弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-773-605
メールでのご相談

煽り運転とは|違反行為になる?定義や罰則、対策などの基本的な知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

煽り運転(あおりうんてん)とは、道路上の他の自動車やバイク、自転車などの他の車両を煽り、交通の危険を発生させる行為です。

たとえば前方の車に進路を譲るように強要したり、車間距離を詰めたり幅寄せしたり、追い回したり無理に割り込んだりします。

高速道路などで「煽り運転(あおりうんてん)」の被害を受けると非常に危険です。

煽り運転は危険性が高いので禁止されていますが、具体的にはどのような取り締まりが行われているのでしょうか?

今回は、

  • 煽り運転の罰則
  • 煽り運転の被害に遭わないための対策方法

をご紹介します。

万が一煽り運転に出くわしても、この知識を持っていれば怖くありません!

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-773-605
メールでのご相談

1、煽り運転に該当する具体的な行為例

煽り運転に該当する具体的な行為例

まずはどのような行為が煽り運転になるのか、具体例を確認しましょう。

(1)車間距離を狭める・異常に近寄る・幅寄せ

危険な程度にまで前の車両との車間距離を狭めたり、異常に近くに寄ったり幅寄せしたりすると、典型的な煽り運転となります。

(2)進路を譲るように強要する

他車両に対し、無理に進路を譲るように強要する行為も煽り行為です。

(3)追い回す

相手の車両を追い回すと追突や接触の危険性が高く、煽り行為となります。

(4)割り込んだ後、急ブレーキをかける

他の車の間に割り込み、いきなり急ブレーキをかけて相手を威圧する行為も、煽り運転です。

(5)ハイビーム・パッシング・クラクション

ハイビームを使ったりパッシングしたりすると、相手の車の運転者が周囲を見にくくなって危険です。

また、激しくクラクションを鳴らしてプレッシャーをかけることも煽り行為となります。

(6)罵声を浴びせる

窓を開けて、直接相手に罵声を浴びせたり脅したり暴言を吐いたりすることも、煽り行為となります。

2、警察では煽り運転の取締り強化に努めている

警察では煽り運転の取締り強化に努めている

煽り運転は非常に危険性が高いので、警察も取り締まりの強化に努めています。

煽り運転の典型は、他車との車間距離を詰めすぎる「車間距離不保持」ですが、2017年には6139件もの人が、「高速道路上における車間距離不保持」によって検挙されています。

また、危険な煽り運転への規制を実効性あるものとするため、警察は道路交通法違反のみならず「暴行罪」による立件も検討していますし、煽り運転の結果交通事故が発生して被害者が死傷した場合には、「危険運転致死傷罪」によって立件し、重い罪を科すべきという見解も示されています。

引用 警察庁交通局 平成29年中の交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について

3、煽り運転によって適用される可能性のある罪

煽り運転によって適用される可能性のある罪

(1)道路交通法違反

煽り運転をすると、どのような罪が成立するのかみてみましょう。

まずは、車間距離不保持として道路交通法違反となる可能性が高いです。

道路交通法は、同方向へ進行する他の車両や歩行者の後ろを進行する際、前の車両などが急に止まったときにも衝突しない程度の車間距離を空けるべきと定めています(道路交通法26条)。

煽り運転によって前の車との車間距離を詰めすぎると、車間距離保持義務違反となります

高速道路における車間距離不保持は危険性が高いので3か月以下の懲役または5万円以下の罰金が科されますし(119条1項1号の4)、一般道の場合にも5万円以下の罰金が課されます(同法120条1項2号)。

(2)暴行罪

煽り行為により、暴行罪が成立することもあります

暴行罪は、人に対する不法な有形力を行使したときに成立しますが、無理に幅寄せをして相手を威圧したり罵倒したりすることも、不法な有形力行使と認められるからです。

暴行罪が成立する場合、刑罰は2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料です(刑法208条)。

(3)危険運転致死傷罪

危険な煽り運転によって交通事故が起こり、被害者が死傷した場合には「危険運転致死傷罪」が成立する可能性があります

危険運転致死傷罪は、著しく危険な運転により事故を起こした場合に適用される犯罪で、酒酔い運転や無免許運転の場合などに検討されることが多いです。

罰則は、被害者が負傷した場合には15年以下の懲役刑、被害者が死亡したときには1年以上の有期懲役刑となり、非常に重いです。

(4)殺人罪

煽り運転のあげくに被害者を死亡させた場合、殺人罪が適用される可能性もあります

現実に、バイクに追い抜かれて腹を立てた車両の運転者が、およそ1分間車間距離を詰めてバイクを煽り続けて最終的に追突して死亡させた事案において、殺人罪によって立件されたケースもあります。

