弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

「性格の不一致」で離婚する5つの方法と慰謝料を請求する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

性格の不一致で離婚、という話題を耳にすることがあります。

曖昧な性格の不一致とはどのような状態なのでしょうか。

そして、性格の不一致は離婚できるほどの理由になり得るのか、疑問を感じることと思います。

ここでは、

  • 性格の不一致で離婚する5つの方法
  • 慰謝料を請求する方法

をご紹介していきます。

性格の不一致で悩んでいるカップルは1人で悩まずに早めに対処しましょう。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

1、性格の不一致で離婚できるか?

性格の不一致で離婚することができるのか、この記事の読者は疑問を感じていることでしょう。

離婚できるなら正しい対処法で離婚を進めたいと感じているかもしれません。

そもそも性格の不一致は離婚の理由になり得るのかを見ていきましょう。

(1)そもそも離婚できる場合とは?

そもそも法律が定める離婚できる場合というのは、民法770条に記された5つのケースです。

  • 配偶者に不貞行為があった場合
  • 配偶者から悪意で遺棄された場合
  • 配偶者の生死が3年以上明らかではない場合
  • 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない場
  • その他婚姻を継続しがたい重大な事由がある場合

は離婚できることになっています。

これらの事由に相当する場合だけ裁判所は離婚を認めるというのが原則です。

離婚裁判に発展したケース、これらに当てはまれば立派な離婚の原因となり離婚は成立するのです。

(2)性格の不一致で離婚できるか?

性格の不一致は(1)で紹介した法律の定める離婚事由には基本的に該当しないため、裁判での離婚は基本的には難しいと考えてください。

ただし、協議離婚や調停離婚では双方の合意があれば離婚できるため、性格の不一致でも離婚することは可能です。

2、性格の不一致とはさまざまな意味を含んでいる

 

性格の不一致と一言に言ってもいろんな意味が含まれています。

例えば、ただ単に一緒にいることが苦痛だと感じるケースでも性格の不一致という表現を使いますし、会話がスムーズに成り立たない場合にも性格の不一致です。

しかし、元来他人同士が夫婦になるわけですから、性格の不一致は普通のこと、お付き合い当初や新婚の頃には魅力に感じた頼り甲斐のある夫が、自分勝手に感じられるようになって性格の不一致を感じる女性も多くいます。

性の不一致なども、便宜上性格の不一致という表現を使うこともありますし、育児の方針の違いを性格の不一致にするケースもあることでしょう。

しかし、それらの不一致も一般的な夫婦なら多かれ少なかれあることは事実です。

3、性格の不一致での離婚は多い?

