弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

モラハラは治る?離婚を選ぶ前に…まずは試したいモラハラ夫の改善法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モラハラは治るのか?

ネットを検索してみると、治ることはないという記事と治りますと言っている記事があります。

どちらが正しいのか判断が難しいところ。

治るとは断言できないかもしれませんが、試してみたい対処法が幾つかあることは事実です。

ここでは、

  • モラハラは治るのか?離婚を選ぶ前に試したいモラハラ夫への対処法

をご紹介します。

あなたにモラハラを働く夫にはこの対処法が効くでしょうか。

関連記事

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

1、モラハラは治るものなの?

モラハラは治るものなの?

モラハラは治せるものなのか…。

永遠の命題に感じることでしょう。

結論をいうと、治る可能性はあります。

しかし、簡単なことではありません。

モラハラ夫というのは、モラハラをすることで自分を守り、正当化しています

そのため、モラハラを治すことに自身へのメリットはほとんどないのです。

モラハラが治りにくいというのは、本人に治す意志が起こりにくいために言われていること。

反対にモラハラを治したいと思える環境になれば治る見込みがあるのです。

2、モラハラ改善に必要な要素

モラハラ改善に必要な要素

では、モラハラを改善していくために必要な要素を見ていきましょう。

モラハラは多くの場合に本人は無自覚です。

治したいなら自覚してもらう必要があるでしょう。

(1)親族や知人などを巻き込むこと

モラハラ夫は、妻と二人きりの空間でしかモラハラをしないことが特徴です。

親族や知人に相談しても「いい人じゃないの」と言われてしまうかもしれません。

モラハラ夫は実は、自分に自信がなく外では他人に気遣う側面があります。

そのため、外面が良いことで通っているかもしれません。

しかし、モラハラを自覚させるためには親族や知人の前でモラハラを暴露しなければいけません

上手にモラハラ現場に親族や知人を遭遇させる、またはモラハラ発言を録音、録画し、第三者が客観的に判断できる資料を作り、事の重大さを周囲にも知らせてあげましょう。

そして、本人が焦ることが大事なこと。

本人が、「俺はみんなの前で何を言ってしまったんだ」と自覚させることが重要です。

(2)共依存になっていない状態

モラハラの改善で必要なのは、共依存になっていない状態です。

モラハラを受けるうちに妻の方にも「私はダメな人間だ」「夫にモラハラされても仕方がない」「モラハラを治せないこの人を受け止めてあげることが愛情」という意識が芽生えているかもしれません。

