弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

嫁(妻)と合わない!もうこんな結婚生活イヤだ〜離婚に至る前に考えるべき5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
嫁(妻)と合わない!もうこんな結婚生活イヤだ〜離婚に至る前に考えるべき5つのこと

嫁(妻)と合わない場合、仕事以外の生活が常に苦痛に感じてしまいます。
嫁(妻)との関係が悪化している場合は仕事に影響が出ることも。

とはいえ、離婚は簡単にできるものではありません。子どもがいれば、なおさらでしょう。

今回は、嫁と合わないと感じている男性に向けて

  • 合わない嫁との婚姻生活の辛さ
  • 嫁と合わなくても離婚できないワケ
  • 合わない嫁と離婚する場合には弁護士に相談

についてご紹介します。

あなたが合わないと感じているなら、嫁もあなたとは合わないと感じているかもしれません。
お互いに苦痛を抱えたまま婚姻生活を続けるのはもう終わりにしましょう。
弁護士がいい案をお教えいたします。

関連記事

弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

1、嫁と合わない!実例4選

嫁(妻)と合わない!もうこんな結婚生活イヤだ〜離婚に至る前に考えるべき5つのこと

最初に嫁と合わないと感じる男性はどういうことが嫁と合わないと感じているのか、実例を見ていきましょう。

(1)性格が嫁と合わない

“気が合わないと思いながら、暮らし続けることは、無意味ですか?

結婚して十年、子供は三歳が一人です。

始めは、自分が我慢すればなんとかなる。それ以上に自分にはないものを持っている。積極的な性格や違った社会経験など、良い意味で刺激を受けられると思っていました。

でも、いっしょいると衝突することばかりで毎日疲れてしまいます。”

引用:Yahoo!知恵袋

嫁と性格が合わずに苦しむ男性はたくさんいます。
日々の喧嘩が絶えずに苦痛を抱え、離婚が頭をよぎることもしばしばあるようです。

(2)感性が嫁と合わない

”妻と一緒にいても楽しくない、癒されない、心から笑えない、気まずい・・・。そうなってしまったら、もう終わりでしょうか?
帰宅したくないし、休日もできれば一緒にいたくない。何故なら上記のことがあるからです。

まだ改善の余地はありますか?それにはどうすれば良いですか?
安易に離婚はしたくないのです・・・。”

引用:Yahoo!知恵袋

感性が合わない嫁との生活は苦痛を極めます。
一緒にいても気まずく同じ空間にいることが苦痛に感じられる状態です。
笑顔になれない家庭生活が長期間続くことは苦しいでしょう。

(3)性の価値観が合わない

”1 セックスは子どもを産むための手段であり今は子どもが必要ないのでする意味がない
2 いい歳こいた大人が快楽を求めてセックスをするのは気持ち悪い。自分の中ではありえない。
3 自分の父親と母親がセックスをしていることを昔考えて気持ち悪かった。もうすぐ自分はそういう年齢。
4 夫婦間の愛情確認はセックスがなくでもできる。実際に日本の多くの夫婦は加齢とともに性交渉がなくなる。

これはこれでまっとうな意見なのかもしれませんが、正直、私の価値観とは大きく異なっているのです。私は年をとっても豊かで愛があるセックスをしたい”

引用:Yahoo!知恵袋

性の価値観に悩む男性も多いようです。

女性は子どもを産めばセックスを重要には感じません。
ですが、男性は嫁を愛しているほどにセックスを重要視します。
性の価値観が合わずに苦しむ男性は多いのかもしれません。
一生嫁の価値観に合わせてセックスをしない生活を思うと苦痛を感じてしまうでしょう。

(4)料理の味付けが合わない

”妻の料理がどうしても口に合いません。味に文句を付けると非常に怒ります。作った妻本人は「おいしい、おいしい」と言いながら食べています。夫である自分が我慢して食べ続けるべきでしょうか?
全てが不味いわけではありませんが、どの料理も味のベースになっているものが一緒なので、結局どれも口に合わないと感じてしまいます。
男女同権の今の時代に、奥さんが料理を作ってくれるだけ幸せ・・・という考えもあるようですが、残りの何十年の人生を、口に合わない料理を食べ続けるのは苦痛に思えてなりません。”

引用:Yahoo!知恵袋

些細なことかもしれませんが、口に合わない料理を永遠に食べ続けることも苦痛を感じます。
自分では家事ができない男性にとっては辛いことでしょう。

2、合わない人と結婚生活を続けるつらさ

嫁(妻)と合わない!もうこんな結婚生活イヤだ〜離婚に至る前に考えるべき5つのこと

合わない嫁と結婚生活を続けることは、本当に過酷です。

(1)何気ない会話でも強烈カウンター

何気ない会話なのに、なぜかいつも大げんか。
例えば、良かれと思って「ここ面白そうだから週末に行ってみない?」と誘った返答が「そんなのが?どこが楽しそうなの?勝手に行けば?」などと返されるなどです。

