弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

不倫中の彼女に夢中になってしまった際に知っておきたい4つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既婚者でも、ついつい不倫にはまり込んでしまうことがあります

妻より不倫相手の彼女を好きになりすぎて、気持ちを抑えられなくなり、困っている方もいるのではないでしょうか?

しかし、不倫は先のない関係です。妻と離婚しない限り、終わらせるしかありません

こんなとき、どのようにしたら良いのかわからず、人知れず迷ってしまう方が少なくありません。

 今回は、

  • 不倫中彼女に夢中になってしまうケースはよくあるのか
  • 不倫中彼女に夢中になる男性の心理
  • 不倫4つのリスク

など、不倫中の彼女に夢中になってしまった既婚男性に是非とも知っていただきたい4つの重要なことをご紹介していきます。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

1、不倫中の彼女に夢中になってしまうケースはよくあるのか

そもそも、不倫中彼女に夢中になってしまうことは、普通によくあることなのでしょうか

既婚男性にとって、不倫は遊びにしかならないと考えられていることも多いので、自分が不倫相手にはまりすぎると、不安に感じる男性の方がいます。

実際には、不倫相手の彼女を本気で好きになってしまう男性は、かなりたくさんおられます。それは、世の中で略奪婚が起こっていることからもわかります。略奪婚の場合、もちろん女性の方が必死になって男性を引っ張り、妻と別れさせているという面もありますが、そもそも男性側が本気にならないと、成立しないものです。

また、不倫が妻にバレて、「妻か不倫相手か」の二者択一を求められたときに、妻ではなく不倫相手の彼女を選ぶ人も、けっこう多いです。

不倫相手を本気で好きになっても、家庭を捨てる勇気のある人は少ないでしょうから、不倫相手に夢中になる人(実際に離婚はしない)だけで言うと、さらに数が増えるはずです。

このように、不倫相手の彼女に夢中になること自体は決して珍しいことではありません。重要な点は、彼女に本気になってしまったことではなく、その先にどういった対応をするか、ということです。 

2、不倫中の彼女に夢中になってしまう男性の心理

さて、不倫をする既婚男性は、そもそもどうして不倫に走っているのでしょうか?

不倫はリスクも高いのに、わざわざ不倫をする意味は何なのか、その心理をのぞいてみましょう。 

(1)周囲に気になる人がいると、放っておけない

不倫をする男性は、いわゆる「気が多い人」であることがよくあります。周囲に気になる女性があると、放っておけないのです。

たとえば部下で「かわいい」「いいな」と思う子がいたら、必要以上に親切にしてしまいます。取引先の女性を気に入ったら、やたらと連絡を入れたりします。このように、周囲に粉を巻いておくことにより、不倫のチャンスがどんどん広がってしまうのです。生来の性質によるものなので、なかなかやめられないことも多いです。

また、こうした人は、実際にモテるので、さらにやっかいです。あまり罪悪感を持たずに軽い気持ちで不倫していることも多いパターンです。熱しやすく冷めやすいので、不倫している最中は、彼女に夢中になって周囲のものが見えなくなります。

(2)妻との不仲

男性が不倫するもう1つの大きな理由として、妻との不仲が挙げられます。家に帰っても、妻からは尊重してもらえず、どちらかというと小馬鹿にされていたり、必要以上の会話はしなかったりすることも多いです。

性交渉もほとんどまたは完全になくなっていて、妻に「女」を感じられなくなっていることもあります。すると、妻に愛情を感じられない分、不倫相手の彼女にのめり込んでしまいます。

現実逃避で、「妻と別れてこの子と結婚できたらどんなに良いだろう」などと考えるので、不倫相手に「妻とは離婚して君と結婚する」などと言ってしまうのも、このパターンです。

家庭で妻から尊重されない分、不倫によって自分の中での心のバランスを取るため、不倫相手のことが頭を占めて離れなくなってしまいます。

(3)不倫相手の女性が積極的

不倫相手の彼女が非常に積極的で、男性を夢中にさせるケースもあります。

自分はもともと不倫するつもりなどなかったのに、たまたま飲み会で近くの席に座った女性が誘ってきて、不倫関係になってしまった、ということなどもあります。

その後も、彼女がいろいろな方法で男性を翻弄するので、彼女のことが頭から離れなくなります。このパターンでは、彼女の方は、割り切っていることも多いのですが、男性の方がはまり込んでしまうので、トラブルが大きくなりやすいです。

たとえば、今まで真面目だった人が急に態度を変えて、家にお金を入れなくなったり、家族とのコミュニケーションを取らなくなったりするので、妻が不審に感じます。

また、本気になりすぎて、不倫相手と再婚しようとして、家出して、不倫相手の住んでいる場所に行ってしまうことなどもあります。

このパターンでは、女性の方は、時間が経つと飽きてしまい、別の男性に関心を向けることが多いので、関係が長く続きません。

既婚者の男性は、家庭は捨ててみたものの、結局不倫相手にも捨てられて、地位もお金もなくなって、しきりに後悔する、ということもあるので注意が必要です。

(4)不倫相手に癒しを求める

既婚男性は、不倫相手に癒しを求めることも多いです。

仕事は激務で深夜に及ぶことも多く、管理職となって責任も重くなり、かといって家庭では妻や子どもに家族サービスを求められて、ストレスと重圧でやりきれなくなってしまうのです。