殺人罪の刑罰は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役刑です。

4、煽り運転の加害者と被害者には特徴がある

煽り運転の加害者と被害者には特徴がある

煽り運転には、被害に遭いやすい人とそうでない人がいますし、加害者になりやすい人とそうでないタイプもあります。

以下では被害に遭いやすい人と加害者になりやすい人がどのような方か、説明します。

(1)被害者になりやすい人の特徴

被害者になりやすいのは、以下のようなタイプの人です。

①運転が苦手

運転が苦手な場合、後続車のドライバーがイライラしてしまうので、煽り運転されやすいです。

初心者マークをつけていても、大目に見てもらえず煽られることはよくあります。

②追い越し不可の道で、後ろに車が来ていても低速で走り続ける

追い越しができない道路で低速で走っていると、後ろの車がイライラするので煽られてしまいやすいです。

③2車線の道路において、二台の車が低速で並走している

2車線道路で2台の車が並走していると、後ろの車が追い越せずにストレスを感じて、煽られやすいです。

③不必要にブレーキを踏む

不必要にブレーキを踏むと、後続車にとって迷惑なので煽られやすくなります。

④軽自動車やコンパクトカー

高級車よりも軽自動車やコンパクトカーなどの方が煽り被害に遭いやすいです。

(2)加害者になりやすい人の特徴

加害者になりやすいのは、以下のような人です。

①自分の思い通りに運転したい

運転は自分の思い通りにしたい人は、前の車両がのろのろ走行しているせいで自分の好きなように運転できないと、ストレスになって煽ってしまいやすいです。

②自分は車の運転に自信がある

車の運転に自信のある人は、苦手な人を許容できず煽ってしまうことがあります。

③車内は自分だけ空間だと感じている

車内は自分だけの空間だと思っている場合、周囲が見えなくなって感情の赴くまま煽り行為をしてしまいやすいです。

④自分の車と違う種類の車(たとえばトラックなど)に怒りを感じることが多い

この場合、他の種類の車を煽りやすいです。

⑤早く目的地に着きたい

急いで目的地に着きたいタイプの人は、のろのろ運転をしている車に腹が立って煽ることがあります。

⑥スピードを出して走るのが好き

スピードを出すのが好きな人は、スローペースで運転している車両に怒りを感じて煽ります。

5、煽り運転の被害から守るために心がけたいこと

煽り運転になるべく遭わないようにするには、以下のようなことを心がけましょう。

(1)車間距離は十分にとる

まず、車間距離を充分にとり、他の車両に近づきすぎないことです。

車間距離を詰めていると前の車にプレッシャーを与えることになり、自分が煽り運転の加害者になってしまう可能性があります。

また、腹を立てた相手から反対に煽られる危険も発生します。 

(2)急発進や急停車はしない

急発進・急停車をすると前後の車にプレッシャーをかけることになるので、相手が腹を立てて煽ってくる可能性が高まります。

(3)後続車が急いでいる場合は道を譲る

ゆっくり運転したいとき、後ろから車が来ていたら、譲って先に行ってもらいましょう

低速であるにもかかわらずいつまでも前を走られると、後続車はイライラするので気性の荒い人でなくても煽り行為をしてしまいたくなります。

(4)ドライブレコーダーをつける

煽り運転被害に遭ったときに備えて、車にはドライブレコーダーを搭載しておきましょう

そうすれば、何かあったときにも相手の違法行為を立証できて適正な処罰を受けさせることができますし、交通事故になったときに、自分の過失割合を不当に高くされるおそれもなくなります。

6、煽り運転の被害に遭った場合の対処法

煽り運転の被害に遭った場合の対処法

万一煽り運転の被害に遭ってしまったときには、以下のように対応しましょう。

(1)車の窓とドアの鍵を全て締める

相手が罵倒してきたり攻撃的な態度をとってきたりしたら、まずは車の窓とドアを締めて鍵をかけましょう

そうしないと、近づいてきた相手から、暴行を振るわれたりものを投げ込まれたりする危険があるからです。

(2)警察に通報する

相手が執拗に追いかけてきたり脅してきたりして身に危険を感じたら、すぐに警察に通報しましょう

今は、警察も煽り運転の危険性を重視して取り締まりを強化しているので、呼べば現場に来てくれる可能性が高いです。

警察が来たら、煽り行為も落ち着くでしょう。

(3)相手が攻撃してきても応じない

煽り運転の被害に遭ったとき、仕返しをしてはいけません

やり返そうとすると、相手も余計に腹を立てて、互いの煽り運転が激化してしまうからです。

相手から車間距離を詰められたり無理な追い越しをされたりして煽られても、自分は気持ちを落ち着けて冷静に対応することが重要です。

また、相手の要求に応じて高速道路で停車することも大変危険です

2017年にニュースになった東名高速での煽り運転事故でもあったように、停車自動車に後続車が突っ込む可能性が大いにあります。

相手が過激な場合は、必ずその場で通報し、警察の到着を待ちましょう。

(4)安全な場所に一旦避難する

煽り運転の被害に遭い、このままでは交通事故になってしまう危険を感じるのであれば、いったん路肩などの安全な場所に退避しましょう

人気の無いところだと相手から何をされるかわからないので、なるべく他の車両や人のいる場所で停車してください。

(5)記録に残す

煽り運転の被害に遭った時には、ドライブレコーダーを作動させて、状況を一部始終残しておくことが大切です。

このことにより、後に交通事故になったときや相手が検挙されたときに、相手の違法行為を明らかにして適正に処罰してもらえます。

(6)示談交渉などは弁護士を交えて対応する

交通事故になったときには、煽り運転の加害者と示談交渉をしなければなりません。

しかし相手の煽り運転の危険性が高ければ、相手の保険会社が対応しない可能性もありますし、そもそも煽り運転をするような相手は、任意保険に入っていないケースもあります。

煽り運転の加害者と直接示談交渉を進めても、きちんと賠償金を払ってもらえる可能性は低く、むしろ相手から脅されるなどして、さらなる被害が発生する可能性もあります。

煽り運転の加害者と交通事故の示談交渉をするときには、弁護士に依頼した方がいいでしょう。

まとめ

煽り運転は非常に危険なので、絶対にしてはいけません。

また、被害に遭った時には冷静になって、車を停めたり警察を呼んだりして、なるべく被害の拡大を防ぎましょう。

万一交通事故が起こったときには、早期に弁護士に依頼することが重要です。

今後、車を運転するときの参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • 電話で無料相談する