実は、昨今の離婚事情では、性格の不一致を理由に離婚するカップルが増加しています。

半数以上の離婚カップルが性格の不一致を理由に離婚しているのです。

要するに、ほとんどのカップルは法律が定める離婚事由とは関係なしに協議離婚で離婚している事実があります。

どうして性格の不一致での離婚率は高いのでしょうか。

そこには理由はどうあれ離婚したいという切実な願いがあると考えられています。

夫婦のことは夫婦にしかわかりません。

周囲への説明上「性格の不一致」と説明しておけば便利で赤裸々に真実を語る必要がないからです。

性格の不一致を理由に別れたいカップルのほとんどが具体的な理由は明かせないか、明確な理由がない状態でとにかく離婚したいかのどちらかなのでしょう。

4、性格の不一致で離婚をしたい場合に相手を説得する方法

性格の不一致で離婚するためには夫婦間の話し合いで離婚を成立させる必要があります。

協議離婚と調停離婚と呼ばれる方法です。

この2つの離婚の場合には、法律で定める離婚事由がなくても離婚の成立が可能です。

そのため、「あなたがなんとなく嫌いです」と伝えたとしても、「僕も嫌いだから離婚しよう」と双方が離婚に同意すれば離婚できるのです。

では、もしも相手が離婚を拒絶した場合の説得方法はあるのでしょうか。

手順をご紹介します。

(1)性格の不一致箇所をお互いに認識する

性格の不一致だと認識しているのはあなただけかもしれません。

もしかしたら夫はあなたとの夫婦関係がうまくいっているのだと勘違いしているケースもあることでしょう。

まずは、性格の不一致をどのようなシーンで感じるのか、離婚しないと解決できない旨をパートナーに理解してもらいましょう。

(2)将来の不安材料を説明する

このまま夫婦関係を続けたとしても、いずれ破綻する恐れがあるということを相手に理解させることが大切です。

今は小さなスレ違いかもしれませんが、いずれは大きな溝ができると理解できれば夫も離婚に応じてくれるかもしれません。

感情的に話をするよりも、理論的な説明の方が男性は理解しやすいでしょう。

(3)決意が固いことを説明する

決意が固いのだという姿勢をしっかり見せましょう。

そのためには話し合いには冷静に真剣に臨むことです。

冗談ぽく切り出したり、怒りに任せて喧嘩腰の離婚の話し合いはやめてください、回りくどい言い方はやめて、「離婚したいです」としっかり伝えることが大切です。

(4)離婚カウンセラーに相談する

もしも夫がいくら話し合っても、離婚に合意してくれない場合には、離婚カウンセラーに相談する方法もあります。

夫も、第三者の介入を行うほどあなたが離婚に真剣だということに気がついてくれるでしょう。

夫の離婚したくない原因を取り除けるようにカウンセラーに相談してみてください。

(5)調停離婚で説得する

どうしても話し合いで合意が得られない場合には、家庭裁判所で行う調停離婚を利用する必要があります。

調停委員が夫婦間の間で調整をしてくれるため、直接性格の不一致な相手と話し合う必要がなくなり安心です。

もしも、法律が認める離婚事由が見当たらない性格の不一致での離婚なら、この調停離婚で決着をつけなければいけません。

夫が離婚に合意するための条件をしっかり確認し、譲るべきところは譲りながら上手に離婚の調停を進めていきましょう。

5、性格の不一致が法廷離婚事由にあたる場合

性格の不一致が裁判離婚ではどうしても離婚できないのかというとそうではありません。

次のようなケースでは法定離婚事由に相当するため、性格の不一致でも離婚することは可能です。

(1)性格の不一致から始まった不貞行為などがあった場合

性格の不一致の他に法定離婚事由に該当する事情があったケースでは離婚裁判に移行しても離婚は成立します。

例えば、性格の不一致で夫婦仲がこじれて夫が浮気をしたケースや、夫が家庭に帰らず、数年間に及び妻を遺棄したケースなど。

民法第770条に該当する事由があれば離婚できるでしょう。

(2)夫婦関係が破綻していた場合

性格の不一致から妻が家出をしてしまい、数年間別居状態になっていた場合には、すでに夫婦関係が破綻していると裁判所は判断することでしょう。

法定離婚事由では、「婚姻を継続し難い重大な事由」にあたります。

このような場合には、裁判離婚に発展したケースでも離婚ができることでしょう。

6、性格の不一致の場合に離婚慰謝料請求できる?

性格の不一致だけを理由に慰謝料の請求をすることはできません。

性格が合わないというのはどちらにも責任があるとは言えないからです。

ただし、性格の不一致を原因として、相手に責任を問えるような事情があった場合には請求が可能な場合もあります。

例えば、性格の不一致が高じて妻が性生活を望むにもかかわらず、健康な夫が長年に渡り拒絶しているケースではセックスレスの責任を夫に問うことが可能です。

この場合には、慰謝料請求の対象に含まれます。

繰り返しになりますがただ単に、性格が合わないから離婚をして慰謝料を請求するのは不可能だと考えてください

性格の不一致はどちらか一方の責任ではなくお互いに責任があるからです。

もしも協議離婚や調停離婚で離婚が成立した場合には、話し合いの中で相手が慰謝料に合意したなら慰謝料を請求することができます

話し合いでの離婚では慰謝料や養育費についてはカップルの自由に取り決めができるから、話し合いの段階で慰謝料が欲しい旨を訴えて相手が合意さえしてくれれば問題なく慰謝料がもらえると理解するといいでしょう。

まとめ

性格の不一致で離婚をするカップルは世の中にたくさんいます。

しかし、それは基本的に法律で認められた離婚事由にはあたりません。

性格の不一致はどのカップルにもあるのが普通です。

修復できそうならまずは修復を試みてみましょう。

それでもやはり離婚の選択肢しか残されていない場合には、協議離婚か調停離婚を行う必要があります。

そのためにもパートナーと真剣に話し合い離婚に向けて前向きに話を進めていきましょう。

自分の将来のためにも有利に離婚ができることを願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

30秒でダウンロード完了!
離婚完全マニュアル全33ページ

「一度は離婚を考えたことがある」

そんなあなたに贈る、知っておきたい離婚の全知識

そんなあなたに贈る、
知っておきたい離婚の全知識

「離婚」の文字が頭をよぎったことはありませんか?
どのようなことから始めれば良いのか、はたまたこれは離婚原因になるのだろうかと、悩んではいませんか?

そんなあなたにこのマニュアルには

  • ・離婚の手続きの進め方について
  • ・よくある離婚の原因・理由
  • ・離婚後に起こるトラブルと回避法

など、離婚で皆様が悩むところをわかりやすく解説しています。こちらを読んでいただき、離婚で悩んでいる方たちのお力になれればと思います。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765