弁護士が教える!配偶者がW不倫(ダブル不倫)していた場合の慰謝料請求の全手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダブル不倫の場合でも通常の不倫の場合と同様に慰謝料請求できるのかをお知りになりたいですか?

ご存知の通り、相手が不倫をしていたら相手方と不倫相手に対して慰謝料請求が可能です。

もちろん、不倫相手が既婚者といういわゆる「ダブル不倫」の場合でも慰謝料請求が可能ですが、通常の不倫慰謝料請求とは異なる点があります。

今回は、配偶者がダブル不倫をしていた場合の慰謝料請求の方法を含めて、そもそもダブル不倫とは何か、一般的な不倫慰謝料請求と異なることはあるのかなどについて細かく説明していきます。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

1、そもそもダブル不倫とは?

まず、そもそもダブル不倫とはどういう状態のことを指すのでしょうか。また、一般的な不倫とどのように違うのでしょうか。

ダブル不倫とは、配偶者がいる男女間での不倫のことを言います

双方配偶者がいるというところがポイントです。一般的な不倫は、男女のどちらかが既婚者でもう片方が未婚者ですから、この点が一般的な不倫との相違点です。 また、ダブル不倫は双方家庭を持っているということで、一般的な不倫以上に慎重になり、配偶者にばれにくいということが多いようです。しかし、いったん不倫がばれると、双方配偶者がおり家庭を抱えている分、紛争が泥沼化する傾向があるといえます。

2、ダブル不倫の場合の慰謝料請求は一般的な不倫慰謝料請求と違う?ダブル不倫の場合の注意点について

(1)慰謝料請求の相手方

不倫の被害者は、不倫の当事者に対して慰謝料請求をすることができます。この点は、一般的な不倫の場合の慰謝料請求でもダブル不倫の場合の慰謝料請求でも異なることころはありません。

しかし、ダブル不倫の場合は、一般的な不倫の場合と次の点が大きく異なります。

(2)被害者の数が異なる

ダブル不倫と一般的な不倫は被害者の数が異なるのです。 一般的な不倫であれば、その不倫の被害者は既婚者側の当事者の配偶者1人です。

しかし、ダブル不倫は、不倫の当事者双方が既婚者ですから、その不倫の被害者は当事者双方の配偶者2人ということになります。 以降は分かりやすくするために、甲郎・乙子夫妻と丙郎・丁子夫妻がおり、甲郎と丁子がダブル不倫をしていたという具体例に基づいて説明していきたいと思います。 そうすると、具体例にもとづくと、乙子と次郎の2人が被害者ということになります。 一般的な場合に比べて被害者の数が2人に増えただけではないかと思われるかも知れません。しかし、この違いは、慰謝料請求が可能か否か(法律的に可能だとして現実的に行うべきか否か)の判断に大きくかかわる重大な相違なのです。

(3)慰謝料請求をすることができる者とその相手方

ダブル不倫において慰謝料請求をすることができる者は被害者、具体例に基づけば、乙子と丙郎です。そして、被害者が慰謝料請求をする相手方は不倫の当事者、具体例では甲郎と丁子です。 では、乙子は、ダブル不倫の事実をもっと甲郎と丁子に慰謝料請求をすることができるでしょうか。法律的にはイエスです。しかし、乙子が甲郎と離婚するつもりか否か、離婚するつもりがない場合、丙郎・丁子が離婚するか否か、もう1人の配偶者である丙郎がダブル不倫を知っているか否かなど個々の事情によって、慰謝料請求を行うべきか否かがかわってくるのです。

①乙子が離婚を決意している場合

この場合、甲郎にも丁子にも、特に問題なく、慰謝料請求をすることができます。

②乙子が離婚をしない場合

しかし、夫が不倫をしていたというだけでなかなか離婚できるわけではありません。離婚後の子どものことや自身の生活への心配から、乙子が離婚を選択しないということも十分ありえます。その場合は注意が必要です。

それは、丙郎もダブル不倫の被害者であり甲郎に対して慰謝料請求をすることができるからです。 丙郎・丁子も離婚しない場合、乙子が丁子に対して慰謝料請求をした場合、それを知った丙郎は丁子を守るため、甲郎に対して慰謝料請求をすることが考えられます。それでは、慰謝料請求をする経済的な意味がありません。

これは、法律的には甲郎と乙子は別人格ですから、甲郎に慰謝料請求をされても乙子に関係はないことですが、現実的には甲郎が慰謝料を払うことになれば、夫婦の共有財産からの支出となり、乙子の懐も痛むことになるためです。 また、甲郎には黙って丁子に対して慰謝料請求していたような場合、丙郎から甲郎に対する慰謝料請求がされることで、乙子の丁子に対する慰謝料請求が露見してしまい、夫婦の不和を招くということもあるでしょう。 したがって、乙子が離婚しない場合は、今後の夫婦生活の維持のため慰謝料請求すべきかどうかについて慎重な判断を要するのです。ダブル不倫の慰謝料請求の場合、慰謝料請求をすべきかどうか、必ず弁護士に相談するようにしましょう。

3、不倫慰謝料の相場は?

いざ慰謝料請求をするということになっても、次に気になるのはどれくらい慰謝料をとることができるのかということではないでしょうか。過大な期待を抱いて費用倒れということでは意味がありません。 慰謝料とは精神的な苦痛を慰謝するために支払われる金員なので、個々のケースごとに、被害者がどれくらいつらい思いをしたかによって金額が決まるものです。

しかし、これまでのケースから一応の相場といわれるものが存在します。相場は、数十万円~五百万円程度と言われています。

そして、どの程度つらい思いをしたかを判断するには一定の基準があります。婚姻期間の長さや、不貞の内容(悪質性)、不貞によって離婚に至ったか否かなどです。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

不倫の慰謝料の相場とその金額を少しでも高めるために必要なこと

4、慰謝料請求をするのに必要な証拠は?

不倫慰謝料請求の証拠としては、「不倫相手が配偶者のことを既婚者と認識していた」ことと「肉体関係があったこと」の事実を証明するための証拠が必要です。 もし、相手方がこれらの事実の有無について争ってきた場合、これらの事実を証明する証拠が必要となるからです。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

不倫の慰謝料の相場とその金額を少しでも高めるために必要なこと

5、自分で慰謝料請求をする全手順

慰謝料請求というと弁護士を使わなければならないとお考えかもしれません。しかし、ご自身だけでも慰謝料請求を行うことが可能です。 詳しくは以下の記事をご参照下さい。

不倫の慰謝料の相場とその金額を少しでも高めるために必要なこと

もっとも、ダブル不倫の場合は前述のように慰謝料請求をすべきか慎重な検討を要しますので、請求前に一度は弁護士に相談することをお勧めします。

6、慰謝料請求は弁護士に依頼したほうがいい?

前項で説明したように必ずしも弁護士に依頼する必要はありません。しかし、任意の交渉を拒んだり、話し合いがまとまらなかった場合は裁判を起こす必要があります。

訴訟までご自身で対応するのは、現実的には相当負担が大きいでしょう。 以下の記事で弁護士に依頼するメリット・デメリットをまとめてありますから、ご覧の上で弁護士に依頼するか否かをご検討することをお勧めします。

離婚事件に強い弁護士に出会うために絶対に知っておきたいこと

まとめ

今回はダブル不倫とダブル不倫の慰謝料請求について解説してきました。

ダブル不倫については慰謝料請求ができるかどうかのほかに、してもいいかという問題もありますから、ダブル不倫の慰謝料請求を考えるのであればまずは弁護士のところに相談にいくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00 ご対応可能
  • 電話で無料相談する
  • メールで無料相談する