弁護士相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-751-882
メールでのご相談

ソシャゲで作った借金を返済する方法と課金をやめるための対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「欲しいキャラが出ない」

「スタミナ回復を早くしたい」

ソシャゲ(ソーシャルゲーム)内でゲームを円滑に進めたいがために、課金して借金を作る人は少なくありません。

実際にソシャゲに依存してしまい、借金を500万円も作ってしまった主婦もいます。

(参考:ソシャゲ依存主婦 借金500万円作り人妻専門店で働き始める|livedoorNEWS)

できることなら借金を無くしたいし、これ以上生活を圧迫させないためにもソシャゲ課金をやめたいでしょう。

そこで今回は、

  • ソシャゲ課金をやめる方法
  • ソシャゲで作った借金の返済ができない場合の対処法
  • ソシャゲで借金しないための対策

などについて解説していきます。

ソシャゲ課金借金を作った人のご参考になれば幸いです。

弁護士相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-751-882
メールでのご相談

1、ソシャゲで借金をしてまで課金する理由5つ

(1) 他の人より優位に立てるから

ソシャゲで廃課金(高額な課金)して借金を作ってしまうのは、他の人より優位に立ちたいからです。

例えば、ガチャで期間限定のキャラが登場して、真っ先に入手すればゲーム内で注目されます。

現実では脚光を浴びるのが難しい人でも、他の人が持っていないキャラを手に入れるだけで目立てるのがソシャゲの世界です。

みんなから羨望の眼差しで見てもらいたいがゆえに、注目されるキャラやアイテムが当たるまで課金をして借金を作ってしまいます。

(2)ゲームを進行させたい欲望を抑えられないから

ソシャゲで借金してまで課金するのは、ゲームを進めるためにスタミナ回復するアイテムを購入するからです。

※ソシャゲによっては、スタミナがないとゲームをプレイできません

時間が経てば回復するスタミナですが、我慢できない人はアイテムを購入してゲームをプレイします。

したがって、スタミナ回復が待てずにゲームをプレイしたい欲がある人は、課金を頻繁に行い借金することになるでしょう。

(3)強い・可愛いキャラが欲しいから

ソシャゲで借金してまで課金する可能性が高いのが、強い・可愛いキャラが新登場する時です。

ソシャゲで借金する人の思考は、課金額を気にしないで当たるまで課金します。

当たるまでガチャを引くため、10万円以上の大金を課金する人も珍しくありません。

(4)期間限定のパックが魅力だから

クリスマスやお正月など季節限定のパックがあると借金してまで課金する人もいます。

期間限定のアイテムが手に入るからです。

誘惑に勝てずに出ている限定パックをすべて購入すると、気付けば借金をしているということもあるでしょう。

(5)時間をかけずに強くなれるから

できるだけ時間を使わないで強くなりたい人は、すぐに課金をします。

強くなるためには課金を惜しまないような人は、5万円以上課金するケースも少なくありません。

気づいた時には思いがけないほど借金を背負っています。

2、ソシャゲ課金をやめる方法

どうしたらソシャゲ課金をやめられるかをお伝えします。

(1)本当に借金をしてまで課金するべきか見つめ直す

ソシャゲ課金をやめるには、本当に借金をしてまでお金を支払う価値があるかどうかを見直しましょう。

いくらソシャゲで課金をしても、手元に残るのはデータだけです。

現実の世界では何も残りません。

本当にデータに何万円というお金を支払うべきなのかをじっくり考えれば、ソシャゲ課金はやめられるでしょう。

(2)他の娯楽と費用の比較をしてみる

ソシャゲで課金をする時に、他の娯楽にお金を使ってみた場合と比較してみましょう。

場合によっては、ソシャゲに課金するのを躊躇するかもしれません。

【現実の娯楽との比較対象】

  •  5、000:映画に行って美味しいご飯を食べてもお釣りがくる
  • 万円:ディズニーランドに行ってご飯を食べて帰って来られる
  • 万円:近場なら国内旅行へ行ける
  • 万円:台湾などのアジアなら海外旅行へ行ける など