そして、夫はモラハラを繰り返し、妻は自分が悪いと責め続ける。

これが共依存の状態です。

モラハラは夫婦間や会社内などの他人同士で起きやすいハラスメントであり、その原因は共依存の状態なのです。

その状態を脱することが改善への糸口にもなってきます。

(3)モラハラを改善しなきゃという危機感

モラハラをしていても自分に得はないのだと実感させることも必要です。

モラハラをしていては、離婚に至るかもしれないという危機感を夫に持ってもらいましょう。

そして、あなたが被害者意識をなくし、夫のモラハラに無関心になることが重要です。

モラハラでしか夫婦間のコミュニケーションを取れない状態の夫はあなたが無関心な態度をとることで、危機感を感じるでしょう。

(4)治療によって本人がモラハラを自覚すること

モラハラを自覚させるためには治療を行う方法もあります。

自覚がないままに通院しても最初は怒り出すかもしれません。

しかし、医学的に証明されれば、本人も治す意思が出てくるでしょう。

そのためにも周囲を巻き込んだモラハラの自覚を先に行っておきましょう。

しかし、モラハラは本人の脳や体にとって、自分の体を守るための手段で行っているもの。

そのため、モラハラを治すことで、自分自身の体調や精神面ではマイナスになる可能性が高いのです。

(5)あなた自身がモラハラされない人になる

モラハラは、相手にダメージを与えることで、モラハラ夫には都合がよくできています。

相手が傷ついたことで、自分自身の精神バランスを保てるのです。

そのため、あなた自身にダメージを与えられなければ、ダメージが出るまでエスカレートする特徴があります。

その度重なる攻撃にも屈しない態度をとることで、モラハラ夫はモラハラをしても疲れるだけで、自分の得にはならないのだと初めて気がつけることに。

つまりは、あなたがモラハラされない人間になることで、夫のモラハラは治せる可能性があるのです。

モラハラに屈しない態度をとったとき、夫は「そんな妻はいらない、離婚だ」などと言うかもしれません。

モラハラに屈する妻を必要としているからです。

必死に夫がモラハラで訴える姿に、モラハラに屈する、または屈している真似をして、あなたは愛情を表現しているかもしれません。

でも、本当の愛情は、違うと考えます。

我慢の上では愛情を十分に与えることができないからです。

積極的な愛情のやり取りを取り戻すためにも、我慢のない関係を目指してみましょう。

3、夫のモラハラを改善する方法

夫のモラハラを改善する方法

では、夫のモラハラを具体的に改善する方法を見ていきましょう。

前提としてモラハラ改善の要素を事前に身につけておいてください。

(1)カウンセリングに行く

最初にカウンセリングに連れて行くことが大切です。

そのためにはモラハラの自覚を持たせるか、周囲を巻き込んで危機感を持ってもらう必要があります。

その上で、受診してください。

受診をすることで自分の症状をようやく自覚できる可能性が高まります。

カウンセリングへ行き、モラハラのない夫婦の健全なあり方を、まずは理解することです。

(2)モラハラの症状が出たら無関心になる

そして、治す本人と同時に被害者側も治す努力をしてみましょう

もしも治療中にモラハラ症状が出ても、何も言わないこと。

逆襲などもやめておきましょう。

「お前はダメだ」と言われても、無関心を決め込み、スルーしてください。

あなたが怯えたり、苦痛な表情を見せることで、モラハラ夫は快感を得てしまいます。

モラハラしても無意味だと理解させるためにもあなたは無関心に徹してください。

とはいえ、急に無関心になるのは容易ではありません。

そのくらいモラハラ夫の治療は難しいのです。

夫に本当に治って欲しいならあなたの努力も必要になってきます。

(3)脳に充分な栄養が届いている状態を作る

実は、モラハラの症状は、脳に関係しています。

脳の栄養不足と体調不良が大きな原因だと言われるもの。

そのため、食生活を改善し、糖分の摂り過ぎや、油の摂取のしすぎを控えた食事に徹底するといいでしょう。

バランスの良い食事を心がけてください。

その上で、生活習慣を整えることも大事です。睡眠時間をよくとり、疲れやストレスをためすぎないように気遣ってあげましょう。

モラハラ夫は、モラハラしないことがストレスにもなり得ます。

モラハラでストレス発散を兼ねていたケースが多いためです。

そのため、モラハラ以外にストレスを発散できる趣味などを見つけてあげることも有効です。

(4)体の緊張を取り除く

体の緊張もモラハラ症状を引き起こします。

できるだけ家ではリラックスできる空間を心がけてください。

これは、モラハラの加害者、被害者共にいえること。

緊張している妻にモラハラはし易いものです。

常に怯えた表情をしていることもモラハラ夫のスイッチを押してしまう可能性があります。

それだけでイライラさせてしまうこともあるでしょう。

夫の緊張をほぐす努力と共に自分の緊張をほぐす工夫が必要です。

(5)不摂生な食生活を止める

脳に栄養を与えるためにも不摂生な食生活はやめましょう。

注意して欲しいのは、糖分を多く含んだ飲み物です。

