弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-762-779
メールでのご相談

任意整理の費用の相場〜「弁護士報酬」を具体例で説明

任意整理費用

任意整理は私的整理手続き(裁判所が関与しない手続き)であるため、弁護士や司法書士に支払う費用以外に、手続き自体にかかる費用はありません。

気になる弁護士等の費用相場はこちらです。

【着手金】
1社につき¥40,000

【基本料金】
1社につき¥40,000

【減額報酬】
実際に減額した金額の10%

以下、詳しく解説していきます。
任意整理の費用について詳しくなって頂き、一刻も早く借金問題を解決してくれると嬉しいです。

任意整理以外の債務整理の費用については、こちらをご覧ください。

関連記事

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-762-779
メールでのご相談

1、任意整理とは?〜おさらい

そもそも任意整理とはどのようなものなのか、簡単におさらいしときましょう。
その言葉だけだと、何らかの借金を整理する手続きだろう、ということぐらいしか分かりません。

そもそも任意整理とは、引き直し計算(取引全体を利息制限法に従って計算し直すこと)して借金を減額した上で、その後発生する利息をカットして貸金業者と和解契約を結ぶものです。
これにより、毎月の返済金額が任意整理をする前に比べて減ることになり(場合によっては大幅に減ります)、無理ない返済を可能にするものです。

任意整理は債務整理の一つで、他の自己破産や個人再生の手続きと異なり、裁判所を通さない任意の手続きであることに特徴があります。

関連記事

2、任意整理の費用の相場は?

次にいよいよ任意整理の費用の相場についてみていきましょう。

(1)任意整理にかかる弁護士費用の種類は?

そもそも、任意整理の弁護士費用には大きく分けて以下の3種類があります。

  1. 着手金
  2. 基本料金
  3. 減額報酬金

こちらに加えて、もし過払い金が発生した場合には、回収した金額に応じて過払い報酬が発生します。

(2)任意整理の弁護士費用の相場は?

任意整理の弁護士費用の相場は以下の通りです。

①着手金について

依頼した時点でかかる費用です。
着手金の相場は依頼した業者に関して1社につき¥40,000です。

②基本料金について

依頼した1社ごとにかかる費用です。
基本料金の相場は依頼した業者に関して1社につき¥40,000です。

③減額報酬について

引き直し計算や弁護士介入による利息カットにより減額した金額に応じてかかる費用です。
減額報酬の相場は実際に減額した金額の10%です。

例えば、依頼時に借金が200万円が弁護士に依頼したことによって借金が100万円になったとした、減額した金額は200万円-100万円=100万円ですので、弁護士に支払う減額報酬はその10%で

100万円×10%=10万円

です。

3、任意整理は費用がかかるからおまとめローンの方がいい?

おまとめローンとは、複数の金融機関からの借り入れを一本化することです。
今まで金利が高い金融機関からの借り入れがあれば、現在よりも低い金利で借り換えを行うことで、返済総額を減らせるメリットがあります。
また、毎月の返済日が1つになるので、複数社の返済日のやりくりで頭を悩ますこともなくなり、精神面でも負担を軽減することができるというメリットがあります。

任意整理の方が減額幅が大きく見込めますから、借金額の多い人はおまとめローンでは対応できないこともありますが、借金額がある程度抑えられている方にとっては、借金解決方法の1つとなります。

しかし、おまとめローンには、一方で以下のようなデメリットがあるので注意が必要です。

(1)おまとめローンのデメリット

①おまとめローン前と比較して金利が安くならない可能性

最近の消費者金融は、以前ほど金利が高くなく、おまとめローンでの金利とほとんど同じということも少なくありません。
そのため、面倒な手続きをしておまとめローンにしてもあまり金利が安くならないということがあります。

②本当であれば支払う必要がない借金を支払ってしまう可能性

もし、ご依頼者様がグレーゾーン金利で貸金業者と取引していた場合、任意整理の手続きによって借金を大きく減額できる可能性があります。
しかし、おまとめローンをしても、消費者金融からの借金額をそのまま返済していくことになり、任意整理の手続きで行われる引き直し計算は行われません。
そのため、引き直し計算していれば減額された借金額も返済しなければなりません。

③おまとめローンによって状況が悪化する可能性

おまとめローンは、通常保証人を要求されたり不動産を担保に入れられたりします。
これにより仮に支払いができなかった場合、保証人に迷惑をかけたり不動産を失うなど、状況が悪化する可能性があります。

関連記事

(2)一度おまとめローンをしても任意整理をすることはできる?

なお、既に一度おまとめローンを利用してしまった方でも、任意整理をすることは可能です。
もっとも、おまとめローンを利用した部分に関しては利息制限法の範囲内の取引となるので、大きな借金の減額を望むことは難しいでしょう。

関連記事

まとめ

今回は任意整理の費用について書いていきましたがいかがでしたでしょうか?

あなたの借金についてどのような解決がベストなのか、それは弁護士に相談することが一番です。
任意整理に強い弁護士であれば、時間もコストも無駄のない方法をアドバイスしてもらえるはずです。

ベリーベスト法律事務所でも、任意整理を専門とする弁護士がそろっています。
初回の相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

関連記事

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2020・OD・053

平日10:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • 電話で無料相談する