現実の娯楽の方が良いなと感じるなら、ソシャゲで課金はしません。

ただし、娯楽に魅力に感じない場合は課金をしてしまいます。

(3)新しい趣味を見つける

ソシャゲで課金をやめるには、別の熱中できる趣味を見つけるといいでしょう。

熱中できる趣味を見つければ、ソシャゲで課金するのがもったいないと感じるからです。

もし熱中できるものが見つからないなら、自分の興味のあるものは何かを紙に書いて自己分析してください。

3、ソシャゲで膨らんだ借金の返済が難しい場合は債務整理を進める

ソシャゲで課金しすぎて借金を返済できそうにないなら債務整理をしましょう。

債務整理をすれば、返済額の減額や帳消しができます

表に債務整理の種類を表にまとめたので参考にしてみてください。

債務整理の種類

債務整理の効果

任意整理

貸金業者と交渉をして、借金の減額や利息のカットをして毎月の返済額を楽にする

自己破産

全ての借金をゼロにできる

個人再生

最大で借金を5分の1にできる

債務整理について詳しく知りたい方はこちらの記事もチェックしましょう。

(関連記事:債務整理とは?債務整理の種類とそれぞれのメリットとデメリット)

4、ソシャゲで借金をしないための対策

ソシャゲで借金を作らないための対策をまとめました。

(1) 絶対に課金しない

ソシャゲで借金を作らないようにしたいなら絶対に課金をしてはいけません

300円ぐらいの少ない金額でも課金をしてしまうと、我慢のリミッターが外れてしまい満足いくまでガチャやアイテムを購入することになるかもしれません。

一度でも課金すると欲望は止められません。

ソシャゲで借金を作りたくないなら、絶対に課金は禁止です。

(2) クレジット払いを設定しない

ソシャゲで課金をするならクレジット払いはやめましょう

クレジット払いだと財布のお金は減らないため、調子に乗って使いすぎてしまいます。

しかし現金でiTunes CardGoogle Playカードをコンビニで購入する場合は、財布に入っている以上のお金は使えませんので借金はできません。

ソシャゲ課金で借金を作るのを防ぎたいなら、クレジット払いは今すぐやめましょう。

5、ゲーム依存症の可能性も考えましょう

 ゲーム依存症の可能性も考えましょう

課金のために借金をすることにあまり抵抗を感じなくなっている方は、「ゲーム依存症」である可能性も考えてください。

(1)ゲーム依存症とは

「依存症」とは病の1つ。

やめたい、やめなきゃと頭ではわかっているのに、つい手を出してしまい、心や体が不健康になって、最終的には社会的な活動に支障が生じてしまう病気です。

ゲーム依存の場合は、課金によってお金がなくなるデメリットだけでなく、多くの時間を室内で過ごすことによって不健康になったり、他人との直接の接触がなくなるなど社会活動への支障も考えられます。

(2)依存の原因

依存する人の特徴として、「寂しい」という気持ちがあげられます。

寂しい気持ちは人間であれば皆感じます。

でも、どう受け止めるかは人それぞれです。

寂しくてもやり過ごせる人もいる一方で、それを埋めなければいられない繊細な人も。

後者の方は、何らかに依存してしまう可能性があるかもしれません。

「繊細」なんてことないと、自覚がもてない方もいるかもしれませんが、「課金をやめたいのにやめられない」と本気で思う方は、まず自分は繊細なのかも、と自身で受け止めてみましょう。

「寂しさ」の埋め方はさまざま。

ソシャゲで埋めようとする方には、人間関係が重要なポイントではないでしょうか。

まずは家族や近しい人に、寂しい気持ちやソシャゲに依存しているかもしれないことを打ち明けてみてください。

きっと応えてくれると思います。

(3)依存症の治し方

アルコールやドラッグの依存症を考えていただければわかりやすいと思います。

依存症であれば、その治療は医療機関で行うことが基本です。

医療機関への相談は外せません

まとめ

ソシャゲで借金を作らないためには、まずは課金をやめましょう。

ソシャゲ課金をやめる方法は3つ。

  • 本当に借金をしてまで課金するべきか見つめ直す
  • 他の娯楽と費用の比較をしてみる
  • 新しい趣味を見つける

課金をやめたものの、借金が残ってしまって返済に悩んでいるなら債務整理をしましょう。

債務整理をすれば、返済額の減額や帳消しなどできるため生活を立て直せます。

債務整理についてよく分からない方は、無料相談を活用して弁護士に疑問を解消してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • 電話で無料相談する