を無料でダウンロードする

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2022・OD・211

閉じる

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765