弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

不倫相手との示談交渉|メリット・デメリットと交渉成立のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫や妻の不倫相手に慰謝料を請求する方法は、調停や訴訟だけでなく、不倫相手に直接交渉する示談交渉という方法もあります。

今回は、

  • 示談交渉による慰謝料請求のメリット・デメリット
  • 示談交渉の流れ
  • 示談交渉を成立させるコツ

を解説いたします。

不倫相手との示談交渉で、苦しかった精神的な損害も回復させましょう。

弁護士相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-751-882
メールでのご相談

1、示談交渉のメリット・デメリット

示談交渉が上手く行けば、調停や訴訟よりもスムーズに、なおかつ慰謝料を多めに請求することも可能です。

ただし、示談交渉をすることでより事態が悪化するリスクもあります。

示談交渉のメリット・デメリットや他の請求方法との比較、あるいは弁護士に相談するなどして、状況に合わせたベストな判断が必要です。

(1)示談交渉のメリット

①早期の解決が見込める

不倫を理由とした離婚調停や裁判の場合、内容によりますが期間は半年から長引けば3年ほどかかるケースもみられます。

一方、示談交渉は不倫相手が素直に応じてくれさえすれば、すぐに慰謝料を手に入れることができます。 

②調停・訴訟よりも慰謝料の増額が見込める

訴訟による慰謝料の請求の場合、裁判所が介入して不倫の状況や結婚期間、子どもの有無、判例などさまざまな要素を考慮して決定します。

示談交渉で慰謝料請求を行う場合は裁判所の介入がないため、相手が合意さえすればどんなに高額な慰謝料であっても支払ってもらうことができます。

不倫相手が社会的に地位の高い人であったり、大事にしたくなかったりして、早期の金銭的な解決を希望することで、相場よりも高い慰謝料を支払う可能性があるからです。

③不倫問題を穏便に済ませることができる

配偶者の不倫は世間体などを考慮してできればこっそりと処理したいものです。

しかし、調停や裁判で不倫の慰謝料を請求するとなると、場合によっては公に知られることになります。

自分で示談交渉をすれば、当事者間で穏便に済ませることが可能です。

(2)示談交渉のデメリット

①相手が同意しなければ示談が成立しない

示談交渉による解決は、相手が慰謝料の金額や支払期限などの諸条件に合意したときだけ成立(和解)となります。

たとえば慰謝料の金額も相手の資産や収入などをベースにして決める必要があるため、相手が納得できる条件でなければならないという不自由さがあります。

②示談内容の不履行があっても差し押さえ(強制執行)ができない

相手が支払期限までに慰謝料を支払わないなど示談内容の不履行があった場合、差し押さえなど法的措置を取ることができないため、示談交渉だけでは強制力に欠けます

差し押さえを行いたい場合は、示談内容を公正証書にしておくか、そうでなければあらためて裁判を起こす必要があります。

2、慰謝料の請求の方法 

示談交渉では、相手に対して内容証明郵便を利用した不倫慰謝料請求書の送付が有効です。

内容証明郵便は、慰謝料を請求する意思を正式に伝達する目的で法律の専門家も利用しています。

書面での連絡方法は双方のやり取りを書面に残すことができ、なおかつ示談内容も事前に整理したうえで通知できるため、口頭による伝達よりも相手に対して明確な意思を伝えることが可能です。

さらに、伝達した記録を残しておくこともできます。

ただし、書面の作成、発送と受取にはある程度の時間を要するため、不倫問題を早期に解決したいと考える場合には相応しくない面もあります。

また、内容証明郵便は1回の送付に2、000円前後の費用がかかります。

何度も内容証明郵便で書面交換を繰り返すと、相応の費用負担が生じることになります。

3、示談交渉を成立させるためのポイント 

示談交渉は、自分と不倫相手がつとめて冷静に交渉のテーブルに付くことが大前提です。

さらにこちらが優位に交渉をするために、次のポイントを押さえておきましょう

(1)不貞行為の証拠があることを伝える

示談交渉をこちら側に有利に進めるためにも、事前に不倫(不貞行為)の証拠を集めておく必要があります。

証拠は客観的に不倫と認められるようなものでなければなりません。

具体的には配偶者と不倫相手が二人でラブホテルに入っていく写真や、不貞行為そのものを録画・録音したファイルなどが客観的な不倫の証拠と認められます。

しかし、家庭や仕事がある人にとって有効な不貞行為の証拠を集めることは至難の業です。

本格的な不倫の調査は、弁護士や探偵事務所に相談されることをおすすめします。

(2)慰謝料の額を見直す

どれだけ不倫の証拠を突きつけても、相手の収入を遥かに超える高額の慰謝料を請求すれば示談交渉はまとまりません。

慰謝料の金額で折り合いをつけるためにはある程度の譲歩も必要です。

一般的に慰謝料の相場は結婚期間や子供の有無などを考慮して、50万円~300万円とされています。

不倫の慰謝料に明確な目安などありませんが、金額にこだわりすぎて交渉決裂、調停や裁判になった場合は余計な時間も費用もかかってしまいます。

慰謝料の額を見直すだけで不倫問題を早期に、穏便に済ませられることを考えると、もっともベターな方法でもあるのです。

(3)浮気・不倫問題に強い弁護士に相談する

示談交渉と言っても、大抵の人は不倫の慰謝料の金額について相手とやり取りした経験は無いはずです。

交渉の素人が示談を有利に進めることは、きわめて難しいと言わざるを得ません。

不倫の精神的苦痛の慰謝料を確実に請求したいのであれば、交渉のプロである弁護士に相談されることをおすすめします。

浮気・不倫問題に強い弁護士であれば、内容証明の書き方から示談書や慰謝料請求書の作成、不倫の証拠集めなどについてアドバイスしてくれることでしょう。

また、あなたに代わって示談交渉もしてくれます。

4、示談交渉で解決しないときは 

不倫に関して事実関係や認識に争いがある場合や、不倫相手にも被害者感情がある場合は、示談交渉では解決が困難なこともあります。

こうした場合は調停や裁判という選択肢についても検討する必要が出てくるでしょう。

調停や裁判になった場合、裁判所は両者の言い分よりも証拠を見て判断するため、不倫をしていたことが客観的に証明できる証拠がなければ、慰謝料請求どころか訴えを聞き入れてもらうこともできません。

示談交渉はもちろんのこと、調停や裁判を起こす場合は浮気・不倫問題に強い弁護士に相談するようにしてください。

弁護士事務所によっては、無料相談窓口を設けているところもあります。

積極的に利用して親身になって相談に乗ってくれる弁護士を探しましょう。

まとめ

示談交渉には調停や裁判とは異なるメリットがありますが、最大のデメリットは配偶者と不倫した相手と直接会うことによる精神的な負担です。

実際に対面すると相手の態度が悪かったり、感情的になったりして交渉が上手くいかない場合もあるでしょう。

浮気・不倫問題に強い弁護士なら、慰謝料の相場や示談交渉が上手く行かなかったときの対処法などを相談できます。

無料相談が利用できる事務所もあるので、慰謝料の請求等で悩んだらぜひ利用されることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765