もう誘いたくありませんし、なんでそういう返しかなぁ・・と、次第に嫁の性格・人格を否定し始めてしまうことでしょう。

(2)家にいる時間が苦痛、安らげない

家にいるときに苦痛を感じ、安らげないと感じる方も多いでしょう。
何かにつけては不機嫌な妻を目の当たりにし、すぐに衝突するようでは癒しなどは皆無。
ストレスが溜まり、つい外へ1人で出てしまうことも。

(3)イライラする時間が増える

合わない嫁と結婚生活を我慢して続けることで、嫁に対するイライラばかりではなく何にでもイライラしてしまい、しまいには自分に対してまでイライラしてきます。
「俺の人生どうなってんだ」「ずっとこのままなのか」と考えていると、気持ちも暗くなるでしょう。

打開できない自分に、自分も嫌いになってしまいます。
ストレスが溜まり、最悪のケースでは精神的に病んでしまうかもしれません。

3、合わないけど離婚に踏み切れないワケ

嫁(妻)と合わない!もうこんな結婚生活イヤだ〜離婚に至る前に考えるべき5つのこと

嫁と合わないと感じ始めて数年程度では、離婚まで踏み切る男性は多くはないでしょう。
どうして離婚に踏み切れないのでしょうか。

(1)子どもがかわいそう、親権が取れない

子どもがかわいそう、子どもと離れたくないと考える男性は多いでしょう。
仕事などで家を空けることでバランスを保ち、とりあえず家族としての体裁がととのっていることを優先させています。

(2)合わないが嫌いではない

嫁とは合わないと感じているものの、嫁のビジュアルや仕草など、女性として嫌いではないという男性も少なくはありません。
心のどこかでズレが修復できないかと期待しています。

(3)財産分与がイヤ

離婚をすることで財産分与をしなければいけません。
婚姻生活中に築いた財産は二人のものです。
あなたが働いて得たお金も財産分与の対象です。
財産分与がイヤで、なかなか離婚に踏み切れないケースもあるでしょう。

(4)親族や職場など周囲への手前

親族や職場への手前世間体が悪く、離婚に踏み切れない男性もいます。
祝福してくれた友人・知人にも申し訳ないと感じるケースもあるでしょう。
老いた両親に心配をかけたくはないと感じる優しい男性もいるかもしれません。

(5)家事ができない

そもそも離婚をしても家事ができないため、離婚に踏み切れないケースも。
合わないことに目をつむっていれば、なんとなく家庭は回っている。
生活に流され、嫁との関係を直視していないタイプといえます。

4、結婚を継続することは家族にとって酷な場合も

嫁(妻)と合わない!もうこんな結婚生活イヤだ〜離婚に至る前に考えるべき5つのこと

あなたが自分さえ我慢すればいいと感じたとしても、もしかしたら、それはあなたのエゴかもしれません。
自分に不満がある夫との生活は、たいてい嫁に取っても酷なものです。
女性は敏感ですから、夫が自分に不満を抱いていることには気がつくはず。
そこに嫁も不満を抱き、まさに負のループ。
子どもも両親の微妙な空気は感じ取ることでしょう。

不仲な両親を持つ子どもの中には、「喧嘩するくらいなら早く離婚して欲しい」と感じる子もいます。
家族は夫婦を軸に成り立っていますから、夫婦仲が良好であってこその家族なのです。
合わないと感じ、あなたの気持ちにも大きく影響をしているのなら、一度、夫婦関係について向き合ってみましょう。

話し合い、ふれあい、家族としてどう向かっていくのかを、2人で確認していくことが必要です。

5、離婚をするなら弁護士へ相談を

嫁(妻)と合わない!もうこんな結婚生活イヤだ〜離婚に至る前に考えるべき5つのこと

もしも離婚がよぎるのなら、弁護士に相談してみましょう。
合わない嫁との離婚協議は、離婚をするかどうか、するにしても条件面で泥沼化するおそれがあります。
話し合いの段階で弁護士をつけたほうがスムーズと考えられます。

(1)嫁が離婚を拒む場合も交渉をスムースに

嫁が離婚を拒む場合には、弁護士が介入し話し合いをスムーズに進めてくれます。
嫁が納得できる離婚条件を提案しながら話し合いを進めてくれるでしょう。

関連記事

(2)親権獲得や面会交流権についてアドバイス

もしも子どものために離婚をしていなかった場合にも安心できます。
親権獲得や面会交流権についても、あなたの意を汲みながら適切なアドバイスをしてもらえます。

関連記事 関連記事

(3)財産分与方法も夫の立場で提案

財産分与がイヤで離婚に踏み切っていなかった場合でも、弁護士が介入することであなたに不利にならないように、分与方法について具体的な提案をしてもらえるでしょう。

まとめ

嫁と合わない状態で家族生活を続けることは苦痛で耐えがたいものではないでしょうか。
最初のうちは我慢しようと感じていても、いつかは限界がくるはずです。
そうなる前に、まずは修復に向けて、嫁と話し合いを持ちましょう。

部分的な合わないなら話し合いで歩み寄れる可能性があります。
ですが、我慢を重ねてこれ以上の生活は無理だと感じるなら、早めに離婚を決意しやり直した方が嫁や子どもにとっても幸せです。

ご家族にとって、より良い決断をされることを願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2020・OD・053

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

平日9:30〜20:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765