このようなときに、不倫相手の女性が自分を尊重してくれて、話を聞いてくれて、居心地の良い場所を居場所してくれたら、ついついそちらの方に気持ちが向いてしまいます。

「誰もわかってくれないけれど、この子だけは自分を大切にしてくれる」と感じ、不倫にのめり込んでしまうことも多いパターンです。

3、深みにはまらないために知っておいて欲しい!不倫の4つのリスク

確かに、不倫相手の彼女にはいろいろな魅力がありますから、はまり込んでしまうのも仕方がない面はあります。しかし、不倫には大変なリスクがあることも、知っておく必要がります。軽く考えていると、思ってもみなかったような大きな不利益を受けることになります。 

(1)離婚の原因となり、さらに妻から慰謝料請求される

不倫しているときには、妻にバレないように、いろいろと注意することでしょう。しかし、隠し通すことは難しいです。携帯やクレジットカードの明細書、普段の言動や態度、言葉の端々などから、女性は夫の不倫に感づいてしまうものです。

妻に不倫がバレると、離婚されるリスクがあります。法律上、不貞(不倫)は離婚原因としてはっきり認められているからです。自分では軽く考えていても、妻からしてみると重大な事件で受け入れがたいということがあるのです。

また、不倫を原因とした慰謝料請求をされる可能性もあります。慰謝料の相場としては約200万円で、幅としては数十万円〜300万円もの大金を支払わなければならない可能性があります。

(2)子どもと会えなくなる

不倫が原因で妻と離婚すると、妻は子どもと会わせないということが非常に多いです。

そして、男性側も、不倫をして家庭を壊したという自責の念があるため、「子どもと会いたい」と積極的に主張しにくくなります。

結果として、不倫が原因で別れると、その後子どもと一切会えなくなるおそれが高まります。子どもの方も「お父さんから捨てられた」と感じて傷つき、家族全員が大きなダメージを受けることになります。

(3)社会的信用を失う

不倫をすると、社会内での信用も失います。会社でそれなりの地位を築いていても「不倫しているらしい」とわかると、周囲の見る目が変わることもあります。社会的地位の高い人や公益性の高い事業を行っている人などの場合には、なおさらでしょう。

直接減給や降格などの懲戒処分は受けなくても、将来の昇進には影響が及ぶことが十分に考えられます。

(4)不倫相手から慰謝料請求されることもある

不倫をすると、妻から離婚や慰謝料請求されるだけではなく、不倫相手からも慰謝料請求されることがあります。たとえば、「独身者です」などと言って女性を騙し、具体的に結婚話などを進めていた場合などには、「結婚詐欺」と言われてしまう可能性があります。

また、不倫相手の女性が妊娠したときに「中絶費用と慰謝料を払ってほしい」などと言われることも多いです。このようなとき、適切な対応をしないと、本当に慰謝料を支払わないといけなくなることもあるので、注意が必要です。かといって、このようなことが妻にバレたらそれこそ大変ですから、非常に気を遣って対応しなければなりません。

以上のように、不倫を続けていても、良いことはほとんど1つもありません。不倫関係は、早めに清算してしまうのが一番です。

4、不倫関係を終わらせて未練を断ち切る方法

不倫関係を終わらせるには、どのような手段をとれば良いのか、また、未練を断ち切る方法についても押さえておきましょう。

(1)不倫を終わらせるためにお勧めの言葉

不倫相手に告げるべき別れの言葉としては、以下のようなものが有効です。

  • 妻にばれた、妻にばれそう
  • この関係は、終わらせた方が良い
  • 誰のためにもならないから、もう終わろう
  • 金銭的に厳しくなった
  • 君のためにもならないから、別れよう

多くは語らず、必要なことだけを告げて、相手の前から姿を消しましょう。

(2)フェードアウトするのも有効

別れの言葉を告げると、断ち切るのが難しそうな場合には、あえて別れ話をせずにフェードアウトするのも1つの方法です。

それまで11回だったメールを3日に1回に減らし、1週間に1回に減らし、2週間に1回、1ヶ月に1回として、そのまま音信不通にします。

通常の相手なら、「この関係は終わったのだ」と感づいて、連絡してこなくなるでしょう。

(3)他のことに打ち込む

不倫相手への未練を断ち切るには、他のことに打ち込むことがお勧めです。たとえば、ゴルフや釣りをするのも良いですし、スポーツクラブに通ったり、ランニングをしたり、音楽を聞いたりするのも良いでしょう。

家族に目を向けてみて、一緒に過ごす時間を増やしてコミュニケーションを密に取ると、これまでとは違う世界が見えてくることもあります。

(4)不倫のリスクと天秤にかける

それでも不倫相手のことが忘れられない場合には、不倫相手を好きな気持ちと、先ほどお伝えしたような不倫のリスクを天秤にかけましょう。

「本当に、家族も仕事もお金もすべて失って、罪のない子どもを含めた周囲の多くの人を傷つけても、不倫を続ける価値があるのか?」そう考えたら、たいていの場合、「不倫をやめよう」という気持ちになれるはずです。                      

まとめ

不倫相手の彼女に夢中になることはあっても、それは報われないものです。早めに気づいて別れてしまうことが、後々のためになります。

今は苦しいと思っても、できるだけ早く関係を断ち切りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

30秒でダウンロード完了!
離婚完全マニュアル全33ページ

「一度は離婚を考えたことがある」

そんなあなたに贈る、知っておきたい離婚の全知識

そんなあなたに贈る、
知っておきたい離婚の全知識

「離婚」の文字が頭をよぎったことはありませんか?
どのようなことから始めれば良いのか、はたまたこれは離婚原因になるのだろうかと、悩んではいませんか?

そんなあなたにこのマニュアルには

  • ・離婚の手続きの進め方について
  • ・よくある離婚の原因・理由
  • ・離婚後に起こるトラブルと回避法

など、離婚で皆様が悩むところをわかりやすく解説しています。こちらを読んでいただき、離婚で悩んでいる方たちのお力になれればと思います。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765