飲み物は消化の必要がほぼないため、すぐに血糖値を上げてしまいます。

脳には糖分は栄養ですが、体全体ではそうではありません。そのため、血糖値を下げようと体は機能します。

その結果、今度は脳が血糖値を上げようと、「ノルアドレナリン」を分泌します。

実はこのノルアドレナリンこそイライラの物質です。

何度も血糖値が上がったり下がったりするから脳はどんどん疲弊してしまいます。

したがって、糖分の多い飲み物を飲む習慣がある方はできるだけ控えるといいでしょう。

また、実は腸内環境と脳も密接に関係しています。

腸内環境が良ければ、ビタビンB群が多くなり、脳への栄養が行きやすい体質になります。

そのため、揚げ物や腸内に悪影響のある食べ物はできるだけ控えるべき食品です。

基本的な栄養のある食事を普通に摂取していれば問題はありません。

しかし、外食がちだったり、お惣菜を多く食べている方は要注意。

できるだけ栄養バランスの取れた食事を心がけるだけでも、モラハラの元を断ち切れるのです。

(6)賢く褒めて伸ばす

モラハラ夫とは、実はまだ幼児のような性格です。

誰かに認めてもらいたい心からモラハラを行います

そのため、褒められるだけでも自尊心は満たされる可能性が高いのです。

モラハラを治したいなら、あなたからモラハラ夫の長所を見つけ出し、褒めてみましょう。

褒められることで、自尊心が一時的に満たされ、夫のモラハラは少しは少なくなるかもしれません。

賢く褒めて、夫の自尊心を満たしてあげましょう

ちょうど幼児を褒めて、才能を伸ばしてあげるのと同様です。

できるだけ具体的に褒めることで、また褒められたいという心が湧き上がるかもしれません。

(7)指摘の仕方に工夫をして問題点を改善させる

モラハラに関する指摘の仕方に注意するだけでも夫のモラハラは改善されていく可能性があります。

「どうしていつも威張ってるの?」などというのではなく、「いつも怒らせてごめんね。怒らせないように改善していくつもりなの。だからあまり威張らないで」などと言ってみましょう。

ただし、この方法は、あなたがモラハラに無関心ではいられない場合に限ります。

そして、もしも指摘をする場合には、言い方だけではなく、態度にも注意しましょう。

ビクビクしたような怯えた言い方ではなく、笑顔で堂々と言える場合に限ります。

(8)不器用で人間不信な一面があることを理解して接する 

モラハラ夫とは、基本的に不器用で、人間不信な一面があるからこそモラハラに至っています。

例えば、幼少期に虐待を受けていたり、母親が父親にモラハラを受けていたなどのトラウマがあることでしょう。

そのため、家庭内では夫が妻を侮辱するのが当たり前だと勘違いしているケースがあるのです。

そして、そんな両親を見ていたからこそ、人間不信にも陥っています。

そのため、モラハラ夫を改善させるためには安心感を植えつけてあげることも重要です。

私はあなたの味方なのだ、とわかるように接するのも一つの手段です。

しかし、それはモラハラに屈するのとは意味が違います

間違いを優しく諭し、凛とした態度で、夫を否定しないことが重要です。

4、モラハラ改善に向けての心得|やり過ごすのが一番よくない

モラハラ改善に向けての心得|やり過ごすのが一番よくない

モラハラの改善に向けては守らなければならない心得があります。

やり過ごしてしまわないように注意しましょう

モラハラは家族間で負の連鎖を引き起こします。

夫のモラハラを子どもが目の当たりにしていた場合には、子どもも将来的にモラハラを行うかもしれないということです。

子どもに悪影響が起こりそうなモラハラなら、一刻も早く治す努力をするか、別居なども考えておきましょう。

子どもの前では夫のモラハラが起こらないようにあなたには最大限の注意が必要になるということです。

悲劇が起こる前に対処しておきましょう。

5、もう離婚しかないと思ったら

もう離婚しかないと思ったら

何を行っても改善の見込みがないなと感じるなら、負の連鎖が起こる前に離婚を視野に入れましょう。

その際には信頼できる弁護士に相談し、できるだけ穏便に刺激をしないように離婚を進めてください。

離婚をしてもモラハラを続ける元夫も存在します。

そうならないようにあなたの状況を見て、適切なアドバイスを弁護士ならしてくれるでしょう。

元夫からの執拗なモラハラに離婚後も苦しめられることのないように離婚問題に詳しい弁護士に相談することをおすすめします

まとめ

いかがでしたか?

モラハラは治る可能性はありますが、完治させるのは難しい症状です。

本人の努力と被害者側の努力があれば、治せるかもしれません。

しかし、すでに傷つき、精も根も尽き果てた被害者にはこれ以上の努力は無理だと感じられるかもしれません。

そんな場合には、一人で抱え込まずに、信頼できる弁護士に相談しましょう。

離婚するにしても、夫婦関係を再構築するにしても状況を見て法的にできるだけの対処をしてもらえます。

あなたの幸せのために勇気を出してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765